花より男子二次。 ②

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (1ページ)

花より男子二次

「四年後に必ず迎えにいきます」 ふたりの約束。 四年という時間の長さも実感できないままに、司が公の場で言った言葉がそのまま、つくしのこころに刻まれた。 それが、どんなに難しいことなのか。 相手を思う気持ちだけでは超えられない時間の壁を、実感するには、ふたりはまだ幼すぎた。 司がつくしを思う気持ちが、どんなに本物でも、つくしが司を信じる気持ちが、間違いなく確かでも、それでも超えられない壁があることを。 最初の一年は、慌ただしさのなかで過ぎていった。 逢えない寂しさも、傍にいない心細さも、まだ、お互いのぬくもりを覚えているうちは、夢をみていられた。 一年後。 フランスでの再会。 寂しさを口にすることでお互いに愛しさを、確認しあった気持ち。 けれども、結果としてそれが、お互いの気持ちを激しく揺さぶってしまったことに気づかなければならなかった。 「好きだ」という気持ちは、確かめ合えたかもしれない。 けれど、それと同時に、再び別れなければならない、ふたりのこころの奥に、誰よりも愛しい人に、逢えない寂しさを、残した。 想えば想うほどに、それは重く苦しい枷となる。 一年は長かった。 それなのに、まだ続くのだろうか、このつらい想いが……。 ふたりのこころの奥に少しずつ、不安という小さな砂粒が積もっていく。 さらさらと。 さらさと。 ちいさな粒が、それでも毎日積もっていく。 図らずも、同じように、不安と寂しさを紛らわすために、なるべく相手のことを考えないようにと思い始めたふたりの気持ちは、罪なのだろうか。 日々の生活に紛れ、少しずつ消えていく、大切な人の、ぬくもりと香り。 一度会ってしまったばっかりに、さらに増していく、逢えない苛立ち。 けれど、幸せな思い出だけで、生活できるほど現実は、甘くなかった。 そして、また一年が過ぎる。 四年後の約束まで、半分。 ようやく、半分。 やっと、半分が過ぎただけだ。 これから、また今までと同じ長さの時間を耐えなければならない。 考えたくなくても、それが現実。 司の胸に。 つくしのこころに。 少しだけ、大人に近づいたふたりの気持ちは、同じだった。 もし、本当に、自分たちがお互いを必要とするならば、約束などなくても、きっとまた再び始められるはず。 二年目の春。 つくしのもとに、司から一本の電話が入った。 あわただしいスケジュールの合間を縫って、つくしのための時間を作り出した彼の気持ちは、すべて電話を切った時点で、つくしに伝わっていた。 指定されたホテルの最上階のバーで待つ、つくしのもとに現れた司は、一年前より、すこし痩せたように見えた。 頬のあたりの肉がそぎ落とされ、以前よりもさらに精悍な感じになっている。 それだけで、司の日々の生活のハードさが目に見えるようだった。 「悪い……」 司は、そういったきり、目の前のグラスをカラカラと弄んでいる。 「わかってる。 大丈夫だから」 しばらくして、そう答えた、つくしの顔をやっと彼はみつめた。 つくしは、二年前と少しも変わらない強い光を放つ瞳で、司をみつめ返すと、唇をきゅっとむすんで、ゆっくりと頷いた。 何もかも、わかっている。 その瞳は、そう継げていた。 司は、ふっと息を吐くと、 「ただ、大学は続けてくれ。 今の俺にしてやれるのは、それだけしかないかもしれない」 「ありがとう。 辞めて働こうかと思っていたから、感謝するよ」 「感謝なんて、しないでくれ」 「なんで? 道明寺がいてくれなかったら、あたし大学なんていけなかったんだし」 「自分が、情けなくなるから」 「そんなふうに、思わないで。 私たちのこの二年は無駄じゃなかった。 道明寺のことを考えてる時間は、幸せだったから」 その後。 ほんの15分ほど、ぽつりぽつりと会話を交わし、時計を気にする司を見かねて、つくしのほうから、最後の言葉をきりだした。 「そろそろ出ようか」 「ああ」 店を出たところで、送っていくという司の申し出を、つくしは優しく断った。 「ひとりで、帰りたい日もあるのよ」 司の右手が伸び、つくしの頬に触れる、そのまま抱きしめようとした彼の手を、つくしはするりと抜け出た。 「元気で……」 「あ、ああ。 おまえも元気でな」 司にくるりと背を向け、歩き出すつくしの背中は、まっすぐに伸び、凛としていた。 約束の終わり。 ふたりは、別れた。 間違ってはいない。 ただ、お互いを信じて。 時間を追いかける、苦しい恋から、解き放たれたふたりは、新しい道を、またみつけるために、それぞれに歩き出す。 更新日:2013-04-20 09:27:19•

