カビゴン じわれ カウンター。 カビゴン : 地割れカウンター搭載カビゴン

カビゴン

カビゴン じわれ カウンター

特性 効果 めんえき どく状態にならない。 あついしぼう ほのお、こおりタイプの技で 受けるダメージを半減する。 隠 くいしんぼう HPが最大の半分以下の時、 きのみを使う。 HP・攻撃・特防が高く、重火力アタッカーとして運用されます。 極端に低い素早さのため、素早さが低い方から攻撃できるようになる トリックルームとの相性も良いポケモンです。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 5位に入っています。 特性について• めんえきは、どく・もうどく状態にならない特性です。 カビゴンの特性はどれも、登場時にアナウンスが出ません。 そのため、特性が判別するまではカビゴンにどくどくを撃ちにくいですが、めんえきの採用率はかなり低めです。 シーズン5の採用率は 1. あついしぼうは、炎と氷の被ダメージを半減する特性です。 耐性が増える優秀な特性であり、くいしんぼう型以外では、こちらが選ばれることが多いです。 シーズン5の採用率は 66. くいしんぼうは、HPが最大の半分以下になったときにきのみを使う特性です。 はらだいことの相性が良く、 混乱実+ リサイクルで、何度も回復するという戦法もあります。 また、キョダイマックス型でもこちらの特性が採用されています。 シーズン5の採用率は 32. あくび+まもる+たべのこし型 苦手な相手は あくびで流し、HPが減っても まもると たべのこしで回復するカビゴンです。 一撃必殺の じわれも覚えるため、催眠を防ぎながら早めに倒すことが求められます。 くいしんぼう型 特性 くいしんぼうにより、回復実を使うことで耐久力を増すカビゴンです。 キョダイサイセイできのみを拾ってくる型が主流ですが、ダイマックスせずにリサイクルを使ってきのみを再利用する型も存在します。 積み型 のろいや はらだいこで能力を上げ、突破力を増すカビゴンです。 特性や回復方法はさまざまで、特性くいしんぼうの場合は フィラのみなどですが、特性あついしぼうの場合は オボンのみだったり、ねむる+ カゴのみで回復する場合もあります。 とつげきチョッキ型 元々高い特防を とつげきチョッキでさらに上げ、特殊アタッカーにめっぽう強くしたカビゴンです。 状態異常対策に からげんきを覚えていることがあります。 対策 カビゴンの強さは、 少ない弱点と 高い特殊耐久、 特性と積み技がかみあっていることで成り立っています。 さらに、覚える技も豊富にあります。 突破力のないポケモンでは、積みの起点にされてしまい、要塞化したカビゴンに手も足も出無くなってしまいます。 ここでは、なるべく多くの型のカビゴンに対応できる対策を、紹介します。 やけど状態にする おにびや かえんだまトリックでカビゴンをやけど状態にすれば、物理技のダメージが半減するため、汎用的で有効な対策だと思います。 特性や技で能力変化を無効化 相手の能力変化を無効化する特性 てんねんを持ったヌオーやナマコブシであれば、耐久力も高いので、カビゴンの攻撃を受けきることが可能です。 他にも、 くろいきりや クリアスモッグといった技で、相手の能力変化を元に戻すことができます。 変化技を封じる あくびやのろいを使ってくるカビゴンに対しては、ちょうはつで変化技を封じることが有効です。 とつげきチョッキ型のカビゴンとは、殴り合いを制する必要があります。 高火力の格闘ポケモン ルカリオや ローブシンであればタイプ的に有利であり、防御の低いカビゴンを一撃で倒すことも可能です。 高耐久のポケモン しんかのきせき持ちの サニーゴや、 アーマーガア、 ナットレイなら、ノーマル技を無効や半減で受けられるため、カビゴンの攻撃を耐えながら戦うことができます。 ただし一撃必殺や炎技を覚えている場合もあります。 はたきおとす カビゴンの きのみや たべのこしを はたきおとすで使えなくすれば、リサイクルやキョダイサイセイで拾ってくることはできません。 また、はたきおとすのダメージで、きのみが発動するHPになったとしても、はたきおとすの効果が優先されるため、きのみが発動することはありません。 データから持ち物を予測する シーズン5では、カビゴンの持ち物は、多い順に、 たべのこし 29. 採用率4位から10位までが、何らかのきのみです、 たべのこしが発動しない場合、きのみを持っている可能性が高いと言えます。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っており、 あついしぼうカビゴンは私のパーティ相手によく出てきます。 炎ポケモンでのカビゴンの対策は、基本的にはかくとう技を使えるポケモンや、おにびでやけどにすることが多いです。 弱点保険ウインディ カビゴンがじしんを使ってくれば、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトで倒します。 2段階上昇ようきウインディのインファイトで、B振りカビゴンを確定1発になります。 先制で おにびを使うのも有効です。 エースバーンのとびひざげり ようきエースバーンのとびひざげりで、B振りカビゴンを確定2発 60. 1~71. とびひざげり読みでゴーストタイプに交代されることもよくあるので、様子見で みがわりを使うこともできます。 鉢巻ヒヒダルマ こだわりハチマキ持ちの、ようきヒヒダルマのばかぢからで、B振りカビゴンを乱数1発 94. 5〜111. おわりに 圧倒的な特殊耐久を持つカビゴン。 特殊ポケモンだけで挑むと、悲惨な目に遭います。 パーティは物理と特殊をバランスよく組んでおきたいですね。

