アメリカ インフル エンサー。 いまフォローするべきおすすめ有名インフルエンサー(海外編)

インドの主要メディアまとめ【インフルエンサー編】

アメリカ インフル エンサー

SNSを活用したマーケティングが盛んに行われるようになっています。 特にインフルエンサーを活用した販促や集客活動は、フォロワーという明確なターゲットに対して効果を発揮します。 そのため、活用したいと考えている方も多いでしょう。 しかし、インフルエンサーの拡散力の強さには注意が必要です。 発信する内容によっては、ブランドの価値を大きく下げてしまうことになりかねません。 今回は、アメリカ連邦取引委員会(FTC)からリリースされた、インフルエンサー向けのガイドラインを紹介します。 インフルエンサーに情報拡散を依頼する前に、内容を押さえておくと安心です。 ガイドラインの内容とは ここでは、ガイドラインの概要を紹介していきます。 インフルエンサーとしてPR活動を行う際の重要なポイントがわかるので、ご参考にしてください。 投稿に「提供を受けている」ことを明確に示す まず重要なのが、広告主とインフルエンサーの関係を必ず明確に示す必要があります。 企業から販促の依頼を受けた場合、該当する投稿に必ず「提供を受けた」と明記しましょう。 また、企業提携に関しても、投稿の目立つ部分に示し、フォロワーに誤解を与えないようにします。 そして、関係性を示すのは投稿だけでは不十分であることにも留意しましょう。 必要に応じて、プロフィールページなどの目立つところに広告主との関係性を示すことが推奨されています。 次に、具体的なポイントをいくつか紹介します。 提供を受けていることは他のハッシュタグやリンクと分けて開示します。 また先ほども紹介したように、投稿以外のプロフィール欄に「提供」と表示するのもよいでしょう。 投稿内容がビデオの場合には、ビデオの最後にも提供を受けていることを記載しましょう。 SnapchatやInstagramのストーリーの場合には、フォロワーに提供を受けていることがわかるよう表示時間も考慮に入れる必要があります。 動画の場合には、動画内はもちろん、概要欄や音声などさまざまな方法で提供を受けていることを示します。 動画の音声を聞いていない場合でも、提供されていることがわかるようにするのがポイントです。 ライブ配信を行う場合には、提供を受けていることを繰り返し伝えましょう。 インフルエンサー自身が実際に使用・体験したことのみ発信する そして、依頼を受けた企業のサービスや商品を、実際に使用・体験するようにしましょう。 使用した感想を投稿し拡散させていくことが必要です。 情報を発信することについては、発信者であるインフルエンサー自身に責任があります。 ここで注意すべき点は、投稿の内容です。 仮にインフルエンサーであるあなた自身が、商品についてネガティブな感想を持ったとしましょう。 その場合には、率直な感想を発信しましょう。 PRを投稿する報酬は、「商品やサービスの感想を発信すること」に対して発生しているため、良い内容だけを盛り込んだ投稿に変更してしまうことは避けましょう。 エビデンスのないことや誤解を生む表現は避ける 正直な感想を投稿することは大切ですが、エビデンスのない情報を載せるのは避けましょう。 「Aについて効果がある」という投稿をする場合には、必ずAに対するエビデンスがとれているのかを、広告主である企業に確認しましょう。 また、商品をよく見せようと誇張した表現を使うことも避るべきです。 まとめ 本記事では、アメリカでインフルエンサーを活用した宣伝活動を行う場合の注意点を紹介しました。 インフルエンサーとの契約を行う場合には、ガイドラインを活用するとよいでしょう。 もちろん、既にインフルエンサーが内容を熟知している場合もありますが、念には念を入れて確認しておくと安心です。 そして可能であれば、ガイドラインをもとに自社の取り決めを作成するとよいでしょう。 インフルエンサー担当者が複数いる場合に、対応が異なるとブランドの信頼を失いかねません。 インフルエンサー活用時の対応が一貫できるよう、社内で統一した取り決めをしておくとよいでしょう。 出所: 著者: Daisuke. S Eコマースソリューション営業 在米12年。 トランスコスモスにおけるコールセンター事業運用のバックグラウンドを持ち、現在は日系企業を対象にECによる米国進出を営業の立場から支援。

