トイレ ブラシ おすすめ 使い捨て。 使い捨てできる「流せるトイレブラシ」メリットとデメリット(ミニマリストもおすすめする掃除道具)

2020|100均のおすすめトイレブラシ12選!便利な使い捨てタイプは売ってる?

トイレ ブラシ おすすめ 使い捨て

トイレブラシを用途で分けると ・便器の排水口掃除重視タイプ ・便器のフチ掃除重視タイプ ・排水口も便器のフチも掃除できる両用タイプ に別れます。 「便器の排水口掃除重視タイプ」のブラシは、比較的大型のブラシです。 排泄物や紙が流れていく部分の汚れが気になる時に、ゴシゴシ洗いたい時に使います。 トイレ掃除の時にいちいち便器の水を抜くのは大変なので、ある程度の柄の長さがないと便器の奥まで掃除できません。 ブラシの手前に、水はね防止ガードがついていると自分に汚水がかからないので衛生的です。 「便器のフチ掃除重視タイプ」は、比較的小さめのトイレブラシになります。 便器のフチは見えない部分になるので、L形やS形など特殊な形をしているブラシがほとんどです。 「排水口も便器のフチも掃除できる両用タイプ」は、両方のブラシの機能を兼ね備えたトイレブラシです。 あまり大きいと便器のフチが掃除できませんし、ブラシ全体が小さすぎると便器の排水口まで長さが届きません。 便器の形は年々進化しており、トイレ製造メーカーによっても節水型かタンク無しタイプかなど、便器の形はさまざまです。 トイレブラシを買う時は、自宅のトイレの形にあったものを選ぶようにしましょう。 トイレのブラシは大きく分けて ・ブラシタイプ ・スポンジタイプ ・使い捨てタイプ の3種類があります。 「ブラシタイプ」は、持ち手の柄にブラシの毛が植毛してあるタイプのものです。 3種類の中で一番力を入れて掃除しやすい形状になっています。 毛が360度ぐるっと植えられているものは便器の排水口を掃除するのに便利ですし、毛がL字型に植えられているものは便器のフチを掃除するのに便利です。 選ぶ時は自宅のトイレの便器のフチや排水口のサイズと、ブラシの部分の大きさのバランスがとれているかがポイントです。 ブラシが大きすぎると奥まで入らず、きちんと掃除ができません。 逆に小さすぎても掃除が大変になってしまいます。 「ブラシタイプ」は便器の奥の排水口を洗うので水ハネしがちですが、改良が加えられているブラシには持ち手の部分に水はね防止ガードがついています。 「スポンジタイプ」は、ブラシの毛でなく特殊な繊維が柄についているものです。 繊維によっては、洗剤不要で水だけで汚れを取ってくれるものもあります。 スポンジがやわらかすぎるとコシが無く、汚れが取りにくかったり何回か使っただけでへたってしまい使い物にならなかったりします。 口コミなどで、スポンジ部分の耐久性や使いやすさをチェックしましょう。 ブラシタイプだと力を入れやすいので、ついつい便器のコーティングを傷つけがちですが、スポンジタイプは優しく洗ってくれるので便器を傷つけてしまう心配もありません。 ブラシタイプのように水はねしないのも、スポンジタイプのメリットです。 「使い捨てタイプ」は、1回ごとに先の部分が交換できるようになっているものです。 先の交換ブラシ部分をトイレに流せる紙タイプのものと、洗剤がついたスポンジでできていて水には流せないタイプのものがあります。 持ち手のプラスチック部分だけ購入しておけば、交換部分を購入するだけなので経済的です。 また、ブラシやスポンジを毎回洗剤で洗う必要が無いので、嫌なトイレ掃除も精神的に気が楽になりますよね。 1回ずつの取替式ブラシで衛生的!フチ裏まで綺麗に スコッチブライトトイレクリーナーはトイレクリーナーの本体ブラシの柄と本体ホルダー、取り換え用リフィル15個になったセットです。 取り換え用リフィルだけなら9個入りで販売されているので、本体と本体ホルダーは一度購入すればずっと使用できます。 取り換え用ブラシは洗剤があらかじめついているので、水に濡らすことで洗剤が汚れを掻き落とします。 特徴のあるカーブのリフィルがトイレのフチ裏までしっかり届くので、今まで掃除しにくかった部分も綺麗にできます。 表面がザラザラしたリフィルなので、ウォシュレットのノズルの掃除にもぴったりです。 使い捨てリフィルはトイレに流すことができませんので、お掃除した後はゴミとして捨ててください。 