不穏 類語。 詰問の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「不安」の類義語や言い換え

不穏 類語

「禍々しい」の意味とは? 「禍々しい」の読み方• 「禍々しい」の英語• 「禍々しい」の語源• 「禍々しい」の言葉の使い方• 「禍々しい」を使った言葉と意味を解釈• 「禍々しい」を使った例文・短文• 「禍々しい」と「凶々しい」は同じ意味? 「禍々しい」の類語や類義の表現• 「禍々しい」の対義や反対の表現 「禍々しい」の意味とは? 「禍々しい」には大きく分けて三つの意味があり、• なにか悪いことが起こりそうな予感がすること、縁起が悪いこと• いまいましいこと、けしからぬこと、よくないこと• どうも真実らしく思えること、もっともらしいこと に分類されます。 どの意味の場合にも、なにか通常とちがっている、という感覚をもたらすもの、と考えるとわかりやすいでしょう。

次の

あれこれの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

不穏 類語

Point• 不穏の中にはせん妄が含まれている場合もある。 〈目次〉• 不穏とは、行動が過剰で落ち着かない状態のこと 落ち着きがないことも、暴れることも不穏と呼ばれる 「不穏」とは、文字通り「穏やかでないこと」を意味します。 状況が不安定で危機や危険をはらんでいる、というニュアンスもあります。 また、「治療を拒否したり、を抜いたりする」といった行動も不穏患者さんに見られることがあります。 なお、英語ではagitation(アジテーション:動揺、興奮)、あるいはrestlessness(レネス:落ち着かないこと)などの単語が不穏に相当するようです。 身体的苦痛やせん妄、不安が不穏を引き起こす 不穏はさまざまな原因により現れます。 痛みが強い、息が苦しいなど強い身体的苦痛があると不穏になることはあります。 また、強度の不安などによって不穏が生じることもあります。 薬剤の副作用や離脱症状で不穏になったり、アルコールの離脱症状で不穏になる場合もあるでしょう。 また、次項で述べるせん妄も、不穏をきたす重要な原因の1つです。 せん妄は患者さんに認められる「ある種の意識・認知機能障害を呈する状態」につけられた名称(診断名)で、結果的に不穏を呈することが多いです。 せん妄の症状としては、見当識、記憶、注意力に障害があったり、時間によって覚醒度にムラがあることが挙げられます。 また、定義にはさまざまなものがあり、代表的なものとして以下が挙げられます。 比較的急性で、多くは一時的な、中等度あるいは軽度の意識障害(意識混濁)にさまざまな精神症状(幻覚や妄想、興奮や困惑など)を伴う状態()• 身体疾患や中毒の結果として起こってくるところの、急性で変動する意識障害・認知機能障害() 意識障害をきたす疾患はせん妄につながりやすい せん妄の原因とメカニズムの詳細については『』などに示しますが、大切なことは、せん妄は意識障害の一種である、ということです。 したがって、意識障害をきたすような疾患や症状()があればせん妄が生じやすいと言えます。 表1意識障害をきたす疾患や症状• 薬剤(オピオイド鎮痛薬、睡眠薬 など)• 肝機能障害• 腎機能障害• 低血症• 不穏とせん妄は両方とも現れる場合と、どちらかが単独で現れる場合とがあります()。 「せん妄」と聞いたときイメージする患者さんは、不穏という言葉からイメージする患者さんと似ているのではないでしょうか? この理由は、このように不穏とせん妄の2つが同時に現れるためです。 一方、「不穏ではないせん妄」(例:ぼーっとしていてあまり動かないが、記憶や見当識がおかしくなっている状態〈低活動性せん妄〉)も「せん妄ではない不穏」(例:記憶や見当識などしっかりしていて意識障害はないが、痛みに耐えられなくて落ち着かない状態)もあります。 不穏とせん妄の関係は、例えて言えば、「」と「うつ病」の関係のようなものです()。 このツールは,患者との会話や病歴聴取,看護記録,さらには家族からの情報などによって得られる全情報を用いて評価します。 せん妄の症状は1日のうちでも変転するため,DSTは少なくとも24時間を振り返って評価します。 「自殺企図」があれば必ず「うつ病」と診断できるわけではないし、「自殺企図」のない「うつ病」もあるし、「うつ病」ではない「自殺企図」というものもあるわけです。

