ミッキー パワプロ。 実況パワフルプロ野球サクセススペシャル

【パワプロ2018】ミッキー・バーミリオンの選手能力とコンボイベント【パワフェス】|ゲームエイト

ミッキー パワプロ

パワフェスのキャラクター獲得基準 捕手を除いたセンターラインを確保 パワプロ2018のパワフェスで、最も重視するべきポジションは 「捕手を除いたセンターライン」です。 センターラインとは 「捕手、セカンド、ショート、センター」のことで、打球に触れる回数が多いポジションになります。 センターラインの守備力はチーム全体の守備力に直結するため、まずはこのセンターラインで守備力の高い選手を獲得しましょう。 なお、パワフェスにおいて 捕手は守備に参加する機会が少ないため、優先度は低くなります。 投手を序盤から集めよう パワフェスでは、 投手不足に悩ませる場面が多々あります。 1回戦では投手が4人しか登録されないうえに、コンピューターによってスタミナが余っている投手を勝手に交代させられてしまうからです。 延長になると「ヘロヘロのモブピッチャーが打ち込まれて負け」という事態も想定されるため、 序盤から積極的に投手を獲得していきましょう。 クリーンナップを確保しよう 上記の戦力が整ってきたら、打の主軸となる 「クリーンナップ 3. 5番打者の総称 」を確保しましょう。 「ミート」と 「パワー」を重視し、非操作時でもホームランで点を取ってくれるようなキャラクターを選ぶと良いでしょう。 パワフェスのおすすめ投手 キャラ 解説 全体的に投手能力が高く、登板したら試合を落ち着かせる力を持っている。 変化球が多彩なため、相手に的を絞らせない。 コントロールが高く、失投が少ないので事故率も低い。 欠点の少ない投手能力と、長打が期待できる野手能力が魅力。 野手能力がずば抜けて高い点が優秀。 セカンドとショートを任せつつ、試合の途中でリリーフ登板させるという芸当が可能。 投手能力は並だが、オリ変の「ロゼルージュ」が強力。 最も打ちにくいと評される魔球は、コンピューター相手でも健在。 パワプロ界随一のストレートの持ち主であり、スタミナが高く長いイニングを投げられる。 三塁手 キャラ 解説 清本と同レベルの打力を持つ。 クリーンナップを任せられる打者。 高い打力を持ちながら、「威圧感」も兼ね備える。 守備力も高い。 遊撃手 キャラ 解説 攻守に隙のない能力。 言わずと知れた天才プレイヤー 基本能力はオールC 69 と特徴がないが、特殊能力を11個も持っているため基本能力値以上の活躍ができる。 外野手 キャラ 解説 ミートパワー走力がすべてAなので、長打力のある1番打者として期待できる。 しかし、捕球がGに加え「エラー」を持っているのがネック。 高い打撃力に加え威圧感を持つ。 外野手の中でもトップレベルの長打力。 打撃は低いものの、圧倒的な守備力を持つ。 パワフェスでは守備力がかなり大事なため、村雨をセンターに置くと外野は万全になる。 火野と同様に、長打力のある1番打者として期待できる。 守備範囲が広いため守備力もある。 掲示板• サクセス攻略• パワフル第二高校• 南国リゾート学園• 五竜郭高校• パワフェス• データベース• 選手データ• セ・リーグ• パ・リーグ• 栄冠ナイン• 攻略情報• データベース• マイライフ• ランキング• 選手ランキング• 彼女・マネージャー• 咲須かのん• 榎下舞那美• 若菜初美• 市枝いちご• その他モード• データベース•