スコッチブライトトイレクリーナーは、便器の排水口まではブラシが届きにくいタイプですが、スポンジ部分が便器のフチの形状にあわせたカーブをしており、普段からフチへの便ハネ尿ハネなどが気になっている家庭におすすめのトイレブラシです。 お掃除をするたびに毎回ブラシを取り換えられるため、非常に衛生的です。 ブラシを洗う手間もありませんし、ブラシの柄ダケ保管すれば良いので収納場所にも困りません。 大小のブラシが2本と細型収納ケース付き マーナはトイレブラシの定番メーカーです。 同社からはトイレブラシが何種類も出ていますので、ホームセンターやスーパーなどでも入手しやすいのが特徴です。 「マーナ 2 in 1 トイレブラシ W078W」はミニブラシの使用感が大人気な商品です。 便器の水が入っている排水口部分の掃除は大きなブラシ、便器のフチやウォシュレットのノズルは小さなブラシと、2本のブラシが便利なトイレブラシセットです。 この2本さえあれば、便器内で掃除できない場所はありません。 収納細型スタンドは、ブラシが宙に浮いてしまえる仕組みになっているので、水が下にたまってカビてしまうことはありません。 また、2つのブラシもケース内でぶつからない設計です。 ブラシの毛の強さがちょうど良く、やわらかすぎずコシがあるので、しっかりと汚れが落とせます。 トイレブラシ選びに迷ったら、これを買っておけば間違いないでしょう。 よく使うミニブラシは別売りもありますので、ブラシだけの買い替えも可能です。 エステル特殊ブラシで水だけでも汚れが落ちる エステル繊維の特殊なブラシで、洗剤をつけなくても水だけでも汚れが落ちる設計になっています。 エステル繊維はコシがあり適度に柔らかい材質で、何本もより合わせてブラシの毛にしています。 水に濡らしてもコシが弱らず植毛ブラシのように硬すぎないので、便器のコーティングを傷つけてしまうこともありません。 例えば、TOTOの便器「ネオレストシリーズ」のように、イオンバリアでで凹凸が無いように仕上げ、ナノレベルでツルツルにしあげている便器は、表面に傷がついてしまわないように柔らかいブラシで掃除すると良いでしょう。 3サイズから選ぶことができ、小サイズは便器のフチにもしっかり届く設計になっており、中サイズは便器の奥まで洗える設計に、大サイズは柄が長いのでトイレ掃除で腰を痛めることもありません。 機能重視のトイレブラシなので、なるべく洗剤を使用しないでお掃除したい方や、デリケートなコーティングや製法で作られている便器で、優しく傷つけないようにトイレ掃除をしたい方におすすめのブラシです。 収納ケースの水を受けるカップの部分は、ブラシから垂れてきた水を捨てやすい設計になっています。 水がたまったらカップを外して、トイレに水を捨ててください。 便器に流せる使い捨てブラシでトイレ掃除革命 汚い、臭い、大変だったトイレ掃除に革命をもたらしたのが、スクラビングバブルの流せるトイレブラシです。 トイレブラシを掃除するごとに洗うのは、面倒ですし汚物がついているものなので、できるならやりたくないですよね。 ブラシの柄に交換用ブラシをはさんで便器を掃除するだけなので、お父さんや子どもでもトイレ掃除ができるとテレビCMで話題になりました。 ブルーとグリーンの洗剤がついたブラシ部分は、厚めのトイレットペーパーのような素材で作られているので、掃除が終わった後に流すことができます。 ブラシの先を交換できる他社製品もありますが、交換用リフィル・ブラシが便器にそのまま流せるタイプのものは「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」一択と言って良いでしょう。 手軽に使えてブラシ交換も遊びのようで面白いので、普段トイレ掃除をしない家族もトイレ掃除に参加してもらえそう。 「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」の購入が、家事の役割分担を考えるきっかけにもなりそうです。 ユニークな形のブラシと水はね防止ガード! 数々のトイレブラシの問題点を考慮して、一つにまとめたのがこちらのブラシです。 大きなブラシや小さなブラシといくつものブラシを用意しなくても、一つのブラシで便器の奥の排水口と便器のフチを掃除できます。 刀のツバのような形の水はね防止ガードがついているので、掃除中に便器内の水が跳ねて自分にかかってしまうことがありません。 