風 あざみ 造語。 『少年時代』井上陽水が懐古する忌野清志郎のエピソード

風あざみの意味とは?造語?広辞苑に載ってる?歌の歌詞も解説!

風 あざみ 造語

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 長い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 これが一番の歌詞です。 メロディーを載せると、懐かしいような雰囲気ですが、歌詞だけを見るとなんだか意味が分かりにくいですよね。 想い出のあとさき…?宵かがり…? まず最初に出てくるのは「風あざみ」という言葉。 この言葉については、本人も意味がないことを語っています。 井上陽水の『少年時代』の歌詞に込めた意味とは 「夏が過ぎ 風あざみ」 から始まるこの曲は、夏の終わりによく流れる曲です。 この曲は夏休みの終わりに聞くから、新学期の憂鬱さを思い出す、という方もいるのではないでしょうか。 風あざみの意味から見る井上陽水の歌詞の作り方 「風あざみ」には明確な意味はありません。 SONGSで本人により、これが造語であることが語られ、ネットで話題になったことがありました。 「オニアザミ」という言葉のインスピレーションから生まれた言葉のようです。 他にも、「夏模様」「宵かがり」「夢花火」という言葉が出てきます。 井上陽水は、こういった言葉に意味はなくて「響きのよさで作った」ことを本人の口から語っているのです。 有名な歌手の中でも、歌詞の意味を重視せずに響きだけで作る人は多いですよね。 例えは椎名林檎の『丸の内サディスティック』もそうみたいですよ。 そのため難解で、いろいろな人に考察がなされていて逆に面白かったりします。 歌詞考察のし甲斐はあるかもしれませんね。 少年時代も、まさに考察のし甲斐がある歌詞です。 では1番の歌詞の考察をしていこうと思います。 敢えて、考察しない部分を残しますので、それぞれ考察してみて欲しいなと思います。 「夏が過ぎ 風あざみ」 夏はもう過ぎって、あざみも散って風に消えていった「誰のあこがれにさまよう」 時は過ぎるのに自分はここで立ち止まって、誰かにあこがれられたりしてるんだろうか。 それとも… 「青空に残された 私の心は夏模様」 こうして青空をひたすら見ている私の心は夏から抜け出せずに、立ち止まり続けているんだ。 「夢が覚め 夜の中」 青空から夜になると、人は眠るけど私は目が覚めてしまい 「長い冬が 窓を閉じて」 冬の長い夜の暗くなった窓を閉じて 「呼びかけたままで 夢はつまり思い出のあとさき」 だけど夏の鬼ごっこなんかして呼びかけた声が頭に残っている。 見ることのできる夢というのはつまり、思い出があるから見れるんだな… 「夏まつり 宵かがり」 夏祭りは青空とこの夜の間の宵の暮れそうなときだったな… 「胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火」 胸がわけもなく高鳴るのに合わせて上がる八月の花火も、この夢の中に出てくるんだ 「私の心は夏模様」 まだ私は夏の思い出を夢で見ているんだ。 子供の頃の思い出を思い返して、 昼は青空を見ながら。 夜は夏祭りなどの夢を見ている自分を描いています。 こうした夢は想い出があるからこそ見ることが出来るものだな… としみじみ感じながら、 思い返すのはいつも夏。 思い返す自分は永い冬の中にいる。 私の考察では… 目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 この部分はぜひそれぞれ考察してみてください。 面白いですよ。 少年時代の概要をこちらに書いておきますね。 Wikipediaに面白いエピソードがありました。 『少年時代』の概要 1990年9月21日にリリースされた通算29枚目のシングル。 作詞は井上陽水 作曲・編曲は井上陽水と平井夏美。 当初、荻野目洋子のシングル『ギャラリー』のB面に使用される予定だった曲で、B面にしては良い出来だったのでシングル化されたそうです。 出典: まとめ 『少年時代』の歌詞考察をしてきましたがいかがでしたか? 「少年時代」というワードを挟まないまま、多くを語らなくてもその情景を思い起こさせる井上陽水って やっぱりすごいなと思います。 夏の終わりの歌か、と思いきや「冬」というワードも出てくる。 想い出を想起しながらも、夏の懐かしい時代を夢に見てノスタルジックになっている感じが十分伝わりますね。 メロディーに乗せると、その情景はもっと色濃くなるような感じもします。 これがプロだな… 皆さんも、井上陽水の歌詞考察してみてはいかがでしょうか。 この歌のこの歌詞の意味考察してほしい、というリクエストもお待ちしています。 良ければコメント欄に書き込んでいってください。