次の

花より男子二次

梓の誕生日パーティ当日。 場違いな雰囲気に、稜は戸惑っていた。 「こっち、こっち!」 梓が、遠くから手を振る。 梓の周りには、西門麗香、美作姉妹も揃っていた。 ドレスアップしている姿に、稜は少し怖気づいていた。 「今日は、招待してくれてありがとう。 あの、、、今日は、いつもと感じが違うっていうか。。。 ドレス素敵だね。 」 照れながら、褒める稜。 それを、横で見ていた麗香達が近づいてきた。 「梓の付き合ってる人って、あなたの事ですか??」 「えっ〜、ちょっと今までとだいぶタイプが違くない??」 「意外なんだけど〜」 勝手に話始める3人に、今、紹介するから黙って、と、なだめる梓。 「こちらは、佐伯稜さん。 」 よろしく、と3人に頭を下げる稜。 その時、後ろの方がザワつき始めた。 そしてF4が、パーティーに現れた。 「ねぇ、F4よっ!!まさか、こんなところでお目にかかれるなんてっ!」 「大人になっても、やっぱり素敵だわぁ」 パーティーに出席していた女性達が、騒ぎ始めた。 「F4って??何?」 「F4っていうのは、梓のの、と、私の父の西門総二郎、こちらの美作姉妹のの、美作あきら、そして花沢物産社長の花沢類、この4人の学生時代の呼び名なの。 」 麗香が、稜に教えた。 「へぇ〜。 何か、やっぱり君達って凄いんだね、、、。 」 想像以上の世界に、驚きが止まらない稜。 「あれ?佐伯君??」 花沢類が、稜に気付いた。 「あっ、花沢社長。 」 類に気付き、軽く会釈をした。 「何?彼、類の知り合い??」 あきらが類に尋ねた。 「うん。 うちの社員で、佐伯稜君。 」 「へぇ。 で、何で君がここにいるの??」 あきらが突っ込んだ。 あの、梓さんに招待されまして。。。 」 「へぇ、じゃあ梓の彼氏ってこと??」 「あきら、まぁ、そのへんにしとけよ。 ビビってるだろ?」 総二郎が悪いね、と間に入り、あきらを連れ出した。 「佐伯君、梓ちゃんと付き合ってるんだって?」 「しゃ社長、なんでそれを??」 「あぁ。 さっき、あきらんちの双子達が噂してたからさ。 君のこと。 」 「は、はぁ。 そうでしたか。。。 」 「オレは、応援してるからさ。 」 そう言って、類は稜の肩をポンと叩き、その場から離れて言った。 「おい、総二郎。 梓のやつ、付き合ってるヤツがいるってホントか??」 「らしいな。 今日、来るみたいだぜ。 」 「どんなヤツだった??」 「おまえ、だろ?自分で確かめろよ。 」 総二郎に、背中を押されたその時、前を通りすぎそうとした人物にぶつかった。 「あっ、すみません。 」 「いってぇな〜、総二郎押すなよ。 あぁ、君。 悪かったな。 」 「いえ。 」 司は、ぶつかった相手の顔をじっーと見て、立ち止まっていた。 「あ、あの?ホントすみませんでした。 」 「ああ。 いや、いいんだ。 オレが悪かった、、、。 そんな事より、君とどこかで会ったことあったかな??」 「えっ?えーと、どこかでお会いしたような気もしますが、、、すみません、覚えてないです。 」 司は、どこかで会った、というよりも、過去の記憶が呼び戻されるような気がしていた。 「君、名前は?」 「はい、佐伯稜です。 」 「佐伯?」 聞いたことがない名前だった。 でも、目元や、顔の雰囲気は、どことなく見覚えがあった。 ponypo1980.

