プフ 作り方。 塩分控えめ! 丸ごと野菜のアイントプフ レシピ・作り方 by liz99|楽天レシピ

夏なのに…編み物してます☆ ~ニットプフDIY記録①~

プフ 作り方

1 鶏ガラを水洗いして血や余分な脂肪を取り除き、長ネギの青い部分と水1リットルを加え、圧力鍋で20分加熱、蒸気がおさまるまで放置した後、ガラを取り出し、アクを取り除いておく。 2 じゃが芋は皮を剥く(大きいものは半分に切る)。 玉ネギは皮を剥いて半分に切る。 人参は皮を剥く(大きいものは半分に切る)。 キャベツは4等分に切って芯を取る。 にんにくは皮を剥く。 3 ベーコンは半分の長さに切る。 4 鶏ガラスープに人参・にんにく・あればローリエを入れて煮始め、じゃが芋・玉ネギ・キャベツを順に加えて、火が通るまで煮る。 圧力鍋を使ってもいい。 5 ベーコンを加えて火を通す。 6 こしょうで味をととのえる(ベーコンの塩気だけで十分なので塩は加えません)。 7 あればサワークリームをつけていただく。

次の

【ハンドメイド】100均の材料だけで作る、プフの作り方。材料・概要編

プフ 作り方

2018年6月27日 更新• 出典: 鮮やかな色使いと女性らしいヨーロッパテイストも特徴的なモロッカンインテリア。 モロッコがフランスの植民地だったという歴史から生まれた、個性と魅力あふれるインテリアです。 そんなモロッコのインテリア雑貨のひとつに、「プフ」が挙げられます。 プフは円形や立方体の、スツールやオットマンの役割も果たしてくれるクッションのことです。 お部屋にプフを置くだけでたちまちモロッカンな雰囲気になり、可愛いクッションとしてもおすすめのインテリア雑貨です。 そこで今回は、お部屋に抜け感を出して可愛く見せてくれるプフの使い方と、おすすめのプフを紹介します。 プフとは、羊やヤギの革で作られたモロッコのクッションです。 華やかで色鮮やかな可愛いカラーのものが印象的ですが、ブラウンなどの落ち着いた色合いのものもあり、モロッカンはもちろんアジアンテイストやモダンテイストにも合う万能アイテム。 素材も革やニット、布などさまざまなタイプがあり、デザインも円筒型や楕円、直方体など多種多様です。 出典: また、モロッコでは要らなくなった古着や季節外の服を入れるため、カバーだけで売られていることがほとんど。 プフの中の詰め物の量を調整することで、クッションからテーブルまで多用途に対応できるのも特徴のひとつです。 プフにはさまざまな形や色のものがあるだけでなく、使い方も多様であると紹介しました。 用途に合った素材やデザインを知ることで、お部屋のコーディネートのイメージも付きやすくなります。 ここでは、5種類のプフの使い方とその特徴を紹介します。 出典: スツールとして人気の素材は、羊革や山羊革などのしっかりとした革素材や、丸みのあるニット素材です。 テーブルや床の色に合わせた落ち着いたカラーで馴染ませてもよし、カラフルなものを選んでお部屋のアクセントにするのもおすすめです。 普段使いはもちろん、プフは急な来客などの時にさっと出せるスツールとしても大活躍します。 出典: ソファやチェアの足元に置くオットマン。 足が伸ばせるのでリラックスタイムのお供にぴったりのインテリアです。 ソファや椅子のカラーに寄せてセット感を出しても、反対にアクセントカラーをチョイスしてもかわいいのでおすすめです。 モダンやハードな雰囲気のお部屋にニット素材のプフを置けば、お部屋に抜け感を出しつつ個性をアピールできます。 出典: 中に詰め物をぱんぱんに入れて、ソファ横などに置くとサイドテーブルとして活躍するプフ。 直方体などスクエア型のプフであれば安定感があり、雑誌や飲み物などを置くのにより適しています。 出典: 詰める量に余裕を持たせると、やわらかさを楽しむことができおしゃれなクッションとして活躍します。 ソファに寝転ぶ際に枕として使ったり、座卓と合わせる座布団にもなります。 素材によって和室にも洋室にも似合う形状は、プフの大きな魅力です。 出典: 前述したとおり、モロッコでは季節外の服や古着を入れる収納スツールとしての役割も大きいプフ。 ですが代表的な革製のプフの場合は、中に入れたものに獣臭さがうつってしまうので注意。 収納スツールとして使いたいときは、布製のプフを選びましょう。 さまざまなプフの特徴について紹介しましたが、このようにプフには多くの素材・形・色合いのものがあります。 モロッコインテリアにはもちろん、和洋どちらのテイストにも合うおしゃれでかわいいプフを紹介します。 出典: ターコイズブルーの糸で刺繍された、モロッコらしい伝統の柄がおしゃれなプフです。 スツールやオットマンとしてぴったりな丈夫なヤギ革で、珍しい色使いが好評の一品。 人工的な防臭加工がされていないため、気になる人は陰干しすることをおすすめします。 ナチュラルな色合いなので、モロッカンインテリアはもちろん北欧インテリアにも合いそうなプフです。 外形寸法 直径47cm 高さ27-30cm• 材質 ヤギ革 出典: 表面の型押しデザインが主張しすぎない、シンプルさとアンティークさがお洒落な羊革のプフです。 ブラウンやブラックなどの落ち着いた色合いから、レッドやブルーといったカラフルなものまで6色のカラー展開があります。 裏地にはエスニック柄のラグ生地やブランケット地が使われていて、見えない部分にもこだわりが。 かわいすぎないデザインなので、インダストリアルや西海岸テイストなど、男性にもおすすめのプフです。 外形寸法 直径約55cm 高さ約30cm• 材質 天然羊革 出典: バーミリオンやガーネットなど、ヨーロピアンな色合いのカラー展開が11種類もある、手刺繍の美しい羊革のプフです。 