次の

ミッキー・バーミリオン

ミッキー パワプロ

経歴 [ ] 少年時代 [ ] Roger Eugene Maras(後に名字をMarisに変更)は移民の息子としてに生まれる。 で育った彼は同州のシャンリー高校に通い、野球を始めとするさまざまな競技で才能を発揮していった。 マリスは早い時期から個性的な一面を有しており、にアメリカンフットボールの選手としてスカウトされた際もバスから降り大学側からの出迎えがないのを見ると、失望したマリスはファーゴに帰ってしまった。 MLB時代 [ ] にでメジャーデビュー。 翌年にトレードされ、に手術で45試合欠場するものの自身初の出場を果たす。 同年12月、7人もの選手とのトレードでに移籍(この時の交換相手の一人にがいる)。 当時のアスレチックスは実力選手を頻繁にヤンキースにトレードに出すことで知られ、マリスも例外ではなかった。 ヤンキースでの初めてのシーズンであったは、特有の辛辣なメディアからのプレッシャーを他所に大活躍の年となった。 長打率・打点・長打でリーグ1位に輝き、本塁打数でも同僚のに1本差で続く2位であった。 素晴らしい守備も評価され、も受賞。 同年のに輝いた。 ベーブ・ルース越え [ ] 、アメリカンリーグは新規球団の加盟を認可し、それまでの8球団から10球団に増えた。 これにより結果的にリーグ全体の投手の質は低下し、ヤンキースの本塁打数は記録的なペースで積み上げられていった。 この年に撮られた有名な写真は、マリス、ら6人のヤンキース選手を並べたもので、最終的にはこの6人合計で207本もの本塁打を打った打線は「殺人打線(Murderer's Row)」として他球団の投手陣から恐れられた。 マリスがシーズン初本塁打を放った4月27日に ()の一方である4番打者マントルは既に7本を記録していたが、5月半ばにマリスが12試合で9本打ってから2人のホームラン競争は激化した(5月末の時点でマリス12本、マントル14本)。 シーズンも半ばに入ると6人の中でもマリスかマントル、あるいは両者がルースの34年間保持してきた年間最多本塁打記録を更新する事は確実な情勢になってきていた。 好意を持って報じられたとによるとは異なり、当時のスポーツ記者は2人の不仲を騒ぎ立てるような記事を多く書き立てていった(ベラは後年のインタビューで両者の不仲を否定)。 ルースの記録はニューヨークの保守的記者にしてみればまさに「聖域」であった。 また、その他にも当時のメディアは生え抜きで記者との関係も良好だったマントルを応援する風潮になっていたのに対しマリスはであり無口だったため「真のヤンキースの一員ではない」などの批判にさらされ、悪者扱いする人たちも少なからずいた。 また、マリスの本塁打はにおあつらえ向きのフェンスギリギリの低いライナーの当たりが多かったこと 、また打率が2割7分前後と平凡だったことで「ルースの記録を破るにふさわしい人物ではない」との評判もあった。 そんなマリスを更に逆風が襲う。 ルースの時代では154試合で60本を達成したのに対マリスの時には現行の162試合制であったことから、ルースのゴーストライターで当時を務めていたはルースの記録をマリスが154試合以内で破らない限り両者の記録は併記され、参考記録扱いになると発表した。 その他にも「次打者がマントルであるため敬遠されることが少ないのでルースより有利な条件だ」という理由で、たとえマリスがルースの記録を数字の上で破ってもその記録は認めるべきでない、という意見もあったが、いずれもルースの記録を不可侵なものと認識する保守的なファンの苦しいこじつけであった。 40号、50号をマントルよりも早く達成し、迎えた154試合目の9月20日に59号を放つものの60号は打てず、9月26日に60号を記録した。 10月1日にヤンキー・スタジアムでのシーズン最終戦対4回裏に ()から第61号本塁打を放ち、記録更新を達成。 しかし、この時の記憶は彼にとって決して好ましいものとはならなかった。 記録達成が近づいたころからはホーム球場で本塁打を打っても地元ファンからブーイングを受けるという、前代未聞の屈辱と苦しみを受けさせられることとなった。 後年インタビューでマリスはまるで自分が悪いことをやっているかのように報じられ、大変なストレスが溜まったと述べている。 また、他のインタビューでは記録を破るどころか近づかない方がよかったのかも知れないとも語っている。 当時のヤンキースファンは本塁打を打つたびに、明るくホームインして大拍手のマントルを善玉、ニコリともしないマリスを悪玉として扱っていた。 この1961年に初めて ()という言葉も生まれている。 同年は本塁打・打点の二冠王(打点はのと同点)に輝き、2年連続となるアメリカンリーグMVPを受賞。 右:大統領のためにボールにサインをするマリス(1962年) その後 [ ] に4年連続、そして最後となるオールスター出場を果たす。 本塁打記録のイメージが強いため彼の守備能力は軽視されがちだが、同年の最終戦9回では同点タイムリーを防ぐ強肩ぶりを発揮しヤンキースの世界一に貢献する。 しかし、ケガがマリスの野球人生を以後4年間に渡って停滞させる。 特に医者の診断ミスにより手の中の骨折が判明した際はシーズンのほとんどを棒に振る結果となってしまった。 また、その2年前に全国放送されていたでの試合でトンネルをした後に野次る観客に向け中指を立て、悪いイメージを米国中に植えつけてしまった。 結局マリスはシーズン終了後にヤンキースを去らざるを得なくなり、追われるようににトレードされた。 だが、愚直とも言われる中西部気質のマリスは都会にいた時とは異なりのファンに暖かく受け入れられた。 マリスも「ニューヨーク? あんなイヤなところはなかった。 この町は最高にいいよ」と語っている。 現役最後の2年間をセントルイスで過ごしたマリスはとのカージナルスのナショナルリーグ制覇に貢献し、その内の1967年にはプレーオフで打率. 385を記録し、ワールドシリーズ制覇も達成。 