ソニック 漫画。 ハイキューって腐漫画扱いされてるけど、普通に骨太なスポーツバトル漫画だよな

それいけ!電撃ソニック団

ソニック 漫画

概要 『』にてがに授けたセイバーの一台。 あげるのではなく 『セイバーを自分のものにできなかった場合は返してもらう』という約束の下で授かる。 ソニックシリーズの1号「初代ソニック」で、コーナリング重視のセッティングを得意としている烈の影響で、大型リアウイングが装備されており モーターは坂道にも強い【】を搭載している。 第1話のみフロントローラーがフロントタイヤの真横に付いているが、それ以降は普通になっている。 原作及びキットにはフロントにエアダクトのようなものがあるが、これが機能した描写はなく、アニメではそのものがない。 カラーリングは白いボディに赤と緑。 ホイールは黄色(キットでは蛍光イエロー)。 この色合いは1台を除いた後継機にも受け継がれる。 烈と共に歩んだ、戦の歴史• デビュー戦(GJCウインターレース)では安定した走りをみせるが、ゴール前で吹っ飛んでしまう。 こちらは無事だったが、のは軽量化が祟って壊れてしまい、走行不能と思われたが、烈の説得でともにコース復帰。 一位を獲得した• が所有するとも激闘を繰り広げている。 ダートコースに特化したワイルドミニ四駆用ビッグタイヤを装備した【ワイルドソニック】もここで初披露した。 ウインターレース決勝戦ではコーストラブルにより、マグナムセイバーと共に大破。 しかし、豪は「2台の部品を合わせればまだ走れる」と言い出す。 そんなことをすれば失格だが、 「たとえ失格でも俺は最後まで走りたい」と失格なのを承知で組む。 それを聞いた烈も協力し、マグナムセイバーと合体。 失格となったためマシンを返そうとしたが、土屋博士に「自分の物に出来たじゃないか」と認められ、晴れて「烈のマシン」に• が持つマシンとのレースではダートコースであっても突き進み、佐上模型店で購入した「ビッグピンスパイクタイヤ」(アニメは「ビッグピンタイヤ」)を装備して勝利を掴む。 のとのレースでは、コーナリング重視のマシン同士による大接戦を繰り広げる。 (烈が【ミニ四レーサー】の役目を果たすために電池やタイヤ、モーターを温めるウォーミングアップを行っていたためベストコンディションで挑めた)• GJCスプリングレースで、マグナムセイバーを救出した時にモーターから煙が吹いてしまったためリタイアしてしまったが 後日開催された三位決定戦で、使用したモーターの効果もあって得意とするコーナリングコースで差を縮めていき、見事優勝を手にした。 土屋カップにて、トラブルなく一位を獲得。 大神研究所にて、マグナムセイバーと共にとレースで勝負する。 マグナムセイバーと合体技【ダブルトルネード】でプロトセイバーに追いつくが、大神博士の技術が結集しているプロトセイバーに勝つこともできず敗北。 (原作では、プロトセイバーと差が開いていたが【ダブルトルネード】でようやく追いついた)• 深夜の土屋研究所付近にてスーパーアバンテとレース。 【原作】 空気砲の嵐をひたすら耐え凌ぎ、空気流が弱まった一瞬をついて追いつく。 が、プロトセイバーの側面からの空気砲でコース外へ吹き飛ばされてしまい コースを支える柱に引っかかって一命を取り留める。 【アニメ版】 プロトセイバーとの再戦。 ボディに亀裂が入り、シャーシもダメージを受け、ウイングが吹っ飛んで満身創痍の状態になっても勝利のために走り続ける。 