また、収納ケースの中に珪藻土コースターが入っており、ブラシの水がケースの下にたまってしまっても、乾燥状態をキープしてくれます。 ケース自体を両面テープで壁に接着できる設計になっているので、雑菌が繁殖しにくくカビも生えにくいトイレブラシセットです。 ブラシ部分の設計は確かに良く考えられているのですが、持ち手がストレートで真っ直ぐな形状なので便器によっては持ち手がつかえてしまって洗いにくいかもしれません。 50台の便器の形から生み出された卵型ブラシ トイレの中でブラシが目立ってしまうのが、インテリア的に嫌という方に人気なのがこちらのブラシです。 ブラシの毛の部分も他社のトイレブラシと比べると小さめサイズになっているので、収納ケースもコンパクとサイズにできました。 50台の便器の形を研究して生み出したブラシなので、小さくても便器のフチに届き、排水口の中まで掃除することができます。 ブラシの柄の部分がケースに引っかかる仕組みになっており、底にブラシの毛がついてしまわないので、トイレブラシ全体を乾燥させることができます。 色はホワイトとブラウン、ピンクがあるので、トイレのインテリアにあわせて購入可能です。 アルミの持ち手がスタイリッシュ! いかにもトイレブラシが置いてある、というのが嫌な方に人気なのがカスケットシリーズです。 収納ケースに銀色のアルミの持ち手がついているので、普段はトイレのタンクの奥など、お客様から見えない場所に置いておき、お掃除の時だけ取り出すこともできます。 ブラシは360度全体にぐるっと植毛したオーソドックスなタイプのブラシで、水切れが良く便器のフチの掃除もできます。 一部、排水口の狭いタイプの便器には入らないので注意してください。 ブラシの直径は役6センチになります。 同じコンパクトトイレシリーズ「カスケット」で、トイレポットもあるので一緒に使うとよりスタイリッシュでカッコいいトイレを演出できます。 安くてカワイイ!同柄のサニタリーボックスもあり トイレブラシはシンプルで無機質なデザインが多いので、親しみの持てるデザインがほしいと思っている方に人気のトイレブラシのセットです。 植物のシルエットが描かれた収納ケースは、トイレの中に置いてもさり気ない存在感です。 おそろいの柄のサニタリーボックスもあります。 ブラシの形はU字に毛を植毛したフラットなタイプなので、便器によってはフチが洗いにくい角度になってしまうことも。 便器のコーティングを傷つけないようにブラシの毛はソフトタイプになっていますが、小型のブラシのため力を入れにくく、洗いにくいという口コミも見られました。 家の中で、あまり使わないトイレにオシャレに置きたい時には良いかもしれません。 オカ(OKA)は他社とは一味違った、花柄や猫柄のトイレ用グッズを販売しているので、トイレ全体をコーディネートしたい方にチェックしてほしいメーカーです。 マグネットでブラシを宙に浮かせる空中収納 いかにもトイレブラシが置いてある、というのは誰が見ても良い気はしませんよね。 こちらはお洒落なデザインやおもしろい柄のトイレグッズ、バスグッズを作り続けているヨコズナクリエーションが作ったトイレブラシなので、形も機能もユニークです。 形はトイレブラシの柄の先に磁石が組み込まれており、ステッキ状の収納ケースの先にくっつけるようになっています。 ブラシの先を磁石で宙に浮かせて空中収納するので、ケースの底にブラシがくっついてしまうこともありません。 ブラシの繊維は、洗剤を使わなくても水だけでも汚れが落ちるエステル繊維で、便器のコーティングを傷つけることなく特殊繊維で便器を綺麗にしていきます。 水はね防止ガード付きのステンレス製 ステンレスの輝きが落ち着いており、高級感のあるスタイリッシュなトイレブラシです。 手で持つ部分とブラシの間に、刀のツバのような水はね防止ガードがついているので、掃除している時に汚水が自分に跳ね飛んでくることもありません。 ヘッドは大き目なので、便器によってはフチの隙間に入らないケースもあります。 また、ブラシと柄の部分の接合部が壊れやすいという口コミも見られるので、耐久性よりもデザイン性を求めたい人のためのトイレブラシです。 同じステンレスのSALUSシリーズで、液体ソープを入れるショートディスペンサや、フォームソープを入れるフォームボトル、ダストボックス、歯ブラシを立てるトゥースケアラックも販売されています。 