梅毒 江戸 時代。 梅毒の名前の由来

梅毒の症状と歴史

梅毒 江戸 時代

江戸時代に流行し、たくさんの人の命を奪った流行り病と言えば「 天然痘・コレラ・梅毒」などがあります。 この記事では、これらの疫病が江戸時代にどのように流行したのかを、分かりやすくまとめてみました! 日本書紀にも記録されていた「天然痘」 Sponsored Link 天然痘、あるいは疱瘡は、飛沫や接触によってうつる感染症です。 発熱・頭痛・発疹をともない亡くなる場合も多い伝染病でした。 現在では天然痘の予防ワクチンが普及されこの病気に恐れることは無くなりましたが、 江戸時代には「はしか」「水疱瘡」と並んで、子供の命を奪う病気として恐れられていました。 江戸時代後期、ワクチンが渡来するも・・ 天然痘のワクチンは1796年にイギリスのジェンナーが発見をし、日本には早くもその約20年後には漂流民によって持ち込まれていました。 しかし幕府は当時、ワクチンに対して何の関心も示さなかったのだとか。 日本でワクチンが普及され始めたのはその37年後のこと。 再びこのワクチンがもたらされ、それ以後は西洋医たちによってワクチン接種が促されたといいます。 江戸時代に初めて流行し何十万人もの命を奪った「コレラ」 コレラが日本で初めて流行したのは1822年のこと。 この時は西から流行が広がったものの、箱根を超えずに江戸まで感染は広がりませんでした。 ところが1858年におきた大流行では江戸を直撃してさらに北上。 死者数は江戸だけでも2万8000人あまり、日本全土では10万~26万人とされています。 その後は数年おきに明治時代まで流行は続きました。 コロンブスが持ち帰り倭寇によって日本に渡来した「梅毒」 Sponsored Link 江戸時代に急激に蔓延した病気に「梅毒」がありました。 梅毒はそもそも西インド諸島のハイチの風土病だったもの。 それをコロンブスがスペインに持ち帰り、1493年にヨーロッパで大流行しました。 そんな梅毒が日本に入ってきたのは1512年のことだと記録されているのだとか。 もたらしたのは海賊「倭寇」で、江戸時代には花柳界を中心に大流行しました。 徳川家康の次男・結城秀康も梅毒であったと言われています。 その他の流行り病 インフルエンザ 現代でも毎年寒い時期になると猛威をふるうインフルエンザ。 インフルエンザは江戸時代からの流行り病で、特に江戸後期には何度か流行しました。 はしか 日本で初めてはしかが流行したのは奈良時代のこと。 江戸時代にはほぼ20~30年おきに10回ほど流行しました。 子供に比べて大人は重病になりやすく、徳川綱吉の死因であったとも言われています。 Sponsored Link•

次の

江戸時代には性病はなかったのでしょうか?