合体技で一度はプロトセイバーの前に出るが、大神の妨害工作により再度後方に下がったうえ、プロトセイバーの空気砲で吹き飛ばされてしまった。 マグナムと共にコースを支える柱に引っかかって一命を取り留めたため烈と豪により救われる 余談• 原作・アニメ 第一話では自室でソニック用の図面を何枚も引いている。 モーターは常時トルクチューンモーターではなく、GJCスプリングレースの途中でオーバーヒートしたことに驚いてしまったため三位決定戦では、なるべく発熱が低くパワーも控えめのモーターを装備させていた。 (恐らく【ノーマルモーター】か【】であろう) これが功を制し、三位決定戦の長距離レースに勝利した。 PS用ゲーム「」では、が烈から借りて使用している。 (あれ?先生ならマグナムを選ぶと思ったのに・・・ 立体物 1994年9月にフルカウルミニ四駆シリーズの記念すべき第一弾として販売 マグナムセイバーと同時発売。 マグナムと違って成型色のホワイトがやや黄ばんでいるのが特徴。 採用シャーシはスーパー1だが、初採用はこのマシンではない 1993年のが最初。 この時期ならではの外付け式のサイドローラー設置用のサイドガードが付属しているが、リアカウルに思いっきり干渉するため素の状態では付けられない。 そのためリアカウルにはサイドガード用に削るためのガイドがある。 …もっとも、駆動伝達やスピード効率が研究されつくしている今では 素直にリヤステーを別途に用意してローラーを付けた方が最も効率が良いと証明されているのだが。 マスダンパー設置などの目的でサイドステーを使うにしても無加工で付けられる強度もはるかに上の 「タイプの新型サイドガード」やシャイニングスコーピオンプレミアムやレイスティンガープレミアムに付属しGUP販売もされている 「S2用サイドガード」を使った方が良い。 …要するにソニックセイバーに付いているサイドガードは夢パーツに過ぎない。 もちろんボディに付属するローラーマウントを使用するのはショックの蓄積でボディキャッチ部が破損する危険性があるので論外中の論外である。 マグナムセイバーのボディが同梱したスペシャルキットとして発売されたこともある。 ただしベースとなるボディがほとんど同じためか、マグナムと違ってポリカやプライズは出ていない。 やはりソニックは不遇… 一足先にプレミアム化されたマグナムに続き、こちらも2011年開けにプレミアム版が発売された。 リヤステーも標準装備され、ボディ側のローラーのビスもしっかり付属しているが、ぶっちゃけ上述通りデメリットしかない上にリヤステーのローラーで役割は十分事足りているので付けてもあまり意味がない。 関連タグ -後継機 【これより先、本機が辿った末路が記されているため 閲覧には注意されたし】 最期• 原作では あと少しで手が届くところでプロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ 溶岩の中へ落とされた。 助けることができなかったことが【失う恐怖】として植え付けられ【ミニ四レーサーの引退】を考えさせることになった• アニメでは プロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ そのまま溶岩の中へと落とされた。 この最後はとも言われており、読者・視聴者のみならず、も涙をこらえたと言う。 関連記事 親記事.

