うな丼 と うな重 の 違い。 うな重とうな丼の違い

うな丼とうな重の違い

うな丼 と うな重 の 違い

夏バテ効果として、土用の丑の日にも好んで食べられるウナギですが、時期になると大勢の人がウナギを買いに、またはウナギを食べに長い列を作ります。 一般的にウナギはかば焼きにしてうな重やうな丼として食べられることが多く、お店でも同様のメニューが並んでいます。 うな重もうな丼もどちらもかば焼きが乗っており味に違いはなさそうですが、なぜうな丼の方が安いのか、なぜ2種類あるのか疑問に思ったことはないでしょうか。 家で作るならどちらでも構いませんが、お店で食べるとき2種類あったらどっちを食べればいいのか考えものです。 今回はそんな『うな重とうな丼の違い』をご紹介します。 また、合わせてウナギのかば焼きを使って食べられる『ひつまぶし』についても詳しく説明したいと思います。 今回は『うな重とうな丼』をテーマにご紹介しました。 同じうなぎのかば焼きを使った料理でも、うな重、うな丼、せいろ蒸し、ひつまぶし、と様々な食べ方で楽しまれていることが分かります。 このように古くから食べられてきたうなぎは、私たち日本人にとって非常に親しまれる食材だということが分かります。 しかしながら、お店によってうな重とうな丼の違いが異なる場合があります。 もしもメニュー表に詳細の記載がない場合は一度確認することをお勧めします。 うな重とうな丼、両者には違いはあるものの、美味しいのには違いはありません。 今回の記事を参考に自分のお気に入りのお店を見つけて、土用の丑の日にはうなぎに舌鼓を打ってはいかがでしょうか。

次の

ひつまぶしとうな重の違いは?うな丼は?名古屋流の食べ方はこうだ!

うな丼 と うな重 の 違い

夏のスタミナ食といえばうなぎ。 先日のTBS番組「」にてうな重とうな丼の差について取り上げられていました。 うな丼はどんぶりによそわれたうなぎ蒲焼で、うな重は重箱に盛り付けられたうなぎ蒲焼になります。 単純に、うなぎとご飯を入れる器の違いになります。 うなぎ専門店で「うな丼」、「うな重」の松竹梅や並・上・特上とメニューにありますが、基本的には鰻の質は同じで、量と部位の違いだけです。 「うな丼」や「うな重」の梅を食べるだけで、その店の特徴(タレ、蒸し具体、焼き方、鰻の脂質や旨味)が分かります。 しっかりと頭から尻尾までの部位を楽しみたい方は松竹や上・特上をお勧め致します。 鰻屋さんは鰻や調理だけでなく、重箱にもこだわっており、鰻屋さんごとに重箱の素材・柄・サイズが違います。 ですから、同じ重量の鰻でも、お店によっては太くて短い活鰻、お店によっては細くて長い活鰻を使用しており、当社活鰻卸事業部では数ミリ単位違いの御要望に応え、日々、活きた鰻を専門店へ出荷しております。 一般的に、うな重は重箱に入れたごはんにかば焼きがのっているもの、という解釈がされますが、元は「重」は重ねるという意味で『ご飯とうなぎを交互に重ね2層にする。 』というとても豪華な食べ物だったそうです。 来客へ究極のおもてなしにうな重は如何でしょうか? 簡単調理で、非常に喜ばれます。 更に、2層にすれば最高級うなぎ蒲焼重に仕上がります。 うなぎ蒲焼が文化として大きく広まったのは江戸時代です。 当時店で提供する際は焼き物の器が主流で、漆器の重箱は出前用に使われていたそうです(焼き物の器では割れたり、欠けたりしてしまう)。 漆器の重箱は保温性も良く、出前の際には機能性の面でも都合が良かったようです。 古い文献によると、出前の際にうなぎが冷めないよう、ご飯の間に挟んだり、 温めたぬか(ぬかは漬物用に発酵したものではなく、布巾で包んだものをお湯に浸し、水気を絞ったもの)で挟むようにして届けたりしていたようです。 うなぎは今も昔も高級食材なので、提供する食器も良いものが使われてきました。 老舗蒲焼店では焼き物の器も「有田焼」のような高級な磁器を使用しています。 しかし、焼き物の器はどうしても破損の問題があるので、多少ぶつけても破損しにくい「重箱」の方が主流になっていったようです。

次の

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

うな丼 と うな重 の 違い

irasutoya. html うな重は重箱に、うな丼は丼に入ってくるのは名前からも想像できますね。 重箱に入っているから高いの??? 確かに高級感はありますが、どうやらそれだけではないようです。 元々、うな丼は手軽に食べられるように作られたメニュー。 白いご飯に鰻のかば焼きを乗せて、パパっと食べられるようにしたんですね。 そのうな丼を格上げしたお料理がうな重。 基本的にうな丼とは鰻の量が違うんだそうですよ。 ご飯とご飯の間にも鰻が入っている場合もあります。 また、うなぎの質が違うという説も。 鰻は頭に近い部分と尻尾に近い部分は身が薄くて幅も狭いです。 真ん中の身が厚くていいところを優先的にうな重に使っているお店もあるんだとか。 私もお店で食べてみたことがあるのですが、その時は重箱が二段になっていて、上の段に鰻、下の段にご飯が入っていました。 これは本当に昔ながらの盛り付けのようですよ。 irasutoya. html 続いてきになるのは、うな重にもうな丼にもある「松竹梅」というランク。 松>竹>梅 と、松が一番高くなります。 やはり無難に真ん中の竹を注文する方が圧倒的に多いようです。 具体的にこのランクの差をご存知の方は少ないように思いますが、いかがでしょうか? 実はランクの差は鰻とご飯の量の差なんだそうです。 松が一番鰻もご飯もたくさん入っているんですね! 特に鰻の質(国産とか養殖とか)は関係が無いんだそうですよ。 ですから、あまり量を食べられない女性は、梅を頼んだ方がいいのかもしれません。 また、鰻と言えば肝吸いが付き物ですよね? その中身に違いがある場合もあるのだとか。 最近は国産の鰻を使っている場合は、特別メニューにしているお店もありますね。 gnavi. まずしゃもじで四等分します。 一杯目はそのままいただきます。 二杯目はネギや三つ葉などの薬味を混ぜていただきます。 三杯目はだし汁を注いで、お茶漬け風にいただきます。 四杯目は好きなように食べる! かば焼き上の鰻は小さくカットされているので、どの食べ方も食べやすいです。

次の