ウーユリーフ の 処方箋 暗号。 暗号(シークレットパスワード)のヒントまとめ

ウーユリーフの処方箋のいう素晴らしいゲームがあります。←(処...

ウーユリーフ の 処方箋 暗号

注意 この記事には『ウーの処方箋』の全編のネタバレおよび、特別ストーリーのネタバレが含まれております。 未クリア方、これからプレイする方は閲覧を控えてください。 この画像の先に感想本編があります。 『ウーの処方箋』から私が受け取ったメッセージについて 私たちは消費される存在であると同時に、消費している存在である。 『ウーの処方箋』を通じて、私たちユーザーは時間やお金、情緒を消費された代わりにキャター達やコンテンツを消費していた。 消費され消費する関係があってこそコンテンツは成立する。 ファンはイメージと違えばコンテンツやキャター達を嫌いになるし、骨の髄まで消費しつくす。 しかし、ファンたちが時間やお金、情緒をコンテンツやキャターに捧げなければコンテンツは生き続けることはできない。 『ウーの処方箋』に限らず、コンテンツやキャターはファンがお金お落としたり、愛し続けることによって存在し続けることができるものである。 キャターを活かしていきたいのであれば、自分の力で命を吹き込んでいくしかないのだ。 以上が、私が『ウーの処方箋』全編を通じて受けとったメッセージだ。 擦れた私が思ったこと。 (お金のお話) 今回は早期クリア特典が廃止された。 リリース当時は「ユーザーの意見を踏まえて廃止したのだろうか」としか思っていなかった。 しかし本編をクリアした今、物語に入り浸る時間を増やすために早期クリア特典を廃止したと考える。 物語に入り浸る時間を増やすことによってキャターへの愛着を沸かせ、物語の中盤から終盤にかけての没入感を増加させる意図がある。 気が早いと言われるかもしれないが次回作は早期クリア特典が復活してもおかしくない。 『ウーの処方箋』はいままでのSEECの脱出と比べると課金要素が多い。 今作は前作と比べてキャスティングも豪華になっているし、も前2作と比べれば充実している。 BGMもネットにある素材ではなくクリエイターの方に作曲してもらっている。 これらのことを考えると今作が最も開発にかかる費用が多かったであろうことは想像がつく。 早期クリア特典目当てで、ストーリーを一気読みするためのジュエル購入による収入が見込めないこと、広告欄の縮小と広告動画が閲覧できる回数が1日1回になったことで広告収入の減少が予想できたことも関係していそうだ。 アプリゲームはとは違ってユーザー全員がコンテンツにお金を落とすとは限らない。 課金額を高めに設定しないと採算が取れない。 そもそもコンテンツを無料で楽しめること自体が異常だ。 ファンであるならできる範囲でお金を落として応援し続けるしかない。 愛だけではどうにもならない。 すれた話だけれども作り手側もビジネスでやっているのだから。 特ストを読んだうえでの正直な感想 物語として『ウーの処方箋』を楽しんでいた私の感想。 物語としては良いものだったしメッセージ性もあり感情が大いに揺さぶられるものであった。 話のテンポも良い。 