アウトルック。 メール設定の確認|Outlook 2016|Windows|メール|OCN

Outlook の基本的な作業

アウトルック

Outlookとは、米マイクロソフト(Microsoft)社のおよび予定管理ソフト。 同社の「」の一部として提供され、同社の「」の標準クライアントでもある。 としての作成、閲覧、送受信が可能で、一般的なとやなど標準的なプロトコル(通信規約)で交信することができる。 連絡先管理(アドレス帳)、スケジュール管理、メモなどの機能も統合されている。 また、の標準クライアントとして、社内や部署内に置かれたExchange Serverに接続してチーム内のスケジュールの共有や会議の設定、会議室の予約など共同作業に必要な機能を利用することができる。 同社ではとして旧(ホットメール)から移行した「Outlook」(アウトルック・ドットコム)を提供しており、Webブラウザで同社の運用するサーバにアクセスし、Web上でメールの送受信を行うことができる。 に機能を絞った簡易版として「Outlook Express」が提供され、Windowsに標準で同梱されていたが、「Windowsメール」に名称変更された。 また、(Mac OS X)版Officeには似た機能を持つ「Microsoft Entourage」(アントラージュ)が提供されていたが、名称がOutlookに揃えられた。 Outlook Express アウトルック・エクスプレス 米マイクロソフト(Microsoft)社が無償で提供していた電子メールクライアントソフト。 Windowsに標準で組み込まれていたため2000年前後のインターネット普及期にWindows利用者の間で広く普及していた。 Webブラウザの(インターネット・エクスプローラー)と共にインターネット利用のためのソフトウェアとしてWindowsに標準で添付されていた。 やPOP3、IMAP4など電子メール送受信のための標準プロトコル(通信規約)に対応し、メールサーバの種類を問わずメールの送受信が可能。 前身の「Internet Mail and News」の機能を引き継ぎ、初期にはによるNetNews(ネットニュース)の受信や投稿も可能だった。 Outlookの簡易版という位置づけだが、Outlookとは異なりMicrosoft Exchangeのグループウェア機能へのアクセスはできなかった。 パソコンやインターネットが急激に普及した時代に、購入したパソコンに最初からついてくるであることが多かったため、初心者を中心に広く普及した。 利用者の知識が乏しいこともあり、頻繁にやの標的とされ、新たな保安上の欠陥()が発見される度に大規模な感染事案が発生した。 Windows 98からまで標準的に用いられてきたが、からは「Windowsメール」および後継の「Windows Liveメール」へ移行し、姿を消した。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

【ZOOM】アウトルックでプラグインを使うには?

アウトルック

pstファイル 1. 保存データを探して、USBなどの外部メモリにコピーします。 Outlookのデータは、通常 「マイドキュメント」フォルダの下にある「Outlookファイル」フォルダに保存されています。 拡張子が、「pst」と書いてあるものです。 新しいパソコンのOutlookを立ち上げてください。 電子メールの設定をした後、いったん終了します。 新しいパソコンの「マイドキュメント」フォルダの下にある「Outlookファイル」フォルダに、コピーした「pst」ファイルを 上書き保存します。 拡張子pstのファイルは、 Outlookで作成された受信トレイ、送信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテム、予定表、連絡先、タスクなどのフォルダーを含むファイルです。 これさえ、バックアップしておけば、万が一のパソコン故障でも、安心ですね。 壊れたデータファイルを修復したい 受信フォルダが開けない。 起動ができない。 送受信ができない。 メールの削除ができない……。 そういった場合、データファイルが壊れた可能性があります。 拡張子pstのファイルをバックアップしてあれば、先ほどご説明した手順で復元できるでしょう。 でも、 バックアップをとっていない場合については、受信トレイ修復ツール Scanpst. exe を使用してファイルを診断し、ファイル内のエラーを修復します。

次の

1回設定しただけで仕事がすごく速くなる「Outlookのカスタマイズ法」

アウトルック

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 機能の他、予定表・連絡先管理・仕事管理・メモなどの機能が実装されている。 従来版にはOutlookに相当するアプリケーションとして、Microsoft Entourage(マイクロソフト・アントラージュ)が提供されていたが、Office for Mac 2011よりWindows版と同じOutlookに変更された。 概要 [ ] との名称の類似性からが主体だと思われがちだが、実際には業務管理の一元化を目的としたアプリケーションとしてデザインされている。 基本的な位置づけは「」の後継であり、かつ「」の標準クライアントである。 「」の影響を受け、としての性格を強めている。 また、フォームのカスタマイズ機能により、ワークフローや業務管理、ソフトウェアのフロントエンドとして使用できるようになる。 仕事上の管理機能が実装されているため、スケジュールや連絡先管理、仕事管理及び履歴情報の確認、メモ帳など一連の機能を保持している。 メール機能に関しては以前からそれなりのセキュリティ機能は実装されていたが、Microsoft Outlookを狙ったやの増加に伴い、バージョン2003より迷惑メール判定機能や標準の設定ではHTML形式のメールに対して画像やコンテンツを直接描画しないようにする機能が付加された。 また、バージョン2007からはメールの表示にはMicrosoft Wordのコンポーネントが使用されるようになっている。 これにより、プレビューしただけでウイルスに感染するといった「」のを狙った攻撃をある程度抑えることは可能である(もちろん、との併用は必要といえる)。 バージョン2003からは縦方向に3分割された画面が標準となった(これもユーザー設定で以前の設定に戻すことは可能)。 製品の性格上との統合が非常に進んでいる。 フリーソフトのの機能がOutlookに近くなってきている一方、バージョン2007以降ではサーバーとの同期機能などが追加され、よりビジネスでの利用を想定した機能強化がされている。 には、機能もついている。 Outlook 2000以降には他のOffice製品同様にが搭載されており、例えば、標準で利用できる自動仕分機能よりも複雑な処理を行わせることができる。 関連アプリケーション [ ] Microsoft Outlook Plus! [ ] 本来Microsoft Outlookはビジネスユーザー向けのソフトウェアではあるが、ここ最近はパーソナルエディションが多くのパソコンにプリインストールされていることを受け、家庭用としても使われることが多くなった。 そこでバージョン2002の途中から Microsoft Outlook Plus! という名目で携帯電話の同期機能の追加や電子メール設定の簡略化などが利用できるようになった。 また、初期画面の内容も一新され、の書籍である「できる」シリーズのOutlook 2002(とOutlook Plus! )の一部記事の抜粋がHTMLで提供された。 グリーティングメールの送受信が可能となったのもこのバージョンである。 家庭内での利用に特化する場合には便利であろう。 Microsoft Entourage [ ] Macintosh版Microsoft Officeでは、Office 2001-Office 2008までは Microsoft Entourageが含まれていた。 Outlookに相当するアプリケーションと位置づけられたが、実質はMac版 Outlook Expressに機能を拡張させたものであったため、Exchange Serverへのクライアント機能が実装されていなかった。 対応策として当初は Outlook 2001 for Macが単独リリースされたが、2003年のEntourage v. X用アップデータでExchangeにクライアント対応した。 その後も互換性を向上する一方で独自の機能強化が進められている(Entourageの新機能がOutlookの次期バージョンに実装されることもある)。 なおOffice 2011からは、Windows版と同じOutlookに変更されている。 Macintosh版Microsoft Officeの詳細に関してはの記事を参照のこと。 関連項目 [ ]• MAPI 外部リンク [ ]•

次の