ジャパニーズ ホラー。 「怖すぎ」ホラー映画「リング」を見た海外の反応

低迷続く“Jホラー”が復活の兆し ブーム再来なるか?

ジャパニーズ ホラー

その部屋の住人になると、隣の1302号室に住む人形のように美しい少女から「あの部屋に住む人はみんな死んじゃうんだよ」と告げられます。 新生活に胸膨らます住人は、部屋に何者かを感じます。 それは誰かの気配などという生易しいものではなく、自分しかいないはずの部屋でシャワーを使う音が聞こる、トイレの中からノックが聞こえるなど、恐怖のどん底に突き落とされるもの。 そして少女の予言通り、遂にあらわれる「それ」によって部屋の住人はベランダから転落死してしまうのでした。 救いようがない展開と、逃れられない恐怖感は、夜に部屋で一人で読むと後悔するほどです。 映画にもなっており、正統派ジャパニーズホラーといえるでしょう。 また最後に、早苗が精神科医としてとった行動は非常に考えさせられます。 死ぬのをただ待つ患者に対して、あなただったら、どんな選択をするでしょうか?ホラーでありながら、生と死について深く考えさせられる作品です。 やがて、その企画で同行していた人々が次々と奇妙な自死をとげ、早苗はその不信さに原因の究明を始めます。 自殺した人々が共通して死ぬ前に聞いていた音が「天使の囀り」です。 言葉のかわいらしさとは裏腹に、それは人を死へと向かわせるものでした。 まず、自殺する前の高梨の躁状態や、ぶくぶくと太っていく肉体的変化に気持ち悪さを感じますが、それは序の口。 自殺しなかった場合にたどる運命はさらに悲惨で、遺伝子まで操作され、すでに人間としては機能しない体になります。 その描写は非常にグロテスクです。 スプラッター系(血しぶきが飛び散るような表現)ではないグロテスクさは、ホラーでもあまりありません。 血みどろ以外のグロテスクさを楽しみたい方におすすめです。 日本が舞台の、サバイバルホラー『夜までに帰宅』 吉祥寺に住む高校生・アキラは友人の誘いで、好意を寄せているエミをはじめとする友人たちと、法律で禁止されている「夜」遊びをすることになります。 ほんの冒険心から始まった「夜」遊びでしたが、友人の一人が消え、生首となって見つかります。 ドアの向こうに気配を感じるのに、助けを求めてドアを叩いても誰も反応してくれないという特殊な状況が、恐怖に拍車をかけます。 そんな状況下で、殺人サークルに出会い、目をつけられたアキラたちが井の頭公園で繰り広げる戦いは、見ごたえがあります。 グロテスクな表現はありませんが、敵に追われる恐怖感を楽しめます。 アキラの恋愛事情などもあり、ライトノベル感覚で気軽に読むことができますので、さくっと読みたい方におすすめです。 鬼は誰だ?異色の脱出系ホラー『お前たちの中に鬼がいる』 主人公であるぬっぺほふは、どろどろに溶けた脂の塊のような、とても醜い姿をしています。 そんなぬっぺほふを「あたしのかあいいお肉ちゃん」と呼んで愛玩動物のようにかわいがる美しく傲慢なコバト姫。 登場人物のキャラクターが、とても濃いものとなっています。 ぬっぺほふや、美しいコバト姫、義兄秋信、秋信が手を出していた千花子は、自分の欲望のためには手段を選びません。 残虐さを持っていながらも、全体を通してアンダーグラウンド感が漂う美しさを保つのは、ぬっぺほふが一途にコバト姫を愛しているからでしょう。 妖怪やエログロがずっしり詰まりながらも、不思議な美しさのある世界をのぞいてみませんか? その人物は人間か、それとも……『玩具修理者』 その人物は「玩具修理者」。 壊れた物を一旦すべてバラバラにし、何でも一瞬にして元に戻してしまう謎の存在。 男性であるのか女性であるのか、人間なのかそうでないのかすらわからず正体は全く掴めません。 不可思議な言動、時折発する謎の奇声。 どれもが不気味で得体が知れないにも関わらず、読むうちに玩具修理者というキャラクターに強く惹かれてしまいます。 グロテスクな描写もさることながら、終始意味不明と言っても過言ではないストーリー展開が魅力の本作。 