履歴 書 印刷 サイズ。 履歴書サイズA3・B4・A4・B5どれが就職・転職活動のときは正解?

履歴書の一般的なサイズは?A4とB5の選び方・絶対失敗しない書き方を解説

履歴 書 印刷 サイズ

そもそも、なぜ転職活動に履歴書が必要なのでしょうか。 そこには、企業側の事情があります。 理由の1つは、企業が応募者の基本情報を確認するためです。 その人がどこの誰で、どんな経歴を持っているのかを把握しなければ、採用担当者は選考を進められません。 もう1つの理由は、その応募者を採用した場合に、企業が労働基準監督署に従業員の名簿を届け出る必要があるためです。 その名簿には、氏名や生年月日、住所や経歴などの個人情報を記載する必要があるため、作成する際は履歴書に書かれた情報を参照します。 履歴書の内容は採用選考の時だけでなく、採用が決まった後も使われるため、必ず正確な情報を記載しなくてはいけません。 また、履歴書は採用選考の過程でも使われます。 例えば、面接官の中には履歴書を見ながら面接したいと考える人がいます。 その場合、面接では履歴書の内容をきっかけに質疑応答が行われ、経歴や志望動機についてさらに深く掘り下げられます。 よって履歴書が面接に使われることも想定して、書く内容を練ることが必要です。 さらには、履歴書の書き方から応募者の資質や人柄を判断する採用担当者もいることを知っておきましょう。 特に履歴書を手書きで作成するように指定する企業の場合、「字が汚い」「書き方が乱雑だ」という理由だけで書類選考を落とされるケースもあります。 パソコンで作成する場合も、誤字脱字や記入ミスが多いと、基本的な書類作成能力や仕事の正確さに欠けると判断されてしまいます。 履歴書の書き方が採用担当者にマイナスの印象を与えないよう、丁寧かつ正確に記入することが大事です。 求人の募集要項に「履歴書不要」と書かれている場合があります。 履歴書を必要としない企業があるのは、以下のような理由があるためです。 1つは、企業が独自のエントリーシートを用意しているケースです。 こちらにその人の基本情報を記入してもらえば、内容が重複する履歴書をわざわざ提出してもらう必要はありません。 つまり履歴書不要と言っても、自分の情報を企業に渡さないわけではなく、別のフォーマットで提出するということです。 また転職サイトなどから応募する時は、最初にエントリーフォームから自分の情報を送るので、これを履歴書代わりに使う企業もあります。 もう1つは、応募へのハードルを下げるためです。 履歴書を書くのが面倒だと感じる人は多いので、履歴書を不要とすることで「だったら応募してみようか」と考える人が出てくる可能性があります。 よって、できるだけ多くの転職希望者と会ってみたいと考える企業が、履歴書不要の求人を出すことがあるのです。 このケースの場合、書類よりもまずは実際に会うことが優先されるので、面接では人柄や意欲などをより重点的に見られることになります。 市販の履歴書には、A4サイズとB5サイズの2種類があります。 では、どちらのサイズを選ぶべきなのでしょうか。 結論から言うと、企業から指定がない場合は、どちらのサイズでも構いません。 最近は、公的書類やビジネス書類は国際規格であるA4サイズで統一されるようになり、B5サイズの書類は一般的ではなくなりました。 ただし、だからと言って、履歴書のサイズだけが理由で書類選考に落とされることはありません。 あくまで重要なのは、履歴書のサイズよりも書かれている内容だということを忘れないようにしましょう。 もちろん、企業から指定があった場合は、必ずそれに従ってください。 どちらのサイズにするかは、それぞれのメリットを理解した上で、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

次の

【履歴書・職務経歴書】用紙サイズの選び方(A4・B5テンプレあり)

