ゆうちょダイレクト トークン 廃止。 ゆうちょダイレクトとは? お客さま番号と合言葉のナゾを追跡【不満爆発】

ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクト トークン 廃止

ゆうちょダイレクト、めちゃ使いにくいです。 このシステム作ってる人、マジで頭悪い。 どうやったらこんなにも、ユーザー目線を無視したネットバンキングのシステムが作れるのか聞いてみたいもんです。 ネットバンキングなら三菱東京UFJ銀行が使いやすいです。 同行間の振込手数料は無料だし、ワンタイムパスワードもスマホのアプリで対応可能です。 振込金額限度額の上げ下げも管理画面から簡単にできるし、ネットバンキングを使うにあたって、かゆいところに手が行き届いてる感じ。 スマホのアプリでワンタイムパスワード発行してくれないと、外出先で振込できないもんね。 あとは、個人用の楽天銀行は使いやすい。 法人用の楽天銀行は、全然使いにくいんだけどね。 システム設計がちょっと違うのです。 法人用のネットバンキングにしては珍しく、口座維持手数料が無料だから一応持ってるけど・・ ゆうちょダイレクトのダメな点 さて本題です。 今日のエントリーはゆうちょ銀行のダメな点を書きます。 送金限度額を引き上げるには、書面での手続きのみ 送金限度額の引き上げが、ネット上でできません。 送金限度額を引き上げるには、書面での手続き、郵便局の窓口での手続きが必要で、どちらで手続きしても1週間ほどかかるようです。 送金限度額の引き上げが、ネットバンキングの管理画面からできないって、ネットバンキングの意味ないやん。 これ致命的ですわ。 1日の送金限度額を引き上げる際には、「ゆうちょダイレクト利用申込書」による書面でのお手続きが必要です。 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口(簡易郵便局は除く)でのお手続きのほか、このページにある「ゆうちょダイレクト利用申込書の作成・印刷(無料)」ボタンから「ゆうちょダイレクト利用申込書」を作成・印刷し、郵送でお手続きいただくこともできます。 ゆうちょダイレクトは、トークンをユーザーに配ってるんだから、トークンで生成されるパスワードを入力すれば、ウェブ上で送金限度額の引き上げができてもよくね? ネットバンキングでできるのは、送金限度額の引き下げのみ ちなみに、ネットバンキングの管理画面でできるのは、送金限度額の引き下げのみ。 引き下げだけネット上でできて、引き上げができないのです。 ゆうちょ銀行ってセキュリティについて真剣に考えてないよね? 送金限度額を下げることはできるけど、上げられないって、セキュリティ的に完全にNGです。 こんなサービスだと仕事では使えません。 ビジネスで使ってる口座なら1000万円とか口座に入っていることもあると思います。 で普段は、セキュリティを考えて、送金限度額の設定を0円か限りなく0円に近いところにしておきます。 だって、万が一、ネットバンキングの管理画面をハッキングされた場合でも、送金限度額が0円なら、自分の口座から第三者の口座に振り込まれることはありませんから。 振込にはトークンが発行するワンタイムパスワードが必須だもん。 大きなお金を送金するときだけ、送金限度額を引き上げて、普段の送金限度額は低くしておきたいという需要は絶対にあるはず。 ゆうちょダイレクトはトークンを発行してるんだから、 トークンが発行するワンタイムパスワードで、送金限度額を引き上げができるようにすべし。 ワンタイムパスワードが発行できるトークンって、第三者のなりすましを防ぐためにあるんだからね。 外出先からテザリングでログインすると、毎回、合言葉の質問の入力が必要 ログイン情報をIPアドレスで管理するのはいいんだけど、普段と違うIPアドレスからログインがあると、ほぼ毎回のように、合言葉の質問の入力が求められます。 合言葉の質問の答えって、普段から覚えてないでしょ? 合言葉の質問と答えを、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドに置いとくのは嫌なんですよね。 クラウドに置いといたら、セキュリティ的にNGじゃないですか? 事務所では、Macを買い替えたときや、クリーンインストールをした時には、合言葉の質問と答えの入力が必要です。 まあ事務所にいるときなら、まあ許せるけどね。 外出先で送金したいときで、これが出ちゃうとお手上げですもん。 IPアドレスが通常と違う環境の場合、トークンが発行するワンタイムパスワードでいいやん。 しかもスマホアプリのトークンの開発はよ。 トークンを持ってないと、1日に5万円以上を送金する場合、携帯キャリアのメールアドレスが必須 ゆうちょダイレクトから送金する場合、トークンを持っている人は、トークンに表示されるワンタイムパスワードを入力して、送金する仕組みになっています。 で、トークンを持ってない人は、メールアドレスに届いたワンタイムパスワードを入力して、送金する仕組みになっています。 まあこれは当たり前だよね。 このメールアドレスへ送られてくるワンタイムパスワードが、5万円以下の送金ならば、PCメールに飛んできます。 が、5万円以上の送金の場合、携帯キャリアのメールアドレスにしかワンタイムパスワードが飛んでこない仕様になっています。 トークンを持っている人には関係のない話ですが、トークンを持ってないと5万円以上の送金の場合、携帯キャリアのメールアドレスにしか、ワンタイムパスワードが届かないようになっている模様。 セキュリティを考えてこうしてるんだけど、アホかって感じしませんか? 今時キャリアメールを使ってるのは、高齢者がほとんどです。 高齢者の場合、周りの友人がみんなガラケーでキャリアメール使ってるから、変更できないんですよね。 ゆうちょダイレクトって、そんなに高齢者ユーザーが多いの? 若者でキャリアメールを使ってるとか聞いたことないですから。 あとMVNOのユーザーも完全に無視してますね。 キャリアのメールアドレスを持ってないと、1日に累積5万円以上送金する場合はエラーが出て送金できません。 例外もあり 1日に5万円以上の送金でも、携帯キャリアのメールアドレスが不要のケースもあります。 サイトが非常にわかりにくいので、ゆうちょダイレクトのサポートに電話して確認しました。 サイトに書いてないこともあるやん。。 以下3つに該当すれば、携帯キャリアのメールアドレスではなく、PCメールにワンタイムパスワードが届きます。 振替口座から送金する場合• 送金日を指定した送金• 予め登録している口座に送金する場合 振替口座から送金する場合 一般ユーザーで振替口座持ってる人って、あまりいないと思いますけど・・ ゆうパックの代引きで商品を発送した際、受取先を振替口座にすると手数料が安いんだよね。 まあ振替口座はネット通販業者向けですね。 送金日を指定した送金 翌日に送金日を指定すれば、キャリアメールにワンタイムパスワードが飛んでこなくても、送金できます。 じゃあ、そもそも携帯キャリアのメールアドレスにワンタイムパスワード飛ばす意味ないやん。 振込詐欺を想定してるんだろうけど、マヌケすぎ。 予め登録している口座に送金する場合 登録していれば、5万円以上の送金でも、PCメールにワンタイムパスワードが届きます。 でもね、ゆうちょダイレクトのシステムを侮ってはいけません。 送金先を登録するには、ゆうちょダイレクトから送金した後の画面で、送金先を登録することになりますよね?登録してから、実際に使えるようになるまで3日間かかるようです・・・ システムしょぼすぎでしょ。 ゆうちょダイレクトのメリット ボロクソに書きましたが、ゆうちょダイレクトのメリットも1つだけ書いておきましょう。 月5件、同行間の送金手数料が無料な点 同行間なんだから、三菱東京UFJ銀行みたいに、何回でも無料でいいと思うけど・・ まとめ 以上が、ゆうちょダイレクトのダメな点でした。 スマホアプリのトークンを用意すれば、すべて解決するんだから、もっとユーザーの使い勝手を考えてシステム設計して欲しいですわ。

