勃起 力。 ペニスの勃起力アップ~改善に確実に効果のある方法7選!

「勃起力が回復する生活習慣」毎日できる改善方法

勃起 力

勃起力を高めるためには、日々の鍛錬が欠かせません。 いきなり車の運転ができないように、いきなり勃起の角度を上げることはできません。 まさにローマは1日にしてならず。 女性が驚き、視線がくぎ付けになるほどの勃起力を手に入れるためには、ときに 「アリのような忍耐力」も必要になるのです。 ただ、継続が大事といっても、やはり成果は早く出れば出るほどいいもの。 「鉄は熱いうちに打て」とはよく言いますが、冷めてしまっては全て遅すぎます。 せっかちになりすぎず、かと言って落ち着きすぎるのもNG。 適度に焦ることも大事なのです。 そこで今回は、 少しでも早く・より硬い勃起力を手に入れるためのトレーニング法をご紹介します。 力強い勃起には 「骨盤底筋群」という筋肉の働きが欠かせません。 こんな感じの筋肉 骨盤底筋群が発達していると、ペニスを締め付ける力が上がり、勃起力が向上し、中折れが起こることもなくなります。 骨盤底筋群は木で言うところの根っこです。 根っこがしっかりしていない木が立派に育つことはないように、骨盤底筋群が弱いままで硬いペニスができあがることはないのです。 じゃあこの骨盤底筋群をどうやって鍛えればいいか。 その方法が ワイドスクワットです。 スクワットは下半身の大きな筋肉を総動員させるので、下半身の血流をよくして勃起力を高めてくれます。 スクワットで鍛えられる筋肉たち ワイドスクワットは、肩幅の2倍くらいに足を開いて行うスクワット法のことですが、ワイドスクワットでは普通のスクワットより 「内転筋」への刺激が強くなります。 内転筋を刺激することで内転筋とつながっている骨盤底筋群にも刺激を与え鍛えることができる 骨盤底筋群をより強化できるので、 ワイドスクワットは普通のスクワットよりも勃起力アップ効果が高いということになります。 ワイドスクワットはいうなれば勃起力アップのための 「勃起力スクワット」なのです。 ワイドスクワットのやり方は脚を肩幅の2倍ほどに開いてスクワットをするだけ。 イメージがしづらい場合はこちらの動画が役立ちます。

次の

にんにくを食べたら勃起力、精力は上がるの?

