プルームテックプラス ケース。 【本革】プルームテックプラスケース

プルームテックケースのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれで携帯しやすいものを厳選】

プルームテックプラス ケース

プルームテックプラスのケースをレビュー ソフトケース• たっぷり収納できる大容量のケース サイズ的には、すっぽりと本体が入る大きさになっていますね。 プルームテックプラス本体• たばこカプセル• マイクロUSBケーブル• 充電器 すベてセットで収納が可能です。 ジッパーもの口も大きく開くような設計になってるので、出し入れもラクですね。 マウスピースを付けても余裕で入るので、外す必要もありません。 素材が上品で、長持ちしそう 家具で使われる素材を使用して、品質にこだわって作られています。 生地が厚くて、乱暴に使っても、破けたりしそうにないですね。 近くで見ると、縫い目もしっかりしていて、すごく丈夫。 たばこカプセルの箱ごと入れるときついかも カプセル箱も入りますが、ジッパーを閉める時に、キツキツになります。 できれば、 カプセル箱の中身は出して入れると余裕があって収納できますね。 ハードケース 革• 本体を保護したいなら、頑丈なハードケースを ソフトケースと違って、完全に外の衝撃から守ってくれますね。 中で固定される仕様になっているので、振っても中でこすれたりしません。 本体を大切に使いたいなら、ハードケースがベスト。 肌触りがなんとも言えない気持ちよさ ハードケースと聞くと、固いイメージがありますが、まわりが柔らかい人工皮革って、素材で覆われています。 高級なイスで使われる素材っぽいイメージです。 ずっと触っていたくなるような心地よさ。 落としても、衝撃を吸収してくれそうですね。 充電器は入らないので注意 ソフトケースと比べると、入る容量は少なめ。 特に、充電器は入らないので、1つにまとめることはできません。 プルームテックプラスのケースの色の種類• ケース色はそれぞれ4種類 ソフトケースのカラー 【ライトブルー】 ソフトケースとハードケースどっちがおすすめ? ソフトケースがおすすめな人• とにかく1つにまとめたい人 「プルームテックプラスの付属品をすべて収納したい」 って人向けです。 こだわると、• マウスピース• 専用バッテリー• 数種類のカプセル など、どんどん付属品が増えていきますよね。 持ち歩くアイテムが多い人は、容量が少なめのハードケースでは、収まらないんですね。 たくさん中身に入れたいなら、ソフトケースが活躍します。 収納を重視する人は、ソフトケースがおすすめですね。 ハードケースがおすすめな人• 傷が付くのを防ぎたい人 プルームテックプラスの本体って、結構いい値がしますよね。 「壊れないように、大切に使いたい!」 ってあなたは、ハードケースが一番。 中で固定されるので、ごちゃごちゃ動く心配もないんです。 他の付属品とこすり合って、傷付くことを防いでくれるんですね。 スペースが小さいのがデメリット。 まとめると、• 収納を優先する=ソフトケース• 保護を優先する=ハードケース って感じですね。 プルームテックプラスの純正ケースのメリット 素材がしっかりしている 「やはり本物は違う」 ってことですね。 ソフトケース=家具に使われるファブリック素材• ハードケース=特殊な人工皮革 って専用の こだわった素材が使用されています。 長く使えるケースを目指して、追求して作られてるんですね。 細部までこだわって作っている プルームテックプラスに 特化して作られてるので、ムダがないってことですね。 スペースもピッタリなので、出し入れにもすストレスがありません。 ロゴがかっこいい 「Ploomtech」って、1つのブランドになっていますよね。 日本製の加熱式タバコなので、根強いファンも増えています。 ロゴがあるとないとでは、吸う時のテンションが変わってくる ってくらいになると、純正品でまわりを揃えたくなっちゃいますね。 まとめ• プルームテックプラスの純正ケースは、ソフトタイプ、ハードタイプがある• ソフトケースは、容量重視• ハードケースは、保護重視• 純正ケースは素材にこだわりがあり、長く使える 店舗に行かなくても、ネットでも発売中です。

次の

プルームテックプラスのケースでおすすめは?100均で代用できる?