語り手の淡々とした独白は、やがてラストで戦慄の事実へと繋がることに。 玩具修理者が「修理」した物の末路は。 そして罪を語るこの女性は何者なのか?H. ラヴクラフトの生んだ「クトゥルフ神話」の要素が散りばめられている点も、そのおぞましさを助長しています。 同時収録の「酔歩する男」も、その完成度の高さからファンの間で高評価を得ている名作です。 醜い遊女の秘めた狂気『ぼっけえ、きょうてえ』 短編ながら、日本ホラー小説大賞を受賞した岩井志麻子の代表作。 「ぼっけえ、きょうてえ」とは岡山の方言で「とても怖い」という意味です。 表題作「ぼっけえ、きょうてえ」の舞台は明治時代の岡山県。 客に向けて身の上話をしているひとりの遊女。 その顔は引き攣れたように醜く歪んでいました。 徐々に明かされる遊女の生い立ちの凄まじさ。 そしてその容姿に隠された驚愕の秘密とは一体何か。 また、本作は男と女の間に渦巻く情念を柱として描かれているので、ドロドロとした陰惨な雰囲気が後を引きます。 「怖い」というより「気持ち悪い」という感想をまず抱いてしまいがちな作品ですが、地方を舞台にした土着的な雰囲気もそれに一役買っています。 方言で語られる狂気が読み手を完膚なきまでに「きょうてえ」気持ちにさせてくれること間違いなしの作品。 SFの巨匠が送る恐怖小説集『霧が晴れた時』 SFホラーの第一人者が描く怪奇短編集。 舞台となる時代はやや古いものの、現代でも「金字塔」といって遜色のない作品となっています。 内容もあまり恐怖に重点をおいておらず、どちらかといえば読後に絶望感が残るものが多め。 しかし、やはり話の構成とオチの多彩さで十分魅せてくれるので、その発想力にも舌を巻いてしまうに違いありません。 もちろん、パラレルワールドや異次元などのSFモチーフも随所に登場するなど、小松左京の原点が詰まった作品集に仕上がっています。 ドラマ化された作品も多く既視感を覚えることもありますが、それでもスッと物語に入り込める点は素晴らしいの一言。 昔ながらの怪談話をSFに昇華させた骨太の作品たちは、どれもかなりの読み応え。 小松左京作品を未読の方は、入門編としてこの作品から読んでみてはいかがでしょうか。 退廃的幻想ホラー小説『夢魔の旅人』 「月ちる盈夜を」「壁の中には」「奇蹟」など11話からなる短編集で、イタリアにまつわる話が収められています。 ここでは「壁の中には」をご紹介します。 W大学で建築を学ぶ橘隆は、卒論のテーマにするつもりだったホテルから、2月14日の夜にぜひおいでくださいとの招待状を受け取ります。 実際に訪れてみると、フロントでは誰もそんな招待状は出していないといいます。 そのとき背後から聞こえた囁き声が聞こえてきました。 招待状を出した人物まで案内してくれるというのです。 不規則な角をいくつも曲がり、すっかり自分がどこにいるのかわからくなった頃、ようやくその部屋にたどり着きます。 そこで待っていたのは、ホテル創業者の孫で、現在のオーナーであるという老女でした。 最初はホテルの歴史などをきいていたのですが……。 90年代のある夏に集まったの仲間たちが、次々と惨殺されていきます。 双葉山の伝説の殺人鬼が覚醒したのです。 地獄のように繰り広げられる血みどろの惨劇っぷりは、想像をはるかに上回っています。 グロテスクホラーが好きな方には、それだけでも楽しめる作品と言えるでしょう。 しかし、そんな中でもしっかりミステリーは存在しています。 はしがきにもありますが、全体を通して大きな罠が仕掛けられているのです。 最初から気を抜かずに読んでください。 あなたはその違和感に気づくでしょうか? きっと多くの方(それも、最後までグロテスクな描写に耐えきれた方)が、最後の蛇足部分を読んで衝撃を受け、最初から読み直してしまうのではないでしょうか。 くれぐれも読書のタイミングにはご注意ください。

次の

【ホラー映画】邦画編おすすめ人気ランキング19選!本当に怖い名作は?

