かがみ はやと twitter。 【MV】加賀美ハヤト

【スプラトゥーン2】 はやと枠 このゲームは楽しいゲームなのです! デュアルの鬼と化す!

かがみ はやと twitter

2019年12月19日(木)~22日(日)に東京・駒沢体育館で行われる天皇杯全日本選手権のエントリー選手は下記の通り(各階級、アイウエオ順)。 男子グレコローマン164選手、男子フリースタイル175選手、女子85選手の合計424選手が参加する。 東京オリンピックの日本代表選考会を兼ねており、9月の世界選手権で代表枠を取れなかった階級は、この大会の優勝選手が来年3月のアジア予選(中国)の出場権を得る。 世界選手権でメダルを獲得してオリンピック代表に内定した男子グレコローマン1選手、女子4選手はエントリーしなかった。 男子フリースタイル86kg級には、東日本学生選手権を勝ち抜いた大山泰吾(慶大)が出場する。 慶大によると、同大学から男子で全日本選手権に出場するのは、1973年の皆本幸造(フリースタイル52kg級)、1974年の江幡洋(フリースタイル90kg級=3位入賞)以来で、45年ぶりという。 男子グレコローマン55kg級には、全日本社会人選手権3位の資格で大会時「49歳10ヶ月」となる川口智弘(三重・松阪クラブ)がエントリー。 同2位の資格でエントリーした浅川亨助(山梨・北杜クラブ)が大会時「48歳0ヶ月」でエントリーした。 第1回大会からの正確な記録は残っていないが、2009年の男子フリースタイル96kg級に出場した湯川栄光の「47歳9ヶ月」が最年長出場記録と言われている。 2人が出場すれば、それを上回る大会史上1、2位の最年長記録となる。 山梨県からは、昨年も坂本栄裕(山梨・須玉中教)が歴代2位となる「47歳6ヶ月」で出場していた。 同72kg級には、2000年シドニー・オリンピック69kg級銀メダルの永田克彦(WRESTLE WIN)が、「46歳1ヶ月」で4年ぶりにエントリーした。 女子は、昨年までは伊調馨(ALSOK)ら昭和生まれの選手がいたが、今年は全選手が平成生まれの選手となった。