次の

ゆうちょ銀行に口座解約に行きました【銀行口座の断捨離】トークンどうするの…?

ゆうちょダイレクト トークン 廃止

「トークン」とは ゆうちょダイレクトの「トークン」をご紹介するまえに、まずは「トークン」について触れておきます。 「トークン」は広い言葉で、ソースコードを構成する単語や記号の最小単位であったり、利用者の認証を行う「セキュリティトークン」であったり、いくつかの意味で使われる言葉です。 今回ご紹介するのはこの「セキュリティトークン」の方になります。 ここでいう「セキュリティトークン」とはワンタイムパスワードを生成する役割を指します。 「ワンタイムパスワード」とは一度限りの有効なパスワードのことで、本人がパスワードを入力するときに、例え第三者にパスワードを盗まれたとしても、パスワードが固定されていないことから、第三者による不正アクセスを困難にすることができます。 また、「セキュリティトークン」は大きく分けて、ソフトで使用する「ソフトウェアトークン」、物理メディア ハード で使用する「ハードウェアトークン」の二種類があります。 「ソフトウェアトークン」はパソコンやスマホに専用のソフトをインストールして利用します。 「ハードウェアトークン」はリアルに存在する物理メディアを実際に操作して使用します。 「ソフトウェアトークン」と「ハードウェアトークン」は媒体こそ違うものの、ワンタイムパスワードを生成するという共通の役割があります。 ゆうちょダイレクトの「ワンタイムパスワード」と「トークン」 ゆうちょダイレクトで「ワンタイムパスワード」を生成する方法は、「メールによるワンタイムパスワード認証」と、「トークンによるワンタイムパスワード認証」の二つの方法があります。 今回ご紹介する「トークン」は「ハードウェアトークン」で認証する、「トークンによるワンタイムパスワード認証」になります。 「トークン」の申込 ゆうちょダイレクトの利用状況により、トークンの申し込み方法は異なります。 すでにゆうちょダイレクトを利用している人• 「お知らせハガキ DM 」を持っている。 ゆうちょダイレクトにログイン後、専用サイトにアクセスし、「DMをお持ちの方」ボタンを押下し、申し込む。 「お知らせハガキ DM 」を持っていない。 ゆうちょダイレクトにログイン後、専用サイトにアクセスし、「DMをお持ちでない方」ボタンを押下し、申し込む。 新規でゆうちょダイレクトの利用申し込みをした人• Webから申し込む。 専用サイトにアクセスし、「DMをお持ちでない方」ボタンを押下し、申し込む。 書面で申し込む。 書面で申込んだ場合、送金限度額を1万円以上に設定した場合、トークンが送付される。 申込の手続きは必要ない。 「トークン」について• ワンタイムパスワードは1分ごとに生成される。 振替・振込などの際にトークンに表示されたパスワードを入力する。 申込や使用する際に料金はかからない 無料。 「トークン」の対象となる取引• ゆうちょ銀行あて振替• 他金融機関あて振込• 連動振替決済サービス• 税金・各種料金の払込み 実物の「トークン」 ゆうちょのトークン 使用するときは左上にある「1」のボタンを押下して、「トークン」のディスプレイにワンタイムパスワードを表示させ、表示されたパスワードをゆうちょダイレクトの確認画面で入力します。 トークンが電池切れや故障をした場合 トークンが電池切れや故障をした場合は、Webサイトの専用フォームで必要事項を入力し、表示されるPDFを印刷して、印刷したPDFとトークンを同封し、郵送するとのことです。 この場合は、再発行料金や郵送料金はかからないようです。 トークンの再発行受付フォーム まとめ• ゆうちょダイレクトの「トークン」は「セキュリティトークン」。 「セキュリティトークン」は大きく分けて「ソフトウェアトークン」と「ハードウェアトークン」の二種類がある。 ゆうちょダイレクトの「ワンタイムパスワード」には、「メールによるワンタイムパスワード認証」と「トークンによるワンタイムパスワード認証」の二つの方法がある。 ゆうちょダイレクトの「セキュリティトークン」には「ハードウェアトークン」がある。 「トークン」の申込は、ゆうちょダイレクトを利用しているか否かで方法が異なる。 「トークン」は申込や使用する際に料金はかからない 無料。 「トークン」が電池切れや故障をした場合の再発行料金や郵送料金はかからない。 「ハードウェアトークン」は通常であれば、当然ですが購入する際には料金がかかります。 また、地方の銀行であれば「トークン」を利用する場合、月額などで利用料金を支払うケースもあります。 ゆうちょダイレクトの「トークン」は、無料で申し込みや利用ができるので、ゆうちょダイレクトのサービスを利用しているのであれば、申し込んでみてはいかがでしょうか。

