飲食店 飲み放題。 3000円で「1カ月」飲み放題の居酒屋、店側が儲けられるカラクリ

[mixi]飲み放題の飲み残し削減の秘訣教えて下さい

飲食店 飲み放題

Contents• ドリンクバー ファミリーレストランやカラオケなどに多く設置されているドリンクバー。 ボタンを押せばコーラやカルピス、オレンジジュースが永遠に出続ける機械と初めて触れ合った小学1生の時、「この奇跡のマシーンを三種の神器に早急に加えるべき」と笑みが止まらなかったことを今でも覚えています。 嘘です。 小学1年生で三種の神器という単語を知っているほど知的好奇心旺盛な子供ではありませんでした。 しかし、バラエティーに富んだ飲み物の種類と多くのお店では制限時間もなく好きなだけ好きなものが飲めるドリンクバーがそれこそ小学生でも払える金額で提供されているのには裏がありそうです。 まずはドリンクバーのからくりを検証してみましょう。 提供価格 ドリンクバーは業種業態問わず様々なお店に設置されているので提供価格の平均値を取るのが少し難しそうです。 2016年の時点で提供されている代表的なファミリーレストランのドリンクバー価格はこちらです! 店舗名 セット(税込) 単品(税込) ガスト 214円 430円 サイゼリヤ 190円 280円 ジョナサン 291円 430円 デニーズ 268円 329円 ココス 205円 345円 セットというのは料理を頼んだついでにドリンクバーを注文したときの価格になります。 セット価格の方が当然安くなりますが、200円を切っている店舗もあります。 190円で提供しているサイゼリヤは大丈夫なのでしょうか?自動販売機で飲み物を買うとすると2本買えば優に190円は超えてしまいそうです。 単品で提供したとして300〜400円あたりと目立った金額の開きはありません。 強いて言えばまたしてもサイゼリヤのみ200円台の280円。 本当に大丈夫かサイゼリヤ!ドリンクバーが経営を圧迫している可能性も浮上してきました。 原価率 核心を突くべく検証したいのがドリンクバーの原価率。 これさえわかってしまえばドリンクバーのトリックを見抜けそうです! 独自調査の結果、以下のようになりました。 特に炭酸飲料は破格の安さになっています。 缶ジュースを買うお金がなくて、小学生の頃、駄菓子屋で買った粉ジュースや 出典: よりもドリンクバーの方が原価と比較したら安いなんて当時知ってしまったら、もう疑心暗鬼で世の中全員敵に見えるところでした。 どうしてここまで安いのかというと、ジュースを作るとき、濃縮シロップを水道水(浄化された水)や炭酸水で割っているのでここまで安くなるようです。 そのため、単純計算だともっとも安かったサイゼリヤのセットドリンクバーですら、炭酸飲料のみだと19杯飲まれない限りは赤字になりません。 しかし、ドリンクバーを買う、借りるのにもお金がかかり、メンテナンス等の維持費は発生しないのでしょうか? それらを含めても本当に儲かるのか?または、設置してからどれぐらいの期間で赤字から黒字に転換するのか検証します。 まず設置費です。 設置に対してかかる金額がとあるメーカーでは2万円で、初期費用はそれしかかりません。 ドリンクのタンクを購入して、ドリンクバーとしてお客さんに提供していきますが、タンク1つ約5,000円で800杯近くのドリンクを作ることができます。 (炭酸飲料の場合) メンテナンスは各自で行い、月々に発生する料金ドリンクの原液のみというのが調査結果です。 によると、 1日の平均来客数は350人で、1ヶ月あたりの集客数は10,500人です。 そこからドリンクバーをセット、単品の大まかな平均価格である300円として、10,500人の半分の5,250人が注文するとします。 さらに、1人あたり5杯のドリンクを飲み、ドリンク1杯あたりの原価をおおよその平均である20円だとすると1人あたり100円分のドリンクを飲むことになります。 1人あたり100円の原価で5,250人分になると1ヶ月あたりの原価合計額は525,000円になります。 売上合計1,575,000円から原価合計の525,000円を引いたものが粗利になります。 では、アルコールの飲み放題の場合はどうでしょうか。 ドリンクバーより値段も高く、多くのお店でキッチンの方がドリンクを作り、ホールの店員さんによって提供されるのでセルフで行うドリンクバーよりもお金の流れが少し複雑です。 提供価格 飲み放題の提供価格こそピンキリで、コースについているのか、飲み放題は単独だが2品料理をオーダーしなければいけないのか、飲み放題のみなのか。 今回は自分がよく行く居酒屋の飲み放題形式である「2時間飲み放題1500円+2品オーダー」で考えていきたいと思います。 原価率 まずアルコールメニューですが、飲み放題のメニューにある飲み物の中で原価が高くなる傾向にあるのはビールです。 店舗によってビールを飲み放題に入れると値段が高くなるのはこのためです。 