勃起 力

管理人のまことです! この記事では勃起力を上げるトレーニングを多数紹介しています。 勃起力トレーニングの主な方法としては、 「 筋力トレーニング」になります。 セックス中に中折れをしたり、勃起力が低下する原因としては、血流が悪いことが挙げられます。 血流が悪くなるのは、食生活や運動不足などが考えられますが、中高年男性の勃起力が弱い原因としては、 筋肉不足が大いに起因しています。 筋肉がなければ、血液を循環させるポンプの働きが弱くなるので、結果的にペニスに血液を流し込む力が弱くなり中折れしたり、勃起力が低下してしまうのです。 これから勃起力を上げるトレーニング方法を多数紹介していきますので、 できることから気軽に始めてみましょう!^^ 目次• PC筋(恥骨尾骨筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 PC筋とはペニスと肛門の間にある筋肉です。 おしっこや射精を我慢する時に使う筋肉でこのPC筋をトレーニングすることで勃起力を上げることができます。 どうしてPC筋を鍛えることで勃起力が向上するのでしょうか? それは、 一度男性器に流れ込んだ血液を長時間止めておく働きをしてくれるからです。 このPC筋が弱いとペニスに流れ込んだ血液がすぐに引いてしまい、勃起が弱まることになります。 また、 このPC筋ですが、肛門と尿道を締める働きもあります。 つまり、早漏で悩んでいる男性にとっては、鍛えるべき筋肉NO1なのです。 PC筋が強化されることで射精感がこみ上げてきた時に「ぐっ」と我慢する助けとなります。 PC筋を鍛えることで「中折れ」だけではなく、「早漏」も防ぐことが出来ますので、勃起不全・早漏に悩んでいる男性は必ずPC筋を鍛えるようにしてください。 それでは、PC筋を鍛えるトレーニング方法をご紹介していきましょう。 PC筋を鍛える方法 PC筋を鍛えるには、「肛門に力を入れる」だけです。 ・手順• 肛門にぐっと力を入れ10秒間キープします• 10秒間、力を抜いてリラックス」 この1と2の繰り返しを 1日5セット行ってください。 この 勃起力トレーニングは自宅でテレビを見ている時でも、仕事中でも、電車に乗っている時でも、いつでもどこでも実践可能です。 早い方で2週間程度、遅くても2ヶ月〜3ヶ月くらいで勃起力が強まります。 勃起時のペニスの張りが変わってきますので、効果を実感しやすいでしょう。 BC筋(球海綿体筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 BC筋とPC筋は同じと思われている方もいらっしゃいますが、全く違う筋肉になります。 PC筋はペニスと肛門の間にある筋肉ですが、 BC筋はペニスの付け根にある筋肉になります。 BC筋の働きは尿や精子を出す力になることです。 この BC筋が強いと射精距離が伸び、快感が増すと言われています。 また、尿道の周りに張り巡らされているので、射精感がおそってきた時に、我慢するための筋肉でもあります。 つまり、 射精をコントロールすることができるのです。 PC筋と同様、このBC筋をトレーニングすることで早漏改善、射精コントロール、勃起力アップの効果を得ることができますので、是非、PC筋と一緒にBC筋も一緒にトレーニングしてください。 BC筋を鍛える方法 では、BC筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか? それは、PC筋を鍛えるのとほぼ同じです。 PC筋を鍛える時には、肛門に力を入れ、力を抜いて、の繰り返しでしたが、 BC筋を鍛える時には、 肛門に力を入れている時に、ペニスをピクピクさせます。 これで、BC筋に負荷がかかり、勃起力トレーニングにつながるのです。 BC筋のトレーニングも場所や時間を気にせずに実践できますので、PC筋トレーニングと一緒に取り組んでみてください。 勃起力を上げるための下半身筋肉部位 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 今まで、PC筋、BC筋を鍛えてダイレクトな勃起力トレーニングを紹介してきました。 今回は下半身を鍛えるという内容でご紹介したいと思います。 勃起力を安定的に上げるなら、一緒に下半身を鍛えると効果的です。 結局、中折れしたり、勃起力が弱々しい原因として、血流が悪くなっていることが関係しています。 勃起の仕組みとしては、陰茎海綿体に血液が急激に流れこむことにより勃起しますので、 血流が悪いだけで勃起力は低下してしまうのです。 しかし、筋肉が血流を良くするって疑問に思う方もいらっしゃると思います。 血流は、心臓がポンプ代わりになっていて、心臓から血が全身に流れ込み循環していると学校で習いましたよね。 しかし、血流を促すのは心臓だけではなく、筋肉もその役割を担っているのです。 血管の周りにある筋肉が血管を膨張させたり、収縮させたりすることで血流を促しています。 また、 筋肉量が増えれば、その分、毛細血管が増えますので、血流の絶対量が増えて、結果的に陰茎海綿体に流れる血液量も増え、勃起力が向上するのです。 つまり、筋肉を増やすことが勃起力アップの要とも言えるのです。 では、具体的に下半身のどこの筋肉を鍛えれば効果的に勃起力トレーニングができるのでしょうか紹介します。 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 下半身には、• 「大腿四頭筋」(だいたいしとうきん)• 「大臀筋」(だいでんきん)• 「大腿二頭筋」(だいたいにとうきん) と言う3つの大きな筋肉が備わっています。 「 大臀筋」とは、お尻の周りについている大きな筋肉で性交時にピストン運動をする時の助けになる筋肉になります。 