アサルトライフル。 【Fallout76】アサルトライフルの基礎性能・MOD性能詳細・おすすめ改造例

なんで「小銃」とアサルトライフルなどを呼ぶのでしょうか?

アサルトライフル

Ver. 実装日 価格 売却価格 ダメージ 反動制御 連射速度 正確度 装弾数 移動速度 Mk. 8 Mk. AIM時の精度が非常に良く、きっちりHSラインに合わせておけばどんどんキルができる。 (他の武器も当然だが、この武器はタイミングが割と簡単。 ) しかし、やよりも明らかに点攻撃なのでAIM力が必要でゲームになれた中級者以上のプレイヤーにおすすめしたい。 なお実質15発銃なのでリロードのタイミングには注意したい。 (取り出しの遅さも考慮しておきたい。 メリット• 全ARの中でも高めの威力。 全距離でヘッドショット1撃。 AIM時の精度が非常に高い。 遠距離でもSRと十分戦える。 長押しで連射されるので、シビアなタイミングでクリックしないと連射出来ないより扱いやすい• 高い確率で被弾した相手をブレさせる。 デメリット• 遅めの取り出し速度。 トマホなどとの相性は悪い。 どちらかというと腰撃ちは得意としない。 (連射時初弾以外はあまり精度が良くなく、さらにバラけやすい。 指切りすると大きく連射力が落ちる)• 多少足が遅い• 15発銃なのでリロードのタイミングに注意• やはり強制バーストの宿命なのかタイミングがズレると弾が出ずにやられることが多々ある 2016. AK-74Mの後継としてロシア連邦軍で配備が進められている。 「アバカン」とも呼ばれる。 45x39mm弾を採用したAK-74Mの後継モデルで、1994年にロシア連邦軍に制式採用された。 設計者はゲンナジー・ニコノフ(Gennadij Nikonov, 故人)らで、最初の2発の弾丸を短間隔で発射する機能を特徴としている。 右側面に折りたためる銃床を採用し、強化プラスチック部品も使用されている。 「アバカン」とは1980年-1994年にかけて行われた次世代アサルトライフル開発プロジェクトのコードネームで、この名称はシベリア南部のアバカン要塞やハカス共和国の首都名にみられる。 高い発射速度の2点バーストが可能。 この発射速度を実現するため、薬室へ薬莢が装填される前にスライダー上へ薬莢が運ばれ、その後に薬室へ装填される機構を持つ。 このスライダーはスチールワイヤとプーリーにより作動し、その機構を避けるためマガジンは射手から見て右下に傾いた状態で銃に装着される。 Show recent 10 comments. 近距離も使えると思うけどなぁ 首のあたり狙って、フルバしてるといい具合に近距離で二人HSできちゃう 結局AIMの問題かな -- s 2016-04-08 金 18:46:12• -- 2016-07-11 月 10:58:22• アイアンver超カッコイイな -- 2015-05-17 日 00:22:54• デッドウォークカッコいいよw -- 2015-09-05 土 18:27:18• ジャンプ撃ちでも比較的真っすぐ飛ぶから蝶の用に舞、蜂のように刺すプレイスタイルができる・・・かも? -- 2015-09-06 日 14:44:27• でも近接きついw -- 2015-09-06 日 22:26:03• ピンクメタル強すぎて相棒確定だわ。 遠距離でもSRに勝てるってのは個人的にありがたい -- 2015-12-01 火 01:08:37• 最高にして抜群の射撃精度を誇る。 -- 2016-07-07 木 20:58:29• AN94使う前はどう足掻いても、階級の高い強者を倒す事が出来なかった。 だが、AN94を使い始めてからは持ち前の瞬間火力で削り切る事が出来るので不意を突けば確実に仕留められるようになった。 -- 2016-07-11 月 10:56:05• こいつのmk3が次回アプデで出てくるのか?精度いいし威力がもっと高くなるのかな?楽しみだ。 -- 2016-10-24 月 00:43:45• で、性能どうだったんだ? -- 2017-07-27 木 14:51:17• バースト撃ちとかタップ撃ちだとかを考えずに撃ちまくれるのは楽しい -- 2016-11-19 土 14:23:59•

次の

なんで「小銃」とアサルトライフルなどを呼ぶのでしょうか?