プルームテックプラス ケース

この記事を3行でまとめると• プルームテックプラス用の純正ケースは二種類• プルームテックプラス用の純正ケースはコスパ高め• 個人的にオススメなのはハードケース プルームテックの利用で必要なもの 左側がカートリッジで右側がたばこカプセル プルームテックプラスの利用で最低限必要持ち運ぶ必要のあるアイテムとしては。。 プルームテックプラス本体• カートリッジ• たばこカプセル となっています。 プルームテックは50パフで1カプセルを消費するため少し計算が難しいですが、 5タバコカプセルで普通の紙タバコ1箱分と同じ分量になっています。 ですので5個タバコカプセルを持ち運んでいれば基本的に十分ですね。 カートリッジに関しても1個のカートリッジで5タバコカプセル分吸引することができるようになっているため、カートリッジに関しては1個持ち運んでいれば十分でしょう。 純正ケース買っとけば、 基本的に間違いないよ。 とうことですね。 プルームテックプラスも、サードパーティー製のケースが大量に販売されています。 全てのサードパーティー製の製品が悪いとは言いません。 しかし少しケチって 聞いたことのないようなメーカーのアクセサリーを購入したりすると、設計ズレがあったりして本体がうまく格納できなかったり、蓋が閉まらなかったりとトラブルがよくおこります。 ですので、その辺りのハズレケース、アタリケースの見極めが難しいのですが、 純正ケースであれば基本的にこのようなトラブルが起こりません。 これこそが、純正カバーの最大のメリットです。 ということで少し話がずれたので話を戻しまして プルームテックプラス用純正ハードケースのメリット まずメリットから紹介しておくと。。 袋タイプのケースなら純正でなくてもよくない? ということなのですが、ぶっちゃけほんと上の通りで、袋タイプのケースだと、あまり純正カバーの恩恵を受けれないのでは?と思ってしまいます。 確かに袋の全長がプルームテックプラスの全長にフィットするように作られていたり、チャックの開け閉めが簡単にできるようになっているなど、純正ケースの恩恵は受けれているといえば受けれているのですが、やはり ハードケースのかっちり感の方が、純正ケースの恩恵としては強いですよね。 まとめ ということで最後にもう一度まとめておくと。。 プルームテックプラス用の純正ケースは二種類• プルームテックプラス用の純正ケースはコスパ高め• 個人的にオススメなのはハードケース とうことですね。 プルームテックプラスも、そのまま持ち運ぶと直接口で触れる部分がむき出しで不衛生なので、ぜひこういったケースを活用するようにしましょう。

次の

プルームテックプラスの純正ケース&おすすめアクセサリーまとめ

プルームテックプラス ケース

メタルキャップ付きのプルームテックプラス本体も収納できたから これが僕がソフトケースに収納したかったモノだ。 そんなに気に入っていたハードケースなのに ソフトケースに乗り換えた理由は6月4日に JT から新発売されたプルームテックプラスのメタルキャップだ。 メタルキャップは吸い口を清潔に保ってくれるのが最大の特長。 メタルキャップを付けるとハードケースにプルームテックプラスが入らなくなったから。 でもそれがきっかけで、ソフトケースに変えたことでハードケースの時よりも利便性が向上した。 メタルキャップについてもっと詳しく知りたい人は、 メタルキャップ発売日に5種類、全部買って試した記事を以下に紹介しておくので見てほしい。 ソフトケースに変えてハードケースより良くなったコト 答えから言うと、「 ソフトケースは予想以上の収納力でプルームテックプラス本体だけでなく VAPE も収納できる大容量」だった。 こんな感じで、プルームテックプラス本体・メタルキャップ・たばこカプセル・USBケーブル・を余裕でソフトケースには収納できる。 プルームテックプラス純正ソフトケースに収納できる 僕が使っている初心者向けのベイプは、以下の記事で おすすめのリキッドも紹介しているのでプルームテックと VAPE を二刀流しようと思っている人は参考にしてみてほしい。 関連記事 まとめ 最後に 【レビュー】プルームテックプラスが大好きな僕がハードケースからソフトケースに乗り換えて良かったコトの記事をまとめると.

次の