ケータリング 軽減 税率。 葬儀での消費税、何が軽減税率の対象になる?

【消費税】有料老人ホームは軽減税率の対象!1食あたり上限640円に注意

ケータリング 軽減 税率

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される 先に結論を言っておくと、 自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。 例えば、• うどん・そば、寿司、うなぎの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などのケースが該当します。 国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。 顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。 酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。 ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。 ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。 店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

葬儀での消費税、何が軽減税率の対象になる?

ケータリング 軽減 税率

有料老人ホームでの食事の提供は「軽減税率」が適用される 先に結論を言っておくと、有料老人ホームで提供される食事には軽減税率が適用されます。 ただし、 条件付きとなるので注意が必要です。 具体的には、• 軽減税率の対象となる施設• 軽減税率の対象となる飲食料品の提供範囲• 「1食あたり640円以下」かつ「1日あたり1,920円以下」 の3つの条件を満たしている場合に軽減税率が適用されます。 軽減税率の対象となる施設 軽減税率の対象となる施設とは、以下の条件に当てはまるものを言います。 軽減税率の対象となる飲食料品の提供範囲 軽減税率の対象となるのは「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」ともに以下の入居者に対するものに限られます。 60歳以上の者• 要介護認定または要支援認定を受けている60歳未満の者• (1)(2)に該当する者と同居している配偶者(婚姻の届け出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情があるものを含みます。 ) 「1食あたり640円以下」かつ「1日あたり1,920円以下」 軽減税率の対象となる飲食料品には、• 1食あたり640円以下(税抜)• 1日あたり1,920円以下(税抜) という2つの限度額が設定されています。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅で提供される飲食料品については、条件付きで軽減税率が適用されます。 軽減税率の対象となる施設• 軽減税率の対象となる飲食料品の提供範囲• 1食および1日あたりの上限額 といった条件付きで軽減税率が適用されることになります。 消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

No.6102 消費税の軽減税率制度の実施|国税庁

ケータリング 軽減 税率

2016. 但し、次のものは軽減税率が 適用されることになっています。 (但し、老人福祉法第29条第1項の規定による届出が行われているところに限る)• サービス付き高齢者向け住宅での食事(但し、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」第6条第1項に規定する登録を受けたところ)• (但し、学校給食法第3条第2項に規定する義務教育諸学校の施設での食事)• (但し、「夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法律」第2条に規定する夜間課程を置く高等学校の施設)• (但し、「特別支援学校の幼稚部及び高等部における学校給食に関する法律」第2条に規定するの幼稚部又は高等部の施設)• (但し、学校教育法第1条に規定する幼稚園の施設)• 寄宿舎(但し、学校教育法第1条に規定する特別支援学校に設置されるところ) なお、 上記1. の施設の設置者等が同一の日に同一の者に対して行う飲食料品の対価の額(税抜き)が一食につき640円以下であるもののうち、累計額が1,920円に達するまでの飲食料品の提供であることとされています。 また、累計額の計算方法につきあらかじめ書面で定めている場合にはその方法によることとされています(平成28年財務省告示第100号)。 参考:.

次の