ヒアルロン酸 豊胸 相場。 ヒアルロン酸注入による豊胸術の効果やデメリット、費用相場まとめ

費用は安い方が良い?豊胸手術の料金はどれだけかかる?

ヒアルロン酸 豊胸 相場

バストのサイズが小さくて自分に自信が持てない、垂れたバストが悩みなどバストにコンプレックスを抱えている女性も少なくありません。 このようなバストの悩みを解消するのに効果的なのが豊胸手術です。 ただ、興味はあっても費用が気になって一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。 現在、行われているメジャーな豊胸手術の種類と、各施術法の値段相場をチェックしてみました。 まずは豊胸の種類をチェック 豊胸手術の値段相場を知る前に、まずどのような手術が行われているのかを知ることが必要です。 豊胸手術として行われている施術法は、バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法が主流となっています。 「バッグ挿入法」は人工シリコンをバストに挿入するという豊胸手術です。 挿入する人工シリコンには様々な種類がありますが現在は安全性に優れており、なおかつ見た目や触り心地が自然ということもあり「コヒーシブシリコン」という種類が多く選ばれています。 「脂肪注入法」は文字通り、脂肪を使いバストのサイズをアップしたり希望の形へと整える豊胸手術です。 使用する脂肪は自分の身体についているものです。 お腹や太ももなど余分についている脂肪をまずは吸引し、定着しやすいよう加工をしてからバストへと注入します。 自分の脂肪を使った豊胸手術ですので、見た目だけでなく触り心地も違和感がありません。 また、異物を身体の中に入れることはしないので、アレルギー反応が起こり難いという特徴もあります。 さらに、気になる脂肪を吸引することで、ボディラインを整えるといった嬉しい効果もある豊胸手術です。 豊胸手術の中でも最も手軽にチャレンジできると言われているのが「ヒアルロン酸注入法」です。 ヒアルロン酸注入法はメスを使わない、いわゆるプチ整形でもあります。 弾力性のあるヒアルロン酸を注射器でバストに注入して、サイズアップします。 個人差はあるもののヒアルロン酸注入法では、1カップ程度のバストアップが期待できるようです。 身体にメスを入れないという手軽さと、施術後に腫れや痛みといったダウンタイムが長引かないことから、まずはヒアルロン酸注入法から初めてみるのも良いかもしれません。 美容整形は自由診療 「美容整形は施術費用が高い」というイメージを持っている人も、多いのではないでしょうか。 豊胸手術をはじめとする美容整形は健康保険が適用されず、施術費用は全て患者の自己負担となります。 また、美容整形の場合は自由診療でもあるので、同じ豊胸手術法であっても各美容外科クリニックで費用が異なるのです。 ですが施術を受ける上であらかじめ値段の平均相場を知っておけば、予算を決める参考にもなります。 また、あまりにも費用が高すぎる・低すぎるといったクリニックを避けることもできるので、豊胸手術を受ける上で平均相場をチェックしておくことは必要です。 バッグ挿入法の相場 人工シリコンの大きさによっては3カップもバストアップできる「バッグ挿入法」、大幅にバストサイズを変えたいという人に選ばれています。 バッグ挿入法の金額はクリニックによってだけでなく、使用する人工シリコンの種類によっても異なるようです。 一般的な相場は70万円から100万円前後です。 決して安いとはいえない金額ですがバッグ挿入法の場合、1度の手術でバストアップの効果が半永久的にキープされます。 そして、バストアップできるサイズも大きいので、バストのサイズに悩んでいる人には向いている豊胸手術と言えるでしょう。 脂肪注入法の相場 脂肪注入法は通常の脂肪注入法と、吸引した脂肪を加工するピュアグラフト法・コンデンスリッチ法といった施術法が行われています。 脂肪を加工する分、ピュアグラフト法・コンデンスリッチ法のほうが少し金額が高めです。 ですが、老廃物などを取り分けた脂肪を使うピュアグラフト法・コンデンスリッチ法は、より脂肪の定着が高いと言われています。 通常の脂肪吸引の値段は50万円から70万円程度です。 コンデンスリッチ法になると約70万円から90万円、コンデンスリッチ法は約100万円から120万円という費用がかかります。 ヒアルロン酸注入の相場 ヒアルロン酸注入法はバストに注入するヒアルロン酸の量で、価格が変わるという特徴があります。 ヒアルロン酸1ccあたりの相場は、約3000円から4000円程度です。 どのくらいバストアップしたいかによって値段は変わりますが、1カップのバストアップを目指すのであれば、片胸あたりにつき、100cc程度のヒアルロン酸が必要と言われています。 両胸に施術を行うケースが大半ですので、ヒアルロン酸注入法でかかる相場は約50万円前後を想定しておくと良いでしょう。 まず血液を採取して少血小板血漿と多血小板血漿を血液中から取り出し、特殊な機器でジェル化したものをバストへと注入していきます。 自分の血液ですから注入しても、アレルギーや副作用といった症状が起こる心配もありません。 採取できた血液量によって変わりますが、1カップから2カップ程度のバストアップが期待できます。 予算や効果に合わせて自分に合った施術法を選ぼう このように豊胸手術は種類も豊富で、また施術法によって値段の相場も変わります。 ですので、豊胸手術を受ける場合は施術の効果や予算などに合わせて、自分に合った方法を選ぶということが満足の行く仕上がりを得るためには必要です。 ヒアルロン酸注入法の場合、豊胸手術の中でも費用がリーズナブルでさらにプチ整形ということもあり、初めて美容整形を受ける人でもチャレンジしやすいという魅力があります。 ただ、バストに注入したヒアルロン酸は約1年から2年程度で吸収されてしまいます。 より長くバストアップの効果をキープしたいなら、バッグ挿入法をチョイスすると良いでしょう。 クリニックによって得意としている豊胸手術の種類があるので、どの施術法の症例数が多いのか・得意としているのかもチェックして、より安心して手術を受けられるクリニックを選ぶようにすることも覚えておきたいポイントです。

