ギャル 曽根 ブス。 有吉弘行「ギャル曽根のすっぴんがマジでブス」(※画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

すっぴんとの落差が激しい芸能人!メイクとの比較画像で失神!

ギャル 曽根 ブス

・ギャル曽根 写真:2nn. jp 芸能人で最もすっぴんがひどいと言われているのが「ギャル曽根」さんです。 ギャル曽根さんは女性フードファイターとして、数々の大食い番組やテレビチャンピョンなどに出演しています。 見るからに化粧が濃く、初めて見たときはものすごい化粧だなくらいでしたが、過去に番組内ですっぴんを披露したことがありましたが、全くの別人すぎてその番組を見ていた多くの人が衝撃を覚えたほどです。 実際すっぴん姿になると元々化粧の時から目が小さかったのですが、さらに小さくなりふつうに街中などを歩いていても気づかないくらいのレベルで、ギャル曽根さんと言われない限り気づくことはないです。 point 340 1 ・押切もえ 写真:just-hang-on. biz ファッションモデルとして、「CanCam」などのファッション雑誌の表紙などを務めてきた「押切もえ」さんもすっぴんが別人と有名な1人です。 かつてディープアップマスカラのCMで、「私、スッピンだとそこそこ美人」というキャッチフレーズと共にスピン姿を披露していて、CMではかなり美人でしたが実際は若干の化粧はしていたようです。 その後、押切もえさんの本当のすっぴん姿が公開されたときは、まるで別人という声が多くきかれその画像は瞬く間にネットやSNSに拡散され「別人」や「劣化」という悲しい話題を独占してしまいました。 普段から自分を見せるモデルという仕事をしていることから、化粧は人一倍しているだろうから化粧を落とした時のインパクトが強くなってしまったのです。 point 399 1.

次の

【悲報】有吉弘行が 「マジですっぴんがブス」 と暴露した女性タレントがこちら・・・::ぱぴぷ速報

ギャル 曽根 ブス

6月25日の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、大食いタレントのが、空港で、ある衝撃的な理由で入国拒否されたことを明かした。 「どの空港とは明らかにしてはいませんが、その理由が驚きでした」と話すのは芸能ライター。 続けてこう話す。 「番組に出ていた千秋から『スッピンが違いすぎる』と暴露されていたギャル曽根さんですが、その流れで彼女本人が突然、パスポートの写真と化粧をした後の自分の顔があまりにも違い過ぎて『入国拒否』されたことがある、と告白したのです。 スッピンのギャル曽根と待ち合わせしても、どこにいるのか、わからないという。 「かつてスッピンを見たことがあるというからは『ビビるほどのブス。 初めて見た時、声が出なくなった。 見てはいけないものを見てしまった感覚』とバッサリと斬り捨てられていました」(前出・芸能ライター) しかし、2011年に結婚したテレビディレクターの夫はスッピンのギャル曽根も大好きだという。 「小倉優子や千秋は、そんな旦那に妙に感心。 『アレも可愛いってすごいよね』と、彼女のスッピンのことを『アレ』呼ばわりしていました」(前出・芸能ライター) 2児のママであるギャル曽根。 2人の子どもは果たしてテレビに出ている彼女を母親と認識しているのか気になるところだ。 (魚住新司).