次の

詰問の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

不穏 類語

公開日: 2018. 17 更新日: 2018. 17 「不敵な笑み」の意味と使い方、心理、例文、類語、英語表現 「不敵な笑み」という言葉をご存知でしょうか。 「不敵な笑みを浮かべる」「不敵な笑みをもらす」と使います。 「不敵な笑み」は小説や映画の中で見聞きすることがありますよね。 では、「不敵な笑み」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 そもそも「不敵」の意味を知っているでしょうか。 「不敵な笑み」と聞くと、あまり良いイメージは持ちませんよね。 実際「不敵な笑み」はどのように使えば良いか、気になります。 そこで今回は「不敵な笑み」の意味や使い方、類語、心理について解説していきます。 意味を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「不敵な笑み」の使い方と例文 「不敵」を用いた表現では「不敵の笑み」が多く使われています。 「不敵な笑み」とは「 自信満々の表情をしていること、恐れを知らない顔つきをしていること」です。 顔は笑っているものの、その裏には何か良くないことを考えている表情を表します。 ただの笑顔ではなく、「不敵な笑み」は度胸ある行動をした上で、浮かべる笑みを表す場合に使うのが適します。 例えば、勝負や試合に負けても落ち込んだり焦ることもなく、平気な様子で笑みを浮かべていることを「不敵の笑み」と表すことができます。 「不敵な笑み」は相手や物事を甘く見て笑うことなので、マイナスなイメージを伴って用います。 言い回しとしては、 ・不敵な笑み ・不敵の笑顔 ・不敵な笑みを浮かべる ・不敵な笑みをもらす ・ニヤリと不敵な笑み などとなります。 「 不適な笑み」は誤用なので注意してください。 「不適」は「ふさわしくないこと、適さないこと」を意味します。 例文 ・大事なセレモニーの最中でも不敵に笑っている彼のことを、他の参列者は冷たい目で見ていた。 ・彼は後輩からお金を奪うと、不敵な笑みを浮かべてその場から立ち去っていった。 ・彼女の不敵な笑みから、心に余裕があることが分かってしまった。 ・相手の選手は負けているにも関わらず、不敵な笑みを浮かべているので気味が悪かった。 ・流石の彼も今回の件に関しては落ち込むだろうと思っていたが、ニヤリと不敵な笑みを浮かべていた。 ・捕まった犯人は罪を認めるどころか、終始不敵な笑みをもらして何も語らなかった。 ・試合が始まる前から、彼は自分が勝つことが分かっているかのような不敵な笑みをもらしていた。 ・彼が悪事を企んでいそうな不敵な笑みを浮かべていたので、注意を払っておく必要がある。 「不敵な笑み」の類語 異様な笑い (意味:行動が普通ではないこと) 「捕まった犯人は異様な笑みを浮かべていた」 不気味な笑い (意味:不快感があって気味が悪い笑顔) 「不審者は不気味に笑っていた」 薄気味悪い笑み (意味:何となく不快になるような笑み) 「彼が薄気味悪い笑みを浮かべていたので、ゾッとした」 奇妙な笑い (意味:普通ではない笑い) 「奇妙な笑いをしている人には近づかない」 ふてぶてしい笑顔 (意味:物怖じしない笑顔) 「彼のふてぶてしい笑顔には心底腹がたつ」 むかつく笑顔 (意味:不愉快になる笑顔) 「彼は反省するどころか、むかつく笑顔をしていた」 鼻で笑う (意味:相手を軽んじるように笑うこと) 「鼻で笑われたが、いちいち気に留めない」 せせら笑う (意味:相手を馬鹿にするような笑い) 「せせら笑いが至る所から聞こえた」 ニヤニヤする (意味:度胸がある表情をすること) 「彼女はニヤニヤしてばかりで何もしていない」 あざ笑う (意味:人を見下すような笑い) 「私がミスしたことを彼女はあざ笑っていた」 冷笑 (意味:見下すように笑うこと) 「冷笑されたことに、腹が立ってしまう」.

次の