通常の革製品程度までにおいが軽減されているので、「においが心配だけど本格的な革のプフが欲しい」という方も安心。 裏側は革紐で開け閉めするようになっているので、ファスナーと違い床を傷つけてしまう心配もありません。 ガーリーテイストやフェミニンなお部屋を目指していて、お部屋にロマンチックさや甘さを出したい方におすすめです。 外形寸法 直径約50cm 高さ約27cm• 材質 羊革、刺繍糸 出典: ホワイトとピンクの珍しいカラーリングが特徴のプフです。 モロッコの職人がひとつひとつ手作りした一品で、傷やひきつれがほとんどない高品質のものなので安心。 単体だと甘さが強いデザインですが、ラグやバブーシュなど、他のインテリアアイテムを紫にすると、モロッカンインテリアらしいエキゾチックで魅惑的な雰囲気を演出できます。 ブラウンとベージュの色違いもあり、落ち着いた色合いのものが欲しい方にはそちらがおすすめです。 高品質で長く使える本革のプフをお探しの方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。 外形寸法 幅約41cm 高さ21. 5cm• 材質 山羊革 出典: 中の詰め物のないプフが多い中で、こちらは中綿入りの布製のプフです。 オレンジを基調とした色とりどりの鮮やかなデザイン。 熟練の職人がオールハンドメイドで仕上げた逸品です。 サイドテーブルやスツールとしてはもちろん、色違いのプフをいくつか揃えるとお部屋のアクセントとして活躍します。 アジアンテイストやリゾート風インテリアにも合わせたい、すぐに使えるプフが欲しい、という方におすすめです。 外形寸法 幅55cm 高さ30cm 出典: インテリアテイストを問わず調和する、コットンのロープで編み込まれたプフです。 ずっしりとした見た目に反して比較的軽くて持ち運びも簡単。 さまざまなお部屋でスツールやオットマンとして活躍します。 ネイビーの中に生成りが混ざり合ったコットンは、重たくなりすぎずナチュラルな印象。 丈夫なインド綿と、汚れの目立ちにくい落ち着いたカラーリングは、子供がいるご家庭にもおすすめです。 外形寸法 直径約45cm 高さ約35cm• ピンクを中心にパープルやラベンダー、ゴールドのラメ糸が交じり合いとってもキュート。 Sサイズのプフは子供用の腰かけクッションやオットマンにぴったりなので子供部屋に置くのもおすすめ。 同じデザインで、Lサイズのプフやフロアマットもあるので、同じシリーズで揃えると統一感が出ておしゃれです。 外形寸法 幅直径42cm 高さ約23cm• 材質 綿、ポリエステル、ルレックス、合成繊維、ポリエステルビーズ 出典: 部屋に置きっぱなしにしてもおしゃれな、おむつを入れるためにデザインされたプフです。 リビングに置いておいても違和感がなく、Lサイズのおむつが50枚以上入る大容量。 片手でおむつが取り出せる仕様でお父さんお母さんのことを考えたやさしい作りになっています。 おむつがはずれた後も、別売りの中材や衣類を入れて長く使えるのも魅力のプフです。 外形寸法 直径約36cm 高さ23cm• 材質 合皮、ウレタンなど 出典: 17世紀前半イギリスで流行したジャコビアン刺繍を元に、インドの女性デザイナーがデザインした、ハンドメイドのプフです。 厚手のコットン100パーセントのさらっとした肌触りが特徴で、洗濯機で洗うこともできます。 ふたのイエローと本体のピンクのコントラストが個性的なデザイン。 ターコイズブルーのアイテムを合わせて、モロッカンテイストの魅力である多色使いを楽しむのもおすすめです。 外形寸法 直径約55cm 高さ約30cm• 少しずつ糸を調節することで表現したグラデーションがおしゃれで、特徴的なデザイン。 カラーバリエーションはカーキとネイビーで、それぞれシックで落ち着きのあるテイストです。 一人暮らしでリビングにソファを置くスペースがない人でも、このプフをテレビクッションとして使えばゆったりとリラックスすることができます。 外形寸法 幅約50cm 奥行約50cm 高さ25cm• 革や綿をはじめとする素材や、カラーやデザインによってさまざまな雰囲気のインテリアに合わせられるプフ。 エキゾチックで多色使いが魅力のモロッカンテイストはもちろん、人気の北欧テイストやアジアン、和室や西海岸インテリアにも合うプフを紹介しました。 お部屋にひとつ置いておけば、来客時やちょっとしたテーブルやスツールが欲しい時に大活躍すること間違いなし。 ぜひ、お部屋のアクセントとしてプフを取り入れてみてはいかがでしょうか。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

使い方無限!プフの実用的5つの活用法&キュートなインテリア30選

プフ 作り方

近頃この可愛さに心奪われ、4畳半のリビング空間にどうやって取り込もうかと思案中です。 プフは、簡単に言えば、和室に置く座布団のようなもの。 ですが、座布団と比較すると高さがあり、円筒形、長方形、楕円形など様々な形があります。 また、表面のカバーも、ツルンとした素材・ニット・布など何通りもの組み合わせがあるので、お部屋のアクセントになるのはもちろんのこと「想定外の人数が集まった時の予備のチェアとして」や「ソファに座ってる時の足置き台」としても活用できます。 このようにコーディネート幅が広いプフ。 どこに置くか? 何個置くか? 色はどうするか? 素材はどんなのがいいか? 考えだしたらキリがない!! という訳で、ここ数日の悩みを解消すべく、プフの活用の仕方や置く場所に注目しながらインテリア例を見て行くことにします。

次の