御 仏前。 御仏前とはなんですか?御仏前の意味

御仏前と御佛前の違いは?読み方やマナーの決まりはある?

御 仏前

Sponsored Link 香典やお布施の金額はいくら必要なの? 香典と一口に言っても、用意する場面は多岐に渡りさまざまなシチュエーションがありますね。 御霊前と御仏前で、名前が違う香典は金額も変わるのでしょうか? 香典とは故人に供える線香や花、供物の代わりにお金を包んだものをさします。 御霊前と御仏前は仏教における法要の時期によって使い分けるもので、御霊前は四十九日の前に 行うお通夜や告別式などの葬儀のときに渡す香典に使う表書きで、御仏前は四十九日以降に渡す香典に使います。 これは故人やご遺族の信仰されている宗教や宗派によっては、御霊前・御仏前以外の 表書きのものを使う場面もありますので、 相手の宗教宗派がわかっていればその宗教宗派に合わせましょう。 香典の金額は地域やお家の風習やしきたりでも変わっていきますので、 ここではお通夜や告別式、四十九日前に渡す一般的な目安の金額をご紹介します。 故人との関係によって香典の金額は大きく変わり、親族の中でも両親や兄弟の葬儀なら 3万円から10万円、祖父母なら1万円から5万円、おじおばやそれ以上遠縁ならば3000円から3万円と変わります。 友人や会社での縁の人、恩師、近隣住民は関係の濃淡によりますが、3000円から2~3万円の中で出すことが多いようです。 また、どの立場であっても、偶数や4、9のつく金額は縁起が悪いということで避けられます。 金額の多少よりも偶数や4、9がつかない金額にするように気をつけましょう。 四十九日以降の法事などで渡す香典はまた金額が変わり、法要に参加する血縁の親族で 1万円から3万円、血縁がないか親しくない場合は5000円から3万円程度で、 会食がある場合は1~2万円ほど上乗せをします。 お布施に関しては、基本的に喪主や故人の親族が用意して葬儀や法事を執り行った お坊さんなどに渡すものであって、基本的に参列者は用意しません。 法事で卒塔婆や線香をお寺に用意してもらう場合、お布施といわずに卒塔婆料・線香料として渡します。 Sponsored Link 御仏前のお金の入れ方は? 御仏前に限らず、御霊前やキリスト教の御花料などの香典を袋に入れるとき、 気をつけなくてはいけないマナーがいくつかあります。 ひとつに、お札の向きをそろえて袋に入れましょう。 複数枚のお札を入れるとき、お札の裏表・上下はそろえてから袋にいれます。 あまりあることではありませんが、1万円札と5千円札を混ぜて入れるようなときは、 1万円・5千円・1千円の順に額面の多いほうを前、額面の少ないほうを後ろにそろえて入れます。 次に、入れるお札は新札を使わないことです。 銀行でお金を下ろしたとき、たまに折り目も傷もない新札で渡されるときがあり、 人に渡すものなのだからきれいなものがいいと思うかもしれませんが、 葬儀での香典の場合だけは新札を使うのはマナー違反とされています。 新札を香典に使うと、新札を用意できるほど前から葬儀を待っていたと意味があるからです。 反対に、結婚式や出産などのおめでたいときのお祝いには同じ理由から新札を使います。 どうしても手元に新札しかない場合は、いったん二つ折りか 三つ折をして折り目をつけておけば新札とはみなされません。 また、新札はマナー違反ですが、端が切れていたり目に付くほど傷ついているもの、 何か書き込みなどあるお札もマナー違反になりますので、銀行の窓口でお金を下ろすときは 先に「香典で使います」と伝えるとそうしたお札は避けてくれます。 お札の向きで気を付けるポイントは? 香典のお金の入れ方の中で、一部のマナー集では袋に対して、肖像画のある面を袋の裏側に 入れるようにとするものと、お札がそろっていれば袋に入れる向きは気にしなくてもいいとのものがあります。 お札の向きについては諸説ありますが、どうしてそのように二つのマナーがあるのでしょうか。 肖像画のある面を袋の裏側に入れるという説では、袋を表に置いたときにお札の人物が うつぶせになって頭を下げているようになることから、 「悲しみでうつむいている」というものをよく言われます。 ほかには、「亡くなったときに行う作法は生きている人と反対にする」というものもあり、 これは生きている人の着物は右前 左身頃が上 にしますが、死に装束は反対の左前 右身頃が上 だったり、 赤ちゃんの産湯はお湯に水を入れて作りますが、ご遺体の湯かんは水にお湯を入れて作るためからでしょう。 中には裏側に入れると、袋を開けたときに額面が大きく書いてある表側が先に目に入るために、 何かと忙しい葬儀の間に金額がすぐわかる利点から「時間のない中で香典を管理するご遺族に気遣って」というものもありました。 反対に複数のお札がそろっていれば向きは気にしないという説では、「お札の向きに気が回らないほど悲しんでいる」 というものや「突然の訃報に慌てて来たため」というものがあげられます。 どちらも故人やご遺族を思ってのマナーが理由になっていますのでお好きな説を採るといいのですが、 故人やご遺族が普段からマナーやしきたりが厳しそうな人ならば表裏を気にして入れるようにしたほうがいいでしょう。 まとめ 香典に金額は故人との関係や香典を送る状況や立場によって大きく変化します。 御仏前などの香典の入れ方は、お札をそろえたり新札や汚いものは避けるといったものがあります。 お札を入れるときにお札の向きに関して諸説あり、風習やしきたりによっては気にすることもあります。 Sponsored Link•