「 大腿四頭筋」とは、太ももの表側にある大きな筋肉でスクワット運動で使う筋肉になります。 「 大腿二頭筋」(ハムストリング筋)は体が全面に倒れないように支えている大事な筋肉でこの部位も下半身の血流を促す大きな筋肉ですね。 この3つの筋肉を鍛えるには、「スクワット運動」が一番効果的です。 しかし、ただスクワット運動をするだけでは効果が薄いのです。 勃起力を上げるためには、筋肉の「量」を増やす必要があります。 筋肉は、瞬発力の筋肉と、持久力の筋肉があります。 瞬発力の筋肉とはあまり肥大せず突発的に動かす筋肉ですので、筋肉量的には少ないのです。 血流を促進して勃起力を強くするためには、「筋肉量」を増やす必要がありますから、 「持久力筋肉」を鍛える必要があります。 そのためには、 スクワットをゆっくりと行いましょう。 ゆっくりと10回程度で限界がくるトレーニングを行いましょう。 このスロートレーニングで、持久力の筋肉がつきますので、筋肉が肥大していきます。 3-1. 筋力トレーニングのときは意識を集中させる 筋力トレーニングをするときには、筋肉に集中して行いましょう。 決してテレビを見ながら行ってはいけません。 筋肉を使っている時は、 「筋肉を使っている意識」を持って行うことで、何気なく筋肉を使う時よりも、筋肉により負荷がかかりますので、効率的な筋力とレーニングになります。 ジムなどに行くと、 鏡の前でダンベルを持ち上げている方がいますが、 これは、 筋肉を見たり、意識することで、効果的に負荷をかけられることを知っているからです。 3-2. ご年配の方は無理をせず ご年配の方がスクワットトレーニングをする場合には無理は厳禁です。 無理に負荷をかけると腰を痛めたりする可能性があります。 腰が弱い方は、大股でのウォーキングをしたり、 椅子に座りながら足を上げ下げする運動などをして無理せず勃起力トレーニングをするようにしてください。 3-3. 豆知識:筋力トレーニングは男性ホルモン(テストステロン)を促進する!? 勃起力トレーニングには筋トレが良いことはわかったけど、 血流を促すだけで勃起力は増すの!?って思いませんか? 実は、筋トレは、精力を上げることに直結しています。 まず、筋トレをします。 筋トレをすると、筋肉細胞が壊れて、 脳は筋肉を修復させようと、テストステロン(男性ホルモン)を分泌します。 このテストステロンが勃起力を上げる元になるのです。 性的な刺激を五感から感じると男性の脳は、テストステロンを分泌します。 そして、テストステロンが神経興奮物質になるドーパミンを発することで、ペニスに血液が流れ込み、勃起するのです。 つまり、性的な興奮があった時に、 脳からテストステロンを出すことができなければ興奮せず、 勃起できない、もしくは勃起力が低下するのです。 勃起するために必要な テストステロンは筋トレをすることで、分泌させることができるので、勃起力トレーニングとして筋トレが有効なのです。 しかしながら、筋トレをしすぎると、 逆にテストステロンを消耗してしまいます。 筋肉修復にテストステロンを全て消耗してしまい、もともとあったテストステロンも消耗する可能性があるからです。 勃起力を上げる筋力トレーニングとしては、 ジムでガッチガチに行うようなものではなく、1週間に数回行う、体を痛めない程度の筋トレが最適なのです。 肺活量を上げると勃起力が向上するって本当!? 画像引用元:著書「腰痛実学」参照 勃起力トレーニングでもう1つおすすめしたいものがあります。 それは、 肺活量を上げるトレーニングです。 肺とペニスは血管で直接的に繋がっているので、肺を鍛えることで勃起力も向上します。 肺から取り入れられた酸素は血液中の赤血球と結びつき、全身の血管を流れていきます(血流)。 人間の体を代謝させるエネルギーを作り出すために酸素は必要不可欠なのです。 この酸素を取り入れる力が強くなることで、 血流がスムーズになってきますので、 結果的に男性器への血流も改善し、 勃起力が向上します。 肺活量を上げるトレーニング法としては、ウォーキングをしたり、水泳をしたり基本的に 「有酸素運動」によって可能となります。 しかし、忙しい現代において毎日運動することが難しいケースもあるかと思います。 その場合には、両手を横に広げて大きくゆっくり深呼吸することでも、肺活量は活性化します。 普段から運動ができない方は、ぜひこの両手広げ深呼吸を習慣にしてみてください。 勃起力が上がるだけではなく、持久力・体力も向上し、リラックスもできちゃいます。 勃起力トレーニングまとめ 勃起力トレーニングには、• PC筋トレ• BC筋トレ• 下半身のトレーニング• 有酸素運動で肺を鍛える この4つが有効的です。 PC筋、BC筋のトレーニングはいつでもどこでもできるので「習慣化」し、 できるときに、下半身と、肺のトレーニングをしてみてください。 必ず、勃起力が向上し、ED(勃起不全)、中折れを改善する糧となるでしょう。 「飲むだけ」の勃起力トレーニング? ここまでは、• 「筋肉を鍛えて」• 「血流をアップさせ」• 勃起力を強化しよう! という話をしてきました。 それに合わせて、 「内側」から勃起力を強化できる方法を紹介したいと思います。 「 シトルリン」というスイカなどのウリ科植物に含まれている成分は、 血管拡張作用があり、ED(勃起不全)や弱々しい勃起を改善してくれる効果があります。 スイカだけで勃起力を強化しようとすると、 1日にスイカを何玉も食べないといけません。 それは無理ですが、 サプリメントなら勃起力を強化するレベルの量を毎日摂取できます。 シトルリンが主成分になった精力サプリですと、「 バイタルアンサー」が実績もあり、 特に「30代〜40代」の男性に人気があります。