梅毒 江戸 時代

梅毒の症状 杉田玄白は、1757年、25歳の若さで江戸・日本橋に開業し、町医者になりました。 それから隠居するまでの50年、江戸のさまざまな病気を診たわけですが。 玄白が70歳の頃に書いた回想録『形影夜話』(1802年)には、次のような記述があります。 《已に痘瘡・黴毒、古書になくして後世盛に行はるる事あるの類なり》 どういう意味かというと、「昔は医学書に天然痘や梅毒が書かれていなかったのに、今はずいぶん増えた」ということです。 玄白が年を取るにつれ、梅毒患者は激増していきました。 その一方で有効な治療法は見つからず、あらゆる医学書を読みあさったけれど、結局いまだにいい治療法がない。 そして、これまで数万人の梅毒患者を診たという玄白は、次のような衝撃的なコメントを残すのです。 「毎年1000人あまり治療するうち、実に700〜800人が梅毒である」 一方、幕府医学所頭取の松本良順が書いた『養生法』(1864)には、 《下賎の人間100人のうち95人は梅毒にかかっている。 その原因は花街・売色に規制がないからだ》とあります。 梅毒が花柳病と呼ばれるのは、このあたりに理由があるんですね。 いずれにせよ、18世紀中旬にほとんど見られなかった梅毒は、19世紀中旬にはかなりの感染者がいた……つまり、わずか100年ほどで、日本に梅毒が異常に蔓延したことがわかります。 恐るべき梅毒。 今回は、わが国を襲った梅毒500年の歴史をまとめます! 梅毒の症状 日本で梅毒が初めて記録されたのは、1512年のことで、歌人・三条西実隆の『再昌草』に記されています。 《4月24日「道堅法師、唐瘡(からがさ)をわづらふよし申たりしに、 戯に、もにすむや我からかさをかくてだに口のわろさよ世をばうらみじ」》 上の「唐瘡」が梅毒のことで、この年、京都では梅毒が大流行したのです。 (竹田秀慶の『月海録』にも同じような記録があるようです。 なお、これ以前から「横根」という言葉が使われており、これは一般に性病によるリンパ節腫脹を指しています) 梅毒の起源ははっきりわかっていませんが、コロンブスがアメリカからヨーロッパに持ち込んだというのが通説。 第1回航海でイスパニオラ島(ハイチ島)からもち帰り、1493年、まずバルセロナ全市で流行。 1495年、フランスがイタリアに進駐したとき、傭兵にいたスペイン人からイタリア人に感染。 ナポリで大流行したため、フランス人は「ナポリ病」、イタリア人は「フランス病」と呼びあいました。 梅毒はヨーロッパ全域に広がったあと、大航海時代の波に乗ります。 ポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマ一行がインド航路を発見すると同時に梅毒もインドに上陸。 その後、マレー半島経由で、16世紀の初めには中国の広東に達しました。 やがて日明貿易や和冦経由で日本にも梅毒が伝来。 関西で大流行を起こしたあと、江戸にもやってきてなどで一気に広まりました。 中国や琉球経由だったため、日本では「唐瘡(とうそう)」や「琉球瘡」などと呼ばれました。 前述したとおり、日本で梅毒が初めて記録されたのは1512年。 ちなみに鉄砲伝来は1543年。 ということは、梅毒は弾丸より速く日本にやってきたわけですな。 恐るべし下半身パワー(笑)。 (余談ながら、後に吉原の隠語では最下級の遊女のことを「鉄砲」と呼びました。 そういう遊女を買うと、梅毒に当てられるから) 梅毒の症状 さて、梅毒は日本人にとって脅威でした。 それは有効な治療法がなかったからです。 江戸時代まで、日本では「五宝丹」などの血液浄化の煎じ薬を飲む以外、何の対策もありませんでした。 