為替 レート 豪 ドル。 オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

豪ドル(AUD) へ 日本円(JPY) 過去

為替 レート 豪 ドル

豪ドル/円の為替相場は、国外要因の影響を受ける場面も予想されるものの、再評価される可能性があるものと考えられます。 オーストラリアでは、実質GDP成長率が2019年2. 政策金利は2019年7月に2ヵ月連続となる利下げにより過去最低の1. 市場では2019年末までにあと1回の追加利下げが予想されていますが、現状の豪ドル相場には概ね織り込まれていると考えられます。 豪州準備銀行(RBA)は2019年7月に、2ヵ月連続となる0. 25%の利下げを決定しました(政策金利は過去最低の1. 00%へ引き下げ)。 RBA総裁は先行きの金融政策に関して、労働市場の動向を注視しながら、景気支援のために追加利下げを実施する可能性にも含みを持たせました。 2019年7月2日時点の先物市場が織り込む2019年末の政策金利予想では、もう1回の利下げが実施される確率が38. 3%とメインシナリオとして見込まれています。 RBAの利下げ決定当日の豪ドル相場の反応は、概ね横ばいでの推移となりました。 利下げ決定は大方の市場参加者の予想通りの結果であったことから、実際のRBAの利下げ決定は豪ドル相場にとっての悪材料とは捉えられていない模様です。 むしろ、RBAの利下げ決定によって豪州の金融政策を巡る不透明感が払しょくされ、金融緩和による先行きの景気下支え効果への注目が高まれば、豪ドル相場の見直しに繋がる可能性があると考えられます。 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 概要 所得税減税 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 中小企業 向け減税 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 インフラ 投資 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 所得税減税 概要 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 政策 中小企業向け減税 概要 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 政策 インフラ投資 概要 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 「財政引き締め」 2008年のリーマン・ショックで国内経済が急激に悪化したため、オーストラリア政府はそれまでの良好な財務体質を活かして、巨額の財政出動を伴う景気対策を実施しました。 その効果もあり、徐々にオーストラリア景気が回復に向かいはじめたことでオーストラリア政府は、財政の改善に転換する方針を打ち出しています。 「新興国経済の落ち込み」 オーストラリア経済は中国向けの輸出に代表されるように、資源や農産品の輸出において、新興国の景気動向に影響を受けやすいといえます。 そのため、政治が不安定だったり、財政や金融政策が未熟な一部の新興国の政治手腕にオーストラリアの景気が大きな影響を受ける可能性もあります。 「一段の利下げ懸念」 オーストラリア政府は、前述のように財政の改善を優先する方針を示しています。 そのため、財政の引き締めや、新興国経済の落ち込みなどで、今後再びオーストラリアの景気が悪化した場合は、景気のテコ入れ策は「金融緩和」が主な手段となると考えられ、オーストラリアの金利が一段と低下する可能性があり、金利低下は豪ドル安要因となります。 「資源価格の下落」「世界的な天候不安」 資源国であるオーストラリアにおいては、2000年以降、資源価格の上昇を追い風に海外投資家や事業会社が鉱山などの資源開発に積極的に投資を行ってきました。 その資源開発投資がオーストラリアの雇用の一部を担い、さらに投資や消費を促すなど経済発展に大きく貢献してきました。 そのため資源価格の下落は、輸出の減少のみならず、資源開発投資の減少につながり、オーストラリア経済に大きな影響を与える可能性があります。 また近年の世界的に不安定な気候の影響で、オーストラリアでも大規模なかんばつや洪水被害を引き起こし、農作物の生産にも多大な被害が及ぶなど、近年の異常気象の多発はオーストラリア、豪ドルへの投資のリスク要因となりつつあります。 この資料に述べられている見通しは、レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社が提供するマーケット情報であり、弊行の売買・ポジション等に関する方針等を示すものではありません。 この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、弊行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。 この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を弊行ならびに執筆者が約束するものではありません。 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引をなさるようお願いいたします。 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。