それらに感動した球団オーナーでビール会社のオーナーでもあったはマリスに引退後ビール配送業者としての第2の人生を斡旋した。 1968年8月7日にこのシーズン限りで引退することを表明した。 8月30日から9月1日までの対3連戦でカージナルスはに乗り込んだ。 マリスは初めの2試合には出場したが、9月1日の試合には相手が右投手だったにも関わらず、出場しなかった。 「英雄マリスのニューヨーク最後の試合」と電光掲示板が盛り立てている中で、マリスはダッグアウトの一番端に座ってフィールドを見つめたまま。 この事についてはマリス自身の口からよく「俺はニューヨークが大嫌いだ」と聞かされていたので、そのニューヨークに対する抵抗だったのではないかと推測している。 引退後 [ ] マリスのヤンキース在籍時の背番号「9」。 ニューヨーク・ヤンキースのに指定。 マリスはにと診断され、これをきっかけにの研究治療費の寄付を目的とした毎年恒例ロジャー・マリス有名人ゴルフ大会を立ち上げていた。 古巣ヤンキースは7月21日にマリスのヤンキース在籍時の『 9』をに指定し、レフトスタンド後方にあるモニュメント・パークにマリスの業績を称えるを設置。 そこには「名選手であり、大リーグの歴史の中に最も印象深い章の一つを刻んだ筆者」との文字が書かれている。 この欠番表彰式では、マリス自身は前述の腫瘍の闘病生活を送っていた最中での出場だった。 翌にで死去。 51歳没。 その中にはマリスが実際受けた嫌がらせの数々やストレスによる抜け毛が描写されている。 マリス役はにより演じられ、マリスを越える61本塁打以上を放った3選手(マグワイア、ソーサ、)に使用疑惑が浮上した際、ノースダコタ州議会はマリスの記録が正当な記録であると迫る文書をMLB機構に送った。 現在でも、正当なシーズン本塁打記録はマリスの61本だと信じるファンも多い。 その他 [ ] ファーゴにあるロジャー・マリス博物館• 育ちの故郷であるノースダコタ州ファーゴでは依然英雄として人気が高く、マリスの名を冠する道路や博物館に癌センターなどが存在している。 また、これらはマリスのアメリカ野球殿堂入りを果たそうとする動きの一部でもある。 マリスは日本における県民栄誉賞に匹敵するノースダコタ州ラフライダー賞を授与されている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 116 424 358 61 84 9 5 14 145 51 8 4 3 2 60 5 1 79 6. 235. 344. 405. 749 51 202 182 26 41 5 1 9 75 27 4 2 0 3 17 2 0 33 0. 225. 287. 412. 699 99 435 401 61 99 14 3 19 176 53 0 0 2 2 28 1 2 52 2. 247. 298. 439. 737 '58計 150 637 583 87 140 19 4 28 251 80 4 2 2 5 45 3 2 85 2. 240. 294. 431. 725 122 498 433 69 118 21 7 16 201 72 2 1 0 4 58 5 3 53 4. 273. 359. 464. 824 136 578 499 98 141 18 7 39 290 112 2 2 1 5 70 4 3 65 6. 283. 371. 581. 952 161 698 590 132 159 16 4 61 366 141 0 0 0 7 94 0 7 67 16. 269. 372. 620. 993 157 687 590 92 151 34 1 33 286 100 1 0 1 3 87 11 6 78 7. 256. 356. 485. 840 90 351 312 53 84 14 1 23 169 53 1 0 1 1 35 3 2 40 2. 269. 346. 542. 887 141 584 513 86 144 12 2 26 238 71 3 0 1 2 62 1 6 78 7. 281. 364. 464. 828 46 186 155 22 37 7 0 8 68 27 0 0 1 1 29 1 0 29 4. 239. 357. 439. 795 119 391 348 37 81 9 2 13 133 43 0 0 0 4 36 3 3 60 8. 233. 307. 382. 689 125 472 410 64 107 18 7 9 166 55 0 0 1 5 52 3 4 61 10. 261. 346. 405. 751 100 340 310 25 79 18 2 5 116 45 0 0 1 4 24 3 1 38 3. 255. 307. 374. 681 通算:12年 1463 5846 5101 826 1325 195 42 275 2429 850 21 9 12 43 652 42 38 733 75. 260. 345. 476. 822• 太字はリーグ1位。 タイトル [ ]• 1回:1961年• 2回:1960年、1961年 表彰 [ ]• 2回:1960年、1961年• 1回:1960年• 選出 4回:1959年 - 1962年 脚注 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年9月)• Okrent, Daniel, and Steve Wulf(1993). Baseball Anecdotes. Collins. (2000). Baseball: The Biographical Encyclopedia. 1968 Baseball Register published by The Sporting News• 『オールタイム大リーグ名選手101人』日本スポーツ出版社、。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、•