次の

【ヒアルロン酸編・オペ介助】美容外科/美容皮膚科で働く看護師のオペ介助

ヒアルロン酸 豊胸 相場

ふっくらとした張りのあるバストは女性の憧れですよね。 そこで、確実なバストアップの方法として豊胸手術をお考えの方もいるのではないでしょうか。 しかし、心配なことの1つとして、手術費用のことがあると思います。 現在、豊胸手術は主に、ヒアルロン酸・脂肪注入・シリコンバッグの3種類です。 今回はその3種類の手術の費用のそれぞれの相場をお教えいたします。 豊胸手術は高額ですので、後悔することがないように、あらかじめ手術の内容と費用を踏まえて検討する必要があります。 思わぬ高額な料金を払わぬように、また安いクリニックはどうして安いのか、などを知る事により判断材料が増えます。 豊胸手術を考えている方は是非この記事を呼んでお役に立ててください。 1-1.ヒアルロン酸注入豊胸(1カップアップまで) ヒアルロン酸1㏄当り3,000円~4,000円が相場です。 100㏄が1カップの目安ですので、片胸に50㏄(0. 5カップup)ずつ入れた場合、合計100㏄で30~40万円になります。 100㏄(1カップup)ずつだと合計で200㏄なので60万~80万円です。 ヒアルロン酸は原価がかかるので、それほど安くなっていきません。 メリット• 手軽で30分で手術が終わる• 手術後の痛みや腫れ、内出血が少ないので翌日からデスクワークであれば可能• 傷はほとんど分らなくなる デメリット• 1年ほどで吸収してなくなってしまう• コストパフォーマンスが悪い• 胸を触った感じが少し硬い• ヒアルロン酸が溶けずにしこりになることがある 向いている人• 手軽にバストアップしたい方• 1カップ未満のバストアップを考えている方• 休みが取れない方• 一時的なバストアップを考えている方 ヒアルロン酸豊胸についてより詳しくご覧になりたい方は「」をお読みください。 1-2.脂肪注入豊胸(0. 5~1. 5カップアップが目安) 脂肪注入豊胸はお胸へ注入する脂肪の処理の方法などで、手術の呼び名が変わってきます。 値段は大手美容クリニックを中心に19クリニックから調べています。 ・脂肪注入豊胸 遠心分離法が多いが、クリニックによって脂肪の処理が異なる。 平均560,889円 安値340,000円 高値950,000円 ・コンデンスリッチ法 遠心分離法とほぼ同じですが、脂肪を清潔に扱うことが出来ます 平均1,096,298円 安値880,000円 高値1,200,000円 ・ピュアグラフト法 脂肪を特殊なフィルターにかけて洗浄する方法です。 メリットは脂肪を清潔に扱える点です。 平均786,875円 安値580,000円 高値950,000円 ・セリューション法(CAL法) かなり特殊な方法です。 簡単に言ってしまえば幹細胞と呼ばれるものを多くして、定着に有利な脂肪を作ります。 詳しくは下記リンクよりお読みください。 平均1,413,750円 安値1,100,000円 高値1,420,000円 それぞれの手術法をより詳しく知りたい方は「」をお読み頂くとより理解が深まり、どの方法が良いか選択しやすくなります。 コンデンスリッチ法は通常の遠心分離法と大差なく、値段も高すぎるので現在では選択する意味はないでしょう。 また、ベイザー併用脂肪注入と言うものも意味があると言う結果が出ていませんので、あえて追加料金を払って行う意味はありません。 脂肪注入法による豊胸のメリット、デメリットです。 メリット• 柔らかい胸に仕上がる• 脂肪を取った部位が細くなる• 傷は1㎝以下と小さい デメリット• 手術後にお休みが最低でも2日は必要。 出来れば4-5日。 脂肪が一部吸収されるため、大きさの正確な予測が出来ない• 脂肪が溶けてしこりになる事がある 向いている人• 柔らかさ重視の方• 大きさにそこまでこだわらない方• 吸引する脂肪が付いている方 1-3.シリコンバッグ豊胸(1~3カップアップ、4カップ以上は医師の診断による) シリコンバッグにも種類がありますが、日本のクリニックで取り扱われているものであればあまり気にしなくてもいいと思います。 担当の医師としっかり相談してバッグの種類を決めるのが重要です。 大手美容クリニックや有名クリニック10施設、20種類のシリコンバッグの値段を集計しました。 最安値は226,850円で、最高値は1,200,000円、平均は687,247円でした。 シリコンバッグの種類が多くあり、値段が安すぎるクリニックでは、安い値段表示で集客し、来院後に高いバッグを勧めると言うところもあります。 