ふるさと納税 比較。 【2020年最新】ふるさと納税サイト比較!今年プロが狙う得するサイト ふるさと納税ナビ

【2020年最新】ふるさと納税サイト比較!今年プロが狙う得するサイト ふるさと納税ナビ

ふるさと納税 比較

ふるさと納税サイトならどこがいい?選ぶ3つのポイント ふるさと納税サイトはどこがいいか迷っているなら、今から紹介する3つのポイントをよく読んで参考にしてください。 すべてのサイトに日本全国の自治体が登録されているわけではないので、最初にチェックしておきましょう。 せっかくのふるさと納税ですから、自分が気に入ったところに納税できなければ意味がありません。 サイトが使いやすく、見やすいところを選びましょう。 サイト独自のサービスである「ポイント還元」や「ギフト券」など、「ここを利用して良かった」と思えるような 付加価値のあるところを選びましょう。 ふるさと納税サイトのおすすめ人気ランキング10選【2020年】 2020年に利用したいおすすめふるさと納税サイトの詳細を比較、人気ランキング10選で紹介します。 寄付額を多くしたい方におすすめで、返礼品のレビューを投稿すると 「Amazonギフト券 コード」がプレゼントされるなどのキャンペーンが定期的に実施」されています。 納税したら、お得な返礼品が欲しい方におすすめです。 決済方法として、携帯電話サービスのキャリア決済が用意されているのが特徴。 携帯料金と一緒に寄付金が支払えます。 クラウドファンディングで自治体を応援できるプロジェクトの実施、 Amazonギフト券がもらえるキャンペーンも定期的に行なっています。 欲しい返礼品が決まっている方や 「他にはない返礼品が欲しい」方は、ぜひとも利用していただきたいサイトです。 カタログや電話、FAXでも申し込みもできますので、パソコンが苦手なシニアにも人気です。 寄付金額に応じたAmazonギフト券の還元など、利用者に嬉しいサービスが豊富です。 人気の特産・返礼品特集では、「知らなかった」 日本の素晴らしい技術や生産などをかいまみることもできるのでぜひ利用してください。 楽天ユーザーなら、会員登録なしで使えることに加え 「楽天スーパーポイント」対象にもなっています。 全国のお肉特集やお米特集などがありますので、返礼品を探すのも楽しくなります。 サイトは税理士が監修していますので 「どれだけ納税できるのか」を早見表で計算できるのも特徴。 ふるさと納税 auポイントを使って寄付できます! KDDIグループのふるさと納税サイトであるでは、現金はもちろんですが au WALLET ポイントでも納税できるのが特徴です。 auユーザーに使いやすいサイトですが、他キャリアでももちろん使えますのでチェックしてみましょう。 ジャンルや寄付金額から返礼品が検索できたり、 時期のおすすめなども特集されてる使いやすいサイトです。 地域・特典・使い道から寄付する自治体を探せますので「初めて使うのでよくわからない」方には便利。 華やかさはないものの、アナログなサイトはシンプルで落ち着いた雰囲気。 ネット経由ではない送金対応がメインなので ネットに不慣れな方には使いやすいサイトです。 ANAらしさを感じる特産品の写真のクオリティが非常に高く、眺めているだけでも楽しくなります。 旅行や宿泊関連の返礼品が多く 「ANAオリジナル特別返礼」があるのも魅力。 もちろん旅行だけはなく、人気のお肉やお米、カニや野菜など特産品のお酒も検索できます。 旅行券の取り扱いが豊富で、寄付額をポイントに替え、そのポイントで寄付をする仕組みになっています。 寄附金額に応じたポイント換算も自治体によって異なりますので、寄付する場合には要チェックです。 ポイントは一旦積み立てると、返礼品を決めるまでの期間に余裕ができますので ポイントに変換してから選べるのも便利。 そこでふるさと納税によくある質問を集めてみましたので御覧ください。 楽天ポイントで納税したり、貯めたりできるので 「楽天ポイントを上手く使いたい」方に利用されています。 楽天ポイントが使える貯まる店も増えましたので、これからどんどん利用価値が大きくなると期待ができるサイトです。 「電化製品」や「金券」の取り扱いが多いので、納税しつつお得に商品を手にしたい方におすすめです。 2020年12月末まで行われていますので、この機会をお見逃しなく。 そんな方は3位ので自分が欲しい自治体の野菜定期便を探しましょう。 サイトも見やすく選びやすいので、 比較も簡単でわかりやすくなっています。 注目の返礼品や人気ランキングで「どの自治体が人気か」も簡単に見れ「地域で探す」から自治体検索も簡単です。 サイトによって得意なジャンルがありますので、余裕のある方は複数サイトでの寄付をおすすめします。 自分の寄附上限額を把握しておくこと、ワンストップ特例制度を利用する方は寄付自治体を5つまでにするなどの注意も必要です。 シンプルなサイトで、ネット送金以外で使いたい方におすすめです。 納税の対応業務に追われた自治体が、民間に委託して発信していますので一般的には成果報酬型がメインです。 寄付を行う側には課金や還元できるのは大手企業、民間ブログの還元は少ないです。 利益で考えるとふるさと納税を通じて、自分の会社のサービスを利用してもらえる企業の方が利益は大きいです。 もちろん手数料も必要ありませんので非常に便利です。 9位のは寄付金額100円につき1マイルが貯まりますので、ANAを利用する方におすすめです。 旅行は2216件の返礼品が用意されており、温泉旅行や世界遺産の旅など魅力的な旅行がたくさんあるので、ぜひ予算と照らし合わせて選んでください。 ふるさと納税サイトまとめ ふるさと納税を利用するなら、返礼品は時間をかけて選びたいもの。 ここで紹介したふるさと納税サイトは、初めてふるさと納税を利用する方にもおすすめの人気サイトばかりです。 それぞれに特徴があるので迷ってしまいますが、複数を利用することもできますので、先ずはお得なキャンペーンを開催中のサイトを利用するなどして是非、ふるさと納税を行いましょう。