次の

SHOWROOM

かがみ はやと twitter

体育祭にて、あきと対決することになった俺は、まずは人並みに体力を手に入れようとトレーニングを積むことにした。 「まずはジョギングをしよう」 走れなければ元も子もない。 俺は、家の周り500mを3周は走ることにした。 そして、30分後。 「も、もう無理……」 ゆっくりペースで走っていたはずの俺は、体力切れで地に伏していた。 お、おかしい……。 こんなに早くダウンするなんて……。 「ペース配分を間違えたか? それとも、最初から距離を長くしすぎたか……」 休憩しながらプランを練り直していると、携帯が鳴りだした。 あきの奴が茶化しにかけてきたものだと思ったが、ディスプレイに出ていた名前にそんな考えは吹き飛んだ。 「かがみ?」 二人三脚の相方からの電話に疑問符を浮かべつつ、電話に出る。 中止にでもなったか? 他のペアが出るとか。 「もしもし?」 〔あ、やなぎ? 調子はどう?〕 「別に悪くはないが」 だが、かがみは特に何もない様子で話して来た。 ん? 何でかがみは俺の調子を聞いたんだ? 〔じゃあさ、どうせなら一緒に練習しない? 二人三脚なんだし、呼吸を合わせる必要もあるでしょ?〕 俺はトレーニングを始めたことを誰にも言っていない。 どうやら、かがみには俺の行動が読めていたようだ。 「そうだな……」 かがみの誘いは常識的に考えても、悪いものではなかった。 しかし、ある決定的な欠点を抱えていたが。 「俺はお前について行けそうもないぞ?」 たった今、息が上がっていたばかりだ。 呼吸を合わせて走るなんて言ったら、ただ足を引っ張るだけではないか。 〔いいわよ。 私が合わせるから〕 「それではかがみの練習にならない」 〔そんなことないわよ。 だって二人三脚だし、足の速さよりリズムを合わせて走る方が重要よ〕 む、確かに個々の足の速さより2人のコンビネーションを重要視した方がいいかもしれない。 相手はあのヲタクカップルだ。 普段はふざけているが、いざという時の息の合いようは恐ろしさすら感じる。 「……分かった。 今からそっちへ向かう」 〔うん、待ってる〕 電話を切ると置いてあった荷物を持ち、そのまま鷹宮神社へ向かう。 ……何でかは知らないが、心は妙に高揚していた。 神社には、ジャージ姿のかがみと私服姿のつかさが待っていた。 そこまではいい。 「何でお前までいるんだ」 「知るかよバーロー」 何故か、はやとまで木に寄りかかりながら見学していた。 正直、やりづらい。 「はやとは雑用に呼んだのよ」 「本当は嫌だけど、ここん家には世話になったからな。 断れねぇんだよ」 「そ、そうか」 はやとは若干眠そうな表情をしながら、近くに立てかけてあった箒を手にする。 はやとが本気で断れないのだとしたら、深い事情があるようなので、敢えて聞かなかった。 恐らく、以前つかさが電話で聞いてきた父親関係のことだとは思うが。 「さっき言った通り、まず落ち葉の掃き掃除。 終わったら境内の雑巾掛けお願いね」 「大掃除かよチクショー!」 「つかさははやとをしっかり見張っていること。 すぐサボるから」 「分かった。 頑張ってね~」 かがみの指示を受け、はやとは箒を巧みに扱い落ち葉を集めて行った。 つかさはそれを眺めながら、のんびりと俺達に手を振った。 この光景を見ると、はやとは本当に変わったと思う。 心の中の枷が外れたというか、何というか。 最近では屋上で昼寝をする回数も減ってきている。 つかさが与えた影響が、アイツにとってそれほど大きかったんだろう。 ま、これ以上他人の詮索をしても仕方がない。 俺は俺のやるべきことをしよう。 軽くストレッチをした後、お互いの片足を縄で括り付ける。 「じゃあ、1で右足ね」 「分かった」 そう言うかがみは、普段はツインテールにしている髪を1つに纏めていた。 ……俺の長髪も纏め上げるべきだな。 「「せーのっ!」」 俺達は合図と同時に「右足」を出そうとし……盛大に転けた。 まさか初っ端からこんなギャグみたいなことを仕出かすとは……。 「イタタ、右足だってば!」 「だから右足を……待て。 どっちの右足かは決めてないぞ」 二人三脚は、基本出す足は内側か外側になる。 しかし、かがみの右足は外で俺のは内だ。 同時に出すことは出来ない。 「そ、そうね。 迂闊だったわ……」 「じゃあ外側からでいいんだな」 「ええ。 気を取り直して」 互いにリズムを合わせ、俺達はゆっくりと走り出した。 始めはゆっくりとしたペースで走ることにした。 いきなりスピードを上げてもリズムを合わせづらいし、まずは慣れる方が大切だ。 「はっ、はっ……」 しかし冷静に考えると、女子と肩を組んで走っている訳で、結構緊張をしていたりする。 かがみの髪、シャンプーの匂いが……って、邪念を捨てろ! あきと同レベルに落ちたくない! 雑念を振り払い、かがみと合わせて走ることに集中する。 だが、ふと周囲を見ると……。 「あらまぁ、二人三脚だなんて仲のいいわね~」 「若いわね~。 おまけにペアルックなんて」 近所のおばさんからの注目を浴びることとなった。 いや、ペアルックじゃないから。 学校のジャージだから。 髪型は同じだけどただ結んでるだけだから。 「…………」 かがみも気付いたのか、顔を赤くして俯いている。 俺達は無意識の内にペースを上げ、住宅街を突っ切っていった。 