次の

⑫【映画ソニック・ザ・ムービー公開記念!】まんが「ダッシュ&スピン 超速ソニック」期間限定無料公開【第12話】

ソニック 漫画

概要 [ ] 海外では多くの『』が漫画化されている中、日本での『ソニックシリーズ』では数少ない漫画化である。 『デンゲキニンテンドーDS』()9月号から4月号まで連載。 当初の内容は『』だったが、4月号から『』、9月号に『』、10月号に『』、10月号に『』と内容が変わりながら連載した。 その後、後継誌の『』の2012年5月号から5月号まで4コマ漫画に形態を変更して引き続き連載し、雑誌の休刊に伴い連載は終了した。 エピソード [ ]• 『』編(第1話から第6話まで)• 『』編(第7話から第11話まで)• 『』(第12話から第25話まで)• 『』(第26話から第37話まで)• 『』(第38話から第44話まで) 以降、4コマ漫画として連載した。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 メインキャラクター [ ] 本作の主人公。 走ることと冒険が大好きな世界最速の。 性格も原作のナックルズに近く曲がったことが大嫌い。 好物はチリドッグ。 『ワールドアドベンチャー』編ではウェアホッグに変身できた。 上記の性格のためかエッグマンやカリバーンとは仲が悪いがナックルズとは気があう。 ソニックの相棒の子狐。 尻尾の回転で飛ぶことができる。 機械いじりが大好きなメカマニア。 その性格が災いしてソニックに迷惑かけることも・・・。 クロニクル編ではソニックに対して酷い一面があったり、同じメカマニアのエッグマンとは気があったりする。 サブキャラクター [ ] ワールドアドベンチャー編(第1話〜第6話) [ ] チップ 記憶喪失になった謎の生物。 記憶を取り戻すためにソニックと冒険の旅に出る。 甘いもの(特にチョコ)が大好き。 第6話まで登場。 世界征服を企むIQ300の悪の天才科学者。 いつも野望を阻止するソニックのことは敵対するほど嫌いだが、チップには好きで彼にはやさしかった。 クロニクル編ではなぜか世界征服をやめたと言っていたが、カラーズ編から再び悪役として再登場。 暗黒の騎士編(第7話〜第11話) [ ] カリバーン 伝説の聖剣。 口うるさい厳格な性格で、ソニックとは非常に仲が悪く喧嘩ばかりしている。 手荒に扱われるのが嫌い。 第11話まで登場。 マリーナ 異世界からソニックを召喚した魔術師。 なぜか時々どこかにいったり、敵などを召喚したりと怪しい行動を取る。 第11話まで登場。 クロニクル編(第12話〜第25話) [ ] ハリネズミの女の子。 原作とは違い、ソニックのことが好き…なのか微妙な言動があり、エッグマンのこともすぐに信じてしまう。 勘が鋭く、ハンマーを持って戦う。 ハリモグラ。 ソニックのライバルでもあり仲間でもある。 性格は短気で乱暴だがマジメな性格で登場人物の中では原作に一番近い。 マローダー一味 何かとソニック達の冒険の邪魔をする。 だがその悪行は子供のイタズラに近い。 ビッグ 身長2mもある巨大なネコ。 よく友達のカエルくんとはぐれる。 シェイド マローダー一味の女リーダー。 とある理由でソニック達の前に現れる。 カラーズ編(第26話〜第37話) [ ] ヤッカー ホワイトウィスプというエイリアン。 ソニック達に助けられて以降は一緒に行動している。 お喋りだがソニック達とは言葉が通じない。 第37話まで登場。 オーボット エッグマンの側近のロボ。 しっかりとした性格だが仕事はサボろうとする。 エッグマンのことが嫌い。 キューボット エッグマンの側近のロボ。 抜けている性格だがエッグマンのことは尊敬している。 色々と口調が変わる。 ルージュ コウモリの女性。 ある事情でエッグプラネットにやって来たが・・・。 ジェネレーションズ編(第38話~第44話) [ ] クラシックソニック 過去のソニック。 現在のソニックと違って喋らないが、同じ性格なので気が合う。 ただ、やや子供っぽい一面が目立つ。 クラシックテイルス 過去のテイルス。 現在のテイルスと気が合いながらソニック達のサポートをする。 が、やはりメカ好きが災いしてソニック達に迷惑かけたり、メタルソニックを改造して強くしてしまったりする。 メタルソニック エッグマンが作ったソニック型のロボット。 一度壊れるがテイルス達のおかげでパワーアップする(再び壊れてしまうが)。 実はエッグマンのお気に入りのロボットである。 そのためソニック達に見せびらかした後で汚したくないという理由ですぐに帰ってくるように命じた。 関連項目 [ ]•

次の

ソニック・ザ・ヘッジホッグ (漫画)