ジャパニーズ ホラー

日本の夏といえば、海、お祭り、夏休みなどたくさんありますが、暑い夏に思わずブルっと身震いする涼を運んでくれるのが 怖い話です。 この時期はテレビ番組などで「恐怖!」や「絶叫!」などの文字をたくさん見かけます。 そして、日本が世界に誇るもののひとつに「ジャパニーズホラー」映画もあります。 今回は、背筋も凍るジャパニーズホラーの魅力を紹介していきます。 日本から世界へ。 身の毛もよだつジャパニーズホラーの人気 ジャパニーズホラー 以下:Jホラー は、同じホラーでも、一般的なハリウッドのホラー映画とは一味違ったジャンルになっています。 物静かな空気を醸し、薄気味悪い世界観は海外で高く評価され多くのJホラー作品がハリウッドなどでリメイクされています。 写真:『』公式サイトより Jホラーが世界的知名度を獲得できた、そのきっかけとなった映画は『リング』シリーズと『呪怨』シリーズではないでしょうか。 テレビから這い出て来る「貞子」や異常な程色が白い少年「俊雄」など、一度見たら脳裏に焼き付いて離れないキャラクターに、トラウマを持つ人も多いはず。 いずれもハリウッドでリメイク化され、大ヒットを記録しました。 その後も様々な作品がリメイクされ、おどろおどろしさを持つJホラーが世界を席巻していきました。 Jホラーの怖すぎる4つの特徴 数多くある日本のホラー映画。 そこで、Jホラー映画に見られる4つの主な特徴を挙げてみました。 1 ハッピーエンドで終わらない、救いようの無い絶望感 Photo Credit: via 例えば登場人物が「向こうで人の気配がしたので、声を殺して静かに近づいていく」という場面。 全ての作品に言えることではありませんが、こういった場面ではBGMも消え、静かなシーンになります。 そして、誰もいないとホッと安心して振り返ると……ドス黒い影が!という感じです。 3 身近なものを利用し、現実感を出す Jホラーでは、日常生活を舞台にした映画が多いです。 例えば、おなじみ『リング』に登場する貞子はテレビから出てきますし、シリーズ化もされた『着信アリ』という映画では「携帯電話」に死を予告する着信が来る、という設定です。 他にも学校のトイレや風呂場の鏡など、日頃から馴染みのあるものをテーマとすることで「もしかしたら現実でも起こるかもしれない」とこちらがついつい想像してしまい、さらに恐怖感を煽るのです。 4 設定された舞台の範囲が狭い Photo Credit: via Jホラーではストーリー上の規模が小さいのが印象的です。 前述した「リング」や「呪怨」は、どこにでもある一軒家が主な舞台です。 これは 2 と重なりますが、やはり現実に起こりうるかもしれないと感じる恐怖と、日常を切り取ったリアルな感じを生み出しているように思います。 おわりに 夏になると、怖いもの見たさでつい気になってしまうホラー映画。 ぜひ、猛暑の日本で過ごすならJホラーを観て涼しくなりましょう。 さらに上級者の方は、部屋を暗くして一人で観ると怖さが倍増するのでオススメです。 ……そんなことより、さっきからあなたの後ろに立っている長い髪の女性は誰ですか? 本記事の情報は取材・執筆当時のものです。 記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。 ご利用の際は改めてご確認ください。

次の

【閲覧注意】ジャパニーズホラー傑作おすすめ5選!