狭いトイレにピッタリ!ブラシとゴミ箱が一つに ボックスの上の部分は消臭加工がされたゴミ箱に、下の部分はトイレブラシを入れるケースになっている1つで2つの用途で使えるトイレ用ボックスです。 ゴミ箱部分にゴミを入れずに、掃除用具を入れることも可能です。 ケースからブラシとブラシケースの部分を外して洗うこともでき、本体内に通気口があるのでブラシが湿ったままにならないように工夫されています。 また、ブラシがケースの底に触れない設計になっています。 横幅が8センチとスリムなので、狭いトイレにも置くことが可能です。 また、高さは41. 5cmと、トイレに座ったままダストボックスを開け閉めすることができます。 ダストボックスのビニール袋が外から見えないように、袋止めもついています。 美しすぎるトイレブラシ!デザイン性ならコレ 誰も持っていないお洒落で高級感あふれるトイレブラシを探しているなら、迷わずこちらです。 ブラシの収納部分がブルーやピンク、レッド、ブラック、ホワイト、グリーンなど、何色ものラインナップがありますが、人気が高く珍しい色はいつも売り切れがちです。 ブラシは360度植毛で、一般的なブラシの形ですが、ややサイズ的に大きすぎるトイレもあるようです。 デザイン性はかなり評判も高く人気があるのですが、持ちての部分の先端が太すぎて排水口の奥まで掃除ができまん。 また、ブラシが大きすぎて便器のフチにも入らないことがあります。 ケース内に入れると、ブラシの先端が底についてしまうので衛生的でないと気になる方もいるかもしれません。 こんなトイレブラシ見たことない!安くてかわいい 360度植毛ブラシが柄についているトイレブラシで、チェリー本体はキャンディーコートタイプの光沢のあるケースになっています。 こんな可愛いブラシがあるトイレなら、トイレタイムも楽しくなりますよね。 ブラシの部分には水はね防止ガードがついており、掃除する時に便器の水が手や体にはねて来ないようになっています。 水はね防止ガードは蓋にもなっていて、ケースを密封できるようになっていますが、見た目は可愛くなるのですが通気性が無いので意見が分かれるところでしょう。 ハンドル部分にも工夫がされており、滑り止めがついているので手でにぎりやすくなっています。 ストレートハンドルでブラシと柄がまっすぐなので、便器によっては便器のフチが掃除できないかもしれません。 5cm 直径9. ブラシの大きさや長さと、洗いたい場所のサイズはあっているでしょうか。 トイレブラシで洗う場所は大きく分けて ・便器の排水口 ・便器のフチ の2箇所です。 大きなブラシは便器の排水口を、小さなブラシは便器のフチを洗うように設計されています。 そのため、大きなサイズのブラシは便器のフチの奥まで届かず、小さなブラシは排水口の奥まで届かないことが多いものです。 洗いたい部分の形状や持ち手の長さは、計っておきましょう。 また、ウォシュレットのノズルの穴の掃除は小さなトイレブラシでも綺麗にするのは難しいため、古くなった歯ブラシなど、もっと細いブラシのほうが汚れが落としやすいです。 1本のトイレブラシで便器の排水口も便器のフチも掃除したいのであれば、多機能なタイプのものを。 ニオイが汚れがこもりがちなトイレや、家族の多い家庭のトイレは排水口用と便器のフチ用と2本用意するなど家庭の条件にあったトイレブラシをチョイスしましょう。 自宅のトイレは乾燥しがちなトイレでしょうか?湿度がたまりがちなトイレでしょうか?窓があって空気が通る構造でしょうか? 便器の中やフチを掃除した後のブラシは、汚れを落とした後はどうやって乾燥させますか?ブラシが濡れたままだと雑菌が繁殖しやすく、ブラシにカビが生えてしまう危険性もあります。 ブラシを入れるポットと一緒に販売されているものもありますが、ポットの底にブラシがくっつくタイプだと、いつまでもポットの水にブラシがついてしまい不衛生です。 ブラシの水がポットの下にポタポタ垂れてたまってしまうと、ポットの中で水が腐ってカビやニオイの元になってしまいます。 ポットと一緒に販売されているブラシの場合は、ポットに空気が通って乾燥できる仕組みになっているのか見てみましょう。 ポットの下にたまった水を捨てやすいかどうかも、一緒に調べましょう。