履歴 書 印刷 サイズ

履歴書・職務経歴書のサイズ 状況別の適正サイズ お店に行くと、A4やB5などさまざまなサイズの応募書類が販売されています。 また、最近ではオリジナルの書類フォーマットや、Webでダウンロードできる用紙を使用する方も増えてきました。 多くの選択肢がある中、どんなものを選ぶのが適切なのでしょうか? 企業から指定がある場合 企業によっては、専用のエントリーシートを設けている場合もあります。 その際はダウンロード用のURLなどが求人情報に掲載されているはずですので、見逃さないようにしましょう。 指定外のフォーマットを使うと企業側で管理上の不便が出てしまうため、必ず決まったものを使うようにしてください。 特に指定がない場合 一般的に、履歴書はB5(B4二つ折)・職務経歴書はA4のものが多いと思います。 指定がない場合はB4・A4どちらでも構いませんが、企業側の見やすさ・取り扱いやすさに配慮することが重要です。 企業側が応募書類を紙で管理しているか、PDFなどのデジタルデータで管理しているかによって状況は変わってきますが、B5・A4どちらを選んでも選考で著しく不利になるということはありません。 特にこだわりがない場合は、慣習にならって履歴書はB5・職務経歴書はA4を選ぶとよいでしょう。 書きたい内容の量で選んでもOK! 履歴書や職務経歴書に記載したいことが多くあり、小さなサイズではごちゃついてしまう……という場合は、両方A4で揃えるのも手です。 たくさんの文字をB5サイズに詰め込んでしまうと見づらくなるため、履歴書もA4(A3二つ折)サイズを選ぶとよいでしょう。 逆に、記載する内容がそこまで多くないのにA4の履歴書を選んでしまうと、無駄な余白が出るため「内容が薄い」という印象を与えかねません。 注意しましょう。 デジタルデータの場合はA4がオススメ ビジネス上の書類はA4サイズが主流です。 PDFなどのデジタルデータで応募書類を管理している企業の場合、A4サイズに揃えたほうが取り扱いやすくなります。 印刷したものを持参するのではなく、デジタルデータをメール等で提出する場合は、履歴書・職務経歴書ともにA4サイズで揃えるのがオススメです。 ただし、企業側で指定がある場合はそちらに従いましょう。 職務経歴書はA4サイズ一択 職務経歴書はご自身のアピールをする大きな武器になりますので、特段の事情がない限りはA4サイズを選びましょう。 企業が求めるスキルや経験を積極的にアピールするには、B5サイズではスペースが足りません。 また慣習的にも多くの応募者がA4サイズを使用しますので、揃えたほうが企業側にとっても管理しやすくなります。 履歴書が2枚になっても問題ない? 自作の履歴書フォーマットを使って作成し、印刷する場合もあると思います。 しかしA3やB4二つ折りで印刷しようとすると、自宅のプリンターでは対応していない!ということも。 コンビニなどで印刷・コピーするのが妥当ではありますが、それも難しい場合、やむを得ず用紙を2枚に分けざるを得ないかもしれません。 失礼にあたるのでは?と心配になる方もいらっしゃると思いますが、履歴書が2枚になってしまっても選考が著しく不利になることはありませんので、ご安心ください。 ただし、提出の際はクリップ留めする(ホチキスは避けましょう)、無地のクリアファイルに入れる、ページ番号を振っておくなどの配慮が必要です。 その他の応募書類がある場合 送付状を同封する場合 書類を郵送する場合、送付状(添え状、カバーレターとも言います)を同封するのがビジネスマナーです。 送付状の用紙サイズは基本的に、他の書類に合わせましょう。 B5の書類のみならB5で、A4の書類がある場合はA4で作成します。 用紙の向きは縦で使い、書類の一番上に入れましょう。 記載方法などは、以下でご紹介しています。 参考にしてください。 封筒は大きな白封筒で 封筒に入れる場合は、応募書類を折り曲げずに入れられる「角型A4」か「角2号」サイズを選びましょう。 小さな封筒に折って入れると見栄えが悪く、企業側も書類を管理しにくくなりますので、避けたほうが得策です。 また、色は白いものを選んでください。 茶封筒はあくまで事務用であるため、選考書類を送付するときには向きません。 書類はまとめてクリアファイルに入れ、郵送の場合は宛名書きもしっかりと。 応募先企業の郵便番号、住所、正式な会社名、担当者名を書き、左下に「応募書類在中」「職務経歴書在中」といった記載をします。 裏面に自身の住所と氏名を明記し、封をしたらフタに〆を書きましょう。 履歴書・職務経歴書の選び方 選ぶべき用紙は、人によって異なる 企業側からの指定がない限り、市販されているものを使用するのが一般的です。 種類はさまざまですが、基本的にはどの様式のものを使用しても問題はありません。 