前作や前々作と比べて無料で読み進めてもストレスがなかった。 ゲームだからこそ成立する演出や更新制の採用もお見事だ。 考察を推奨した理由も今ならわかる。 もしも『ウーの処方箋』が一気に駆け抜けられるような仕様であったら、トレーラー組に対して愛着を持てず、物語の構成や今後の展開に推測について盛り上がることもなかっただろう。 更新を待つあいだに、受け手たちはキャターに対する愛を叫び、本編で得た情報をもとにキャターたちの物語を紡ぎ、本編で提示されたヒントをもとに今後の展開を予測し物語の意図を探っていた。 更新を待つ間にユーザーは作り手とともに「虚構の波」を作っていた。 我々『ウーの処方箋』のユーザーは共犯者になっていたのだ。 知らぬ間に「虚構の波」をともに作ってきたからこそ中盤の没入感や終盤での絶望感がある。 私にとって『ウーの処方箋』は大切な物語であると言いたい。 良くも悪くも私の感情を揺さぶり、足並みそろえて『ウーの処方箋』をプレイした人たちに共感や感心を抱き、今こうして感想を書こうと試みている。 『ウーの処方箋』は私の心に大きなものを残した物語なのだ。 「ノゾミ」を好きでいる私の感想 「虚無」の一言だった。 読み終えたときは寝転がって他の人の感想を読むことが関の山だった。 物語としては納得ができる結末だったし、大団円といって差し支えない終わり方だった。 しかし、どうしても空しい気持ちが胸の中に残っていた。 私が好きだったトレーラー組の子たちがミトくん以外は設定によって動かされたキャターでしかなかったし、円果の心を癒すための装置でしかなかったこと、裏に人がいたことを本編のラストと特ストで突きつけられたからだ。 その時に初めて私は『ウーの処方箋』を「ノゾミが好きな受け手」として読んでいたことに気が付いた。 だから5章のラストでノゾミがあっさりと死んでしまったのは悲しかったし、6章の冒頭のシーンを見て「死の扱いが雑」だとぼやいたし、6-20で銛が刺さったままのノゾミが出てきたときは笑ったけれども、嬉しかった。 しかし、コンテンツの向こう側には必ず人がいる。 キャターは設定によって動かされている存在である。 これは『ウーの処方箋』に限ったことではない。 ゲームに限らず小説や映画、漫画に対しても言えることだ。 わかっている。 知っている。 けれども、コンテンツ側から「キャターは設定によって動いていた存在だよ」と突きつけてくることはめったにないじゃないか。 『ウーの処方箋』が突きつけてきた事柄は普段我々受け手がなかったことにしている、ないものとして見なしていることなのだ。 普段目を背けていることをコンテンツ側から突きつけてきたら精神的にきついに決まっている。 どうりで7-8と特ストの頭の部分が精神的にきついわけだ。 それでも、私にとって『ウーの処方箋』は大切な物語であると言いたい。 私は『ウーの処方箋』を通じて一番好きだと言えるキャターに出会えた。 今まで好きになったキャターとは別のこじれた感情を抱いているからきっとノゾミのことは忘れられない。 『ウーの処方箋』は私の心に大きなものを残した物語なのだ。 cl171711.