次の

トイレブラシの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

トイレ ブラシ おすすめ 使い捨て

お店でも見かける機会が多いブラシタイプを使った掃除では、水切れの良い毛に水分と洗剤を含ませて便器を磨いていきます。 落ちにくい汚れも力を入れてこすることできれいになるのですが、便器を傷付けてしまうこともあるのが難点です。 便器を傷付けたくない場合は、柔らかくふわふわした素材のソフトタイプブラシを選ぶと良いでしょう。 商品によってブラシの形状にもさまざまな特徴があり、便器のフチ裏や排水溝などの厄介な汚れを落としやすい便利なものもあります。 普段はトイレブラシを使わない方も、汚れが落ちにくい部分にはぜひトイレブラシを取り入れてみてくださいね。 また、ブラシタイプは比較的コスパが良く、こまめに消毒をしていれば毛先が広がるまで使い続けられます。 磨く部分がスポンジになっているタイプは水がはねにくいので、力を入れて汚れをふき取るように便器をこすりましょう。 ただ、水切れがあまり良くないため、こまめに消毒をしたり干したりして衛生面に配慮する必要があります。 スポンジの形状は便器のフチ裏や排水溝にも入り込みやすく、1本ですみずみまできれいに磨ける便利なものが多く販売されていますよ。 そして、スポンジタイプのトイレブラシは、スポンジ部分がへたってきたら新しいものに交換しましょう。 ただ、スポンジタイプは雑菌が繁殖しやすいので、衛生面が気になる場合はスポンジの状態に関係なくこまめに買い替えるのがおすすめです。 そのため、ブラシタイプよりはコスパが悪いと考えるのが良いでしょう。

次の

トイレブラシおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

トイレ ブラシ おすすめ 使い捨て

家族で使うトイレはいつも清潔に保ちたいですよね。 商品2 スコッチブライト トイレクリーナー スリーエムジャパンから販売されている「スコッチブライト トイレクリーナ」 取り替え式トイレクリーナーが3つ付いています。 ブラシの違い 「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」の最大の魅力が、最後にこのブラシをトイレに流せること。 毎回新しいブラシを使用できるので、ブラシを清潔に保ててお手入れも楽。 ブラシの青い部分は濃縮洗剤付きで、簡単きれいに洗うことができます。 緑の部分は、イオンのコートが汚れを防ぐ役割を果たします。 キッチンやお風呂のスポンジを多く開発しているスリーエムジャパンの「スコッチブライト トイレクリーナ」は、ブラシの部分がスポンジになっています。 ブラシは水に濡らすと洗剤が溶け出すようになっていて洗剤いらず。 これだけでお掃除がラクラクです。 二つを比べると、 左の「スコッチブライト トイレクリーナ」の方がスポンジが大きく、トイレのふちの裏に入り込む特殊な形状になっています。 このスポンジはかき取り力が抜群で、しっかりと汚れが落ち、ごしごしと力を加えて汚れを落とすこともできました。 右の「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は少し小さめ。 便器の奥までしっかりと洗うことができます。 洗剤成分をしみこませているため、水に濡れるとブラシについている濃縮洗剤が溶け出し、力を入れずに汚れを落とすことができます。 掃除の後の違い 「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は使い終わった後、ワンタッチで便器に流すことができます。 汚れたブラシは手で触らずにトイレにサッと流せて清潔です。 「スコッチブライト トイレクリーナ」は大き目のスポンジなので、便器に捨てるのはNG。 水をよく切ってゴミ箱などに捨ててください。 こちらもワンタッチで簡単に捨てることができるのが魅力的です。 収納サイズの違い 左の「スコッチブライト トイレクリーナ」の方は縦30センチ、全体がまっしろなので、トイレを白で統一したい!といった方にはおすすめ。 右の「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は縦48センチと高さはありますが、スリムで場所を取りません。

次の