カウンセリングに行かれる際の参考にしてください。 また、何が一番いいとは言えませんが、新しいものが良いものとは限りません。 使ってみるとトラブルが多く起こったなんて事もあります。 少し古くても実績あるものの方が安心できます。 メリット• 確実に希望の大きさにできる• トラブルがあっても一塊で取り出せる デメリット• 少し硬い• 手術後の痛みが強く、お休みが最低3日は必要。 出来れば1週間。 向いている人• 確実な大きさが欲しい方• 5カップ以上のバストアップを1回の手術で希望する方• 脂肪注入豊胸も考えているが、吸引する脂肪がない方 シリコンバッグ豊胸についてより詳しく知りたい方は「」をお読みください。 2-1.安い値段で集客して、営業をかける 安い値段で集客し、来院した方に高い方法を勧める営業を行うクリニックがあります。 例えば、脂肪注入豊胸でもA、B、Cと言う3つの手術が用意されている場合があります。 A手術:脂肪の定着が50%、0. 5カップアップ、しこりのリスク15%、15万円• B手術:脂肪の定着が70%、1カップアップ、しこりのリスクが10%、40万円• C手術:脂肪の定着が90%、2カップアップ、しこりのリスクが0%、60万円 A手術が安くて、良いと思って行っても、「どうせやるならいい方法で」など勧誘されてBやCの手術に誘導されるパターンが多くあります。 豊胸に限らず、同じ手術なのに値段の違いで多数の方法を用意している場合は要注意です。 ほとんどの場合、営業されます。 実際には手術法によってそこまでの差が出ませんし、しこりのリスクは大きくは注入する手技によります。 2-2.オプション費用が別途必要なために一見安く見える 一見安く見えても、オプション費用を入れると他のクリニックより高くなることがあります。 事前に電話でオプションにいくらかかるのか聞きましょう。 解説した料金には麻酔代金や血液検査代金、固定などの必要物品が含まれていません。 これらのオプション料金を含んで提示しているクリニックは少ないです。 ヒアルロン酸豊胸:2-3万円• 脂肪注入豊胸:5-10万円• シリコンバッグ豊胸:5-10万円 麻酔代金、検査代金、必要物品で上記くらいはみておきましょう。 また、シリコンバッグ豊胸で使用される「ケラーファンネル」と言うものがあります。 シリコンバッグを挿入するときに傷への負担を減らしてくれるなどの優れものです。 シリコンバッグ豊胸の際はぜひ使用したいですが、オプションとなっているクリニックがほとんどです。 ケラーファンネルも3-4万円かかってきます。 4.クリニック・ドクターの選び方 ・ヒアルロン酸豊胸 ドクターの技術では、結果にほとんど差が出ません。 美容外科を始めたばかりのドクターでなければ問題ありません。 もちろん症例数、経験が豊富な方が良いでしょう。 脂肪注入やシリコンバッグ豊胸の経験もある方が好ましいです。 使用するヒアルロン酸の種類として有名なものは「VRF」や「ハイアコープ」と言うものが有名です。 韓国製品などで、値段の安いものもあります。 「VRF」や「ハイアコープ」の方が製品として確立しているのでお勧めです。 ・脂肪注入豊胸 脂肪吸引の技術と脂肪を丁寧に迅速に注入する技術が必要な手術です。 脂肪の定着率を上げてしこりを防止するには、とにかく脂肪を細かく丁寧に注入する事が大事な手術です。 脂肪注入豊胸で有名なドクターでも丁寧な手術を行っておらず、合併症の多いドクターもいます。 カウンセリングでしっかり丁寧に説明してくれる、誠実なドクターを選ぶのがいいでしょう。 また、シリコンバッグ豊胸の経験も豊富なドクターの方が解剖(かいぼう)も分っていて安心です。 丁寧にしっかり施術してくれるドクターであれば値段は気にしなくて大丈夫ですし、コンデンスリッチ法などのほとんどメリットのない方法を選んで高いお金を払う必要もありません。 ベイザー併用と言う不必要なオプションを付ける必要もありません。 ・シリコンバッグ豊胸 美容外科手術の中でも大きめの手術になります。 特に経験豊富なドクターを選びましょう。 出来れば修正手術も出来るドクターが良いです。 シリコンバッグの種類で値段設定を行っているクリニックがあります。 シリコンバッグの種類によって触り心地にほとんど差は出ません。 と言うのも、触り心地の差は被膜(ひまく)の出来具合で変わって来るからです。 高いシリコンバッグを選ぶ必要性は低いです。 被膜について、詳しく知りたい方は「」をお読みください。