アサルトライフル

名称 製造 属性 概要 入手 Brad Luck 射撃中に発射速度とエレメンタルが変化する。 エレメンタルは コロッシブに切り替わる。 ミッション: The Beast 効果不明。 ミッションの進行によって属性が変わる。 ミッション: Digby's Smooth Tube 射撃時にサックスの音が鳴る。 ミッション: Earworm 拾得時と射撃時にメタルサウンドが鳴る。 射撃中は鳴り続ける。 弾道が放物線を描く。 与えたダメージの一部をライフとして還元する。 にあるの店のカウンター上のグラスにチップをカンパする。 カンパすれば何度でも貰える。 Icebreaker クリオ放射器。 敵を貫通してダメージを当てる。 ミッション: Pa's Rifle クリティカル・ヒット時に3つの弾が跳弾する。 ハピネスを直撃させるとアンガーが解除される。 アンガーの効果は4回まで重複する。 ミッション: La Varlope フルオートで山なりの軌道を描くミサイルを発射する。 ミッション: The Big Succ ミッション・アイテム。 アンダーバレル・グレネード付きのフルオートAR。 ミッション: 名称 製造 属性 概要 入手 Carrier 敵に当たると弾速の遅い誘導弾が生成される。 ドロップ: ドロップ: O. System でのみ入手可能。 トラッカーを発射すると一定時間自動で敵を攻撃するドローンになる。 ドロップ: ドロップ: ドロップ: Portals and Shite データでのみ存在を確認。 ドロップ: ??? Rebel Yell 連射速度と弾速の早いアサルトライフル。 通常弾が物理ダメージ、トラッカー弾がショック・ダメージを与える。 ドロップ: ドロップ: Embrace the Pain 武器のヒートアップ・ゲージが2段階目に入ると射撃時に弾薬を消費しなくなるが、代わりに炎上ダメージを受ける。 ドロップ: ドロップ: NoPewPew でのみ入手可能。 4発の弾を同時発射し、撃ち続けると発射速度が上昇する。 ドロップ: ドロップ: ドロップ: Pain is Power 武器のヒートアップ・ゲージが2段階目に入ると射撃時に弾薬を消費しなくなるが、代わりに炎上ダメージを受ける。 ドロップ: ドロップ: Sawbar 弾が一定距離を飛んだ後に3つに分裂する。 ドロップ: ドロップ: Seeryul Killur 敵を倒す度にダメージと発射速度が上昇し、1発ごとの発熱量が低下する。 効果は3回までスタックする。 ドロップ: Stouros' Brun 修理すると一定確率で自身が炎上しダメージを受ける。 炎上中はファイアー・ダメージが増加し、射撃が全てクリティカル・ヒットになり、1発ごとの発熱量が低下する。 ドロップ: Zheitsev's Eruption メイヘム4以上でのみドロップ。 オーバーヒート時に8発の追尾エレメンタル弾を発射する。 ドロップ: ドロップ: Barrage 3点バースト射撃のみの高精度アサルトライフル。 ドロップ: ドロップ: Breath of the Dying 倒した敵から周囲にコロッシブ属性の弾が発射される。 ドロップ: ドロップ: Good Juju メイヘム4以上でのみドロップ。 クリティカル・ヒット以外でダメージを与えるとクリティカル・ダメージが上昇していく4点バーストAR。 敵を倒すとマガジンが補充される。 ドロップ: ドロップ: Kaos 倒した敵がの爆発を起こす。 ドロップ: ドロップ: Soulrender 射撃中、敵が近くにいるか、遠くにいる場合はヒットさせると追加のスカルが発射される。 スカルは付近の敵を追尾し、着弾時に爆発する。 ドロップ: Star Helix 同時に3発の弾を発射し、1発は直進、残り2発は平行に波打ちながら飛んでいく。 ドロップ: ドロップ: Warlord 30%の確率で射撃時に弾丸を消費しない。 ドロップ: ドロップ: Bekah 弾が3つに分裂し、広がるように飛んでいく。 「」を全て完了する Clairvoyance クリティカル・ヒット時に粘着弾を貼り付ける。 