がま口 バッグ の 作り方。 ハギレ布・ハガワで作る「がま口バッグ」型紙の作り方

無料公開!ハマラボ流〜口金の付け方〜/がま口の口金・型紙の専門店「横浜Labo

がま口 バッグ の 作り方

今日は、「縫い付ける」タイプのがま口の付け方を詳しく説明します。 通常のがま口の作り方と同じなので、こちらをご参考にされてくださいね。 <用意するもの> 糸は、ボタン付け糸や強くてしっかりした糸を用意しましょう。 太めの糸で、デザインのポイントにしても素敵です。 まず、がま口の中心の穴と袋布の中心部分をしつけで軽く合わせておきます。 縫い合わせる糸は、しっかりした糸2本どりで用意しておきましょう。 縫い合わせていきます。 まず写真のように、 端から2番目の穴から針を出します。 次に、 最初の穴に通します。 次は3番目から出して、4番目に入れて・・・と縫っていくと・・・ こんな感じで縫い目が出来てきましたね! このまま縫い進めて、裏面で玉結びを作って止めると完成です。

次の

ハギレ布・ハガワで作る「がま口バッグ」型紙の作り方

がま口 バッグ の 作り方

こんにちは。 きみーです。 型紙通りに上手く布は切れないし、もうちょっとサイズがなぁ~とか、縫い代間違えたり。。。 しかも今回はがま口バッグ! がま口の口金パーツって型紙がセットになっていることが多いんですが、あれって普通~~~ながま口のデザインの型紙しか入ってなくないですか!? それじゃないんだよなぁ~みたいな。。。 でも、がま口って慣れてないと特殊っていうか、口金と接する部分とかどうなるの?寸法は?とか難しく考えちゃって自分で一からがま口のデザインってなかなか作れない、作ろうと思えないんですよね。 そして、そんな私ががま口バッグ作りたい!とか出来るかなとか思ったんですが、これが意外と出来ちゃったんです! コツが分かれば意外と簡単! だから今回は、がま口財布やがま口バッグを作りたいと思っているあなたにも思い描く理想のがま口バッグを作れちゃうコツやポイントを書いていこうと思います。 良かったら参考にしてみて下さいね。 スポンサーリンク 型紙の作成と試作の試し縫い では型紙を作っていきましょう。 まずは私が作った流れを踏まえて紹介していきます。 コピー用紙などの紙にまずこんな感じかな~っていう型紙を作ってみます。 こんな感じで両面合わせた大きさの大きな紙が無い場合は半分でも大丈夫です。 今回の目的は、作った型紙で希望の形になるかという部分。 試し縫いする個所も袋の状態になるように両サイドと底部分だけで、がま口の口はそのまま空いた状態です。 それを口金と合わせてみて、もっと高さは短くしたいなとか、底はもっと広くしないと入れたい物全部入らないな~とか検討します。 私が2回作っているのも1回目の型紙では希望の形にならなかったから。 その結果を踏まえて、型紙はこんな感じが良さそうです。 でもこれだけではサッパリなので各寸法の説明です。 上の図の紫の縫い代の部分ががま口の口金パーツにはめ込む部分(開き口になる部分)です。 今回私が作りたかったのは、横に細長くて少し厚みのある(底部分のある)がま口バックなので、一般的ながま口財布とは「寸法4」の部分が余分に加わってきます。 両サイドもその分の厚みを考慮しての幅寸法になるので注意が必要です。 そしてこれが縫い合わせた時のイメージです。 今回の1つのポイントとしては、ハギレ・ハガワで作るということです。 ハギレはサイズが限られています。 もちろん今回のハギレ布を選んだ時点で作りたいバックのサイズは考慮して、この布の大きさなら大丈夫かなと選んではいますが、 結構ギリギリだったりもしたんです。 なので、横幅も布ギリギリここまでなら広げられるとか、追加で装飾パーツ作りたい場合は、その布も残さなきゃとか、限りある布で最大限上手く利用出来るように型紙を当てながら考えるのも重要なポイントです。 そして、 もう1つのポイントは試し縫いしてみること。 本番用の布が限られていればなのことこれは大切です。 失敗しても糸を解いて解決、やり直しがきく失敗もありますが、型紙ミスやカットミスは致命的です。 ついつい間違えちゃう、うっかりさんタイプは面倒でも試作品を作ってみましょう。 接着芯と布のカット 納得のいく型紙が完成したら布をカットしていきます。 今回は薄手の生地になるので、 接着芯を貼っておきたいと思います。 カットする前に接着芯を貼り、その後型紙の形にカットします。 接着芯は100均でも売られていますが、接着芯にも薄いものや厚いものなど種類があるので、希望の仕上がりになるものを選びましょう。 それが一番間違いないです。 特にカットのラインは縫ってしまえば隠れる場所なので多少カットの際に描いた線が残っても大丈夫です。 こちらに関しては後程説明していきますね。 パーツはこれで全部という訳ではありませんが、一旦外回りの生地が揃いましたので今回はここまでです。

次の

型紙を使ったがま口バッグの作り方|ハンドメイドで好みのアイテムに

がま口 バッグ の 作り方

がま口ポーチの基本の作り方はとても簡単です。 1、本体となる部分を袋状になるように作ります。 2、1で作った袋状の口の部分に紙ひも縫いつけます。 3、口金のみぞにボンドをぬります。 4、口金のみぞに布を押し込むようにいれます。 5、口金のみぞの両端を、ペンチなどでギュッとはさんで閉めたら完成です。 がま口ポーチの基本はとても簡単です。 手順が多いように思ってしまうことで、むずかしそうに感じたり、道具が多いように感じたりしてしまいますが、手芸に使うことの多いボンドやペンチは、家にあるという場合も多いのではないでしょうか。 ボンドやペンチがない場合や、紙ひもがない時には、100均で販売されています。 100均では、がま口の口金や布も豊富に扱っているため、がま口ポーチの作りに簡単にチャレンジすることができます。

次の