次の

ゆうちょ銀行が発行しているトークンとは?早めの申込をおすすめします

ゆうちょダイレクト トークン 廃止

トークンとは? トークンとは、 ワンタイムパスワード生成機のことです。 上記の画像がゆうちょ銀行のトークンになります。 なぜ私が一刻も早くトークンを導入すべきだと書いているのかというと、 トークンの利用は不正送金被害のセキュリティに高い効果があるからです。 これまで、インターネットバンキングはログインIDとパスワードを使って取引をしていました。 通常はパスワードが漏れることはないのですが、コンピューターウイルスなどによってIDとパスワードを盗み取り、銀行預金を不正に送金されてしまうという被害が報告されています。 これに対処するために導入されたのが「 ワンタイムパスワード方式」です。 すでに多くの銀行でこの方法が導入されています。 ワンタイムパスワードとは、定期的にパスワードが自動変更され、しかも1度使ったパスワードは2度と使えないという「その時だけ使えるパスワード」のことです。 ログインID、パスワード、そしてワンタイムパスワードの3つがあれば、万が一IDとパスワードが漏れても安全だということです。 メール通知のワンタイムパスワードでは安心できない ワンタイムパスワードには、「メール方式」と「トークン方式」があります。 最近だと「スマホアプリ方式」も増えました。 メール方式とは、登録メールアドレスにワンタイムパスワードを送付する仕組みのことです。 しかし、すでにこの方法も突破するウイルスが報告されており、現在は安心できる手段ではありません。 コンピューターがウイルスに感染してしまうと、犯人は自在にコンピューターを操れるようになります。 すると、インターネットバンキングのID・パスワードだけでなくメールの中身もチェックされ、ワンタイムパスワードごと抜き取られてしまいます。 そこで、より安全である「トークン方式」のワンタイムパスワードを採用する銀行が増えています。 トークン方式が安全である理由 トークンを申込むと、キーホルダーサイズのトークン(ワンタイムパスワード生成機)が銀行から配布され、郵送されます。 インターネットバンキングで振込をする時は、IDとパスワードを入力した後に、最終的に手元のトークンに表示されているワンタイムパスワードを入力します。 なぜこの方法が安全なのかというと、仮にIDとパスワードを抜き取られても、 トークンに表示されているワンタイムパスワードはパソコンと完全に分離されているため、それを所有しているあなたにしかわからないからです。 先ほどの「メール方式」はすべてのパスワードがコンピューター内で完結していますが、「トークン方式」はパスワードがコンピューターから分離されています。 安全な取引を実現するためにすぐ導入を 注意喚起のような記事になってしまいましたが、ゆうちょ銀行もセキュリティの重大性にはすでに気づいているので、 トークンを無料で配布し、導入を推奨しています。 トークンは再発行手数料こそかかってしまいますが、初回の申し込みは無料で年会費などもかかりません。 申し込みはから行えます。

次の