次の

【勃起力を回復するツボ】中折れを防ぎ勃起力を改善するツボはココだ!

勃起 力

市販でおすすめの勃起力アップサプリはない まず、夢や希望をぶっ壊すかもしれませんが、結論から言います。 地元にある薬局には、おすすめの勃起力アップサプリは置いてありません。 勃起力アップサプリにしても、ガチガチの精力剤にしても成分が命です。 飲んだ人が実感するには、 それ相応の成分が入っていないと硬くなれません。 原則的に市販で取り扱う商品は勃起力アップサプリに関わらず、手ごろな値段で買うことができます。 しかし、効果を追求するのであれば製造コストがかかる以上、本来メーカー側はそんな安値で提供できるはずありません。 ということは、成分数をケチるか成分そのものを薄めるかして、安い値段で売り出すわけです。 市販の育毛剤が効かないのと同じ理屈 育毛剤と置き換えると、サプリの現状がよりわかると思います。 マツモトキヨシに売っているような育毛剤で、フサフサになる人はほとんどいません。 さすがに買った人全員が効果なければ問題ですが、成功する可能性は極めて低いことは事実です。 前述のとおり、市販の商品は成分が薄められているか、 「なんか効いてる感じ」という成分が配合されているにすぎません。 例えば、安い育毛剤を頭皮に塗ると、やたらスースーします。 このスースー感が効いてる感じを抱かせますが、 これはただアルコールを希釈したものです。 つまり、濃度を薄めたアルコールを頭皮に塗っているだけですから、発毛するわけありません。 市販のペニスサプリが一様にして効果がないと、おわかりいただけたと思います。 「おすすめの勃起力アップサプリがない」と嘆く前に 市販におすすめの勃起力アップサプリがないとなると、インターネットで探すわけですがこちらも粗悪品は限りなくあります。 むしろ市販よりも値段が高いのに、まったく効き目のないものも多いものもあるので、悪質さ度合いはこちらの方が上でしょう。 ただ、一度サプリメントのことは忘れてください。 というのも、 サプリだけで勃起力アップや中折れ改善狙うのは、いささか無理があるためです。 有酸素運動とスクワットは必須 ダイエットと同じで、ペニスを復活させるのも運動が必要です。 よく 「飲むだけで痩せるサプリ!1ヶ月で-10kg」などに飛びつく人はいつの世も多いですが、そんな簡単に体重が落ちたらこの世からデブはいなくなります。 新陳代謝を高めて脂肪燃焼のしやすい体を同時進行で作るからこそ、サプリメントが真価を発揮します。 これをサプリありきで始めてしまうと、お金だけかかってフニャチンのままで終わります。 毎日の歯磨きが苦でないように、散歩とスクワットをそのレベルにまで落とし込みましょう。 1ヶ月もすればスタミナがアップしますし、その段階でサプリを手にすると実感できます。 参照: 亜鉛を含んだ食べ物をよく食べる 亜鉛が精液を作るうえで大事な要素であることは、ちょっとでも早漏について勉強すればわかります。 詳しくはこちらの記事にも書いてあります。 参照: なので、無意味なオナニーは推奨しませんし、亜鉛の浪費は控えたいところです。 もっとも、オナ禁はオナ禁でデメリットがあり、 筋肉と同じでペニスは使わないと衰えるものです 適度な射精は健康にいいので、あなたの体調に合わせて定期的なオナニーはマストです。 話を戻します。 亜鉛を含むものは意外と多いので、なるべく自炊で摂取していきましょう。 外食は不要な調味料が多いので、せっかく亜鉛を摂っても効率よく吸収できませんので。 亜鉛を含む食材は下記のようなものです。 牡蠣、あわび、たらばがに、するめ、豚レバー、牛肉、卵、チーズ、高野豆腐、納豆、えんどう豆、切干大根、アーモンド、落花生 参照: 亜鉛不足は精力減退以外にも、 味覚障害や免疫力低下をもたらします。 これではセックスどころか日常生活が危ぶまれるので、亜鉛を含むものは毎日口にするようにしましょう。 最低でも1日6時間の睡眠は確保 睡眠不足は体調に支障をきたすのは言うまでもありません。 