粘着弾は一定時間後に爆発して追加のダメージを与え、その際付近の敵へ跳弾が発生する。 ドロップ: Gatling Gun 大容量マガジンで、撃ち続けていると発射速度が上昇していく。 ドロップ: ドロップ: Hand of Glory ダルトンの銃キャビネットから確定で入手できる。 銃剣付きのセミオート・ライフル。 ミッション: Lead Sprinkler 敵に当たるとその敵を中心に噴水のようにして周囲に炸裂弾が放出される。 ドロップ: ドロップ: ドロップ: Mutant。 無属性のレーザー風AR。 ADS時の揺れがない。 ドロップ: Rowan's Call。 クリティカル・ヒット時に2発の弾が跳弾し、マガジンに弾が2発補充される。 ドロップ: ドロップ: Stone Thrower 非クリティカル・ヒット時にも跳弾する。 ドロップ: Alchemist 射撃時にダメージを受ける。 接着時にショック・ダメージを、爆発時にファイアー・ダメージを与える。 ドロップ: ドロップ: Bearcat ワントリガーで3発のグレネード弾を2回発射する。 インパクト式のみでスティッキーには変更できない。 ドロップ: ドロップ: Contained Blast スティッキー・ボム2発とロケット1発を同時に発射する。 ドロップ: ドロップ: Juliet's Dazzle メイヘム4以上でのみドロップ 敵を倒すと即座にマガジンが補充される。 ドロップ: ドロップ: Laser-Sploder レーザーとロケットを同時発射する。 ドロップ: ドロップ: Try-Bolt 3点バーストの製爆発アサルトライフル。 スティッキー式のみ。 ドロップ: ドロップ: Damned 社製のような武器シールドを搭載している。 ドロップ: ドロップ: Dowsing Rod アンダーバレルに3発同時発射のグレネード・ランチャーがついている。 ドロップ: ドロップ: Faisor アンダーバレル・と切替可能なフルオート・ライフル。 ドロップ: ドロップ: Lucian's Call クリティカル・ヒット時に2発の弾が跳弾し、マガジンに2発の弾が補充される。 ドロップ: ドロップ: Ogre ロケット弾を発射する。 マガジンが多く、連射を続けると発射速度が上昇していく。 ドロップ: ドロップ: The Dictator 水平に複数の弾丸を発射するバイポッド付きのアサルトライフル。 バイポッドを展開すると同時発射数が増える。 ドロップ: ドロップ: The Monarch メイヘム6以上でのみドロップ 通常で4発、バイポッド展開時に8発の弾を同時に発射する。 連射時の弾痕が蝶のような模様を描く。 ドロップ: Shredifier アンダーバレルに様々なアタッチメントがつくアサルトライフル。 マガジン容量が多く、発射速度が非常に早い。 ドロップ: ドロップ: Sickle 発射速度が低く、のように散弾を発射する。 弾痕が鎌の形を描く。 弾丸が爆発する個体も存在する。 ドロップ: ドロップ: Web Slinger。 複数の螺旋状に飛ぶ低速の弾丸を発射する。 弾は地形で跳弾する。 ドロップ: 名称 製造 属性 概要 N System 発射速度が高く、マガジン・サイズも若干大きい。 Q System 1発の弾薬消費で2発の弾を発射する。 単発火力も高い。 V System ブレが少ないが代わりに発射速度とダメージが低め。 BizZurker バランス型の製AR。 他よりも壊れるまでの射撃回数が高くなりやすい。 Purferator 他2つと比べるとダメージが高め。 Ratatater 連射し続けると徐々に発射速度が上昇していく。 近接攻撃アタッチメントあり。 Wizzperer。 継続的にダメージを与えるビームを照射する。 長く撃ち続けるほどダメージが増加する。 Caracal 素直でスタンダードなAR。 2つの発射モードとズーム倍率を切替可能。 ダメージが高い。 Jager 素直でスタンダードなAR。 2つの発射モードとズーム倍率を切替可能。 ブレが少ない。 Puma 素直でスタンダードなAR。 2つの発射モードとズーム倍率を切替可能。 