次の

環境トップをまとめて対策!「ローブシン」最強説!「カビゴン」「サザンドラ」「トゲキッス」「ギャラドス」「ドリュウズ」

カビゴン じわれ カウンター

初投稿となりますむは次郎と申します。 よろしくお願いいたします。 今回は受けとしてのカビゴンを投稿してみようかと思います。 カビゴンについて 初代から登場しているノーマル単タイプのポケモンです。 種族値は H160 A110 B65 C65 D110 S30 と、優秀な種族値を持っています。 Bが低いため大概の格闘アタッカーは突っ張ってくるので それを狙ってカウンターで返り討ちにすることを型のコンセプトにしています。 概要 基本的な運用方法としましては• 物理アタッカーに対して死に出し• 相手の攻撃を受ける• カウンターで返り討ち としていますが 相手が積み技(例:ローブシンのビルドアップ)を使ってきた場合はじわれを打ちます。 特殊相手は出さないのが無難ですが、炎、氷相手は半減できるので交代出しからでも問題ないと思います。 残りをDに振る事で、眼鏡ラティオスの流星群を2発耐えることができます。 防御に補正をかけないとこの振り方では陽気ガブの逆鱗が乱2になってしまうので。 持ち物 ヨプの実で確定です。 格闘物理アタッカーの攻撃を耐えられなくなるので必須です。 特性 毒にならないめんえきも優秀ですが、 あついしぼうで。 半減のないカビゴンにとって受けとして使うには最適な特性です。 くいしんぼうとか知りません• 技構成 確定技 ・カウンター この型の肝となる技なので確定です。 遺伝で・・・・と言いたいところですが地割れと同時遺伝が不可能なので 第三世代での教え技になります。 ・じわれ 耐久型やどうしようもない相手に打ちます。 耐久が高く打つチャンスも多いので確定です。 シャンデラにはこれしか有効手段はありません。 ・おんがえし 受けとはいえタイプ一致攻撃技はほぼ必須です。 すてみタックルは自らの寿命を縮めるため候補外です。 一応与ダメを何個か載せておきます。 ハッサムはカビゴンに対面すると剣の舞をすることが多いので 優先度は高いと思います。 与ダメ H252ハッサム 56. 便利な技ですがこの型だと使うことは少ないかもしれません。 しかし氷4倍ドラゴンは物理が多いためカウンターで事足りることが多いです。 与ダメ 無振りガブリアス 72. 正直必要ないです。 H6ギャラドス 威嚇込み 58. 被ダメージ 格闘技は全てヨプ込み、特性はあついしぼうで計算しています。 物理 補正無A252ガブリアス 逆鱗39. 弱点を突かれてもヨプがあれば1発は耐えます。 特殊 補正有C252眼鏡ラティオス りゅうせいぐん63. 2% くさむすび28. これはじわれ打つチャンス多そうです。 こんなもんですかね。 他にも追加してほしいダメ計あったらコメントでお願いします。 初投稿だったので問題点、至らぬ点が多々あったと思います。 また育成論を投稿するかは未定ですが、また投稿することになったとき、 参考にしたいと思います。 低評価を付ける場合は必ず具体的な理由を書くようお願いいたします。 まず役割放棄ですし、特殊受けとしての役割は持たせてないと言うのなら どういうパーティーで「特殊への役割を放棄してカウンターでブシンを狩りにいくカビゴン」が必要になるのかと。 結局、運用を想定してない思いつきでしかない。 本来の役割云々は確かに無駄でしたね。 申し訳ないです。 しかし、個人的にはそもそもヨプカウンターで格闘見たいっていう採用理由自体よくわからないってのが実際です 役割破壊ができていいだろって言われたらそれまでなんですが、なぜ格闘をカビゴンで、しかもカウンターで見なければいけないのかわからないです。 ほとんど、技の説明とダメージ計算しかなく、採用理由も立ち回りもわからないのですが 役割破壊できても、結局相手の格闘に役割遂行されたとも取れますし、一体どんなptだと採用できるのかなと思います。 