睡眠が足りないと精子の作りが鈍くなりますし、心身ともにストレスを抱えます。 ストレスは勃起障害の最大の要因の一つなのは、あなたも十分ご存知だと思います。 対人関係、家庭不和、仕事の重圧などは、勃起に色濃く影響を与えます。 こうしたストレスは別途解消するにしても、十分に睡眠を取るだけでも心身の疲れは解消されます。 睡眠不足が続くと自律神経が乱れますし、悪化すれば鬱病にもなりかねません。 もちろん、鬱も勃起力を落としますので、1日6時間は寝れるようにしておきたいところです。 鬱病ともなると抗鬱剤を飲むことになるかもしれませんが、 副作用としてEDになる可能性が飛躍的に上がります。 もはや早漏どころではなくなるので、睡眠を軽視してはいけません。 勃起力アップが期待できるサプリメントの選び方 市販のサプリメントは期待薄で、サプリメントありきで考えると勃起力に寄与しないことは、すでにお伝えしました。 とはいえ、いくら栄養を考えて規則正しい生活を送っても、限界があるのも事実です。 どういったサプリメントを選べば勃起力を実感するのか、有効成分を述べておきます。 勃起と中折れ対策になる成分 亜鉛は先ほど言いましたが、 「アルギニン」「シトルリン」が精力のカギを握ります。 つまるところ、この2大成分は血管を広げて血流を増やします。 アルギニン アミノ酸の一種で、肉、魚、大豆、乳製品に多く含まれています。 要するに、たんぱく質を多めに取れば摂ればアルギニンも比例して多くなります。 シトルリン 体内で一酸化窒素を生成して、血管を柔らかくして拡げます。 シトルリンは野菜から摂れるので、アルギニンとの相性は良好です。 食べ物だけでは摂取しきれない ただ、アルギニンとシトルリンが海綿体に新鮮な血液を多く含んでくれるので、勃起力に影響することはわかっていても、食べた分だけ体にすべて吸収されるわけではありません。 食べ物は 「ムダ」が多いので、それが便となって排出されてしまいます。 だからこそ、 効率的にアルギニンとシトルリンを吸収するのは、それらをギュッと濃縮したサプリメントの摂取が大切です。 筋肉を大きくしたかったらプロテインを飲むのと同じで、ペニスを強化したければ適したサプリメントを摂るのは当たり前ということです。 アルギニンとシトルリン高配合のサプリメント 勃起力狙いであれば「」でも構いません。 アルギニン含有量がマカの3倍ですし、シトルリンも配合されていますので。 その一方で、サイズアップを同時に考えているなら、「」が有効です。 ビッグサイザー ビッグサイザーの詳細はこちらの記事で紹介しています。 参照: ビッグサイザーは、「シトルリン」「亜鉛」「アルギニン」「HMB」が含まれています。 最後のHMBについて知らない人もいるかもしれませんが、プロテインにはよく含まれている成分です。 平たく言えば、HMBは筋肉の細胞を増殖させることに一役買います。 ペニスの構成要素の大半は海綿体なので、効果のほどは期待できるということです。 ネオプラチナム この系統でいくと、ネオプラチナムも支持されています。 アルギニン、シトルリン、HMB、スッポン、亜鉛が配合されているので、ビッグサイザーよりも効果は上かもしれません。 参照: もちろん、合う合わないはありますから、しばらくは飲み続けないと実感できません。 こればかりは続けてみないことにはわかりませんが、 サイズや精力を実感した人は全員続けられた人です。 まとめ 市販でおすすめできる勃起力アップサプリはないことは、早い段階でお話しした通りです。 ただ、それに代わる必須成分と、その成分が含まれている「」と「」をシェアしました。 生活習慣に気を付けつつサプリを飲み続けていけば、精力に大きく影響していくので健康維持の一環として挑戦していただければと思います。 いくら精力が高まっても基礎体力がなければセックスしてもつまらないですし、日常生活においてもシンドイ思いをするだけですから。

次の