次の

ホームラン飛距離世界一は誰で何メートル?日本人の最高記録は?

ミッキー パワプロ

経歴 [ ] 少年時代 [ ] Roger Eugene Maras(後に名字をMarisに変更)は移民の息子としてに生まれる。 で育った彼は同州のシャンリー高校に通い、野球を始めとするさまざまな競技で才能を発揮していった。 マリスは早い時期から個性的な一面を有しており、にアメリカンフットボールの選手としてスカウトされた際もバスから降り大学側からの出迎えがないのを見ると、失望したマリスはファーゴに帰ってしまった。 MLB時代 [ ] にでメジャーデビュー。 翌年にトレードされ、に手術で45試合欠場するものの自身初の出場を果たす。 同年12月、7人もの選手とのトレードでに移籍(この時の交換相手の一人にがいる)。 当時のアスレチックスは実力選手を頻繁にヤンキースにトレードに出すことで知られ、マリスも例外ではなかった。 ヤンキースでの初めてのシーズンであったは、特有の辛辣なメディアからのプレッシャーを他所に大活躍の年となった。 長打率・打点・長打でリーグ1位に輝き、本塁打数でも同僚のに1本差で続く2位であった。 素晴らしい守備も評価され、も受賞。 同年のに輝いた。 ベーブ・ルース越え [ ] 、アメリカンリーグは新規球団の加盟を認可し、それまでの8球団から10球団に増えた。 これにより結果的にリーグ全体の投手の質は低下し、ヤンキースの本塁打数は記録的なペースで積み上げられていった。 この年に撮られた有名な写真は、マリス、ら6人のヤンキース選手を並べたもので、最終的にはこの6人合計で207本もの本塁打を打った打線は「殺人打線(Murderer's Row)」として他球団の投手陣から恐れられた。 マリスがシーズン初本塁打を放った4月27日に ()の一方である4番打者マントルは既に7本を記録していたが、5月半ばにマリスが12試合で9本打ってから2人のホームラン競争は激化した(5月末の時点でマリス12本、マントル14本)。 シーズンも半ばに入ると6人の中でもマリスかマントル、あるいは両者がルースの34年間保持してきた年間最多本塁打記録を更新する事は確実な情勢になってきていた。 好意を持って報じられたとによるとは異なり、当時のスポーツ記者は2人の不仲を騒ぎ立てるような記事を多く書き立てていった(ベラは後年のインタビューで両者の不仲を否定)。 ルースの記録はニューヨークの保守的記者にしてみればまさに「聖域」であった。 また、その他にも当時のメディアは生え抜きで記者との関係も良好だったマントルを応援する風潮になっていたのに対しマリスはであり無口だったため「真のヤンキースの一員ではない」などの批判にさらされ、悪者扱いする人たちも少なからずいた。 また、マリスの本塁打はにおあつらえ向きのフェンスギリギリの低いライナーの当たりが多かったこと 、また打率が2割7分前後と平凡だったことで「ルースの記録を破るにふさわしい人物ではない」との評判もあった。 そんなマリスを更に逆風が襲う。 ルースの時代では154試合で60本を達成したのに対マリスの時には現行の162試合制であったことから、ルースのゴーストライターで当時を務めていたはルースの記録をマリスが154試合以内で破らない限り両者の記録は併記され、参考記録扱いになると発表した。 その他にも「次打者がマントルであるため敬遠されることが少ないのでルースより有利な条件だ」という理由で、たとえマリスがルースの記録を数字の上で破ってもその記録は認めるべきでない、という意見もあったが、いずれもルースの記録を不可侵なものと認識する保守的なファンの苦しいこじつけであった。 40号、50号をマントルよりも早く達成し、迎えた154試合目の9月20日に59号を放つものの60号は打てず、9月26日に60号を記録した。 10月1日にヤンキー・スタジアムでのシーズン最終戦対4回裏に ()から第61号本塁打を放ち、記録更新を達成。 しかし、この時の記憶は彼にとって決して好ましいものとはならなかった。 