次の

豪ドル/円 5年チャート〔2010年~2014年〕の推移

為替 レート 豪 ドル

オーストラリアは資源が豊富で財政も健全であり、多くの期間で金利水準も高いことから、豪ドルは日本人にも人気の通貨です。 近年では中国景気との相関性が高まっていることも特徴の1つです。 ちなみに間違えやすいので記載しておきますが、豪ドルの対米ドル表記は「1豪ドル=〇〇ドル」となります。 主要通貨の中でユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル以外は全て「1ドル=〇〇」(例えば1ドル=100円)という表記になりますので覚えておいてください。 また、豪ドルの分析・見通しについてはこちらも参照してください。 ポイントは実質金利です。 変動要因は箇条書きで掲載しています。 (下段の方では10年ごとに区切ったチャートを掲載し、変動要因を細かく掲載しています) 豪ドル AUD 為替レート長期推移(1971年~)• 対米ドルの豪ドルレートは1豪ドル=0. 5ドル~1. 5ドルのレンジで推移している• 1971年8月米ドルペッグ制を廃止し、可変米ドルペッグ制を導入。 その後、1983年12月に完全変動相場制に移行した。 (詳細は下記1970年代を参照)• 1983年12月の完全変動相場制移行後では1豪ドル=0. 5ドル~1. 1ドルのレンジで推移している• 1ドルが変動相場制移行後の対米ドルの最高値となっている• 4776ドル。 世界的な景気低迷、エネルギー価格の下落などが重なった事が要因となった。 1ドル程度で、2019年9月現在、1豪ドル=0. 67ドル前後であり、対米ドルでの豪ドル安は40%程度である。 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1970年代• 1971年8月米ドルペッグ制を廃止し、可変米ドルペッグ制を導入• 2ドルから1. 48ドルまで上昇している。 この間、可変米ドルペッグ制を採用していたため、通常であれば変動しても大きな動きは抑制されるはずであったが、オイルショックによるエネルギー価格上昇の影響もあり比較的大きな上昇となったと考えられる• 3ドルまで下落• 01ドルまで下落 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1980年代• 1983年12月、完全変動相場制に移行• 6ドルとなった• これは豪ドルの要因よりも米国のインフレ対策による高金利政策で米ドルが高くなったことが要因と考えられる。 1980年代前半は米ドルと円が他の通貨に対して強くなっており、ドル円はほぼ横ばいの推移となっていた• 1985年9月のプラザ合意以降、一般的な通貨はドル高が調整されはじめ上昇し始めたが、豪ドルは1985年に一旦上昇した後、再度1986年7月まで下落した• これは1985年10月~1986年7月にかけて原油価格(エネルギー価格)が大きく下落したことが要因と考えられる。 この間、WTI原油価格は1バレル=30ドル前後から1バレル=11ドル前後まで大きく下落した• その後、プラザ合意の影響や原油価格が上昇したことで豪ドルも上昇し、1980年代後半には1豪ドル=0. 8ドル台まで回復した 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 1990年代• 1990年代の原油価格は1バレル=20ドル程度で推移することが多かったが、1993年後半に1バレル=14ドル前後、1998年後半に1バレル=11ドル前後に下落しており、このタイミングで対米ドルの豪ドルレートも安値を付けている 豪ドル AUD 為替レート推移と変動要因 2000年代• 48ドルの過去最安値を付けた• ITバブル崩壊による世界的な景気低迷、豪州の付加価値税導入による景気悪化懸念、エネルギー価格の低迷など複数の要因が重なり合って豪ドルは過去最安値をつけたと考えられる• 2003年以降は世界的な景気回復とエネルギー価格の上昇が重なり、リーマンショック前の2008年6月には1豪ドル=0. 95ドルまで大きく上昇した• この間、現在の主要輸出国である中国をはじめとする新興国の経済成長も豪ドル相場を支えたといえる• 2010年12月、豪ドルレートは1982年6月以来28年ぶりに1豪ドル=1米ドルのパリティ( 等価)まで上昇した• 1ドルまで上昇した• リーマンショック後、世界的な景気低迷により多くの国がリセッション(マイナス成長)となる中、オーストラリア経済は相対的に堅調で実質GDP成功率もプラスを維持した。 そのため米国がゼロ金利政策を採用する中、オーストラリアの政策金利は2010年~2011年に4. 7ドルまで下落した• この間、2014年7月頃まで1バレル=100ドルを超える水準で推移していた原油価格は2016年2月の1バレル=25ドルまで下落した• 2016年~2018年は米国が政策金利を引き上げる中(0. 5%)、豪州は1. 5%で一定としたため米国と豪州の政策金利が逆転した。 2019年に入って米国は利下げを開始したが、豪州は米国を上回るスピードで利下げを行ったことで豪ドル安が加速した• 2019年6月末には米国の政策金利が2. 同じく金利の逆転現象が起き、大きく豪ドル安が進んだ2000年前後より金利差が拡大したが、当時ほどの豪ドル安にはならなかった。 これは名目金利は当時よりも金利差が拡大したが、インフレも考慮した実質金利差では2000年前後ほど拡大していなかった為と考えられる。 2020年1月下旬以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響により豪ドルは下落。 オーストラリア中央銀行は2020年3月3日に政策金利を0. 5%、3月19日に0. 25%へ引き下げした。 関連ページ 豪ドルについてのポイントはこちらを参照してください!• オーストラリアの政策金利とインフレ率の推移はこちらを参照してください!• 豪ドルと連動性が高いニュージーランドドルの長期推移はこちらを参照してください!• 豪ドルとニュージーランドドルの比較はこちらを参照してください!•

次の

オーストラリア ドル / 日本 円【AUDJPY】:外国為替

為替 レート 豪 ドル

59 73. 84 73. 93 73. 30 -0. 82 73. 57 73. 89 73. 31 0. 53 73. 82 74. 18 73. 29 -0. 82 73. 85 74. 44 73. 21 0. 82 73. 18 74. 01 72. 67 1. 04 73. 30 73. 85 72. 97 -0. 29 73. 67 73. 91 72. 97 -0. 67 73. 92 74. 32 73. 46 -0. 97 74. 26 75. 11 73. 32 -0. 25 73. 42 74. 36 72. 64 0. 69 73. 28 74. 32 72. 51 0. 25 74. 95 75. 04 73. 08 -2. 95 74. 98 75. 64 74. 71 -0. 98 76. 13 76. 28 74. 46 -1. 12 76. 39 76. 81 75. 56 -0. 38 75. 76 76. 76 75. 58 0. 78 75. 36 76. 22 74. 86 0. 36 74. 94 75. 79 74. 40 0. 94 73. 14 74. 99 72. 92 2. 14 71. 75 73. 21 71. 55 1. 88 71. 44 71. 94 71. 13 0. 46 71. 32 71. 80 71. 00 0. 81 安値: 71. 00 差: 5. 80 平均: 74. 18 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。

次の