ジャパニーズ ホラー

【ホラー映画】邦画編ランキング19位は、「クロユリ団地」。 『仄暗い水の底から』などで日本を恐怖に陥れた鬼才、中田秀夫がメガホンを取ったおすすめホラー作品。 元AKB48のトップ、前田敦子が主演を務めたことでも話題になりました。 共演に成宮寛貴。 舞台は、老朽化したクロユリ団地。 そこの引っ越してきた明日香(前田敦子)は隣の部屋から奇怪音が聞こえてくることに気づきます。 ある日、隣の部屋の鳴りやまない目覚まし時計を止めに行くと、そこには亡くなっている老人の姿が…。 それを機に彼女の周りでは不可解な現象が起こり始め…… 今や社会問題にまで発展した「孤独」をテーマにしたホラー作品で、ストーリーも見ものですが、怪奇現象や衝撃的な恐怖映像は見どころ。 クロユリ団地 主演 前田敦子 出演者 成宮寛貴ほか 上映時間 106分 公開日 2013年5月18日 ジャンル ホラー 監督 中田秀夫 【ホラー映画】18位「Anotherアナザー」 【ホラー映画】邦画編ランキング18位は、今や絶大な人気を誇る若手俳優、山崎賢人と橋本愛のW主演ホラー映画「Anotherアナザー」。 2009年に発表された綾辻行人のホラー小説を実写映画化した作品です。 舞台は1998年春。 とある地方都市へと引っ越してきた15歳の少年、榊原恒一は、学校で持病の発作が起こり病院へ担ぎこまれてしまいます。 そこで出会ったのは眼帯をした美少女。 彼女は地下の霊安室で不可解な言葉を残し消えてしまったのです……。 見どころはやっぱり、山崎賢人と橋本愛の迫真の演技。 彼らの演技がより恐怖心を掻き立ててきます!衝撃のラストにも注目していただきたいです。 番外編|見たい映画やドラマは一旦無料のHuluで見よう! 【ホラー映画】邦画編ランキング17位は、AKB48の島崎遥香の映画初主演となるホラー映画「劇場霊」。 第21回エトランジェ映画祭・コンペティション部門出品作品でも注目を浴びました。 主人公は若手女優の沙羅(島崎遥香)。 彼女は新作舞台で出演のチャンスを掴みます。 しかし、香織(足立梨花)や葵(高田里穂)などの女優たちは、主演の座をかけて火花をちらしていました。 そんな中、劇場内で、美術スタッフの変死体が見つかり……。 本作のキャッチコピーは「「女優霊」から20年」。 中田監督の出世作「女優霊」のファンがかなり期待を乗せた作品として話題を呼びました。 また塩対応で知られる島崎遥香の迫真の演技にも注目。 劇場霊 主演 島崎遥香 出演者 足立梨花、高田里穂ほか 上映時間 99分 公開日 2015年11月21日 ジャンル ホラー 監督 中田秀夫 【ホラー映画】邦画編ランキング16~14位! 【ホラー映画】16位「おろち」 【ホラー映画】邦画編ランキング16位は、楳図かずおの漫画を原作にした、ホラーサスペンス作品「おろち」。 「予言」の鶴田法男がメガフォンをとりました。 楳図かずおが生み出したキャラクターを見事に演じたのが、谷村美月、木村佳乃、中越典子。 主人公は、不老不死の体を持ち、人間の世界を彷徨う謎の美少女・おろち。 彼女は、門前家に家政婦として潜り込みます。 しかしこの家には、女性は29歳を過ぎるころに突然、美ぼうが崩れ、化け物のように醜く死んでいくという呪いが伝えられていたのでした…… 人間の心の闇を演技で表現した主演の谷村美月そのものが見どころ。 ストーリーラインも、とても普通のホラーとはまた違うダークファンタジーとして構成されています。 【ホラー映画】邦画編ランキング15位は、第一回横溝正史賞を受賞した斉藤澪の同名小説を映画化した作品「この子の七つのお祝いに」。 