ただ、見比べていただくと分かりますが、用紙にはそれぞれ特徴があります。 例えばJIS規格のものだと学歴・職歴欄のボリュームが大きく、自己PR欄のボリュームは少なくなっています。 この場合、実務経験が浅いと書くことが少なくなるため余白が増え、自己アピールが不充分になってしまいます。 それぞれの特徴と自分の特徴を照らし合わせて、最適なものを選ぶとよいでしょう。 履歴書・職務経歴書用紙の種類と特徴 一般的に流通している履歴書・職務経歴書の種類と、それぞれの特徴についてまとめました。 市販のものを選ぶ際の参考にしてください。 履歴書 JIS規格 学歴・職歴欄が多く、自己PR欄の項目が少ないタイプです。 特に社会人経験の長い方(職歴がアピールの材料になる方)に利用されています。 一般用 JIS規格の履歴書と比較して、自己PR欄の項目が多いタイプです。 特に社会人経験の浅い方(職歴でアピールできるものが少ない方)に利用されています。 転職用 職務経歴書用紙もセットになっている、もしくは退職理由を記載できる項目があるタイプです。 転職回数が多く、JIS規格の履歴書では書ききれないという方に利用されています。 パート/アルバイト用 希望曜日や時間などを記載できる項目があるタイプです。 パートやアルバイトの仕事を探す学生や主婦の方たちに利用されています。 職務経歴書 編年体形式 時系列で職歴を書く一般的なタイプです。 どんなキャリアを積んできたのかを直感的に伝えることができます。 転職回数が少ない方、初期の職歴をアピールしたい方に適しています。 逆編年体形式 現在から過去にさかのぼっていくタイプの経歴書です。 転職回数が多い方や、直近の経歴をアピールしたい方によく利用されています。 キャリア式 時系列ではなく、経験職種・プロジェクト・得意技術・担当業務などを中心に職歴をまとめるタイプです。 転職回数が多い方、職種転換が多くキャリアの一貫性を説明しにくい方に適しています。 ダウンロードページのご紹介 「転職大辞典」「エン転職」のサイト内でも、便利なテンプレートを無料ダウンロードできます。 こちらもぜひご利用ください! 3. パソコンで作成した履歴書・職務経歴書の印刷の仕方 履歴書をパソコンで作成して印刷するほうが、何かと便利 そのつど履歴書や職務経歴書を買って手書きするのも良いですが、自宅パソコンなどで作成して印刷するほうが何かと便利。 というのも、新たに履歴書などを購入せずとも書き換えができ、効率的だからです。 一方で、自宅にプリンタがなかったり、家庭用プリンタだと鮮明に出力できなかったり、勝手を知らないとやりにくい場合も。 出力したい用紙サイズや目的に応じて印刷方法をマスターしておくことをオススメします。 二つ折りにしたい場合は、コンビニエンスストアへ 「 A3サイズ」もしくは「 B4サイズ」の見開きで印刷し、二つ折りにして使いたい場合はコンビニエンスストアの複合機を利用しましょう。 設定にもよりますが、印刷にかかる料金は 1枚あたり 10~ 100円です。 Word形式や Excel形式のファイルに対応していない場合もあるため、あらかじめ PDF形式に変換しておくと確実です。 記録メディアに保存して印刷する方法 USBメモリなどの記録メディアに保存して印刷する方法です。 自宅パソコンに記録メディアを接続し、該当ファイルを保存。 記録メディアをコンビニエンスストアに持っていきましょう。 多くの場合、複合機に付帯されたタッチパネルの操作に従って記録メディアを接続すればカンタンに印刷できます ネットワーク・プリントサービスを使って印刷する方法 自宅から近いコンビニエンスストアのネットワーク・プリントサービスを利用し、ファイルデータをアップロードして印刷する方法です。 利用したいコンビニエンスストアを Web上で調べると、ネットワーク・プリントサービス対応店か・否かが記されている場合もあります。 また、会員登録が必要なケースが多いです。 急いでいるときは、自宅印刷をチョイス 「コンビニエンスストアで出力している時間がない!」といった場合は、自宅印刷が賢明です。 二つ折りにはできませんが、 A4用紙を 2枚つづりにしてクリップでまとめておけば OKです。 採用担当者が履歴書をコピーしたり、見開きで確認したりする場合があるので、ホチキスでとめないように注意しましょう。 まとめ 自分に合った書類フォーマットを使おう 履歴書や職務経歴書と一口に言っても、その様式はさまざま。 まずは文房具店や書店に足を運び、どのような種類があるのかを知るところから始めましょう。 そして、書きたい内容をイメージし、最も自分自身をアピールできる形式を選んでください。 加えて相手の読みやすさ・扱いやすさに配慮すれば、書類選考での印象も良くなるはずです。 ぜひ、参考にしてみてくださいね!.