1杯350mlとすると約150〜160円になるようです。 代表的なアルコールメニューの原価は以下のようになっています。 品名 原価 ビール 150〜160円 日本酒 150円 ワイン 150円 酎ハイ 20〜60円 カクテル 50円 焼酎 30円 日本酒やワインも高めの原価になっていますが、こだわりが強い人は飲み放題に含まれていない、本当に飲みたいものを単品でオーダーすることも多いようです。 2時間で飲める量を5杯だと仮定し、全てビールを頼むと750円〜800円。 さらに最近の若者のビール離れが深刻化しているようで、酎ハイしか頼まないとなるとお店の儲けはさらに大きくなります。 さらに、料理を1人2品以上オーダーしないといけないため、3人で行ったら6品注文しないといけません。 一番価格の安い枝豆(290円)を6つ頼んだとしましょう。 枝豆の原価はおおよそ25円〜30円と言われています。 しかも余計な調理もいらず、オペレーションコストがかからないのでお店側からすると大変嬉しい注文になります。 人件費などの他の経費を考えると下手したら赤字になることも十分ありそうですが、コース料理だと利益の組み立てが格段としやすく、仕込み、配膳のオペレーションも想定して準備できます。 そのため、お店からするとコース料理+飲み放題を忘年会シーズンなどはゴリ押ししてきます。 さらにセルフでお酒を作るスタイルのお店だとオーダーを取ったり、提供にかかる人件費がなくなりさらに安く飲み放題を提供することが可能になります。 飲み放題だけではなく、フードで売上を立てる。 食べ放題も多種多様で、探せばいくらでもでできそうなぐらい食べ放題も身近な存在になっていると言えるでしょう。 前日に何も食べずに食べ放題に臨む猛者たちから利益という名の宝をお店は守ることができるのでしょうか?今回は焼肉食べ放題に注目してみたいと思います! 提供価格 最近増えつつあるのが焼肉食べ放題のお店ですが、焼肉と聞くと「お高い」、「特別な時に食べる」というイメージが個人的にあります。 大人気チェーン店をモデルに考えてみましょう。 3つのコースがあり、どれも時間制限は100分です。 もっとも注文が多いと思われるスタンダードコースは3,000円です。 さらに1,400円でアルコールの飲み放題をつけることができます。 焼肉を食べるのに飲み物が水ではさすがに味気ないのでビールを頼むお客さんが多くいらっしゃると考えられます。 単品だと中生が540円で提供されていますが、100分間でビール1杯は厳しいので2杯は注文したい。 「2杯飲むなら飲み放題でいいや」と飲み放題を頼む人が大半だと仮定して、大人1人あたりの客単価は約4,500円と考えます。 原価率 食べ放題のお肉の原価は大まかに言って1gあたり約1円が相場のようです。 カルビは海外から美味しくて安いものを仕入れて1gあたり0. 仮に3,000円のコースで赤字が出るとすれば豚トロなどの1gで2円するお肉を1. 5kg食べられてしまうと赤字になってしまいます。 しかし、お肉だけを1. 5kg食べるのはなかなか非現実的で、タレの効いたお肉を食べていれば白いご飯をかきこみたくなるのが人間の性でしょう。 ご飯は大盛りでも原価30円ほどで提供できて、お店からすると是非是非頼んでもらいたいメニューの1つです。 お肉以外で考えると野菜の方が圧倒的に原価が高い傾向にあるようです。 とはいえ、焼肉の食べ放題にきているお客さんが脇目も振らず、一心不乱にきのこを食べることは考えにくいのでよほどのフードファイターが連日押し押せない限り、黒字を出すことが可能でしょう。 さらに、アルコールもビールであれば原価150円だと考えても100分で9杯近く飲まなれない限り黒字になります。 お肉を焼くのはお客さん自身なので人件費もそこまでかからない業種と言われています。 人件費や原価に関する詳しい内容はこちらをお読みください! まさに必勝とも言える焼肉食べ放題のビジネスモデルでした。 食べ放題、飲み放題は儲かり放題? 今回は〜放題にスポットを当てて様々な検証を自分なりに行なってきましたがいかがでしたでしょうか? 原価の観点から見ると食べ放題も飲み放題も儲かることがわかりました。 しかし、ここには人件費やテナント代などのその他の経費が全く含まれていません。 ちなみにお店側の立場で考えた場合、人件費を抑えるということは非常に重要です。 シフト管理で適正な人員配置を行うことが人件費削減に繋がります。 さらに、お客さんに食べ放題、飲み放題を楽しんでもらうためには十分な食材が常にストックされてなくてはいけません。 発注を誤って少なすぎたら食べ放題、飲み放題を謳っているだけに、普通の飲食店より失望度は高くなるでしょう。 逆に多すぎては廃棄が多くなりすぎて普通の飲食店以上に被害を被ります。 そのため過去の統計や長年の経験がモノを言うのが食べ放題にも飲み放題にも言えることだと私は思います。 以上、好き放題書かせていただきました!•

