名古屋大学 医学部。 名古屋大学医学部|医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

【国公立医学部】東京の受験生が名古屋市立大学医学部を選ぶ訳【数学が苦手でも大丈夫】

名古屋大学 医学部

こんにちは。 東京のから立大学医学部医学科に進学して数年経つ者です。 立大学医学部ですが、国公立医学部受験業界の超穴場なので知ってもらいたいと思いブログを立ち上げた次第です。 内容は一般的なこともありますが特に東京の受験生に向けています。 「理科ならできるんだけどやっぱり数学ができないとダメなのかな悔しい!!」 「東京の国公立医学部は無理そうだけどあまり東京を離れたくない!」 という想いをしているあなた。 ぜひ考えてみてくださいね。 こんな受験生に見て欲しい!!• とにかく数学は苦手!!だけど得意な英語と理科でカバーしたいという方• 東京の国公立医学部は無理そうだけどあまり東京を離れたくないという方• 医学部医学科を受験しようとしている方• 医学部医学科を受験しようとしている方• 単科の特有の問題(特に英語・理科でよく見られます)が苦手な方• 地方大医学部特有(県内にいて欲しいという)の面接やとにかく面接が嫌な方 ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。 ただし後期の出願はできなくなります。 前期に全てを懸けます。 がない!2次で挽回可能! がありません。 そのため競争率は7倍と高いですが実際はしている人が多いです。 センターと2次の比率は面接を除いて実質1:1(横市5:6、浜医6:5)と一般的です。 前述のように地歴Aを選択した上でセンターで失敗してしまった時も受験は可能です。 全員満点!面接はあるけどグループ討論で形だけ。 地方大の医学部だと面接はしっかりする印象があります。 しかしの面接は簡単なグループ討論で全員満点あってないようなものです。 受け答えに問題がある場合は別室に呼ばれて再面接となるようですがそういった人はほとんどいません。 数学で差がつかない!理科は基本オーソドックス!英語は簡単! 数学は簡単な問題と難しい問題ではっきり分かれています。 全て簡単な年度もあります。 そのため一般に一番差がつきやすいとされる数学でも差はつきません。 理科の問題はいたって素直ですので理科が得意な人は焦らないで丁寧にやれば高得点が狙えます。 英語は他の学部と同じ問題を使っており一般的な論説のみで医科大特有の専門的な内容はありません。 ただ英作文がありますのでその対策は必要です。 総じて横市や浜医のようにひねった問題は出ません。 最大の特徴!2次の理科の比率が大きい(相対的に英・数の比率が小さい) 一般的な英数理の配点の比は1:1:1(横市・浜医も)ですが、は理科偏重で2:2:3と特殊です。 いくら物理を頑張っても数学の半分しか評価してもらえないというのは残念ではないでしょうか?この差が実際の点数の面でも理科を勉強するモチベーションの面でも大きいのです。 最上位層は東京か京都・大阪へ流出するかを受験します。 一方で横市には首都圏全域から人が集まる上にいわゆる東大崩れと呼ばれる人たちや医科歯科大・を受験するつもりがセンターが振るわなかったのでやめた人たちも受験します。 にはそういった人たちは来ません。 おわりに 立大学医学部の入試問題や入試方式は受験生のみなさんを拒まず「頑張れ!」と言っているのが問題用紙から伝わってくるような大学なのです。 数学はセンスが問われる一方で理科はしっかり勉強すれば必ず点数につながる科目と言われています。 ぜひ考えてみてほしいと思います。 gozenq.