発射速度が高い。 Mngwa。 継続的にダメージを与えるビームを照射する。 長く撃ち続けるほどダメージが増加する。 Carbine 基本的にはセミオートで単発火力の高いAR。 ほか2つと比べてダメージが高め。 Clipper 基本的にはセミオートで単発火力の高いAR。 発射速度が高い。 Repeater 基本的にはセミオートで単発火力の高いAR。 ブレが少なくクリティカル・ダメージが高い。 Frogger エクスプローシブ弾を発射するセミオートAR。 スティッキー・モードに切替可能。 発射速度が高く拡散範囲が狭い。 Polisher エクスプローシブ弾を発射するセミオートAR。 スティッキー・モードに切替可能。 弾速が速く爆発範囲が若干広い。 Stranger エクスプローシブ弾を発射するセミオートAR。 スティッキー・モードに切替可能。 ダメージが高い。 Blister。 火炎放射器のように前方に向かってエレメンタルを放射する。 複数体に同時ヒットするが射程が短い。 長く撃ち続けるほどダメージが増加する。 Bezoomy 弾薬が豊富でオーソドックスなAR。 連射し続けると徐々に発射速度が上昇していく。 アンダーバレルに追加の砲門が付くことがある。 Maslo 弾薬が豊富でオーソドックスなAR。 バランス型。 Oddy-knocky 弾薬が豊富でオーソドックスなAR。 発射速度が高い。 Shlaga 弾薬が豊富でオーソドックスなAR。 ダメージが高くなりやすいが発射速度が若干低い。 Burzum。 継続的にダメージを与えるビームを照射する。 ビームを照射している敵の周囲に別の敵がいる場合、その敵にもダメージが連鎖する。 長く撃ち続けるほどダメージが増加する。 トライボルトよくみると起爆までが短いだけでスティッキーじゃありませんか? -- 2019-10-21 月 01:19:53• ヴェノマス -- 2019-10-21 月 16:21:56• 誤送信 ヴェノマス DAHL製 コロッシブ 3点バースト スコープ2. 2と5の切替 よりオフでドロップ -- 2019-10-21 月 16:24:26• レジェンダリー クリティカルにて1発跳弾 -- 2019-10-21 月 16:30:37• ショック -- 2019-10-21 月 21:08:11• は弾丸が放物線軌道ですね。 あとパーツ次第で「ガトリン」の接頭語がつき、フルオート化します。 外観には手回しハンドルがつきます。 -- 2019-10-23 水 23:12:24• ローズワンコールはファイア・ショック・レディエイション ルシアンズコールはファイア・コロッシブ・クリオ 共通してドロップするのはファイアのみです -- 2019-10-26 土 07:37:33• のコロッシブ確認 -- 2019-10-27 日 00:48:40• 間違えた、レディエーション -- 2019-10-27 日 00:49:49• ってトラッカー仕掛ける誘導タイプだよね。 どの部位に充てても常にクリティカルになるのはバグ? -- 2019-10-27 日 13:53:19• そのような効果はありません -- 2019-10-29 火 21:30:30• これ言う人ちらほら見かけるな -- 2019-10-30 水 17:02:50• ha -- 2019-11-23 土 03:42:54• 一定距離までなら跳弾して爆発する(敵に当たっても跳弾する)スティッキーは無し -- 2019-11-23 土 03:43:47• バラージは3点じゃなくて2点バーストじゃないのか? -- 2019-12-02 月 22:11:48• 上でも出てますが今回のARはかなり使いやすいですね。 スナの性能が低下してるのもありますが今作は敵の出現傾向的にもなるべく前に出て制圧するほうが向いているあたりも追い風になってる感がありますし、序盤から主兵装として積極的に持ち歩くに足るポジションかと。 個人的には高威力の弾を安全な位置から確実に撃ちこむことができるATLAS社製ARが特に優れていると感じます。 -- 2020-05-10 日 13:42:10.