次の

女子大生の影響力はアメリカでも!企業と大学生インフルエンサーはどのようにコラボするのか

アメリカ インフル エンサー

インフルエンサーマーケティングとは? こうしたインフルエンサーの影響力を活用して、自社の商品・サービスの広告宣伝を行うのがインフルエンサーマーケティングです。 広告出稿先は主にSNSで、インフルエンサーを起用して自社製品やサービスを利用している様子を写した画像・動画とともに説明テキストや関連ページのURLなどを投稿します。 インフルエンサーマーケティング広告の特徴は、PR方法を決める主体が出稿主(企業)側よりも、インフルエンサーに比重が置かれる傾向が強いことです。 そうしてインフルエンサーの通常の投稿と同様のトーンになじませることで、ターゲットユーザーにインフルエンサーのほかの投稿と並ぶなかで違和感なく閲覧してもらえるメリットがあります。 ただし、その投稿が広告であることは明記する必要があります。 そうでないと「ステマ(ステルスマーケティング…消費者に宣伝であるとわからないように宣伝する手法で、モラルに反するとされている)」と認知され、企業イメージや商品イメージは逆に下がってしまうのです。 これに関しては、後ほどご説明します。 なぜインフルエンサーが必要になったのか? 現在のマーケティングにおいて、なぜインフルエンサーの存在が求められるようになってきたのでしょうか? それには、広告手法が成熟してきた影響が考えられます。 「マーケティングの父」とも称されるフィリップ・コトラーによれば、1980年頃までの良い製品を作りさえすれば売れる製品中心の「マーケティング1. 0」、1980年代以降、個々の消費者のニーズを満たす製品が売れた「マーケティング2. 0」、精神的充足感を満たす製品が売れた「マーケティング3. 0」を経て、現在は、自己実現欲求を満たす製品が売れる「マーケティング4. 0」にあるといいます。 このマーケティング4. 0時代に求められるのは、SNS上を中心に自分の尊厳が満たされ承認されるような商品で、その商品・サービスの情報もユーザーは「自分が欲しいタイミング」で得ようとします。 ここに企業からのプッシュ型の広告はなじみません。 タイミングだけでなく情報の送り手も、企業(売り手)ではなく、自分と同じ消費者の目線から発信される情報が求められています。 こうした背景と、SNSによる口コミがマッチしました。 一方、企業側にとってもインフルエンサー広告はメリットのあるマーケティング手法です。 ユーザーに広告として嫌煙されにくく、友人からのおすすめと同じ感覚で受け入れられる効果が見込めるうえに、従来のマス広告に比べて低コストなのです。 どんな商品・サービスだと効果があるのか? インフルエンサー広告と商品ジャンルの相性は、各SNSの持つ特性によって変わってきます。 以下で、インフルエンサー広告枠を持つ代表的なSNSごとに、相性の良い製品・サービスジャンルをご紹介します。 YouTube(ユーチューブ) 情報量の多い動画を使ってプロモーションできるのがYouTubeでの商品紹介。 ユーザーもインフルエンサー(YouTuber)も子どもから大人までと幅広く、各インフルエンサーの特性やチャンネルの特性と商品・サービスがうまくマッチすれば、的確なターゲット層にプロモーションを行えます。 食品、おもちゃ、スマホアプリなど、実際に試した感想がユーザーに求められるような商品・サービスが相性が良く、商品の細部を見せたい場合などにも向いています。 