シャンデラのめざ格で突破とかそれこそこいつの特集耐久考えてからコメントして下さい。 ちゃんと特防に振ってあげれば余裕で耐えます。 炎半減、虫等倍、ゴースト無効で特殊高耐久、火力そこそこのこいつでそこに役割持たない理由もよくわかりません。 バンギで十分というのは同意ですが・・・しいていうなら対策されづらいのでガモスの舞ジュエルさざめき耐えて岩雪崩で持ってけるくらいでしょうか(計算してないからわからんけど)。 その辺も含めて何を目的にこのカビゴンを使いたいのかがわかりづらかったので採用理由の記述お願いします。 で指摘されている「採用理由」についてですが、 この型はローブシンやキノガッサを本来は特殊受けの役割であるカビゴンをあえてぶつけ相手の格闘技を誘い確実に倒すことを主として考えていました。 この型はBW時代から使っていたのですが大概の物理格闘は警戒せず殴ってくることがほとんどでした。 今は環境が違うかもしれないので何とも言えないのですが、基本死に出しで使っていたのでカビゴンを出す前に積み技を使っていたことも多々ありました。 仮に対面でビルドアップを積んできても、じわれを見せることで殴りに行かせられます。 ガッサの胞子については確実性がないので微妙ですが、1〜2ターンで目が覚めればカウンターで返り討ちにはできます。 ポイヒガッサはこいつじゃ多分無理です。 すいません。 運用方法については大まかに紹介すると 1.物理アタッカーに死に出し 2.攻撃を受ける 3.カウンターを打つ が基本となっています。 相手が特殊のときは出すべきではないですが、炎、氷が主のアタッカー(ウルガモスやシャンデラ)交代出しができます。 ウルガモス、シャンデラへの役割について議論があったようですが、そもそもウルガモスシャンデラはカビゴン相手には突っ張ってこないと思います。 何度かそのような場面になったことがありますが、交代し物理で殴ってくることが多かったです。 問題があるようならば遠慮なくお申し付けください。 あくまでたとえばですが、ブシンのどれPをカウンターで突破した後ラティのメガネ流星でカビゴンが落とされてしまいました。 で、困るんですか? フィールド状況はお互い一匹落ちて相手は拘り2段階下降竜技固定状態。 無振りカイリューでもマルスケがあれば起点状況にまでもっていけます。 他の技だとどれP後も耐えるので(ショックは乱数)ラティのHPが半分になりマンムーの礫で飛びます(格闘一貫しかねないけど。 で、3色パンチ以上に岩雪崩のほうが採用価値あると思うんですがどうでしょう? 後はブシンが昔の根性オボンブシンとかだとカウンターで落とせないのがちょっとだけ気になりました(ほとんどいないと思いますが)。 ビルド積んでくるだろうから地割れ見せてからカウンターで行けるといえば行けますが。 しかし、投稿者は死に出しから使うっていってるので、呼んで倒したわけでもないし、倒した後カビも落とされたら下手したら1:2もしくは1:1になるので相手のラスト次第になってしまうような気がします。 鈍足のカビを対面構築に組み込むのは無理があると思うので恐らくサイクル前提になると思います。 その場合カビを後出しするor他を捨てるプレイングが必要だと想定します。 まず後出ししたらドレP2発で突破されかねません。 捨てて死にだししたらラス1でもない限り怪しすぎて警戒されます。 少なくとも私ならカウンターor自爆が怖いです。 対面操作のみならず、このカビの役割対象 ? の格闘以外への性能等と言った実践的要素を考慮した場合安定性の無さが際だち、またそれらに関する記述もない為賛否両論になるのだと思います。 現状判断しかねますので評価は保留します。 あとダメ計の確定数おかしいですね、ヨプ消費したら確2になる筈です。 ただみたいな役割放棄の採用=初心者と決めつけるコメントとかもあったので気になってあぁいう言い方になってしまいました。 説明不足で済みません。