次の

ライフルとアサルトライフルの違い…?

アサルトライフル

〝ライフル〟という小火器の中の一つのジャンルとして、 アサルトライフルがあります。 アサルトライフルも〝ライフル〟ですし、 ボルトアクションライフルも〝ライフル〟です。 アサルトライフルの定義としては、 ・ピストル弾よりも高威力なライフル用弾薬を使用する ・両手を用いて取り扱う前提の形状 ・ストックなどが付いており、肩や頬を当てて照準する ・フルオートマチック 或いはバースト といった連射機能がある 一般的にはこんなところでしょうか。 とは言え、このあたりの基準は厳密な決まりがあるワケでもなく、 『一般的にはそう呼ばれている』としか言いようがありません。 最近では大口径の銃をバトルライフルと呼んでみたり、 通常のアサルトライフルを短く切り詰めたものをアサルトカービンと呼んでみたり、 分類方法はまちまちです。 ちなみに形状はライフルで、連射機能があっても ピストル用の弾薬を使用するものに関してはサブマシンガンに分類されます。 また、SMGを片手でも扱えるぐらいのサイズに小型化させたものや、 ハンドガンに連射機能を後付したものに関しては、これまたマシンピストルという分類があります じゃ、簡潔路線で 笑。 ライフル=個人で持ち運べて中、長距離狙撃が可能なライフリングを持つ銃全般の名称。 …アサルトライフル=軍用ライフルの一種。 中距離狙撃から至近距離戦闘まで1丁でこなせる能力を追求したもの。 使用弾は小口径ライフル弾が主流となる。 …具体的には連射機能かバースト射撃が可能なもので直線型銃床を装備。 全長90cm~1m前後、3~4kg程度の小型軽量で、5㎜~7㎜クラスのライフル弾を使用する。 国の用兵思想により異なるが、狙撃能力は500m~300m以下までとされる。 サブマシンガン=連射機能を持つ近距離戦闘、もしくは防衛用火器。 狭義では拳銃弾を使用する連射火器。 アサルトライフルを小型化したカービンを、さらに小型化したショートカービン、コマンドモデルなどの別称でもある。 PS: バトルライフルは、アサルトライフルの一部大口径モデルを差別化した呼び方で、主にアメリカでの呼び方です。 もっと言えばM14というアサルトライフル直前の用兵思想の銃のために作られた用語かな 笑。 しかし、これ。 かな~り、怪しい。 世界で始めて開発されたアサルトライフルはロシアの『フェドロフM1916』だとされていますが、それだと前述した定義に当てはまらないんです。 こいつは、6. 日本軍が使っていた普通(?)の弾薬です。 それに、アメリカはM1ガーランドのフルオートモデルを作ったそうですが、これも使用弾薬は30-06弾で中間弾薬ではありません。 となると、これは何だ? という話になりますが、マシンガンというのは少々無理がある気がします。 フルオートでも使えるライフルか? これは、御自分で解釈なさってください。 私はアサルトライフルと解釈しています。 それともう一つ。 バトルライフルってのは、どっかの意地汚いアメリカ人が作った定義(らしい)です。 どっかのゲームで、そんな分類の仕方をしやがったから日本でも有名になりましたが、アサルトライフルの総本山ドイツはバトルライフルについてこういっています。 バトルライフルとはそう難解なものではない。 アサルトライフルのことである。 それと、人それぞれ独自の見解があることは、別におかしくはありません。 私は銃とは、最終的には個人的な解釈が必要になる分野だと考えています。 それと、マシンピストルとは、サブマシンガンの一種である。 と私は解釈しております。 とまあ、ここら辺で。 一応、某専門家が言っている定義をだしておきます。 サブマシンガン=ピストル用の弾薬を使用し、バースト射撃orフルオート射撃ができるやつ アサルトライフル=ピストル用の弾薬とライフル用の弾薬の中間みたいな弾薬を使用し、フルオート射撃とバースト射撃のどちらかができ、セミオート射撃もできるやつ だそうです。 いちいち例を出しているときりがないので、とりあえず、最後に出した定義を紹介しておけば良いんじゃないですか? この回答もかなり無茶苦茶になってしまいましたが、参考になれば幸いです。 補足 もう一つ言いますが、P90やMP7をアサルトライフルだと思うほど私も馬鹿ではありません。 これでも、銃の情報取り入れ先は銃器メーカーのホームページと一部雑誌のみでございます。 MP7は4. バトルするものじゃないのに・・・ 教えてはくれないか。 ついでに、バイソン・サブマシンガンは7. 