次の

【JK語】SNS女子高生の若者言葉ランキング117選【2020年版】

風 あざみ 造語

どうしても訳せなかった曲 『少年時代』歌い出しの「夏が過ぎ 風あざみ」だが、「風あざみ」という日本語はなく、アザミ自体も初夏に咲く花で、曲の趣旨とは合わない。 「かつてテレビ番組で、『風あざみ』なんて日本語ありませんよねと指摘したら、陽水さんは『ロバートさん、警察が来るわけじゃないですし、いいじゃないですか。 あなた早くアメリカに帰りなさいよ』なんてたしなめられたことがありました。 『風あざみ』なんて言葉はもちろん英語にもないので、『wind-thistles(あざみ)』と造語を使って翻訳しました。 結果的に、正確に訳したことになりましたが、英語に置き換えるなかで意味を自由に汲む新たな余白が生まれたような気がしました」(キャンベル氏) 井上陽水は、自らの歌詞の解釈について「答えは風に舞っている」というスタンスを貫く。 あえて歌詞の内容をはぐらかし、聞き手に「もしかしてこういうことなのか?」とあれこれ想像させることで、より自由な世界を作っていくのだ。 『少年時代』を共作した、音楽プロデューサーの川原伸司氏は言う。 「陽水さんが教えてくれるのは、『本当は歌詞ってこんなに自由なんだ』ということです。 『リバーサイドホテル』なんてすごいですよね、始まりが『誰も知らない夜明けが明けたとき』ですよ。 『夜明け』だけで意味は十分なのに。 陽水さんはシャイな人で、全部完璧に作り上げることにある種の照れがあるんです。 変に権威的にならないのが、陽水さんの魅力のひとつでもあります」 あまりに自由な歌詞の『リバーサイドホテル』を、キャンベル氏は「訳せなかった」と振り返る。 「この曲では、『金属のメダル』や『川沿いリバーサイド』など、日本語と英語で意味が二重になっている歌詞が連発します。 非常に面白い歌詞だと思っていたんですが、どうしても上手に訳す自信がなく、断念しました。 発表するチャンスがまたあれば、チャレンジしたいと考えている一曲です」 日本語と英語の両方から読み解くことで、摩訶不思議な「陽水ワールド」に少しでも近づくことができるはずだ。 発売中の『週刊現代』ではこのほかにも、「ちゃんとした外国人に聞いた 日本と韓国『どっちが正しい、どっちがまとも?』「病院で死ぬのはこんなに不幸」「消費税10%であなたと、日本経済に起きること」などを特集している。 「週刊現代」2019年9月7日号より.

次の

井上陽水の「少年時代」にでてくる、「風あざみ」って何?

風 あざみ 造語

「少年時代」誕生秘話 まず、少年時代という曲についてご説明しましょう。 この曲は1990年9月にリリースされ、現在でも 井上陽水最大のヒット曲となっています。 もともとは、井上氏が荻野目洋子に提供するシングルのB面に使う予定で作曲したものの、その曲のできばえがよかったことに加え、 同名映画「少年時代」の主題歌の依頼が来たこともあり、自身でカバーし、シングルでリリースすることになったという経緯があります。 その映画「少年時代」は、藤子不二雄A氏の連載漫画が原作で、以前から藤子氏と飲み仲間として親交のあった井上氏に主題歌の依頼が入ったというわけです。 発売後 20 年たっても新 CM が続々と! そんな風にして誕生したこの曲ですが、ヒットにつながるには少々時間がかりました。 発売直後は、オリコンチャート最高20位だったものの、発売から1年後にソニーのCM曲に採用されたことでオリコンチャート4位まで上昇し、TV番組のテーマとしても使用されるなどしてロングヒットになりました。 2008年にはキリンビール、2013年には日本コカ・コーラ、そして2014年には健康家族と、 各社のCMに「少年時代」が使用されています。 また、井上氏が子ども時代を過ごした福岡県田川郡糸田町では、防災無線でこの曲のオルゴール音を流しているそうです。 この曲の魅力はいつまで経っても色あせないことがわかりますね。 えっ!ぜんぶ造語だったの!? ここまで少年時代という曲について述べてきましたが、いよいよ本題の3つの言葉についてです。 調べてみると、なんとこれらはすべて 井上氏による造語ということがわかりました。 どうりで、辞書を開いても載っていないはずです。 ちなみに、彼の楽曲には他にもたびたび造語が登場するようです。 それぞれの言葉に込められた意味を解説していきます。 風あざみ 植物のアザミを連想しますが、風あざみという種類は存在しません。 風が吹いてあざみをゆらしている情景を表現した言葉が 「風あざみ」なのです。 アザミは夏から秋に花を咲かせます。 夏が終わり、アザミの花を揺らす風に秋の気配を感じている情景が浮かびますよね。 夢花火 これは、夢で見たような花火、あるいは夢のようにはかない花火を意味します。 響きもとてもきれいですよね。 ちなみに、ナオト・インティライミにも 「夢花火」という曲があります。 二つの曲の関連性はわかりませんが、こちらの歌詞では「夜空に広がるユメハナビ」とカタカナ表記にしています。 宵かがり 宵とは、日暮れから間もない頃の時間です。 かがり火は、鉄のかごに薪などを入れて焚く火のことです。 夏には花火やお盆、祭りなど、夜のイベントが多いですよね。 そんな情景を「宵」「かがり火」という2つの言葉が連想させるわけです。 それにしても、いかにも昔からありそうな言葉に思えてしまいます。 ちなみに、井上陽水がインタビューでこれらの歌詞の意味を聞かれたとき、「響きのよさで作った言葉で、 意味ないんだよ。 」と答えたそうです。 それでこんなに情景を十分に表す言葉を作り出してしまうなんて、すごいセンスですね。 「少年時代」は、毎年聞きたくなる、そして時おりどこかで耳にする名曲です。 次にカラオケにいった時は歌声と一緒に、この 歌詞にまつわる話も披露してはいかがでしょう。

次の