テプラ 縦 書き 数字 だけ 横。 「キングジム テプラ」の使い方・活用方法・価格の紹介。テプラを使ってシンプルな暮らし

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 012656

テプラ 縦 書き 数字 だけ 横

エクセルの縦書きを数字だけ横書きにできる一番簡単な方法(改行) まずは、一番簡単に数字を横書きにできる方法を紹介。 『ALT』+『ENTER』で改行させるのがポイント。 まずは、普通に横書きの状態でセルに入力します。 そして、頭の文字から『ALT』+『ENTER』キーを押していって、1文字ずつ改行させます。 数字のところでは、途中では改行せず後ろで改行させます。 つまり数字の途中には改行を入れないことで、数字だけが横になるわけです。 あとは、これを繰り返して最後の文字まで改行を入力していきます。 最後に、セルの幅、文字の配置(揃え)、高さを調整すれば、数字だけを横書きにすることができます。 改行の方法での横書きのメリット/デメリット 改行による横書きのメリット(OK)/デメリット(NG)は次の通り• 印刷では横書きの文字がはみ出る可能性あり• 本当は縦書きではない• 文字を他のセルへコピーして使えない(改行を入力しているので) 『ALT』+『ENTER』による改行は、なんといっても 『手軽に数字だけ横書きにできる』ことが一番のメリットです。 エクセルの縦書きを数字だけ横書きにできる簡単な方法(セル幅調整) 続いては、『ALT』+『ENTER』を一切使わない方法。 注意点としては、 『数字は半角で入力』することと、できれば 『等幅フォント』を使うこと。 等幅フォントというのは 全ての文字の幅が同じ幅になっているフォントのことです。 『MS Pゴシック』、『MS P明朝』ではなく、『MS ゴシック』、『MS 明朝』などのように、 フォント名に『P』がつかないのが等幅フォント。 では手順に進みます。 これも、普通に横書きの状態でセルに入力します。 この時、縦書きにしても収まるぐらいにセルの高さを広げます。 そして、セルを選択した状態で『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)を押して『セルの書式設定』ダイアログを表示。 ここでは、横位置を『中央揃え』に、文字の制御の『折り返して全体を表示する』にチェックをつけます。 この方法は、『折り返して全体を表示する』ことがポイントなので、必ずチェックをつけてください。 あとは、セルの幅をちょっとずつ小さくしていきます。 下の画像にあるように、マウスのドラッグで小さくしてください。 そうすると、数字以外は全部一文字になり、数字2桁だけが横に並ぶようになります。 横書きは数字2桁まで?3桁の横書きはできない? 今紹介したセル幅の調整による方法は、数字2桁の場合でした。 じゃ3桁はできない? 答えは、『できなくもない』です^^ かなり強引なやり方ですが、紹介したいと思います。 横書きにしたい『100』だけマウスドラッグで選択。 そして、『CTRL』+『1』で『セルの書式設定』ダイアログを表示。 ここでは、現在のフォントサイズよりワンサイズ、もしくはツーサイズ小さくします。 すると、フォントのサイズが小さくなったことで、3桁の『100』が横に並ぶようになります。 とにかく、 横に並ぶまでフォントサイズを小さくしていくのがポイントです。 同じような方法で、4文字ある曜日の『(金)』も横に並べることも可能。 ただし、カッコ『(』、『)』は半角にしたり、『金』のフォントサイズはかなり小さくするなどの工夫が必要です^^ この方法のメリットとしては、改行を一切入力していないので、文字をそのまま他のセルにコピーできることですね。 セル幅の調整による横書きのメリット/デメリット セル幅の調整による横書きのメリット(OK)/デメリット(NG)は次の通り まとめ• 簡単に数字だけ横書きにしたければ、『ALT』+『ENTER』を使った改行がベスト• 印刷では文字がはみ出る可能性が大きいので、事前の印刷プレビューは必須• 本当の縦書きではない 手っ取り早く、簡単に数字を横書きにしたいのであれば、『ALT』+『ENTER』による改行の方法がおすすめです。 今回紹介した方法の注意点として、横書きにした文字が印刷するとはみ出る可能性が高いので、必ず 『事前に印刷プレビューでチェック』してください。 数字だけ横書きにしたいというのは、本来エクセルにない機能です。 なので、かなり強引な方法しかありません。 ただ、印刷さえできればいいとか 『割り切ることができる』のであれば、今回紹介した方法を大いに有効利用してください。 本当は、こういう時こそWordの出番なんですけどね^^.