1982年に公開された作品にも関わらず、いまでもホラー映画として人気を誇るおすすめ作品です。 舞台は、戦後の日本。 大蔵大臣磯部の私設秘書、秦一毅の元お手伝いさんだった池畑良子が殺害されたところからストーリーは展開していきます。 殺害事件の真相を追っていたルポライター、母田耕一は秦の内妻、青蛾が奇妙な手型占いをするという噂を耳にします。 80年代ならではの「怖さ」が詰まった本作。 現代よりも奇妙な描写が多く、トリハダが止まりません。 日本の人気有名ホラー作品の一つをぜひ鑑賞してみてくださいね。 この子の七つのお祝いに 主演 岩下志麻 出演者 根津甚八、辺見マリほか 上映時間 111分 公開日 1982年10月9日 ジャンル ホラー 監督 増村保造 【ホラー映画】14位「震える舌」 【ホラー映画】邦画編ランキング14位は「ホラー映画」というよりも「トラウマ映画」として人気を誇る名作「震える舌」。 ネットでも「怖い!」という感想が溢れかえっている作品。 ジャンルは意外にも「ホラー」ではなく「ヒューマンドラマ」。 三好昭と妻の邦江、娘の昌子の三人家族は、千葉郊外の団地に暮らしていました。 しかし、昌子の目にとある蝶が飛びかかってきたことから、彼女はテタナス(破傷風菌)に取りつかれてしまいます。 「看病」という視点から、人間の精神崩壊を描いている本作は、かなり怖い。 しかし、たしかにヒューマンドラマらしいストーリーライン。 しかし、人にトラウマを与えてしまう、衝撃的な描写が多く含まれているところも見どころ。 震える舌 主演 若命真裕子 出演者 渡瀬恒彦、十朱幸代ほか 上映時間 114分 公開日 1980年11月22日 ジャンル ヒューマンドラマ 監督 野村芳太郎 【ホラー映画】邦画編ランキング13~11位! 【ホラー映画】13位「アイアムアヒーロー」 【ホラー映画】邦画編ランキング13位は、花沢健吾の人気コミックを映画化したパニック・ホラー作品「アイアムアヒーロー」。 主演は大泉洋。 また、有村架純、長澤まさみなど実力派女優も出演しています。 新感覚を味わいたい人におすすめ。 主人公は、漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)、35歳。 彼女とはマンネリ気味で破局寸前。 ある日、体調が悪い彼女のお見舞いへいくと、彼女が急に襲い掛かってきます。 彼は趣味で所持していた銃を持ち出し外へ向かうと、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人で溢れていたのです。 終始パニック状態が続き、登場人物と一緒にスリルを味わえることができる新感覚のエンターテイメントホラー。 怖い!なにか普通とちがうホラー作品を求めている方におすすめです。 アイアムアヒーロー 主演 大泉洋 出演者 有村架純、長澤まさみ、吉沢悠ほか 上映時間 127分 公開日 2016年4月23日 ジャンル パニック・ホラー 監督 佐藤信介 【ホラー映画】12位「貞子3D」 【ホラー映画】邦画編ランキング12位は、ジャパニーズホラーブームの火付け役であり、リウッドリメイクもされた「リング」(1998)の有名人気キャラクターである貞子が新たに繰り広げるホラーストーリー「貞子3D」。 主演は、石原さとみ。 女子高の教師である鮎川茜(石原さとみ)は、彼女が務める学校で自殺を生中継した動画サイトの投稿映像が話題となります。 そして、その生中継を偶然見ていた人も亡くなったということが判明。 そして、茜の教え子である典子も不可解な死を遂げ…… 「貞子復活」の第1章である本作は、日本のみならず、海外でも話題になりました。 人気ホラーヒロインである貞子を演じたのが若手女優の橋本愛。 