次の

名古屋大学医学部|医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

名古屋大学 医学部

こんにちは。 東京のから立大学医学部医学科に進学して数年経つ者です。 立大学医学部ですが、国公立医学部受験業界の超穴場なので知ってもらいたいと思いブログを立ち上げた次第です。 内容は一般的なこともありますが特に東京の受験生に向けています。 「理科ならできるんだけどやっぱり数学ができないとダメなのかな悔しい!!」 「東京の国公立医学部は無理そうだけどあまり東京を離れたくない!」 という想いをしているあなた。 ぜひ考えてみてくださいね。 こんな受験生に見て欲しい!!• とにかく数学は苦手!!だけど得意な英語と理科でカバーしたいという方• 東京の国公立医学部は無理そうだけどあまり東京を離れたくないという方• 医学部医学科を受験しようとしている方• 医学部医学科を受験しようとしている方• 単科の特有の問題(特に英語・理科でよく見られます)が苦手な方• 地方大医学部特有(県内にいて欲しいという)の面接やとにかく面接が嫌な方 ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。 ただし後期の出願はできなくなります。 前期に全てを懸けます。 がない!2次で挽回可能! がありません。 そのため競争率は7倍と高いですが実際はしている人が多いです。 センターと2次の比率は面接を除いて実質1:1(横市5:6、浜医6:5)と一般的です。 前述のように地歴Aを選択した上でセンターで失敗してしまった時も受験は可能です。 全員満点!面接はあるけどグループ討論で形だけ。 地方大の医学部だと面接はしっかりする印象があります。 しかしの面接は簡単なグループ討論で全員満点あってないようなものです。 受け答えに問題がある場合は別室に呼ばれて再面接となるようですがそういった人はほとんどいません。 数学で差がつかない!理科は基本オーソドックス!英語は簡単! 数学は簡単な問題と難しい問題ではっきり分かれています。 全て簡単な年度もあります。 そのため一般に一番差がつきやすいとされる数学でも差はつきません。 理科の問題はいたって素直ですので理科が得意な人は焦らないで丁寧にやれば高得点が狙えます。 英語は他の学部と同じ問題を使っており一般的な論説のみで医科大特有の専門的な内容はありません。 ただ英作文がありますのでその対策は必要です。 総じて横市や浜医のようにひねった問題は出ません。 最大の特徴!2次の理科の比率が大きい(相対的に英・数の比率が小さい) 一般的な英数理の配点の比は1:1:1(横市・浜医も)ですが、は理科偏重で2:2:3と特殊です。 いくら物理を頑張っても数学の半分しか評価してもらえないというのは残念ではないでしょうか?この差が実際の点数の面でも理科を勉強するモチベーションの面でも大きいのです。 最上位層は東京か京都・大阪へ流出するかを受験します。 一方で横市には首都圏全域から人が集まる上にいわゆる東大崩れと呼ばれる人たちや医科歯科大・を受験するつもりがセンターが振るわなかったのでやめた人たちも受験します。 にはそういった人たちは来ません。 おわりに 立大学医学部の入試問題や入試方式は受験生のみなさんを拒まず「頑張れ!」と言っているのが問題用紙から伝わってくるような大学なのです。 数学はセンスが問われる一方で理科はしっかり勉強すれば必ず点数につながる科目と言われています。 ぜひ考えてみてほしいと思います。 gozenq.

次の

PREVENT Inc.

名古屋大学 医学部

国語 【センター】 とにかくセンターの過去問やセンター模試を、多くこなしました。 【2次・個別】 苦手だったので、問題をとき、もう一度解き直すという行為を繰り返しました。 【2次・個別】 高校の数学の先生に添削してもらっていました。 利用した参考書 オリジナルスタンダード、スタンダード 外国語 【センター】英語、英語リスニング 高校2年から毎月一度、過去問をとき、問題形式に慣れました。 あとはひたすら2次試験対策をしました。 【2次・個別】英語 文法、長文バランスよくひたすら、演習をつみました。 利用した参考書 Duo 社会 【センター】日本史B 教科書をよみこんだ上で、問題集や過去問をときました。 【2次・個別】化学、生物 履修範囲を終了するのが、入試直前だったので、習っている範囲は完璧にするように勉強しました。 利用した参考書 化学重要問題集 面接 【2次・個別】 直前に、二度、高校の先生に面接練習をしていただきました。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 国語 【センター】 元々得意だったため、さらに機械的に、要点を押さえた「点を取る」練習をする。 問題パターンを暗記してしまうつもりで 【2次・個別】 苦手な単元は切り捨て、志望校が毎年確実に出題する形式の問題を集中的に演習 利用した参考書 青チャート 外国語 【センター】英語、英語リスニング 単語や発音の暗記は基本に留め、長文読解の精緻化とスピードアップ 【2次・個別】英語 センター向けにしていたことを引き継ぎつつ、記述の演習 利用した参考書 ターゲット 社会 【センター】地理B センター向けの参考書をひたすら読む。 ページを絵として暗記。 利用した参考書 センター試験の点数が面白いほどとれるシリーズ 理科 【センター】化学、生物 基本問題 特に計算 の徹底演習と、図などはそらで図が一から自分で書けるまで暗記。 【2次・個別】化学、生物 計算問題の難しいものは苦手であるため捨て、無機有機などの暗記単元を最優先に演習 利用した参考書 センター試験の点数が面白いほどとれるシリーズ 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 【受験生活を振り返って】 一番必要なことは自分のことを知ることです。 自分が将来したいことなどもそうですが、一番身近な、「自分がどういう人間か」という問題を忘れてはいけません。 長時間の勉強に向かない人は短時間でどれだけ効率的に勉強できるかを考えるなど、自分のことを知ればより効果的な作戦を立てられます。 頑張って勉強するのも、自分の合格を一番最初に喜んでくれるのも自分です。 それを忘れないで、自分と仲良く受験に臨んでください。 【2次・個別試験を振り返って】 二次試験の対策はセンター試験よりさらに個人個人の特徴が出ます。 数学の苦手な私は、さらに難問に挑戦していく周りの受験生をよそにひたすら基本を固めたり、志望校が確実に出題する問題のみを絞って演習したりしました。 【2次・個別】 受験校の過去問や同じくらいの難易度の問題を解くこと 利用した参考書 チャート式1A2Bを利用した 外国語 【センター】英語、英語リスニング 色んな問題を多くこなして出やすい問題を知ること 【2次・個別】英語 ひとつでも多くの単語を覚えた上で読解力をつけること 社会 【センター】倫理、政治・経済 とにかくひとつでも多くのことを覚えること。 理科 【センター】化学、生物 ただ暗記するのではなく何がどうなってそうなるのかを理解すること 【2次・個別】化学、生物 きちんと仕組みを理解した上で問題を解くこと 受験の振り返り、反省.

次の