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 012656

テプラ 縦 書き 数字 だけ 横

Contents• 縦書きの場合は?漢数字での日付や西暦、生年月日・0の書き方が知りたい! 漢数字で日付を記す場合と言うと、やはり年賀状や改まった文書を書く時ですね。 だからこそ、失敗はしたくないもの。 こちらに関しては、さほど迷わず書けるという方も多いかもしれませんね。 千や百、十などを使って表しても間違いではありませんが、 「千九百七十年十一月二十五日」と書かれても、非常に読みにくいですよね? そのため、上記のような書き方のほうが好まれます。 そして、書き方を統一することも大切なので、 一九七十年とした場合には、十一月二十五日とは書きません。 ミックスして書かないように気をつけましょう! 最後にご紹介する基本は0の書き方です。 0というのは算用数字で、ゼロと読みます。 しかし、〇は漢数字で、零(れい)と読みます。 この違いを知らなかった方は意外に多いのではないでしょうか? 最初の例に挙げた、平成三〇年もこの漢数字の零を用いたものだったんですよ! この〇を使う場合には、書き方の問題ですが、算用数字の0に見えないように 最新の注意を払って書くことが大切です。 なんと一応書き順もあり、左回りに書くことが正式とされています。 筆ペンを購入したら、せっかくなのでペン字の練習もしてみませんか? 1日15分程度なので、手が空いたときや気が向いたときなど 気軽に自分のペースで筆ペンの練習ができますよ。 祝儀不祝儀の表書きにいつも自信が持てない・・・と言う方には ぜひおすすめしたい一冊です! スポンサーリンク 関連記事: 縦書きの場合の住所や金額の漢数字の書き方はどうなる? 年賀状も年一回の行事ですし、正式な場面に使われる書類などを書くことも 日常生活においては、そこまで多くないですよね。 漢数字を用いる場合には、「-」の部分を丁目、番地、号で表すことです。 しかし住所に関しては、いろいろな書き方があるんです。 上記との違いは、丁目の前だけを漢数字で書き、番地と号に関しては 算用数字で書くということです。 三丁目二百十四号三千五百七十八号という表記をすると、 とても読みにくく、ぱっと見ただけでははっきりと住所が読み取れませんよね。 そのため、この住所であれば三丁目214番地3578号としたほうがいいでしょう。 ちなみに郵便局から推奨されている住所の書き方は、 全て算用数字で書くということなんです! 「三丁目二百十四号三千五百七十八号」のような住所は、機会であっても 人の目であっても、判別しにくかったり時間がかかることは確かです。 そのため、算用数字が推奨されているのも納得ですよね! 住所と言うのは正しく相手に伝わらなければならない重要な情報です。 そういった観点から、住所に関してはもし数字が複雑になるようであれば 「三丁目214番地3578号」という表記にしたほうがよさそうですね! これに関しては、規定と言うよりもマナーに近いですね。 縦書きの場合には漢数字、横書きの場合には算用数字と書き分けている方も 多いかもしれませんが、とくにそれも定められているわけではありません。 縦書きの和封筒で一筆添えたいときには、やはり和風の一筆箋が欲しいですよね。 こちらの一筆箋シリーズは、とても可愛らしく女性から非常に好評です。 季節によって使い分けるのも楽しくなりますね! 受取った相手にも印象がいいので、ビジネスシーンでも使えますよ! 最後に、御祝儀袋などに数字を記載する場合には やはり漢数字を用いるのが正式です。 例えば5万円をお祝いとして包む場合には、「金伍萬圓」と書かれているのを 見たことはありませんか? これは、伍萬圓というのが全て旧字体で書かれているため あえて少し重厚感を出したいときに有効な書き方ですが、 このように旧字体を使わなければならないという決まりはありません。 しかし正式な文書、例えば会計や登記、戸籍などの場合には 数字によっては旧字を使うことが定められています。 これは、改ざんを防ぐという目的で利用されているもので旧字 (大字(だいじ)とも言いますが、)を使うことになっています。 よく知られているのは、「一、二、三」を「壱、弐、参」と書きます。 一、二、三は縦書きにした場合に、|を足すことによって、 大きく数字が変わってしまうため壱、弐、参で書くようになりました。 十も「拾」と書くようになっていますよ。 ただしこれはあくまで会計などの文書においての話なので、 御祝儀などに関しては、常用の漢数字を使っても問題ありません! 関連記事: 最後に 縦書きの場合の漢数字の使い方はご理解いただけたでしょうか? 堅苦しいように感じるかもしれませんが、基本的なことだけ押さえれば 難しいことではありませんよね! 数字で表す事項に関しては、重要なものが多いので 場面や受取る相手、数字の複雑さなどを考慮して 漢数字と算用数字を使い分けることがマナーです。 漢数字を使う機会がある場合には、一度全て漢数字で書いてみて 読みやすさなどを自分の目で確認してから書くようにするといいですね! スポンサーリンク.