次の

花より男子二次

「四年後に必ず迎えにいきます」 ふたりの約束。 四年という時間の長さも実感できないままに、司が公の場で言った言葉がそのまま、つくしのこころに刻まれた。 それが、どんなに難しいことなのか。 相手を思う気持ちだけでは超えられない時間の壁を、実感するには、ふたりはまだ幼すぎた。 司がつくしを思う気持ちが、どんなに本物でも、つくしが司を信じる気持ちが、間違いなく確かでも、それでも超えられない壁があることを。 最初の一年は、慌ただしさのなかで過ぎていった。 逢えない寂しさも、傍にいない心細さも、まだ、お互いのぬくもりを覚えているうちは、夢をみていられた。 一年後。 フランスでの再会。 寂しさを口にすることでお互いに愛しさを、確認しあった気持ち。 けれども、結果としてそれが、お互いの気持ちを激しく揺さぶってしまったことに気づかなければならなかった。 「好きだ」という気持ちは、確かめ合えたかもしれない。 けれど、それと同時に、再び別れなければならない、ふたりのこころの奥に、誰よりも愛しい人に、逢えない寂しさを、残した。 想えば想うほどに、それは重く苦しい枷となる。 一年は長かった。 それなのに、まだ続くのだろうか、このつらい想いが……。 ふたりのこころの奥に少しずつ、不安という小さな砂粒が積もっていく。 さらさらと。 さらさと。 ちいさな粒が、それでも毎日積もっていく。 図らずも、同じように、不安と寂しさを紛らわすために、なるべく相手のことを考えないようにと思い始めたふたりの気持ちは、罪なのだろうか。 日々の生活に紛れ、少しずつ消えていく、大切な人の、ぬくもりと香り。 一度会ってしまったばっかりに、さらに増していく、逢えない苛立ち。 けれど、幸せな思い出だけで、生活できるほど現実は、甘くなかった。 そして、また一年が過ぎる。 四年後の約束まで、半分。 ようやく、半分。 やっと、半分が過ぎただけだ。 これから、また今までと同じ長さの時間を耐えなければならない。 考えたくなくても、それが現実。 司の胸に。 つくしのこころに。 少しだけ、大人に近づいたふたりの気持ちは、同じだった。 もし、本当に、自分たちがお互いを必要とするならば、約束などなくても、きっとまた再び始められるはず。 二年目の春。 つくしのもとに、司から一本の電話が入った。 あわただしいスケジュールの合間を縫って、つくしのための時間を作り出した彼の気持ちは、すべて電話を切った時点で、つくしに伝わっていた。 指定されたホテルの最上階のバーで待つ、つくしのもとに現れた司は、一年前より、すこし痩せたように見えた。 頬のあたりの肉がそぎ落とされ、以前よりもさらに精悍な感じになっている。 それだけで、司の日々の生活のハードさが目に見えるようだった。 「悪い……」 司は、そういったきり、目の前のグラスをカラカラと弄んでいる。 「わかってる。 大丈夫だから」 しばらくして、そう答えた、つくしの顔をやっと彼はみつめた。 つくしは、二年前と少しも変わらない強い光を放つ瞳で、司をみつめ返すと、唇をきゅっとむすんで、ゆっくりと頷いた。 何もかも、わかっている。 その瞳は、そう継げていた。 司は、ふっと息を吐くと、 「ただ、大学は続けてくれ。 今の俺にしてやれるのは、それだけしかないかもしれない」 「ありがとう。 辞めて働こうかと思っていたから、感謝するよ」 「感謝なんて、しないでくれ」 「なんで? 道明寺がいてくれなかったら、あたし大学なんていけなかったんだし」 「自分が、情けなくなるから」 「そんなふうに、思わないで。 私たちのこの二年は無駄じゃなかった。 道明寺のことを考えてる時間は、幸せだったから」 その後。 ほんの15分ほど、ぽつりぽつりと会話を交わし、時計を気にする司を見かねて、つくしのほうから、最後の言葉をきりだした。 「そろそろ出ようか」 「ああ」 店を出たところで、送っていくという司の申し出を、つくしは優しく断った。 「ひとりで、帰りたい日もあるのよ」 司の右手が伸び、つくしの頬に触れる、そのまま抱きしめようとした彼の手を、つくしはするりと抜け出た。 「元気で……」 「あ、ああ。 おまえも元気でな」 司にくるりと背を向け、歩き出すつくしの背中は、まっすぐに伸び、凛としていた。 約束の終わり。 ふたりは、別れた。 間違ってはいない。 ただ、お互いを信じて。 時間を追いかける、苦しい恋から、解き放たれたふたりは、新しい道を、またみつけるために、それぞれに歩き出す。 更新日:2013-04-20 09:27:19•

次の