また、Instagramとは異なり、商品購入ページやサンプル請求ページなどへのリンクを貼れるため、ユーザーへ動画視聴後の行動を促しやすいという特長があり、ECサイトで商品販売をしている企業とも相性も良いでしょう。 Twitter(ツイッター) SNSとしてTwitterが持つ大きな特長は「拡散性の高さ」なので、特に認知度アップを狙った活用がマッチします。 また、動画や画像の埋め込みやURLへのリンクも可能なので、キャンペーンページやECサイト、他SNSとのハブの役目を持たせることができます。 マッチする商品・サービスは、日用品からWebサービスまでと幅広いですが、特に爆発的な拡散性を活かし、イベント告知や店舗来店を促すキャンペーンなどに向いています。 インフルエンサー広告の指標とは? 効果測定がしづらいといわれるインフルエンサーマーケティングですが、実際にインフルエンサー広告を出稿する場合、目標や効果測定の指標として何を設定すれば良いのでしょうか。 前章のSNS別にご紹介します。 Teitterの指標• インプレッション数• クリック数• エンゲージメント数(いいね!、リツイート、コメントなど)• コンバージョン数(購入数、サンプル申し込み数など) 5. 【事例】インフルエンサー広告サービス ここで、インフルエンサー広告サービスを提供する2つの企業を軸に、広告事例ご紹介します。 UUUM(ウーム)(Youtube) UUUMは、Youtuber(ユーチューバー)へのマネジメントや技術提供を行うほか、Youtuberのオリジナルグッズの企画販売などを手がける企業です。 io)」を開始しました。 利用を希望する企業は、BUUUMのWebサイト上で利用登録を行い、プロモーションを検討中の案件情報を入力します。 すると、BUUUMのインフルエンサーの検索サービスを利用できるようになり、オファーが出せるようになります。 企業側の希望と適性からBUUUMが最適なキャスティングを行うという流れです。 代表的なインフルエンサーと事例 - 2018年 5月月1日午前4時40分PDT 6. インフルエンサーマーケティングを始めるときの注意点 インフルエンサーマーケティングを始めるにあたり、気をつけなければならない点が2つあるので、ご紹介します。 炎上に注意!タイアップであることを明記する 前半部分でも触れましたが、インフルエンサーマーケティングのメリットでもある「ユーザーにインフルエンサーのおすすめ情報として閲覧してもらいやすい」点が、ステマと認知されれば炎上につながりかねません。 動画の作り込み方や見せ方などのクリエイティブ部分はインフルエンサーに任せるとしても、タイアップであることを明記する点や、企業名、URLの入れ方など、事前に条件を共有しておく必要があります。 長期的に運用することを想定してスタートを せっかくのインフルエンサー広告も、1回限りの出稿ではユーザーに「この人(インフルエンサー)は本当にこの商品・サービスが好きなわけではないのに、仕事だからおすすめしていたのか」と受け取られてしまい効果が下がるので、長期的な運用を想定して契約を結び、定期的に投稿してもらうことが大切です。 まとめ 消費者にとって広告は「見たくない」もの。 そんな消費者をどうやって振り向かせるかは、広告出稿の永遠のテーマです。 インフルエンサーマーケティングは、信頼できる人からの口コミを重視する現代の消費者に受け入れられやすい広告手法といえます。 ステマと思われたり、一過性の広告だと捉えられないようにする点に注意しながら、商品・サービスの認知や売り上げアップのために効果的に活用しましょう。