次の

【ポケモンGO】カビゴン対策!おすすめレイド攻略ポケモン

カビゴン じわれ カウンター

管理人がプレイしているのはソードバージョンです。 こんにちは!ユウキ()です。 今回は、巨大マックスしたカビゴンの攻略法について紹介していきたいと思います。 レイドバトルは仲間ポケモンに地雷が多いため、運要素が強いのですが、壁を張ったり相手のステータスを下げることで勝率を上げることができます。 対策ポケモン 今回紹介するポケモンは、ジュラルドンです。 攻守共に優れており、サポートわざも使えるうえに、カビゴンに有効なかくとうタイプのわざも覚えます。 勝率は、 4戦中3勝1敗と言ったところ。 覚えさせるわざは下記の通りです。 ラスターカノン• ワイドブレイカー• かわらわり• リフレクター 「かわらわり」は、わざマシン43で覚えさせましょう。 入手場所は8番道路です。 「リフレクター」は、わざマシン18で覚えます。 入手場所は、 エンジンシティの左上にあるポケモンセンターで購入できます。 持ち物は、かくとうタイプのわざの威力が上がる 「くろおび」を持たせてください。 入手場所は9番道路ですね。 ジュラルドンの入手方法 ジュラルドンは、クリア後に 「きょじんのこしかけ」の奥にシンボルエンカウントで出現します。 また、10番道路のキャンプ横でもシンボルエンカウントで出現します。 こちらはクリア前でも出現しますが、 低確率なので、そらとぶタクシーで何度も出入りしましょう。 ジュラルドンの育成方法 まずはジュラルドンをレベル100まで上げ、バトルタワーの 「すごいとっくん」で、こうげきの個体値を上げておきます。 ぎんのおうかんが1個必要なので、穴掘り兄弟(左の人)で発掘しましょう。 次にシュートシティのポケモンセンターで、 タウリンを25個、ブロムキシヘンを10個購入して、ジュラルドンに使用します。 ダイマックスレベルは上げなくてもOKです。 性格は、 こうげきが上がるものなら何でも構いません。 これで準備は完了です! 巨大マックスしたカビゴンの攻略法 まずは 「リフレクター」で、 仲間ポケモンのぼうぎょを上げておきます。 次に 「ワイドブレイカー」で、カビゴンのこうげきを下げましょう。 いきなりダイマックスは使わずに、仲間ポケモンのサポートとこうげきを同時に行うと、 勝率が一気に上がります。 ダイマックスできるようになるまでは、 「かわらわり」でカビゴンのシールドを削っていきましょう。 1回目のカビゴンのシールドが消えたら、もう一度 「ワイドブレイカー」でカビゴンのこうげきを下げます。 シールドがある時にワイドブレイカーを使うと、 こうげきを下げることが出来ないので注意。 ただし、 ダイマックスが可能なら、ダイマックスわざを優先してください。 特にダイスチルは、 仲間ポケモンのぼうぎょを上げつつシールドゲージを2回減らすことができるため、とても便利ですね。 最後は 「かわらわり」でとどめを差しましょう。 カビゴンのHPが半分よりも下回っていた場合は、 ダイナックルで一気に終わらせることもできます。 このように状況に応じて使うわざを変えていくことで、 仲間ポケモンに地雷がいたとしても、比較的安定して勝つことができます。 今回はじしんに弱いピカチュウや、指を振ってばかりのピッピがいましたが、 余裕で勝てました(笑).

次の