次の

【悲報】有吉弘行が 「マジですっぴんがブス」 と暴露した女性タレントがこちら・・・::ぱぴぷ速報

ギャル 曽根 ブス

大食いタレントとして有名なギャル曽根さん。 元々は「大食い選手権」の一選手でしたが、美味しそうに食べる姿と 明るい性格で人気なり、タレントとして活躍するようになりました。 最近、結婚されて子供も出産されたので、ママタレ路線も狙っていけそうですね。 ギャル曽根さんは、他のフードファイターとの交流はあまりないそうです。 フードファイター同士は仲が良く、頻繁にご飯に行ったりしているそうですが、ギャル曽根さんとの間には少し壁があるのでしょうか。 今回は、ギャル曽根さんがなぜ太らないのかや、知られざる大食い番組の裏側について調査してきました。 ギャル曽根のプロフィールと噂 生年月日:1985年12月4日 出身地:京都府舞鶴市 身長162cm、体重45kg ギャル曽根という名前は、大食い王決定戦に出場したときにギャル系メイクだったので中村有志さんが命名しました。 ギャル曽根さんは、テレビに出る前は兵庫県でホステスをしていました。 2005年頃から大食い選手権に出るようになり、ジャイアント白田さんたちと対決しています。 ギャル曽根として有名になり始めた頃、街を歩いているとギャル男2人に声をかけられ、大食い勝負を申し込まれたことがあるそうです。 1対2の勝負でも、結果はギャル曽根さんの圧勝!敗者奢りルールでギャル男に奢ってもらったそうです。 ただ、ギャル曽根さんは女性限定の大食い大会で優勝したことはありますが、男女混合の大会で優勝したことはほぼありません。 ギャル曽根さんは 「胃袋は大きいけど、顎の力は人並み」と言われています。 また、大食い選手権に出始めた頃から、 同じ物を食べ続けると飽きて食べられなくなる、苦手な食べ物が多いなどの弱点がありました。 味に飽きると、計量には加算されないバターやジャムをたくさんつけて、結局は負けてしまうので 他のフードファイターからするとギャル曽根さんは異色の存在でした。 大食いタレントとフードファイターの両立が無理なら、タレントだけで頑張っていけばいいのでは。 」 とコメントしています。 ただ、最近はアンジェラ佐藤さんや三宅社長、ロシアン佐藤など、ビジュアルの良い女性フードファイターが増えているので、ギャル曽根さんの大食いタレントとしての地位も揺るぎつつあります。 ギャル曽根さんは2015年の「大食い世界一決定戦」に久しぶりに出場したギャル曽根さんは、決勝のアメリカ戦で餃子対決をしました。 日本人が食べ慣れている餃子での勝負ということで、ギャル曽根さんも序盤は余裕を見せていましたが、結果はアメリカ人選手の勝利。 この結果を見る限り、今後のフードファイターとしての活躍は難しいかもしれません。 ギャル曽根が太らない理由 ギャル曽根さんは早食いではないので、大食い大会ではイマイチ結果を出せていませんが、10キロくらいなら軽く食べられるそうです。 なぜそんな量を食べても太らないのか、ギャル曽根さんの体質を研究した番組がありました。 まず、ギャル曽根さんは特異な体質で、普段は通常サイズの胃ですが、たくさん食べると 普段の15倍のサイズまで胃を膨張させることができます。 胃は食べた物を一時的に保存して、ドロドロに溶かし、小腸へ送る働きをしています。 たくさん食べると、たくさん消化・吸収してしまうので太るのが普通ですが、ギャル曽根さんはなぜ太らないのでしょう。 これについてギャル曽根さん自身は 「家族も皆たくさん食べるけど太らない。 これは神様からのプレゼントだと思います」 と話していました。 確かに、大食いで有名になれたわけですから素敵なプレゼントですが、もっと具体的な理由を知りたいところですね。 ギャル曽根さんが太らない理由として有力なのは、 吸収不良症候群ではないか、ということです。 食べた物を体内に残しておけば必ず太るので、何かしらの手段で排出しないといけません。 ギャル曽根さんはお通じがよく、大食いした2~3時間後には全部出てしまうそうです。 フードファイターでも大食いした後に吐いているというのは有名な噂ですが、ギャル曽根さんの場合は吐くのではなく、お通じで排出できているのかもしれません。 しかし裏を返せば、 吸収効率が悪いのでたくさん食べないといけないということで普段の生活では負担になりそうです。 また、ギャル曽根さんは満腹感を感じることがほとんどないそうです。 ギャル曽根さんは腸内のビフィズス菌が通常の3倍以上あるので、大食いしても血糖値が上がらないという話もあります。 血糖値が上がらなけらば満腹中枢は刺激されないので、満腹感を感じることもできません。 大食いは人気になるためにはとても有効な武器ですが、普段の生活を考えると不便なことの方が多いのかもしれません。 大食い大会の裏側 大食い王決定戦では、選手たちが食べている周りでたくさんの一般人が観戦していますよね。 でも、あれだけ多くの人がいるのに、大食い大会の場面を写した写真が一切出回っていないのは不思議です。 私の友人で、大食い王決定戦をたまたま観戦した人がいるのですが、スタッフから 競技中の写真を撮らないこと、吐いている選手がいることを口外しないこと、を厳しく注意されるそうです。 スタッフが観戦客を監視しているので写真は撮れないみたいですね。 選手が吐いている場面を撮られて、ネットに流されたら大変ですし・・。 大食いを見た友人の話では、競技中にトイレに駆け込む選手はたくさんいるそうです。 また、トイレまで間に合わない選手のために、テーブルの下にバケツがたくさん用意されているんだとか。 元フードファイターで、自分が摂食障害であることをカミングアウトした方もいます。 その方は、大食い選手権に出る選手のほとんどが吐いていることも暴露していました。 全ての大食い選手が摂食障害というわけではなく、極めて代謝の良い人は吐かずに大食いができるそうです。 でも、そんな体質の人は何万人に1人という確率で、ガリガリに痩せていて大食いができる人は摂食障害の可能性が高いです。 摂食障害は病気で、体を酷使するものなので、それを利用して番組を作ることには疑問の声も多くあります。 今後も大食い番組は続くでしょうが、選手の健康面にどう配慮するのかが気になります。 摂食障害というか、過食嘔吐の現実をご存知ないようなのでコメントさせていただきます。 私自身20年弱過食嘔吐をしていますが、腹筋吐きをしていた為気付かれることはありませんでした。 身長は152cm、体重は30〜36kgを10年維持していましたが周囲には特に心配されませんでした。 故意に「体重が減りすぎない為に吐く量を抑える」行為をしていたからです。 固定の概念がそれに馴染みのない方々に行き渡って誤解されがちで過食、嘔吐、下剤乱用等の脅迫的ともとれる痩せることや体重 体型 維持への執着が若い方たちに行き渡らないことを願ってます。 過食嘔吐をしている人達は悪くないです。 例えフードファイターと呼ばれる人達が嘔吐をしていたとしても、彼ら自身を当たり前のように揶揄する行為の方が余程「悪」です。 食べて吐く行為に後ろめたさを感じるからこそ嘔吐する行為を暴露する人が少ないのです。 嘔吐を「正直」に打ち明けたらバッシングされるのが今の世の中なのです。 過食嘔吐という「行為」に問題があるという認識が広がれば良いと思います。 長文失礼しましたが、実感として過剰に食べて嘔吐をする行為は身体に多大な負担をかけて命に関わるので 具体的には歯や内臓疾患等 嘔吐をしていないフードファイターがいらっしゃっることを願ってます。

次の