次の

大手ふるさと納税サイトの特徴と、そのメリットを徹底比較2019!ふるさとチョイスやふるなび、楽天ふるさと納税はどれがおすすめ?

ふるさと納税 比較

ふるさと納税. com• ふるさとチョイス• Yahoo!ふるさと納税• ふるさとぷらす• ANAのふるさと納税• ふるさとツアー• ふるさとエール• ふるぽ• 総務省ふるさと納税ポータルサイト ポータルサイトにはそれぞれ特徴があり、サイトごとに取り扱いの自治体が違ったり、ポイントなどの特典が付いたりといった特徴があります。 ふるさと納税 限度額 ふるさと納税を行う上で利用しやすい、便利なポータルサイトを探すことは大切ですが、お得にふるさと納税を行う上でおさえておかなければならないのが、ふるさと納税を実質2,000円負担で行うための限度額。 総務省のポータルサイトをみるとふるさと納税の限度額に対する早見表があったのでご紹介します。 下記はあくまでおおよその金額であるため正確には、お住いの市町村へ問い合わせ確認することがオススメです。 随時変化しいるのでご参考までにご活用ください。 取り扱い店舗も急ピッチに増えているので今では返礼品も豊富です。 『楽天ふるさと納税』は私の一押しのふるさと納税ポータルサイトです。 最大の特徴は何といっても楽天スーパーポイントが付与される、そして利用できる点。 楽天スーパーポイントは1ポイント=1円の価値。 通常なら楽天スーパーポイントは1%ですが、うまく利用すればもっと多くのポイントをもらうことも可能。 この例で行くと、実質ダタに近い感じになります。 まだ楽天カードを持っていない人はコチラでカード詳細確認、申し込みできます。 他にも、付与ポイントをUPさせる方法があります。 例えば、楽天モバイル会員になると1%プラス。 などなど他の方法も駆使するとかなりのポイントUPが見込めます。 また、これらの方法を用いなくても、特定返礼品やキャンペーン中、また楽天スーパーセールを活用するとポイント10倍、他にもポイント10倍なんて自治体の返礼品もありますよ。 現時点だと、この楽天ポイント付与があるので、楽天のふるさと納税が一押しです。 楽天ふるさと納税が取り扱う自治体数は300越え(2019. 1月末時点)、今後まだ自治体の参加が決まっています。 便利な機能を多く持ったポータルサイトです。 そして、 『まるごとにっぽん』というふるさと納税の実店舗も、インターネットが苦手... たくさんのお礼品の中から選ぶのが面倒わからないことはその場で解決したい!そんな方でも専門のスタッフが丁寧にわかりやすく説明してくれます。 専門ではない方たちが対応されているので仕方ないといえば仕方ないことなのかもしれません。 この点さとふるでは、寄附金受付から商品発送までを基本的にはさとふるで処理。 お申込みいただいた後に、実際のお届け時期をご連絡がきて配送状況は「マイページ」で確認できます。 さらに、コンビニ支払い、Pay-easy(ペイジー)支払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済がご利用できます。 申し込みから支払いまですべてインターネットで完結。 検索方法も多数。 そして、 実際の返礼品を受け取った人の感想レビューがついているのがうれしい。 さらに、さすがソフトバンクグループって感じの特集や キャンペーンが盛りだくさん。 北海 毛ガニ鍋セット• 米の娘ぶたしゃぶしゃぶセット 豚ロース400g豚バラ400gタレ200ml• satofull. satofull. 2019年12月、11月には下記のようなキャンペーンが実施されていました。 ・100億円還元キャンペーン ・選べる冬の贅沢揃い! 師走のわくわく大感謝キャンペーン ・レビュー投稿キャンペーン2018年12月度、11月度 ・長野県池田町プレゼントキャンペーン ・ふるさとを巡ろう!旅行クーポンキャンペーン これからもキャンペーンはドンドン更新されていくと思うので気になる方は要チェック! 