その所為か、人気の少ない道に出た時には、俺の息はかなり上がっていた。 「やなぎって、本当に体力ないのね」 かがみの何気ない一言が胸を抉る。 事実だが、はっきり言われると辛いな……。 「う……スマン」 「ま、パートナーだしね。 少し休憩にしましょ」 縄は結び直すのが面倒なのでそのままにし、俺達は近くのベンチに腰掛けた。 「かがみ」 「何?」 休憩ついでに、俺は疑問に思っていたことを聞いてみた。 「何で俺との二人三脚を断らなかったんだ?」 かがみは他の種目にも出るし、例え二人三脚に出るとしても日下部とか、もっと足の速い人間もいる。 しかし、かがみははっきりとは断らなかった。 「べ、別に深い意味はないわよ」 かがみはこちらを見ずに答える。 「そうか」 「そうよ! たまにはやなぎと走るのもいいと思ったの!」 かがみの顔が耳まで赤くなっている。 素直になれない証拠だ。 あまり困らせるのも可哀想なので、ここは問い詰めなかった。 「でも、こうしているとダイエットに付き合った時を思い出すな」 俺達を巻き込んだマラソンで、俺と組んでいたかがみは足を挫いた。 そんなかがみを少ない体力で運んで、倒れたんだっけな。 「あ、あの時は……ごめん」 「気にするな。 いい運動になったのは確かだしな」 苦笑しながら言うが、実際はかなりキツかった。 もやしと呼ばれるのも納得してしまったし……。 すると、今度はかがみが俺に質問をしてきた。 「やなぎはあきのこと、どう思ってるの?」 あきのことか……。 何度目かの話題に、俺は思わず溜息を吐いてしまう。 「腐れ縁だが、何でだ?」 「だって、やなぎがあんなにムキになるなんて珍しいじゃない」 ……そうだな。 あき相手に本気で対抗心を燃やすなんて、らしくなかったか。 「端から見てると、まるで 好敵手 ライバル みたいな」 「好敵手? 違う違う」 そこは強く否定した。 俺とアイツが好敵手なもんか。 「釣り合わないんだ。 アイツと俺じゃ、違いすぎる」 俺は初めて自分の内を曝け出した。 あきがいる前だと、恥ずかしくて口に出せないようなことを。 「あきもここまで扱いが酷いと可哀想になるわね」 苦笑しながらかがみが言う。 ふむ、どうやら勘違いしているな。 「いや、あきが下なんじゃない。 俺がアイツに敵わないんだ」 「えっ!?」 本当のことを言うと、かがみは酷く驚いていた。 「意外だったか?」 「当たり前よ! 普段の扱いから見ても、そんな風に見えないし」 だよな。 ま、それはアイツがバカやって制裁を喰らってるだけだ。 本当のアイツは、ぞんざいに扱われていいような奴じゃない。 「俺は昔、病弱で学校休みがちだったって話したろ?」 「ええ、あきが押し掛けて、おかげで丈夫になったって」 「……半分は違うんだ。 本当は俺がアイツの後を追って行ったんだ」 遠くを見るように、俺は語り出す。 俺はずっとアイツの背中を追っていた。 いつも強引に俺の前に現れて、明るく気楽に騒いでいられる。 俺は、そんなあきが羨ましかった。 そんなあきの強さを妬ましく思っていた。 「勿論、体力的な面でもな。 運動神経もいいし、成績は悪くとも興味のあることへの頭の回転は早い」 「ああ~」 かがみは普段のあきの、アニメやゲームへの異常な記憶力を思い返していた。 親と賭けをしたとはいえ、実際に陵桜に入ったしな。 だから、アイツにはどうやっても勝てないと思っていた。 そんな風にコンプレックスを抱いている俺なんかが、あきの親友を語れる訳がない。 好敵手としても、釣り合いが取れない。 「じゃあ、「腐れ縁」だったら気軽な付き合いが出来るだろ? だから俺達はずっと腐れ縁で通してきた……今まではな」 けど、今回はそうもいかない。 かがみには悪いが、俺は今回の二人三脚は降りるつもりだった。 あきが出ると聞くまでは。 「初めて、俺はあきに勝てるかもしれないんだ。 あきと同じラインに立てるんだ。 そう思って、ついムキになったんだ」 俺はそう呟き、自嘲的に笑う。 勝てる訳ないのに。 あきは俺とは違うのに。 こんな情けない話に巻き込まれて、かがみも俺を見下すに違いない。 「さてと、じゃあ行きましょ」 しかし、話を聞き終わったかがみは、すくっと立ち上がる。 「ほら、アイツに勝つんでしょ?」 俺を見て、かがみは微笑む。 それは嘲笑なんかじゃない。 俺が勝てると信じている顔だ。 「いいのか?」 「この前は私が助けられたんだから、今度は私が協力する番よ」 「何とも思わないのか?」 「負けられない理由があるなら、それでいいでしょ?私もこなたに負けたらなんて言われるか分からないし」 「……勝てるのか?」 「2人なら、ね」 笑いながら手を差し伸べてくれる姿が、とても綺麗に感じた。 2人なら、か……そうだな。 啖呵を切った以上、どうにかしないとな。 それにかがみが支えてくれるなら、大丈夫な気がしてきた。 「よろしく頼む、かがみ」 「こちらこそ。 やなぎもしっかりやんなさいよ!」 かがみが差し出す手を取り、俺は立ち上がる。 「「せーのっ!」」 俺達はまた走り出した。 今度はしっかりと、段々スピードを上げて。 これは余談だが、神社に帰ると。 「ほっ、はっ」 「はやと君すごい~」 掌に箒を乗せて遊んでいるはやとと、それを見て楽しんでいるつかさがいた。 「何してんのよ、アンタ等はっ!!」 境内にかがみの怒鳴り声が響いたのは、俺達が神社に戻ってすぐ後だった。