次の

定額制で一ヶ月食べ放題の飲食店【サブスクリプションモデル】

飲食店 飲み放題

食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)は、株式会社レインズインターナショナル CWカンパニー(代表取締役:高橋 尚也、本社:横浜市西区)が展開する北海道・甘太郎・にじゅうまる・三間堂・いろはにほへと・一瑳の6業態、関東の138店舗にて、弊社が提供するサブスクリプション(定額制サービス)機能「飲食店のためのサブスクツール」の導入が決定したことをお知らせいたします。 本日2019年9月24日 火 より販売をスタート、購入当日からご利用いただくことができます。 10月からは消費税増税が行われますが、『飲みホー定期券』は定額制なのでお財布を気にせず、飲み放題を楽しむことができます。 ぜひこの機会にお買い求めください。 『飲みホー定期券』は、関東にある6つの居酒屋、全138店舗で利用可能! 関東各所に店舗があるので、仕事終わりにはもちろん、あなたの家の近くでも、お出かけ先でもご利用いただけます。 6つの居酒屋があるので和食から洋食までその時の気分でいろんな料理を楽しむことができます。 6つの業態を1日ではしごするのもあり。 1次会から2次会まで、『飲みホー定期券』でお得に賢く飲み会をお楽しみください。 会員券サービス概要 会員券名:飲みホー定期券 月額価格:4,000円(税込)会員特典:北海道・甘太郎・にじゅうまる・三間堂・いろはにほへと・一瑳の6つの居酒屋、関東の全138店舗で「いつでも」「どこでも」1ヶ月間飲み放題が楽しめます。 さらに、同伴者も来店ごとにおひとり様1,000円(税込)で同様の飲み放題を提供致します。 ・購入頂いた当日から利用可能です。 ・有効期限は購入日から1か月となります。 ・自動継続課金を解除しない限り自動で更新されます。 ・飲み放題メニューは各ブランド毎のご用意です。 ・本定期券はご購入頂いたご本人様のみ利用可能ですが同伴者様も同じ飲み放題コースのご注文をお願いします。 ・最初の注文時にご提示ください。 ・ご利用は1回2時間制。 90分後L. ・別途お通し代あり。 ・お一人につき300円(税抜)以上のお料理を2品以上ご注文お願い致します。 ・他のサービスやクーポン、割引サービスとの併用はできません。 ・スクリーンショットによる画像提示にはサービスの提供をいたしません。 2019年11月6日以降継続課金は実施されません。 また事情により販売期間を変更させていただく場合がございます。 「飲食店のためのサブスクツール」について 「飲食店のためのサブスクツール」は、favyが飲食店向けに提供する顧客管理ツールにてお使いいただける、サブスクリプション(定額制サービス)機能となります。 お客様から定額会員費をいただくことで、特典や割引を提供できる新しい集客支援サービスです。 飲食店はサブスクリプションを導入することで、天候や曜日に左右される通常の販売売上とは別のキャッシュポイントを持つことができ、一定の売上の安定化はもちろん、顧客のリピート率の向上や、会員を通じた新規顧客獲得を実現できます。 飲食市場に特化したマーケティング支援を行うfavy(ファビー)について favyはこれまで日本初の月額制コーヒースタンド『coffee mafia(コーヒーマフィア)』や完全会員制の焼かない焼肉屋『29ON(ニクオン)』をオープンするなど、サブスクリプションモデルの飲食店を展開してまいりました。 実際に自社で飲食店を運営する中でサブスクリプションによる集客の実証実験を行い、得たノウハウを今回のシステムに反映しました。 「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」ことをビジョンに掲げるfavyは、本サービスを通じて、新しい集客や顧客管理を実現し、飲食店の経営をサポートしてまいります。 運営会社概要 ・会社名:株式会社favy ・所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル 7F ・事業内容:飲食市場に特化したマーケティング支援および飲食店運営 ・公式HP:.

次の

飲み放題メニューで損をしないコツとは?