次の

御仏前とは|意味・読み方・御霊前との違いと使い分けについて解説

御 仏前

このページの目次• 御霊前と御仏前の違いは?どんな意味? 文具店やコンビニで熨斗袋のコーナーを見ると、弔事用で圧倒的に種類が多いのが「 御霊前」と「 御仏前 または御佛前 」です。 それだけ一般的な熨斗袋ということなのですが、この 御霊前と御仏前はいったいどのようなときに使うのでしょうか?その違いと意味をまずは見ていきましょう。 御霊前と御仏前 御佛前 はいつ使う?何が違うの? 御霊前は主に通夜や葬儀で使います。 仏教・キリスト教・神道のどの宗教でも使用できます。 ただし、蓮の花の模様がある香典袋は仏教のみです 一方の 御仏前は仏教における四十九日以降に使います。 主にお盆やお彼岸、年忌法要といった仏教の法事に使います。 四十九日が境なのはなぜ? 仏教の教えにおいて、人が亡くなると7週間 49日間 は霊となり彷徨います。 その間、遺族が一心に冥福を祈り、7週間経った日に成仏 仏さまになる するのです。 つまり、四十九日前は霊の前に供えるものなので「 御霊前」、四十九日後は仏の前に供えるものなので「 御仏前」となるわけですね。 浄土真宗に関する注意点 仏教のなかでも、 浄土真宗に関しては「御霊前」を使いません。 なぜなら「往生即成仏」という親鸞の教えがあるからです。 浄土真宗においては、亡くなってすぐ仏様になるので、 通夜や葬儀であっても「御仏前」を持参するのが正解です。 ただし近年は、喪主サイドですらこの事実を知らないことが多く、浄土真宗の葬儀であっても「御霊前」を持参する人がほとんどといったことも。 浄土真宗の教えに従って御霊前は使いたくないが、かといって御仏前を持参して「御霊前じゃないの?」と思われたくない…。 そうご心配の方は、「 御香料」という名目で持参するといいでしょう。 「御香料」は単に「お香をお供えします」という意味なので、 仏教の宗派関係なく使用できます。 香典袋の書き方の基本 香典袋の書き方には決まったルールがあります。 基本をおさえて失礼のないようにしましょう。 基本1:弔事には薄墨で書く 不祝儀には薄墨を使うのが基本です。 これには「涙で墨がにじんでしまった」や「突然のことで墨を磨る時間がなかった」といった意味が込められています。 故人が亡くなってすぐ執り行われる通夜や葬儀に濃い墨を使っては、「亡くなる前から墨の準備をしていた 予期していた 」ということになり大変失礼ですので気を付けてください。 なお、四十九日以降の法要については、あらかじめ日程が決まっていることなので、濃い墨を使っても失礼にはあたりません。 基本2:宗教による香典袋の違い ・仏教:前述のとおり、四十九日以前は御霊前、以降は御仏前を使います。 浄土真宗は最初から御仏前を使います。 宗派に関係なく御香料を使っても大丈夫です。 また、蓮の花の模様がある香典袋は仏式のみです。 ・キリスト教:御霊前も使えますが、「御花料」のほうがより一般的です。 白の無地か白百合や十字架が書かれている香典袋を使います。 ・神道:御霊前が使用できます。 あらかじめ神式と分かっている場合は、「御榊料」「御神前」「御玉串料」などが良いでしょう。 香典袋下段の書き方 1)基本的な書き方 下段の真ん中に会葬者のフルネームを書きます。 2)夫の代理で会葬する場合 下段の真ん中には夫のフルネームを書き、名前の左下あたりに「内」と小さく書き添えます。 