次の

加賀美ハヤトとは (カガミハヤトとは) [単語記事]

かがみ はやと twitter

2019年12月19日(木)~22日(日)に東京・駒沢体育館で行われる天皇杯全日本選手権のエントリー選手は下記の通り(各階級、アイウエオ順)。 男子グレコローマン164選手、男子フリースタイル175選手、女子85選手の合計424選手が参加する。 東京オリンピックの日本代表選考会を兼ねており、9月の世界選手権で代表枠を取れなかった階級は、この大会の優勝選手が来年3月のアジア予選(中国)の出場権を得る。 世界選手権でメダルを獲得してオリンピック代表に内定した男子グレコローマン1選手、女子4選手はエントリーしなかった。 男子フリースタイル86kg級には、東日本学生選手権を勝ち抜いた大山泰吾(慶大)が出場する。 慶大によると、同大学から男子で全日本選手権に出場するのは、1973年の皆本幸造(フリースタイル52kg級)、1974年の江幡洋(フリースタイル90kg級=3位入賞)以来で、45年ぶりという。 男子グレコローマン55kg級には、全日本社会人選手権3位の資格で大会時「49歳10ヶ月」となる川口智弘(三重・松阪クラブ)がエントリー。 同2位の資格でエントリーした浅川亨助(山梨・北杜クラブ)が大会時「48歳0ヶ月」でエントリーした。 第1回大会からの正確な記録は残っていないが、2009年の男子フリースタイル96kg級に出場した湯川栄光の「47歳9ヶ月」が最年長出場記録と言われている。 2人が出場すれば、それを上回る大会史上1、2位の最年長記録となる。 山梨県からは、昨年も坂本栄裕(山梨・須玉中教)が歴代2位となる「47歳6ヶ月」で出場していた。 同72kg級には、2000年シドニー・オリンピック69kg級銀メダルの永田克彦(WRESTLE WIN)が、「46歳1ヶ月」で4年ぶりにエントリーした。 女子は、昨年までは伊調馨(ALSOK)ら昭和生まれの選手がいたが、今年は全選手が平成生まれの選手となった。

次の