次の

脱出アドベンチャーゲーム「ウーユリーフの処方箋」は本当に怖い?ホラー要素などを徹底解説

ウーユリーフ の 処方箋 暗号

「ウーユリーフの処方箋」概要~遊び方・キャラ・課金・ストーリー・特徴~ 基本プレイ• 無料(ゲーム内、任意課金あり) 遊び方• チケット消費で進むノベル式(1枚1話:朝5:00に5枚自動回復)• 謎解き要素アリ• 読み進めるためにミニゲームで集めたポイントが必要な時もアリ メインキャラ• マツリ(CV:逢坂良太)• キリオ(CV:羽多野渉)• ノゾミ(CV:阿部敦)• カナタ(CV:小笠原仁)• ミト(CV:寺島惇太) 課金• 特定の話をスチル・フルボイスで楽しむためのアイテム=860円~• ミニゲームなどで使用するアイテム=120円~ 特徴• スチル・立ち絵・背景などイラストが とにかくキレイ!• 画面構成がスタイリッシュ• チュートリアルはフルボイス以下パートボイス• メインキャラも全員男。 ということで、恋愛要素を楽しむというよりも「眼福ゲー」(笑) ストーリー自体は謎を解明しつつ世界からの脱出を目指す感じなので、先が気になって楽しいです。 なにより、 スチル・立ち絵がキレイだからね!!!これだけでクオリティの高さ、SEECさんの気合の入れようが分かります。 昨今の量産型乙女ゲーアプリに飽きたら、一度はプレイしてほしい!! 1-3. 無課金でも読み進められる チケット制ですが翌朝5:00には5枚自動回復します。 ストーリーを繰り返し楽しめる! 課金が必要ですが一度読んだストーリーを繰り返し読むことが可能! これはありがたい~。 残念ポイント• スチル・フルボイスは課金しないと楽しめない• 恋愛要素はほぼなし 2-1. スチル・フルボイスは課金しないと楽しめない 致し方なし、ですが… チュートリアルパートのステージ1「開幕」以降はスチル有のフルボイスで楽しもうと思ったらアイテムが必要なので課金が必要です。 もちろん、「アイテム無し=スチル無し&パートボイス」でストーリーを読み進めることはできますし、内容に変化もないです。 ただ、ちょっと味気ないかも? 2-2. 恋愛要素はほぼなし おすすめポイントで男の子だからけだよ!と書きましたが、裏を返せばBLゲーではないので、恋愛要素は皆無ということになります(笑) AGFで発表されているので女性向けではあると思いますが、普通に男性も楽しめるレベルの作りこみ。 逢坂さんや羽多野さんの甘いボイスが聞けるわけではないので、ご注意を。 ウーユリーフの処方箋を遊んだ感想・レビュー 最後に、私の遊んだ感想&レビューを! Twitterのプロモーションツイートを見て気になっていたウーユリーフの処方箋ですが… 「謎解き要素あり」ってところに惹かれてプレイ。 画面構成がスタイリッシュな割に、そこまで動作も重くないのがいい。 まとめ:ウーユリーフの処方箋は無料で遊べる良作アプリゲー 以上、 女性向けアプリゲーム「ウーユリーフの処方箋」について でした! ミニゲームも放置要素があるので、仕事前にセットしておけば、ストーリーを読み進めるときに必要なポイントが勝手に溜まります。 そういった点も優しい設計のゲームですね! ちょっと変わった乙女ゲーで遊びたいあなた、ウーユリーフの処方箋で遊んでみませんか? おとめちゃんねる運営・執筆【杉本】 こんにちは!または初めまして! 乙女ゲームの情報発信をしている 杉本です。 【元社畜】 毎日終電・12時間以上労働・20日以上連勤上等の日々。 毎日 「線路に飛び込みたい」という衝動と戦いながら過ごしていました。 そんな辛さしかなかった日々の中で、 乙女ゲームと そのキャラたちを支えに生きていました。 私のような人に 「乙女ゲーを通じて幸せな時間を増やしてほしい。 」 という思いで、当メディアを運営してます。 趣味はゲームと、旅行。 京都大好きで一年に一回は行ってます。 将来はドイツに住みたい所存。 乙女ゲーで好きな子TOP5は、有川将臣、土浦梁太郎、仙道清春、羽倉麻生、谷和助。 基本は、兄貴属性が好き。 RPGその他もこよなく愛する。 FF、幻水、ペルソナ、忍道、portal…etc。

次の

【ウーユリーフの処方箋考察】キリオとマツリの思考実験

ウーユリーフ の 処方箋 暗号

ウーユリーフの処方箋のいう素晴らしいゲームがあります。 オタク) イケメンしかいないよ。 長々とすいません、……。 みたいに………。 その中で夢主が誰と向き合わないといけないのか、を学ぶ。 途中、これは現実じゃないと知る。 もしくははじめから知っていたけど戻りたくないみたいになって。 (ただのウーユリーフみたいにしただけ。 お星さま連打するの楽しいね。 諦めた。 忘れてください。 あ、ウーユリーフの処方箋は検索してみればいいですよ。 やるかはご自由に。 (ツイステとウーユリーフいれたら容量死ぬ) おじいちゃん(島爺さん)知ってますか? ウーユリーフの処方箋の主題歌歌ってます。 かっこいい。 ヒロインが個性的です。 (大事) [6月24日 20時] [].

次の