1775年、スウェーデン生まれのツュンベリーがオランダ東インド会社の外科医として長崎にやって来ます。 そこで、梅毒の惨状を見て、ヨーロッパで普及していた特効薬を紹介します。 この薬は1754年にオランダのファン・スウィーテンが発明したもので、0. 104%の昇汞(しょうこう)液を服用するものでした。 この薬の効果は劇的で、1776年までに長崎を中心に多くの患者が完治し、みな奇跡だと絶賛しました。 ちなみに昇汞というのは塩化第2水銀のこと。 (というか、特にヨーロッパでは水銀中毒になってよだれを流せば流すほど治癒すると信じられていました) 江戸時代にはこんな川柳がはやりました。 親の目を 盗んだ息子 鼻が落ち これがまさに梅毒の症状ですな。 梅毒というのは4期に分かれていて、 (1)感染後3カ月以内、陰部にしこり、潰瘍 (2)3カ月以降、全身の皮膚に紅斑(ばら疹)や膿疱 (3)3年以降、臓器、筋肉、骨に結節やゴム腫が生じる (4)10年以降、中枢神経系と循環器系を中心に全身が冒され、麻痺や痴呆、精神障害 (3)のゴム腫が崩れると瘢痕(傷)となるため、これを「鼻が落ちる」と表現したわけですな。 ちなみに徳川家康の第2子、結城秀康は梅毒のため鼻が落ちて死にました。 ほかには加藤清正あたりが有名人。 鼻が落ちてる写真は残念ながら見つからず さて、日本初の梅毒検査(検梅)は長崎の稲佐遊郭において、ロシア海軍の要請で行われました。 万延元年(1860)のこと。 一方、イギリス海軍の軍医だったニュートンが慶応4年(1868)、横浜に日本最初の横浜梅毒病院を開設しています。 明治になると、状況が変化してきます。 明治5年に「遊女解放令」が出ると、売春行為が地下に潜り、梅毒が世の中に蔓延してしまったからです。 この流れを受けて、明治7年、政府は梅毒検査(検梅)を柱とする「医制」を発布します。 これが近代衛生行政の第一歩となりました。 で、この年に行われた吉原の検査では、120人のうち60名が梅毒と判明しました。 実際には検査対象の半分以上が逃亡してしまったので、感染率ははるかに高かったはずです(『郵便報知新聞』明治7年6月8日)。 ちなみに日清戦争直前には、 「兵隊さんの間に梅毒が盛に蔓るとて種々八釜(やまか)しく」(『都新聞』明治26年) などと書かれるようになり、軍隊でも梅毒が大きな問題となってきたことがわかります。 『坂の上の雲』あたりを読むと日本兵の活躍に心躍らされるわけですが、実際は性病に悩む軍隊だったわけです。 治療法は水銀以外にヨウ素が使われましたが、ともに危険で、1910年、秦佐八郎らによってサルバルサン(有機ヒ素剤)が開発されたものの、効果は不十分でした。 結局、怪しい民間治療薬が幅をきかせることになります。 制作:2009年12月25日 <おまけ> ヨーロッパではサポニンを含んだ中南米のユソウボク(癒瘡木)が梅毒の薬として重宝されてきました。 ドイツのフッガー家は、新世界からのユソウボクの輸入を独占したことで富を築いたと言われています。 それにしても、江戸時代、実際に梅毒患者はどれくらいいたのでしょうか? 杉田玄白の「1000人のうち700〜800人」というのは病人の話で、実際の感染率はよくわかりません。 ところが、これを人骨から病気の痕跡を読み取る「古病理学」の手法で解析した人がいます。 それによると、骨梅毒の罹患率は男女ともに約3%。 ただし、骨にまで症状が出るのは重篤患者なので、実際にはこの数倍、つまり江戸市民の約1割が感染していたと見られるそうです。 (谷畑美帆『江戸八百八町に骨が舞う』による。 ネット上には同じく古病理学の調査で感染率54.

