ファイナル ファンタジー アドベント チルドレン。 『FF7 リメイク』特別企画、『アドベントチルドレン』や『クライシス コア』などの関連作品を改めて紹介

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン : ファイナルファンタジー

ファイナル ファンタジー アドベント チルドレン

2005年9月14日 日米同時期発売 メガヒット・ゲームシリーズからの映像化---1997年1月にPlayStation用ゲームソフトとして発売し、全世界で958万本(国内はインターナショナル版を含め392万本、海外は北米、欧州他で566万本/2004年9月現在)を記録したPS2『FINAL FANTASY VII』。 その続編を目に出来るのは、ゲームではなく、本DVD商品のみ。 第61回ヴェネチア国際映画祭に出品---世界三大映画祭のひとつヴェネチア国際映画祭では、今年からヴェネチア・デジターレ(デジタル映像部門)を新設。 同映画祭側が特別招待を要請し、出品が実現。 あの戦いから2年。 繁栄の極みにあった魔晄都市「ミッドガル」は廃墟と化したが、人々は再建への道を確実に歩んでいた。 だが、「星痕症候群」と呼ばれる謎の病が人々を苛む。 治療法もなく、冒された者を次々と死に至らしめるこの病は、希望を取り戻しつつあった人々の新たな脅威となった。 デリバリーサービスを営みながら孤児と共に静かに暮らしていたクラウドは、先の戦いで大事な仲間達を失ってしまった心の傷に胸をいため、深い自戒と罪の念に心を閉ざしていた。 ある日、クラウドに仕事を依頼する一本の電話が入る。 依頼内容は、カダージュと呼ばれる男からの護衛を依頼するものだった。 若く、凶暴なカダージュ達。 やがて彼らの魔の手は、クラウドと共に住んでいた孤児たちにも伸びる。 その目的は何なのか。 何故クラウドを狙うのか。 避けようのない戦いを前に思い悩むクラウド。 「罪って許されるのか?」長き葛藤の末、戦いの決意を固めるクラウド。 ついに、カダージュ達との、人知を超えた戦いが幕を開ける。 RPG『FF』シリーズの中でも、充実したストーリーで人気の『FFVII』。 その続編をCGムービーで綴った映像作品。 セフィロスによる大破壊から再建しつつあった魔晄都市ミッドガルを再び襲う災厄。 仲間を喪った罪の念に心を閉ざすクラウドは!? CDジャーナル データベースより.

次の

ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン コンプリート

ファイナル ファンタジー アドベント チルドレン

2005年9月14日 日米同時期発売 メガヒット・ゲームシリーズからの映像化---1997年1月にPlayStation用ゲームソフトとして発売し、全世界で958万本(国内はインターナショナル版を含め392万本、海外は北米、欧州他で566万本/2004年9月現在)を記録したPS2『FINAL FANTASY VII』。 その続編を目に出来るのは、ゲームではなく、本DVD商品のみ。 第61回ヴェネチア国際映画祭に出品---世界三大映画祭のひとつヴェネチア国際映画祭では、今年からヴェネチア・デジターレ(デジタル映像部門)を新設。 同映画祭側が特別招待を要請し、出品が実現。 あの戦いから2年。 繁栄の極みにあった魔晄都市「ミッドガル」は廃墟と化したが、人々は再建への道を確実に歩んでいた。 だが、「星痕症候群」と呼ばれる謎の病が人々を苛む。 治療法もなく、冒された者を次々と死に至らしめるこの病は、希望を取り戻しつつあった人々の新たな脅威となった。 デリバリーサービスを営みながら孤児と共に静かに暮らしていたクラウドは、先の戦いで大事な仲間達を失ってしまった心の傷に胸をいため、深い自戒と罪の念に心を閉ざしていた。 ある日、クラウドに仕事を依頼する一本の電話が入る。 依頼内容は、カダージュと呼ばれる男からの護衛を依頼するものだった。 若く、凶暴なカダージュ達。 やがて彼らの魔の手は、クラウドと共に住んでいた孤児たちにも伸びる。 その目的は何なのか。 何故クラウドを狙うのか。 避けようのない戦いを前に思い悩むクラウド。 「罪って許されるのか?」長き葛藤の末、戦いの決意を固めるクラウド。 ついに、カダージュ達との、人知を超えた戦いが幕を開ける。 RPG『FF』シリーズの中でも、充実したストーリーで人気の『FFVII』。 その続編をCGムービーで綴った映像作品。 セフィロスによる大破壊から再建しつつあった魔晄都市ミッドガルを再び襲う災厄。 仲間を喪った罪の念に心を閉ざすクラウドは!? CDジャーナル データベースより.

次の

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン ストール クラウド・ストライフ|スクウェア・エニックス e

ファイナル ファンタジー アドベント チルドレン

アニメ「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」の詳細 『FFVII』から2年後、クラウドは運び屋として生活していた。 世界は滅亡の危機からは免れたが、爪痕は大きく、星痕症候群 通称・星痕)と呼ばれる謎の病気が蔓延していた。 ある日、クラウドはレノから依頼を受けルーファウスの下へ向かっていたとき、謎の3人組に襲われる。 彼らは、クラウドを「兄さん」と呼び、「母さん」を返せと告げるが、クラウドは何のことかわからない。 ルーファウス達の住むヒーリンについたクラウドは、襲って来た3人組がカダージュの一味であることを聞かされる。 ルーファウスは、自分達の目的は世界の再建であり、彼らはそれを邪魔するのだという。 ルーファウスはそのためクラウドにボディガードを頼むが、彼は断り去っていくのだった。 そのころ、マリンと共に教会に訪れていたティファはカダージュの一味の一人、ロッズに襲撃される。 善戦するティファだったが、最後には気を失いマリンを連れ去られてしまう。 ティファやレノに説得され、マリンを救うため忘らるる都に向かうクラウド。 しかし、カダージュ達3人に苦戦し、ヴィンセントに助けられる。 ヴィンセントから星痕症候群や「母さん」の真実を聞かされる。 「母さん」を探すカダージュ達は、神羅の作った慰霊塔に目をつける。 慰霊塔を破壊しようとするヤズーとロッズを阻止すべく、レノやルードも戦うが、カダージュが召喚したバハムート震により慰霊塔は破壊される。 突如現れたモンスター達やバハムート震に混乱する街。 バハムート震を倒すため、かつてクラウドと共に星を救った仲間達が次々と集まる。

次の