次の

パソコンで作成した履歴書の提出用紙サイズについて

履歴 書 印刷 サイズ

そもそも、なぜ転職活動に履歴書が必要なのでしょうか。 そこには、企業側の事情があります。 理由の1つは、企業が応募者の基本情報を確認するためです。 その人がどこの誰で、どんな経歴を持っているのかを把握しなければ、採用担当者は選考を進められません。 もう1つの理由は、その応募者を採用した場合に、企業が労働基準監督署に従業員の名簿を届け出る必要があるためです。 その名簿には、氏名や生年月日、住所や経歴などの個人情報を記載する必要があるため、作成する際は履歴書に書かれた情報を参照します。 履歴書の内容は採用選考の時だけでなく、採用が決まった後も使われるため、必ず正確な情報を記載しなくてはいけません。 また、履歴書は採用選考の過程でも使われます。 例えば、面接官の中には履歴書を見ながら面接したいと考える人がいます。 その場合、面接では履歴書の内容をきっかけに質疑応答が行われ、経歴や志望動機についてさらに深く掘り下げられます。 よって履歴書が面接に使われることも想定して、書く内容を練ることが必要です。 さらには、履歴書の書き方から応募者の資質や人柄を判断する採用担当者もいることを知っておきましょう。 特に履歴書を手書きで作成するように指定する企業の場合、「字が汚い」「書き方が乱雑だ」という理由だけで書類選考を落とされるケースもあります。 パソコンで作成する場合も、誤字脱字や記入ミスが多いと、基本的な書類作成能力や仕事の正確さに欠けると判断されてしまいます。 履歴書の書き方が採用担当者にマイナスの印象を与えないよう、丁寧かつ正確に記入することが大事です。 求人の募集要項に「履歴書不要」と書かれている場合があります。 履歴書を必要としない企業があるのは、以下のような理由があるためです。 1つは、企業が独自のエントリーシートを用意しているケースです。 こちらにその人の基本情報を記入してもらえば、内容が重複する履歴書をわざわざ提出してもらう必要はありません。 つまり履歴書不要と言っても、自分の情報を企業に渡さないわけではなく、別のフォーマットで提出するということです。 また転職サイトなどから応募する時は、最初にエントリーフォームから自分の情報を送るので、これを履歴書代わりに使う企業もあります。 もう1つは、応募へのハードルを下げるためです。 履歴書を書くのが面倒だと感じる人は多いので、履歴書を不要とすることで「だったら応募してみようか」と考える人が出てくる可能性があります。 よって、できるだけ多くの転職希望者と会ってみたいと考える企業が、履歴書不要の求人を出すことがあるのです。 このケースの場合、書類よりもまずは実際に会うことが優先されるので、面接では人柄や意欲などをより重点的に見られることになります。 市販の履歴書には、A4サイズとB5サイズの2種類があります。 では、どちらのサイズを選ぶべきなのでしょうか。 結論から言うと、企業から指定がない場合は、どちらのサイズでも構いません。 最近は、公的書類やビジネス書類は国際規格であるA4サイズで統一されるようになり、B5サイズの書類は一般的ではなくなりました。 ただし、だからと言って、履歴書のサイズだけが理由で書類選考に落とされることはありません。 あくまで重要なのは、履歴書のサイズよりも書かれている内容だということを忘れないようにしましょう。 もちろん、企業から指定があった場合は、必ずそれに従ってください。 どちらのサイズにするかは、それぞれのメリットを理解した上で、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

次の