次の

梅毒

梅毒 江戸 時代

新型コロナウイルスが猛威を振るっているが、対抗するワクチンがなく対症療法しかできない現状を鑑みると、人類は新種のウイルスの前では丸裸であるといえよう。 だがその対症療法すら満足にできず、いまよりもずっと無防備だった江戸時代、人々はどのようにして流行する感染症と戦ってきたのだろうか。 江戸文化研究家の瀧島有氏が解説する。 梅毒と聞くと、パッと思い浮かぶのは「性病」の2文字ではないでしょうか。 しかし梅毒という病気は性病というよりもれっきとした「感染症」であり、しかも下手すると死に至るのみならず、母から子へと遺伝する場合もある(先天性梅毒)という恐ろしい病気です。 うぅ~ん……親の罪が子供にも及んでしまうとは……。 にもかかわらず性病のイメージがあるのは、感染経路が「それ」だからでしょう。 「そういう接触」で触れ合う粘膜や器官などからやってきます。 そういう場所の小さな小さな傷口などからスルッと静かに密かに……。 一向に来てくれなくて構わないんですが、本当にコソッと入ってきて血液内に居座ります。 なんかもっと正々堂々と表から来ればいいのに……などと思わなくもないのは私だけでしょうか。 だからといって表から来ていいってものではありませんが……。 それはさておき、この「梅毒の菌=梅毒ポレトネーマ・パリダム」、拡大するとバネみたいに綺麗な螺旋状のウィルスですが、実は自然界では人間の体内でしか生きられず、人間のみに生息する菌です。 人間の体外に出たら急死するので、日常生活やトイレ・入浴・物に触るなどで感染することはありません。 というより、できないんですね。 人間に住んだ途端、急に元気を出して数年~10年もしぶとく生きるのだから、困ったものです。 いや、10年以上生きるかもしれませんが、肝心のお家たる患者さん(人間)がウィルスの侵食によって10年ぐらいで死去させられてしまうので、住居のほうが先に消滅・滅亡しちゃう。 それで住人の細菌もいなくなる、という感じでしょうか。 もっとも現在はそこまでの重症にはなりにくく、途中で治癒するのが普通ですが……。 しかも厚生労働省「梅毒に関するQ&A」によると、感染後、一定の抗体はできるものの、再感染を予防できるわけではないとのこと。 つまり「また梅毒に感染しなおし」てしまう。 書いていて心中複雑ですが、そういう厄介な細菌が、この「梅毒ポレトネーマ」なのです。 では実際にかかるとどういう感じで苦しんでいくのでしょうか? 効果的な治療方法がなかった江戸時代では、数年~10年ぐらいで死去に至っていました。 なぜこんなに長い期間の幅があるかというと、魔の潜伏期間がこれほどの長きにわたる場合があるからなのです。 詳しくは後述しますが、「潜伏梅毒」といって、発症後にいったん軽快し、無症状となる期間が数年にわたることがあるからです。 ここでミソなのが、あくまで軽快するだけで、梅毒トレポネーマが体内からいなくなったワケではなく、居座り続けているということです。 こうなるともはや「共存・共生・ある意味では戦友」という感じでしょうか。 現代では抗生物質などがあるので重症にはならないのが一般的ですが、江戸時代や戦前は良い薬が無いため、死に至ることも多い恐ろしい感染症でした。 それでは梅毒の進行具合を詳しく見ていきましょう。 先述の厚生労働省「梅毒とは」や国立感染症研究所のHPによれば、およそ次のように分けられます。 菌が侵入した部位(陰部、口唇部、口腔内)に塊(硬結)や潰瘍ができます。 また、股の付け根の部分のリンパ節が腫れることもあります。 ところがこれらの症状は痛くなくて、無治療でもすぐ消えて潜伏梅毒と化すため「気付かない」場合もある(この「消える」っていうのがなんかイヤですよねぇ。 卑怯というか、何というか……)。 第I期の症状がいったん落ち着いたのち4~10週間の潜伏期を経て、菌が血液に乗って全身に巡り、今度は全身にうっすらと赤い発疹ができます。 脱毛や発熱、倦怠感などの症状も出ることがあります。 こちらの期間の発疹もまた、治療せずとも消えるので安心しがちですが、実は「抗生物質で治療しない限り、しっかり体内に居座って住んでいる」という、困ったちゃんな菌なのです……。 発疹は再発することもあり(その場合は1年以内が多いそう)、しかもこの時期に適切な治療を受けられなかった場合、数年後に複数の臓器の障害につながることがあるとのこと。 ひえ~。 もっとも現代では抗生物質や薬などがあるため、この段階で気付いて治療すれば、これ以上ひどくなることはないようです。 よって、ここから先のステージは戦前までの患者たちの様子になりますので、参考までに書きますが、まぁ、その、なんと言いますか……。 うぅ~ん……切ない……。 最初の潜伏期間は第II期が始まるまでですので分かりやすいのですが、第II期後の潜伏期間(後期潜伏期間)が厄介で、これこそが数年~数十年もあるのです。 ですので、江戸時代はここで「治った」と思っていたのですが、それもむべなるかな。 再び梅毒が目覚めると、皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生。 心臓や血管、神経、脳など複数の臓器にも病変が生じ、心血管梅毒や神経梅毒となり、死に至ることも。

次の