記録達成が近づいたころからはホーム球場で本塁打を打っても地元ファンからブーイングを受けるという、前代未聞の屈辱と苦しみを受けさせられることとなった。 後年インタビューでマリスはまるで自分が悪いことをやっているかのように報じられ、大変なストレスが溜まったと述べている。 また、他のインタビューでは記録を破るどころか近づかない方がよかったのかも知れないとも語っている。 当時のヤンキースファンは本塁打を打つたびに、明るくホームインして大拍手のマントルを善玉、ニコリともしないマリスを悪玉として扱っていた。 この1961年に初めて ()という言葉も生まれている。 同年は本塁打・打点の二冠王(打点はのと同点)に輝き、2年連続となるアメリカンリーグMVPを受賞。 右:大統領のためにボールにサインをするマリス(1962年) その後 [ ] に4年連続、そして最後となるオールスター出場を果たす。 本塁打記録のイメージが強いため彼の守備能力は軽視されがちだが、同年の最終戦9回では同点タイムリーを防ぐ強肩ぶりを発揮しヤンキースの世界一に貢献する。 しかし、ケガがマリスの野球人生を以後4年間に渡って停滞させる。 特に医者の診断ミスにより手の中の骨折が判明した際はシーズンのほとんどを棒に振る結果となってしまった。 また、その2年前に全国放送されていたでの試合でトンネルをした後に野次る観客に向け中指を立て、悪いイメージを米国中に植えつけてしまった。 結局マリスはシーズン終了後にヤンキースを去らざるを得なくなり、追われるようににトレードされた。 だが、愚直とも言われる中西部気質のマリスは都会にいた時とは異なりのファンに暖かく受け入れられた。 マリスも「ニューヨーク? あんなイヤなところはなかった。 この町は最高にいいよ」と語っている。 現役最後の2年間をセントルイスで過ごしたマリスはとのカージナルスのナショナルリーグ制覇に貢献し、その内の1967年にはプレーオフで打率. 385を記録し、ワールドシリーズ制覇も達成。 それらに感動した球団オーナーでビール会社のオーナーでもあったはマリスに引退後ビール配送業者としての第2の人生を斡旋した。 1968年8月7日にこのシーズン限りで引退することを表明した。 8月30日から9月1日までの対3連戦でカージナルスはに乗り込んだ。 マリスは初めの2試合には出場したが、9月1日の試合には相手が右投手だったにも関わらず、出場しなかった。 「英雄マリスのニューヨーク最後の試合」と電光掲示板が盛り立てている中で、マリスはダッグアウトの一番端に座ってフィールドを見つめたまま。 この事についてはマリス自身の口からよく「俺はニューヨークが大嫌いだ」と聞かされていたので、そのニューヨークに対する抵抗だったのではないかと推測している。 引退後 [ ] マリスのヤンキース在籍時の背番号「9」。 ニューヨーク・ヤンキースのに指定。 マリスはにと診断され、これをきっかけにの研究治療費の寄付を目的とした毎年恒例ロジャー・マリス有名人ゴルフ大会を立ち上げていた。 古巣ヤンキースは7月21日にマリスのヤンキース在籍時の『 9』をに指定し、レフトスタンド後方にあるモニュメント・パークにマリスの業績を称えるを設置。 そこには「名選手であり、大リーグの歴史の中に最も印象深い章の一つを刻んだ筆者」との文字が書かれている。 この欠番表彰式では、マリス自身は前述の腫瘍の闘病生活を送っていた最中での出場だった。 翌にで死去。 51歳没。 その中にはマリスが実際受けた嫌がらせの数々やストレスによる抜け毛が描写されている。 マリス役はにより演じられ、マリスを越える61本塁打以上を放った3選手(マグワイア、ソーサ、)に使用疑惑が浮上した際、ノースダコタ州議会はマリスの記録が正当な記録であると迫る文書をMLB機構に送った。 現在でも、正当なシーズン本塁打記録はマリスの61本だと信じるファンも多い。 その他 [ ] ファーゴにあるロジャー・マリス博物館• 育ちの故郷であるノースダコタ州ファーゴでは依然英雄として人気が高く、マリスの名を冠する道路や博物館に癌センターなどが存在している。 