昔とは一味ちがう貞子も怖い!注目です。 貞子3D 主演 石原さとみ 出演者 瀬戸康史、染谷将太、橋本愛ほか 上映時間 96分 公開日 2012年5月12日 ジャンル ホラー 監督 英勉 【ホラー映画】11位「輪廻」 【ホラー映画】邦画編ランキング11位は、優香を主演に迎えたジャパニーズ・ホラー「輪廻」。 監督は「THE JUON/呪怨」の清水崇が担当しました。 2005年東京国際映画祭特別招待作品としても話題を呼んだ怖い作品。 主人公は、新人女優の渚(優香)。 彼女は監督の松村(椎名桔平 )によってある映画の大役に抜擢されます。 それは35年前に、群馬県のホテルで実際に起きた大量無差別殺人事件を題材にしたものでした。 撮影が進むにつれ彼女の身辺に不気味な少女が現れるようになり…… 「ホラー映画といえば輪廻!」という人も少なくないのだとか。 今でも人気を誇るおすすめ作品です。 ミステリー要素が含まれるストーリーラインにも注目して見て欲しいです。 輪廻 主演 優香 出演者 香里奈、椎名桔平ほか 上映時間 96分 公開日 2006年1月7日 ジャンル ミステリーホラー 監督 清水崇 【ホラー映画】邦画編ランキング10位は「感染」。 落合正幸、鶴田法男、清水崇、黒沢清、高橋洋、中田秀夫ら6監督によるJホラーシアター第一弾。 主演を務めたのは、佐藤浩市です。 そこで医療ミスによる死亡事故が発生します。 しかし、担当の外科医・秋葉医師は、看護師らとともにに隠蔽工作を画策します。 そんな中、内臓が溶け出す異常事態の患者が運ばれてきました。 また、若かりし頃の真木よう子や実力派女優が出演しているのも見どころです。 感染 主演 佐藤浩市 出演者 高嶋政伸、真木よう子ほか 上映時間 99分 公開日 2004年10月2日 ジャンル ホラー 監督 落合正幸 【ホラー映画】9位「らせん」 【ホラー映画】邦画編ランキング9位は第17回吉川英治文学新人賞を受賞した鈴木光司の同名小説を映画化した「らせん」。 同時公開された「リング」の内容を受けた続編です。 主演は佐藤浩市。 主人公は、自分の子供が死んで以来、自殺願望のある解剖医・安藤。 ある日、彼は謎の死を遂げた高山竜司という人物の解剖を担当することに。 彼の遺体を解剖した安藤は、胃の中から一片の紙を見つけます。 日本国外で絶大な人気を誇る「リング」と一緒に見ることで、より楽しめることができる本作。 少し、グロテスクなシーンはあるものの、恐怖感はかなり感じることができると思います。 らせん 主演 佐藤浩市 出演者 中谷美紀、真田広之ほか 上映時間 97分 公開日 1998年1月31日 ジャンル ホラー 監督 飯田譲治 【ホラー映画】8位「パラノーマル・アクティビティ第2章」 【ホラー映画】邦画編ランキング8位は、世界中で大ヒットを記録したホラーの日本オリジナルの続編「パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT」。 「放送禁止」シリーズの長江俊和が監督を務めました。 かなり怖いです。 アメリカ旅行から帰国したばかりの春花は、アメリカで事故にあい両足を骨折。 そのため弟の幸一が介護をすることに。 ある日春花は、部屋の物の位置が勝手に変わっていることに気づきます。 怪奇現象がおさまらないため、二人はカメラを部屋に設置することに。 二人の部屋に設置されたカメラを二分割で見せるなどして、恐怖感がアップしている「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ。 海外の作品と一緒にみることでより楽しめること間違いなし。 パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT 主演 中村蒼、青山倫子 出演者 吉谷彩子、鯨井康介ほか 上映時間 90分 公開日 2010年11月20日 ジャンル ホラー 監督 長江俊和 【ホラー映画】邦画編ランキング7~5位! 【ホラー映画】7位「トリハダ-劇場版-」 【ホラー映画】邦画編ランキング7位は「トリハダ-劇場版-」。 2007年にフジテレビ系列で放送された人気ドラマ「トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を~」の劇場版である本作。 日常に潜む恐怖や狂気を描いた怖い、怖すぎる一品です。 主人公は、コールセンターで働く高林ひかり(谷村美月)。 客から罵声を浴びせられてもひたすら謝罪し続けます。 しかし彼女は、上司の中村と不倫中という大きな秘密を抱えていたのです。 ある日、後輩に頼まれ中年女性のクレーマー対応したひかり。 彼女は隣に住む住人の名前がクレーマーと同じであることに気づきます。 本作の見どころは、怪奇現象などが一切おきないこと。 まさに人間の恐怖を描いたホラー作品。 自分の身に降りかかってもおかしくないような恐怖を描いているため、トリハダがとまりません。 トリハダ-劇場版- 主演 谷村美月 出演者 木南晴夏、佐津川愛美ほか 上映時間 88分 公開日 2012年9月13日 ジャンル ホラー 監督 三木康一郎 【ホラー映画】6位「富江」 【ホラー映画】邦画編ランキング5位は心霊ホラー作品「着信アリ」。 「ワン・ミス・コール(One Missed Call)」というタイトルのハリウッドリメイク版が出るほどの人気作です。 女子大生の由美(柴咲コウ)の友人、陽子の携帯電話に、陽子本人からメッセージが残されてるという奇怪現象がおきます。 3日後、陽子は以前かかってきた携帯に残された着信時刻と同じ時間に、謎の死を遂げ…… 公開当時、着信アリの独特な着信音は人気を博しました。 本シリーズは映画以外にもドラマ化されている話題作。 ぜひチェックしてみてくださいね。 着信アリ 主演 柴咲コウ 出演者 堤真一、吹石一恵ほか 上映時間 112分 公開日 2004年1月17日 ジャンル ホラー 監督 三池崇史 【ホラー映画】邦画編ランキング4~1位! 【ホラー映画】4位「エクステ」 【ホラー映画】邦画編ランキング4位は、「エクステ」。 「キル・ビル」の栗山千明を主演に迎え、「冷たい熱帯魚」などで知られる園子温が監督を務めました。 ある日、膨大な量の髪の毛にまみれた巨大コンテナが横浜港に到着するという不可解な事件が発生。 そして、少女の遺体までも発見されます。 栗山千明の迫真の演技にも注目です。 エクステ 主演 栗山千明 出演者 大杉漣、佐藤めぐみほか 上映時間 108分 公開日 2007年2月17日 ジャンル ホラー 監督 園子温 【ホラー映画】3位「リング」 【ホラー映画】邦画編ランキング3位は「リング」。 ジャパニーズホラーの火付け役で、代表作とも言われるおすすめ人気作品です。 見ると1週間後に死ぬという「呪いのビデオ」の取材を進めるテレビ局のディレクターである浅川玲子。 そして彼女の姪の不可解な死もこのビデオに関わっていることを知り、彼女は真相を追うことに。 日本のみならず、海外で爆発的ヒットを叩き出したホラー作品。 1990年代の作品にも関わらず、まったく色褪せない不朽の名作です。 リング 主演 松嶋菜々子 出演者 真田広之、中谷美紀、竹内結子ほか 上映時間 95分 公開日 1998年1月31日 ジャンル ホラー 監督 中田秀夫 【ホラー映画】2位「呪怨」.

次の