次の

ヒアルロン酸注入法とバストグロウはどう違う?

ヒアルロン酸 豊胸 相場

この記事の目次• 豊胸手術の種類と料金• 豊胸バッグ挿入• 脂肪注入• ヒアルロン酸注入 「バッグプロテーゼ挿入」とも呼ばれる、シリコンや生理食塩水などでできた豊胸バッグを胸に挿入してバストアップする方法です。 料金相場は250,000円~850,000円。 挿入する豊胸バッグの種類によって値段が異なります。 見た目や触り心地も自然で質の良い豊胸バッグだと費用も高くなりますが、ヒアルロン酸注入法豊胸のように注入量によって料金が高くなることはありません。 「2カップ以上胸を大きくしたい」「豊胸して数年で元のバストサイズに戻るのは困る」という人は、豊胸バッグ挿入を受けることが多いです。 参照: 脂肪注入法豊胸には、「脂肪注入」、不純物を取り除き濃縮した脂肪を使う「コンデンス法」、活性化した幹細胞を脂肪に混ぜ合わせた「幹細胞」の3通りの方法があります。 料金相場は700,000円~1,500,000円と、 注入する脂肪の純度や加工の度合い、脂肪の定着率によって費用が大きく異なります。 血液や水分、死活細胞など不純物が少ない方が、しこりや胸の痛みなどの後遺症、合併症が起こりにくいので、安易に料金の安さで選ばないことが大切です。 多くのクリニックでは単純な脂肪注入法ではなく、コンデンスや幹細胞を使った豊胸を勧めています。 ヒアルロン酸注入法ほど早くはありませんが、注入後数年で体内に吸収されるのがデメリットです。 バストの大きさを維持したい人は、豊胸バッグ挿入と併用することで自然な柔らかさと見た目が保てます。 参照: 体内にも存在するヒアルロン酸をバストに注入する方法です。 ヒアルロン酸豊胸の料金相場は、10ccあたり約30,000円~40,000円。 体型によって多少変わりますが、大体片胸70cc~100ccで1カップ程度のバストアップができます。 両胸を1カップ大きくする為には、約250,000円~620,000円の費用がかかります。 各クリニックの料金表示を見ると、1ccあたりの値段が記載されていることがありますが、1本に10ccのヒアルロン酸が入っている注射器が使用されるので、10ccごとの値段がかかると考えて下さい。 ただし持続時間を長くする為に、少量のヒアルロン酸を複数回に分けて注入したり、エコーを用いて体内に吸収されにくい大きなかたまりで注入したりする方法もあります。 参照: 最後に 豊胸手術にかかる料金相場は250,000円~1,500,000円。 受ける豊胸手術の種類によって、料金だけでなく、持続期間や大きくできるカップサイズ、ダウンタイムの長さ、傷跡の大きさなども異なります。 自分の希望通りのバストサイズ、大きさ、形になる為に、どのような方法が良いのか迷った時は、まず気になるクリニックで無料のカウンセリングを受けてみましょう。 支払いは現金やクレジットカード払い以外にも、分割払いができる医療ローンが組めるので、料金で選ばず、自分に身体にあった豊胸手術の方法や信頼できるクリニックを選ぶと良いです。 豊胸手術にかかる料金はやはり気になりますし、安い方が財布の負担も減りますが、• 希望通りのバストが作れるか?• 後遺症や合併症が起きても後悔しないか?• 提示された料金には麻酔代や薬代は含まれているか?• 充分な保証制度やアフターケアが受けられるか?• アフターケアは別途料金が必要なのか?• 自分の身体を安心して預けられる信頼できる医師に担当してもらえるか? ……など、費用以外の面もきちんと考えて、豊胸手術の種類や受けるクリニック、担当医師を選ぶことは、自分の大切なバストを守ることにも繋がります。

次の