また、これらはマリスのアメリカ野球殿堂入りを果たそうとする動きの一部でもある。 マリスは日本における県民栄誉賞に匹敵するノースダコタ州ラフライダー賞を授与されている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 116 424 358 61 84 9 5 14 145 51 8 4 3 2 60 5 1 79 6. 235. 344. 405. 749 51 202 182 26 41 5 1 9 75 27 4 2 0 3 17 2 0 33 0. 225. 287. 412. 699 99 435 401 61 99 14 3 19 176 53 0 0 2 2 28 1 2 52 2. 247. 298. 439. 737 '58計 150 637 583 87 140 19 4 28 251 80 4 2 2 5 45 3 2 85 2. 240. 294. 431. 725 122 498 433 69 118 21 7 16 201 72 2 1 0 4 58 5 3 53 4. 273. 359. 464. 824 136 578 499 98 141 18 7 39 290 112 2 2 1 5 70 4 3 65 6. 283. 371. 581. 952 161 698 590 132 159 16 4 61 366 141 0 0 0 7 94 0 7 67 16. 269. 372. 620. 993 157 687 590 92 151 34 1 33 286 100 1 0 1 3 87 11 6 78 7. 256. 356. 485. 840 90 351 312 53 84 14 1 23 169 53 1 0 1 1 35 3 2 40 2. 269. 346. 542. 887 141 584 513 86 144 12 2 26 238 71 3 0 1 2 62 1 6 78 7. 281. 364. 464. 828 46 186 155 22 37 7 0 8 68 27 0 0 1 1 29 1 0 29 4. 239. 357. 439. 795 119 391 348 37 81 9 2 13 133 43 0 0 0 4 36 3 3 60 8. 233. 307. 382. 689 125 472 410 64 107 18 7 9 166 55 0 0 1 5 52 3 4 61 10. 261. 346. 405. 751 100 340 310 25 79 18 2 5 116 45 0 0 1 4 24 3 1 38 3. 255. 307. 374. 681 通算:12年 1463 5846 5101 826 1325 195 42 275 2429 850 21 9 12 43 652 42 38 733 75. 260. 345. 476. 822• 太字はリーグ1位。 タイトル [ ]• 1回:1961年• 2回:1960年、1961年 表彰 [ ]• 2回:1960年、1961年• 1回:1960年• 選出 4回:1959年 - 1962年 脚注 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年9月)• Okrent, Daniel, and Steve Wulf(1993). Baseball Anecdotes. Collins. (2000). Baseball: The Biographical Encyclopedia. 1968 Baseball Register published by The Sporting News• 『オールタイム大リーグ名選手101人』日本スポーツ出版社、。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 選手の通算成績と情報 、、、、•

次の