次の

テプラの使い方!意外と知られていない活用術で整理整頓をさらに楽しく!

テプラ 縦 書き 数字 だけ 横

【スポンサードリンク】 テプラの便利な使い方を知っていますか? テプラでは文字を印刷できるシールの作成ができます。 使い方をマスターすると、シールの文字を縦書きや数字にしたり、文字サイズを大きくしたり、小さくしたりすることができます。 テプラは使い方を知らなくても、覚えれば簡単なので、まずは始めてみましょう! テプラの使い方【基礎編】 まずは基礎編です。 使い方がわからない方はこちらを見てみてください。 【準備】 1.ACアダプタを接続します。 2.テープカートリッジを本体にセットします。 3.本体の電源ボタンを押して電源を入れます。 4.テープ送りをします。 【文字入力】 フォントの切り替えに関してはパソコンと同じようにかな入力とローマ字入力があります。 入力方法は、例えば「斎藤」と打ちたい場合は、かな入力の場合は「さ」「い」「と」「う」と入力します。 ローマ字入力の場合には「s」「a」「i」「t」「o」「u」と入力してから変換(スペース)キーを入力します。 もし数字を使用したい場合は、数字ボタンがあるので好きな数字を入力しましょう。 更に変換(スペース)ボタンを押すといくつか候補が出るので、候補があれば選択ボタンを押せば確定となります。 【印刷】 印刷ボタンを押せば印刷されます。 印刷は自動的にカットされるので、出てくるまで待ちましょう。 【スポンサードリンク】 テプラの使い方【応用編】 続いてさらに便利な使い方をご紹介します。 【英数字入力】 文字の変換には、ローマ字入力やかな入力以外にもabc入力があります。 これらを使うと、かな入力の時と同様に、直接アルファベットを入力することが出来ます。 【改行】 改行したい場合は、選択ボタンを押します。 ただし、使用するテープの幅によっても改行出来る回数は変わってくるので注意してください。 【文字サイズを変更】 テプラで文字サイズを大きくしたり小さくしたりするには、大きさを指定してください。 行指定の時に大きさを選択しましょう。 機種によっても異なるかもしれませんが、「おまかせフォーマット」ボタンで変更出来る機種もあるようです。 大きくした文字や小さくした文字を、行を増やすことで同時に表示することも可能です。 最後に テプラの使い方を覚えると、色々便利な使い方が出来るようになります。 特に難しい作業ではなく、パソコンのキーボードと共通性があるので比較的使い易いのではないでしょうか。 さあ、これでテプラの便利な使い方をマスターしましたので、あとはどんどんテプラを使っていけばあなたも上達間違いなしです!.

次の