次の

インドの主要メディアまとめ【インフルエンサー編】

アメリカ インフル エンサー

動画視聴の中心がPCからモバイルに移行して、モバイルに焦点を合わせた動画マーケティングの重要性がかつてないほど高まっています。 その中心になっていくのがインフルエンサーマーケティングです。 ここではなぜインフルエンサーマーケティングが重要なのか、さらにあなたのブランドやマーケティングの目的に最適なインフルエンサーをどうすれば探すことができるかをご紹介します。 インフルエンサーマーケティングが重要な理由 2021年までに、世界のIPトラフィック全体の82%を動画が占めると予測されています。 その中でもモバイルを通じての動画視聴が、急速な伸びを見せています。 数ある動画配信サービスの中でも、あらゆる領域で圧倒的な優位性を保っているのがYouTubeです。 SnapchatやInstagram、Facebook、Twitterなど、ほかのSNSの多くも動画共有および表示機能を備えていますが、これからもしばらくはYouTubeが最大のモバイル動画配信プラットフォームである時代が続くでしょう。 YouTubeを使ったマーケティングとしては、インストリーム広告 や、プレロール広告(動画本編の再生前広告)の効果も無視できませんが、ブランドを消費者に届けるには、インフルエンサーマーケティングに優るものはありません。 というのも、オーディエンスの多くは広告をスキップして動画を視聴するのに対し、インフルエンサーが作成した動画ならば、視聴者は喜んで見るからです。 モバイルビデオの人気が高まり、さらにYouTubeがその中心を占めていることを考えれば、マーケティング担当者にとって適切な動画クリエイターを見つけることの重要性がますます高まっているのです。 そこで、あなたの業界やターゲットに合わせたクリエイターを見つけるのに役立つプラットフォームを、ぜひ活用してください。 インフルエンサーが見つかる5つのプラットフォーム Upfluence UpfluenceはさまざまなSNSを横断して100万人以上のインフルエンサーのデータベースを擁するプラットフォームであると同時に、キャンペーンの強力な管理ツールでもあります。 条件を入力すれば、インフルエンサーの一覧とプロフィール写真、基本データが表示されるのは、ほかのプラットフォームと同様ですが、Upfluenceが管理しやすいのは以下の2つの点においてです。 第1に、検索条件に優先順位を割り当てることにより、アルゴリズムがより関連性のあるものを認識できるようになっています。 第2に、通常は検索を絞りこむたびに結果が更新されるのですが、Unfluenceではその代わりに、結果に一致するマクロインフルエンサーが何人であり、マイクロインフルエンサーは何人か、その中でトップ5%は誰かなどが表示されます。 NeoReach データやデータ分析の重要性が、今日ほど認識されなかったころから、NeoReachはインフルエンサーのデータばかりでなく、オーディエンスのデータ解析に力をいれてきました。 今日では300万を超えるインフルエンサーと40もの指標による検索機能によって、最適なインフルエンサーだけでなく、最適なオーディエンスまでも、結果を絞り込むことができるようになっています。 もともとはフォーチュン500企業を対象としたプラットフォームでしたが、現在は手ごろな価格帯の縮小版も提供しています。 Julius Juliusはディスカバリー専用ツールとして始まりましたが、その後、機能を拡大し、キャンペーン管理も可能になっています。 Juliusが優れているのは、インフルエンサーのプロフィールです。 SNSからアルゴリズムによってデータを集めるだけでなく、たとえば、あるインフルエンサー候補が他のブランドの仕事をしているか、など、アルゴリズムが見落とした空白を、人力で埋める作業が行われているのです。 そのためはるかに多くの情報を得ることが可能です。 Tagger Media Tagger Mediaの最大の特色は、インフルエンサーのオーディエンスを解明することに重点を置いているため、50を超える検索基準を選択できることにあります。 たとえば、あるインフルエンサーのフォロワーは、あなたがこれから開拓しようとしている層だったとします。 するとTagger Mediaでは、類似したオーディエンスを見つけ出し、そこから他のインフルエンサーを割り出してくれるのです。 これは特にあなたが幅広いトピックを扱うインフルエンサーを探したいときに、役に立つはずです。 AspireIQ 旧名Revfluenceから、AspireIQに名称を変更したこのプラットフォームの最大の特色は、QuickMatchというインフルエンサーと企業のマッチングを助ける機能です。 プラットフォームは、過去の検索に基づいて、多数の提案を提供してくれます。 特色の2つ目は、ソーシャルリスニング機能です。 この機能を使えば、自社ブランドがどのように話題にされているかを監視し、言及しているユーザーのリストをまとめることができます。 その中からインフルエンサーを探し出すこともできるのです。 また、AspireIQに画像をフィードすると、それと視覚的に類似したコンテンツを提示してくれます。 この方法によってYouTubeで活躍している人を見つけ出すこともできます。 まとめ 2005年にYouTubeがローンチされたとき、メディアの世界にここまで大きな影響力を持つことになるとは、誰も想像していませんでした。 今日では、あらゆるブランドでYouTubeはマーケティング戦略の重要な部分を占めています。 さらに、インフルエンサーによって作成されたコンテンツは、急速に小売ブランドのマーケティングにとって中心的な手法になりつつあります。 ここで紹介したプラットフォームは、それぞれ独自性を持っており、いずれも優れたものです。 目的やターゲットに応じて最適なYouTubeを舞台とするインフルエンサーを探してください。 出所: 著者: Ami. T 日本の大学を卒業後に渡米し、幅広くデジタルマーケティングの経験を積む。 現在はトランスコスモスアメリカでEコマース事業に従事し、いつもアメリカの最新Eコマース事情やデジタルマーケティング手法、市場動向にアンテナを張り、新しい施策を積極的に試みています。

次の