ソニック 漫画

概要 『』にてがに授けたセイバーの一台。 あげるのではなく 『セイバーを自分のものにできなかった場合は返してもらう』という約束の下で授かる。 ソニックシリーズの1号「初代ソニック」で、コーナリング重視のセッティングを得意としている烈の影響で、大型リアウイングが装備されており モーターは坂道にも強い【】を搭載している。 第1話のみフロントローラーがフロントタイヤの真横に付いているが、それ以降は普通になっている。 原作及びキットにはフロントにエアダクトのようなものがあるが、これが機能した描写はなく、アニメではそのものがない。 カラーリングは白いボディに赤と緑。 ホイールは黄色(キットでは蛍光イエロー)。 この色合いは1台を除いた後継機にも受け継がれる。 烈と共に歩んだ、戦の歴史• デビュー戦(GJCウインターレース)では安定した走りをみせるが、ゴール前で吹っ飛んでしまう。 こちらは無事だったが、のは軽量化が祟って壊れてしまい、走行不能と思われたが、烈の説得でともにコース復帰。 一位を獲得した• が所有するとも激闘を繰り広げている。 ダートコースに特化したワイルドミニ四駆用ビッグタイヤを装備した【ワイルドソニック】もここで初披露した。 ウインターレース決勝戦ではコーストラブルにより、マグナムセイバーと共に大破。 しかし、豪は「2台の部品を合わせればまだ走れる」と言い出す。 そんなことをすれば失格だが、 「たとえ失格でも俺は最後まで走りたい」と失格なのを承知で組む。 それを聞いた烈も協力し、マグナムセイバーと合体。 失格となったためマシンを返そうとしたが、土屋博士に「自分の物に出来たじゃないか」と認められ、晴れて「烈のマシン」に• が持つマシンとのレースではダートコースであっても突き進み、佐上模型店で購入した「ビッグピンスパイクタイヤ」(アニメは「ビッグピンタイヤ」)を装備して勝利を掴む。 のとのレースでは、コーナリング重視のマシン同士による大接戦を繰り広げる。 (烈が【ミニ四レーサー】の役目を果たすために電池やタイヤ、モーターを温めるウォーミングアップを行っていたためベストコンディションで挑めた)• GJCスプリングレースで、マグナムセイバーを救出した時にモーターから煙が吹いてしまったためリタイアしてしまったが 後日開催された三位決定戦で、使用したモーターの効果もあって得意とするコーナリングコースで差を縮めていき、見事優勝を手にした。 土屋カップにて、トラブルなく一位を獲得。 大神研究所にて、マグナムセイバーと共にとレースで勝負する。 マグナムセイバーと合体技【ダブルトルネード】でプロトセイバーに追いつくが、大神博士の技術が結集しているプロトセイバーに勝つこともできず敗北。 (原作では、プロトセイバーと差が開いていたが【ダブルトルネード】でようやく追いついた)• 深夜の土屋研究所付近にてスーパーアバンテとレース。 【原作】 空気砲の嵐をひたすら耐え凌ぎ、空気流が弱まった一瞬をついて追いつく。 が、プロトセイバーの側面からの空気砲でコース外へ吹き飛ばされてしまい コースを支える柱に引っかかって一命を取り留める。 【アニメ版】 プロトセイバーとの再戦。 ボディに亀裂が入り、シャーシもダメージを受け、ウイングが吹っ飛んで満身創痍の状態になっても勝利のために走り続ける。 合体技で一度はプロトセイバーの前に出るが、大神の妨害工作により再度後方に下がったうえ、プロトセイバーの空気砲で吹き飛ばされてしまった。 マグナムと共にコースを支える柱に引っかかって一命を取り留めたため烈と豪により救われる 余談• 原作・アニメ 第一話では自室でソニック用の図面を何枚も引いている。 モーターは常時トルクチューンモーターではなく、GJCスプリングレースの途中でオーバーヒートしたことに驚いてしまったため三位決定戦では、なるべく発熱が低くパワーも控えめのモーターを装備させていた。 (恐らく【ノーマルモーター】か【】であろう) これが功を制し、三位決定戦の長距離レースに勝利した。 PS用ゲーム「」では、が烈から借りて使用している。 (あれ?先生ならマグナムを選ぶと思ったのに・・・ 立体物 1994年9月にフルカウルミニ四駆シリーズの記念すべき第一弾として販売 マグナムセイバーと同時発売。 マグナムと違って成型色のホワイトがやや黄ばんでいるのが特徴。 採用シャーシはスーパー1だが、初採用はこのマシンではない 1993年のが最初。 この時期ならではの外付け式のサイドローラー設置用のサイドガードが付属しているが、リアカウルに思いっきり干渉するため素の状態では付けられない。 そのためリアカウルにはサイドガード用に削るためのガイドがある。 …もっとも、駆動伝達やスピード効率が研究されつくしている今では 素直にリヤステーを別途に用意してローラーを付けた方が最も効率が良いと証明されているのだが。 マスダンパー設置などの目的でサイドステーを使うにしても無加工で付けられる強度もはるかに上の 「タイプの新型サイドガード」やシャイニングスコーピオンプレミアムやレイスティンガープレミアムに付属しGUP販売もされている 「S2用サイドガード」を使った方が良い。 …要するにソニックセイバーに付いているサイドガードは夢パーツに過ぎない。 もちろんボディに付属するローラーマウントを使用するのはショックの蓄積でボディキャッチ部が破損する危険性があるので論外中の論外である。 マグナムセイバーのボディが同梱したスペシャルキットとして発売されたこともある。 ただしベースとなるボディがほとんど同じためか、マグナムと違ってポリカやプライズは出ていない。 やはりソニックは不遇… 一足先にプレミアム化されたマグナムに続き、こちらも2011年開けにプレミアム版が発売された。 リヤステーも標準装備され、ボディ側のローラーのビスもしっかり付属しているが、ぶっちゃけ上述通りデメリットしかない上にリヤステーのローラーで役割は十分事足りているので付けてもあまり意味がない。 関連タグ -後継機 【これより先、本機が辿った末路が記されているため 閲覧には注意されたし】 最期• 原作では あと少しで手が届くところでプロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ 溶岩の中へ落とされた。 助けることができなかったことが【失う恐怖】として植え付けられ【ミニ四レーサーの引退】を考えさせることになった• アニメでは プロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ そのまま溶岩の中へと落とされた。 この最後はとも言われており、読者・視聴者のみならず、も涙をこらえたと言う。 関連記事 親記事.

次の