飲食店 飲み放題

近頃、飲み放題で大量のお酒を残されるお客様が多くなり、なんとか経費削減出来ないものかと悩んでおります。 聞いたところ、大抵のお店では30分前にラストオーダーとさせていただいているそうなのですが、私達も検討しています。 ですが、多くの常連様に今まで二時間きっちり飲めたのに、いきなり30分前にラストオーダーになると、来てくれなくなったりしないかな? と悩んでいます。 こちらの質問を読んでいただいている方なら、お客様の立場としてどうでしょうか? 飲み物のグラス交換制にしているお店も多いようで検討しています。 こうすると飲み残しが減るよ!なんて秘訣がありましたら本当にお願いしたいです。 困っています・・。 ご意見お聞かせ下さい。 スタートから2時間でラストオーダーですか!? 通常、2時間飲み放題ということは、2時間で飲みきりです。 2時間たっぷり飲めるということをそのお店に売りにすればどうですか? 2時間でラストオーダー、2時間半で飲みきりを売りにすればお客様からすればかなり魅力的です。 うちのお店では、飲み残し対策を徹底しています。 とにかく、【スタッフを徹底して教育】することです。 お客様は飲み放題=頼み放題、飲まな損という風になります。 安く飲むためには、それなりのルールがあります。 うちのスタッフの挨拶:乾杯から2時間で【飲みきり】になります。 お代わりは空きグラスと交換になります。 ラストオーダーは15分前、おひとり様一杯づつでお願いします。 飲み残しは御精算頂く場合がございますので、皆様にしっかりお伝えくださいませ。 ごゆっくりどうぞ。 なんの説明もないと、オーダーをとりだしてから時間がカウントされてるんじゃないかとお客様も不安になります。 うちは乾杯の時間、ラストオーダーの時間、終了の時間をきっちり幹事様に伝えます。 そうることによって、お客様も安心感もあり、時間を守ってくれます。 だいたいの幹事様は、ラストオーダーの時に、追加料金が発生すると困るので、みんなに声かけしてくれます。 15分前ラストオーダー(グラスが空か残り少ないお客様のみ)でおひとり様一杯のみ。 2時間飲み放題で30分ラストオーダーだとお客様が不快を感じることが多いです。 ラストオーダーで一人、何杯も頼もうとする人もいます。 次の二つのことを徹底すると、飲み残しはほぼなくなります。 空いたグラスと交換をとにかく徹底! テーブルの上には人数分のグラスのみがある状態に常にする。 そのテーブルがどういう状況かということをスタッフが常に把握してることが大切です。 人数が多いグループ(15〜40人)には、ラストオーダーは数名のスタッフで手わけする。 *一人で聞くとお客様の人数が多いと注文をとってる間だけで時間がすぎていきます。 重要なのは【テーブルごとにお客様一人一人のグラスの状況を見ながら、残り少ない又は空いてるお客様のみ】に声かけします。 いろんなところから、いろいろな注文を聞くと、グラスの状況が把握できず、飲み残しがひどくなります 飲み残しをなくそうとするために、言い方がきつくなったり、あまりに厳しく言うとお客様も不快を感じます。 今、頼んだばかりのお客様が、ほとんど口をつけずにちがうものを注文する場合があります。 そのときは、スタッフはきっちり、グラスが空いてからのお代わりでお願いしますと説明してもらいます。 大切なことは、その人に必ず、あとでフォローをすることです。 その人が飲んでるグラスが空いたとき、すかさず、お代わりを聞いてあげます。 厳しいだけでは、不快感が残りますが、次にお代わりを聞いてあげるという サービスをしてあげてください。 そうることで、お客様も喜んでくれます。 この仕事は【サービス業】です。 お客様に心のこもったサービス・喜んでもらうことが目的です。 常に感謝の気持ちを持って、お客様に接すると自然に お客様がついてきてくれます。 お金はあとからついてくるものです。 最初に現状の【飲み放題の原価率】を算出する。 飲み放題料金=? 飲み放題の原価率 現状どれ位の原価が掛かっているのかをまずは知ることが大切。 次に、ロスを減らすための手を打つ。 以下は自分が店で実践していること。 グラス交換は当たり前。 飲み放題用のメニューにも記載しておく。 瓶ビールはファーストドリンク時のみ。 次からは生ビール対応。 団体様には焼酎の5合瓶ボトルをおすすめする。 (ビールから早めに焼酎に切り替えさせる。 ビールのロスよりも焼酎のロスのほうが安価で済むため)? 瓶ビールは2名〜3名で1本に徹底する。 ラストドリンクは聞かない。 例えば21時で終了です。 とあらかじめ伝える。 単純にロスを減らすのは以上のことを実践すれば必ず減ります。 原価を下げるテクニックも数多くありますが、まずはロスを減らすことが先決です。

次の