3)夫と連名にする場合 下段真ん中に夫のフルネームを書き、夫の名の左隣に妻の名を並べます 妻の苗字は書きません。 夫婦揃って会葬する場合でも、夫のみの名前で香典を出して大丈夫です。 ただし、故人が妻の縁者であったり、妻と繋がりの深い方の場合は連名にすることがあります。 4)会社で香典を出す場合 下段の真ん中には役職名とフルネームを書きます。 会社名は右側に名前よりも小さな文字で書きます。 役職名が長く氏名と同じ行で書けない場合は、氏名の右隣に書きますが、その場合でも氏名は下段真ん中から動きません。 5)上司の代理で会葬する場合 上司の氏名に「代」の字を小さく書き添えます。 上司の名刺を預かり、右上に「弔」の文字と自分が代理で会葬した旨を書いて香典袋に添えて出すと、相手にわかりやすくて親切です。 6)職場で連名の場合 3名までの連名であれば、氏名を並べて書くことができます。 その際、一番右側に最も役職の高い人を書き、左へ役職順に書いていきましょう。 御霊前の中袋の入れ方と中袋がない時の書き方 中袋へのお金の入れ方 通夜や葬儀へ持参する香典の中袋へ入れるお札は 旧札にしましょう。 「突然のことできれいなお札を用意できませんでした」「予期していなかった」という意味が込められています。 手元に新札しかない場合は、 真ん中に折り目を入れて使用感を出しましょう。 四十九日以降の法要はあらかじめ日時が分かっているものですから、新札を入れても差し支えありません。 不祝儀の場合は札の肖像がない方 裏 を前にして入れます。 祝儀の入れ方と逆ですので注意してください。 香典の相場や香典の渡し方、マナーについては以下の記事を参考に失礼のないようにしましょう。 関連記事 中袋の書き方 1)金額を書く 中袋の前中央に金額を縦書きします。 「金、壱萬円 または圓 也」のように旧漢数字で書きます。 その場合は裏面の金額欄に金額を書き、表面には書く必要はありません。 2)住所と名前を書く 中袋の裏面に住所と名前を書きます。 筆や筆ペンで細かい字が書きづらい場合は、筆ペン風に書けるペンを使うときれいに書けます。 3)姓が変わって間もない場合 結婚して姓が変わって間もない場合であっても、香典袋へは新姓で書きます。 ただし、受け取る側が混乱しそうであれば、中袋の裏面氏名欄に新姓で氏名を書き、その左側に で旧姓を書くと親切です。 中袋がない場合は? 香典の金額が5千円以下の少額の場合、中袋のない簡素な香典袋を使うことがあります。 その場合は香典袋の裏面に住所・氏名・金額をしっかり記入しましょう。 まとめ 故人を偲び冥福を祈るために、礼儀を重んじ失礼のないようにしましょう。 とくに 香典袋は、会計管理のために遺族の手元に残るものです。 遺族の心中を察し、お手を煩わせないよう、必要な情報は全て書くのがマナーです。 香典の額で悩むことがあると思いますが、故人や親族との関係性をよく鑑みて決めましょう。 渡した香典の額は、今後同様のやり取りがあった場合の基準となります。 自分の親族に不幸があったとき、相手に負担をかけてしまうこともありますので、 適切な額を渡すべきです。 また、香典袋は金額に応じて、中袋の有無や結び切りの色、短冊の有無などで 豪華さを調節できます。 5千円以下の香典で豪華な香典袋を使ったり、逆に1万円以上で中袋のない香典袋を使うのは、とても恥ずかしいことです。 注意してくださいね。 尚、香典を包む袱紗(ふくさ)に関する決まりについては以下の記事をご覧ください。