62㎜トカレフを使う製品も存在する。 さっきのはいくらなんでも失礼でした。 謝罪します。 補足2 4. 補足しまくって・・・ 11. 45㎜弾って何?. 450787402弾なんて、あったかな? ないでしょ? もともとライフルと言う言葉は バレルに刻まれているライフリングのことでした。 昔はライフル以外ライフリングが刻まれていませんでした。 なので、いつしかライフルは長物の銃の総称になりました。 質問の「アサルトライフルとライフルは違うものなのでしょうか?」 については、ライフルという種類の中にアサルトライフルが含まれている ですので違いとかそうゆうのはありません。 あと、M14についてはバトルライフルと呼ばれる アサルトライフルとは別の種類です。 あと、調べたなら不要かもしれませんが AR=アサルトライフル、BR=バトルライフル、SMG=サブマシンガン の違いについて AR=口径5,45mm以上7,62mm未満 連射またはバースト射撃が可能なもの BR=口径7,62mm以上9mm未満 連射またはバースト射撃が可能なもの SMG=口径9mm以上11,45mm未満 連射またはバースト射撃が可能なものです。 ~余談~ MP7やP-90などの銃器は 口径5,6mmですがARには含まれません。 PDW(パーソナル・ディフェンス・ウェポン=個人防衛火器) に分類されます。 長文失礼しました。 以上です。 一応アサルトライフルはライフル弾を小さくして連射時の跳ね上がりを軽減し撃ちやすくしたものです。 昔はボルトアクションライフルという物がありましていわゆる普通のライフルです。 詳しくは調べて しかし装填に時間がかかるため連射式のライフル アサルトライフルでない が開発されました。 しかし連射式にすることで、弾の消費が激しくなるため無駄遣い防止も含めて反発が起き、アメリカやドイツなどの大国以外は開発程度に留まりました。 アメリカはM1ガーランドという普通のライフル弾を連射できるセミオートライフルでボルトアクションよりは次弾発射が早いものの跳ね上がりは同じでした。 ドイツもセミオートライフルを開発・装備に加えていきました そこで連射できるが跳ね上がりの少ないライフルが誕生します。 アサルトライフルです。 今までもフルオートライフルは開発されましたが、強力ゆえに機関部の破損が見受けられ、頑丈にすると1人の兵士が扱うには重過ぎる結果になりました。 アメリカのBARが一応個人装備では元祖フルオートライフルですが、やはり重いです。 アサルトライフル弾のような物も試されましたが新たに弾を開発するとコストがかかる上、供給も難しくなります。 そんななかドイツはSTG44という元祖アサルトライフルを開発し、実用レベルまで持ってきました。 連射しやすく跳ね上がりも少ないため好評だったようです。 時代はアサルトライフルになりました。 開発の経緯はこんなもんです。 現在ボルトアクションライフルやセミオートライフルは各国でスナイパーライフルとして活躍しています。 ボルトアクションライフルはセミオートライフルやアサルトライフルよりも精度が高く、故障も少ないため1発必中を狙うスナイパーにうってつけです。 セミオートライフルはボルトアクションよりも精度は落ちますが万が一外した場合に次の弾をすぐに発射できるため各国で採用が進んでいます。 ライフルは、ゲームなどではスナイパーライフルと言われる。 一発一発ボルトアクションで排莢するもの。 PSG1とか、ドラグノフ SVD とかいわれるセミオート 次弾発射までの間が長い 物もある。 まあようするに長距離を正確に狙える銃だね、、、 アサルトライフルはM14のようなものから来ていて、正しくはドイツだかのヒトラー政権の時代に作られたものが元。 最初は装弾数が15発や20発で、反動が大きいライフル弾を使っていて、後にもう少し反動の少ない弾になったとさ、 民間向けのM14もあって、それは民間はフルオートの銃は持っちゃいけないからセミオートとかになってる。 マシンガンというアサルトライフルやライフル以上の口径の弾を使っている物がたいてい。 まあ弾ばら撒けば良いんじゃねってやつから、結構届いてるねwってやつまで多数。 昔のサブマシンガンは集弾率がひどかったらしいが、HKMP5になってから良くなった。 全長の長いアサルトライフルは、セミオートで狙撃にもつかえる。 長くなったが銃の歴史的サイトとか区別とかのサイトで見れば良い。 あと、事実関係はテキトーなので注意、コラソコ!突っ込まない!あとはwikiデ!調べなさい。

次の