次の

香典袋 種類》黄色・銀色・水引・色・金額・金額別・蓮・法事・一周忌・御仏前

御 仏前

お通夜や葬儀、法事の際に現金を包む、白と黒の水引のついた袋です。 仏教での御香典・御霊前・御仏前の違い 「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いはご存知ですか? ちゃんと使い分けができているでしょうか? 私は自信ありません・・・ ということで、 「御香典」「御霊前」「御仏前」の違いと使い分けについて、しっかり解説していきますね!! 御香典とは? 御香典の「 香」は線香を、「 典 正式には「奠」 」はお供え物を意味します。 「 故人へ線香や花の代わりに金品を供える」という意味合いです。 葬儀という突然の出費に対しご遺族に「葬儀費用の一部にあててください」という、『 お互いに助け合う』という気持ちも含まれています。 また「御香典」は、「御霊前」や「御仏前」を含む、 お供え全般のことを指しています。 通常、葬儀に持参する金品といえば「香典」と言いますが、実際に葬儀に参列する場合は、宗教宗派により考え方が異なります。 そのため、不祝儀袋で持参する表書きとして「御霊前」「御仏前」などを使い分けるのです。 「御霊前」や「御仏前」は、全部「御香典」に含まれるんですね! 知らなかった! 「御霊前」や「御仏前」は基本的に葬儀で使うか、四十九日法要を過ぎているかで使い分けますが、宗派によっては「御霊前」を使わない場合があります。 宗教宗派については事前に確認したほうがいいですね。 ただ、事前に確認できず悩んでしまったら、• 仏教で宗派が不明な場合は「御香典」が無難。 宗教が不明だけど明らかに真宗ではない場合は「御霊前」が無難。 です! 御霊前とは? 「御霊前」とは、• 故人の御霊 みたま の前。 また、御霊に供える金品。 香典の表書きの1つ。 という意味があります。 仏教では、一般的に 葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使います。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では葬儀の時から「御仏前」を使います。 というのも一般的な仏教では、人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると成仏して極楽浄土に行くという考えます。 なので 四十九日法要までは故人の御霊 みたま にお供えする =「 御霊前」 となるのです。 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では御霊前は使わない 仏教では一般的に、葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使います。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では葬儀の時から「御仏前」を使います。 いったいどうしてでしょう? この違いは、霊の考え方に基づきます。 一般的な仏教では、人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると 成仏して極楽浄土に行くと考えます。 納骨が四十九日法要の際に行うのも、成仏したという考えからです。 ですが、 真宗(浄土真宗や真宗各派)では霊という考え方がないのです。 「人は亡くなったらすぐに浄土に還り成仏する」というのが、真宗の考え方です。 だから 「御霊前」は使わないんですね! 御仏前とは? 御仏前とは、• 故人が成仏 じょうぶつ して仏様になり、その仏様の前。 また、御仏に供える金品。 供物の表書きの1つ。 という意味があります。 仏教では一般的に、 四十九日法要を過ぎたら「御仏前」を使います。 人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると仏になる =「 御仏前」 と考えるからです。 納骨を四十九日法要の際に行うのも、亡くなった人が成仏したと考えるからなんですね! 神道ではどうするの? 神道の場合は、 「御玉串料」「御神前」などを使います。 神道では、「御香典」も「御仏前」も使いません。 というのも、 神道には「仏になる」という考えはないからです。 でも、 葬儀の際に「御霊前」は使っても問題はないようです。 これは、神道の考え方では、亡くなったら御霊となり、その家の守護神となり子孫を守るとされているからです。 ただし、 蓮の花が印刷してある不祝儀袋は、仏教専用なので避けましょう! また、神道では仏教の四十九日法要でなく「 五十日祭」と呼ぶ儀式があります。 翌日に清祓の儀(きよはらいのぎ)を行い、忌中に神棚などに張っていた白紙を取り除くと忌明けとなります。 (忌中は故人を悼み、拍手を打たずに「偲び手」で行います。 ) 以前は葬儀(火葬祭)の後に遺骨を墓地に移して埋葬していました。 しかし最近では、仏教のように遺骨を持ち帰り五十日祭の頃に埋葬するケースが多くなっています。 この際の金封は、 「御玉串料」「御霊前」などを使います。 キリスト教ではどうするの? キリスト教(カトリック)では「 お花料」を使用します。 ですが、 「御霊前」(蓮の花の印刷以外)は問題ないとされています。 というもの、キリスト教では亡くなったら霊魂となって神に召されると考えられているからです。 キリスト教の場合でも、四十九日法要に該当するものがあります。 カトリックでは 「追悼ミサ」、プロテスタントでは 「記念式」です。 これらは必ず行うという儀式ではありません。 仏教の「忌明け」という考え方もありません。 ですが、最近は仏教の初七日や四十九日法要の代わりに追悼式を行うケースもあります。 もし参列する場合の金封は、• カトリック追悼ミサの場合 :「ミサ謝礼」「ミサお礼」• プロテスタント記念式の場合:「記念献金」 となります。 水引の違い 不祝儀袋についていたり、印刷されている 水引。 この水引にもマナーがあります。 大切な人が亡くなることは、二度とあってほしくないことですから水切は「 結び切り」を使用するのがマナーです。 結び切りは、一度、結んだらほどけないことを意味しています。 そのため、「二度あってほしくない」こと、例えば結婚や葬儀などの際に使用します。 水引は、宗教によって多少色が異なるので、確認していきましょう。 仏 式:白黒・銀• 神 式:黒白・白・銀• キリスト教式:なし キリスト教式の場合には、水引は使用しません。 蓮の花の印刷以外で、十字架または花の印刷が施された不祝儀袋を使用します。 花が印刷されたものがなければ、白封筒で代用することもできます。 また、弔事には 基本的に偶数の水引を使用します。 4本を中心に、2本のものと6本のものがあります。 ですが最近では、5本の水引を使用することもあるようです。

次の