特集ページもお中元や秋の味覚、お歳暮、うなぎ特集などの定番内容から、知る人ぞ知る『ご当地の名品』、ユニークなお礼品特集、木のぬくもり特集など変わったものまで多数準備されていて返礼品探しが楽しめます。 2014年7月からスタートしているふるさと納税ポータルサイトです。 登録自治体数はすでに200を超えており、まだドンドン増えてきている状況です。 特に特徴的なのが『電化製品』の取り扱いが多い点。 2019年1月末調査時点では403 点の家電製品の取り扱いがありました。 例年 年末に近づくにつれ、すごい勢いで増えてきていますよ。 ただ、受付が終了する商品もあるのでたまにチェックしておくことがおすすめです。 その他、ふるさと納税の返礼品を比較検討するのに役立つ、 ランキングの種類が豊富なのも特徴的。 総合人気ランキングはもちろんのこと。 自治体ランキング、カテゴリー別ランキングもあります。 カテゴリー別ランキングも、 ・肉・ハム類 ・電化製品 ・特典・ギフト ・米・パン ・果物類 ・魚介類 ・野菜類 ・酒・アルコール ・お茶・飲料 ・お菓子 スイーツ ・麺類 ・雑貨・日用品 ・調味料・油 ・卵 ・加工食品 ・工芸品 ・感謝状 ・セット類 その他 といった感じに細かく比較しやすいようにランキングされています。 また、ふるさと納税を行ったことがない、ふるさと納税ってどんなもの?って疑問を持っている人向けに、漫画でわかりやすく説明してくれているページもあります。 マイページ機能、会員登録機能もありますが、そういった個人情報を登録したくない人にも便利。 会員登録なしでも返礼品をチョイス、寄付できるようになっています。 東証1部上場株式会社サイネックスが運営しており、全国100の自治体のふるさと納税を代行。 『さとふる』や『ふるさとチョイス』と同時期にスタートしたふるさと納税ポータルサイトですが、『さとふる』や『ふるさとチョイス』と比較するとそれほど目立っていませんでした。 しかし、2017年11月にサイトリニューアルを行い、見やすく、使いやすいサイトになっています。 最大の魅力は掲載自治体とふるさと納税掲載数。 ふるさと納税掲載数は30,000点以上。 だた、直接サイトから申し込みできる自治体の割合は少なく、提携していない自治体についてはサイトより、自治体申し込みページに移動します。 「わが街ふるさと納税」の他のふるさと納税ポータルサイトを比較した時のおすすめポイントは、全国自治体の人気返礼品の年度別ランキングや地域、特典、使い道などの各種ランキングが見れる点。 他のふるさと納税サイトはそのサイトでの売れ筋商品をランキングしたりしたものです。 それに対し、「わが街ふるさと納税」はふるさと納税を含む『自治体への寄附』を集計・算出した総務省データを基に、TOP50をランキング形式でご紹介しています。 また、よく見られているページ(アクセス数の多いページ)を、コーナー別にランキング形式でご紹介。 日本全国1788の自治体の自治体を一括掲載しているから全体的な返礼品の注目度が比較できます。 取扱い自治体、返礼品数が少ないサイトだと、どうしても特集ページやピックアップされている特定商品にアクセスが集まってしまいますからね。 「わが街ふるさと納税」は、返礼品を比較し寄付するにはとてもおすすめのふるさと納税ポータルサイトです。 わが街ふるさと納税メールマガジンに登録すると、期間や数量限定、新着のお礼の品をいち早く案内、また購読者限定のキャンペーンなどおトクな情報を届けてくれます。 ぜひ活用してみてね。 2016年7月より運営を開始したふるさと納税関連サービスで、参加自治体は8件、徐々に参加自治体も増えてきています。 自治体数はそれほど多くありませんが、参加レストランはどんどん増えており、すでに214件を超える店舗で利用できるようになってきています。 (2019. 31時点) ふるさと納税で利用できる自治体は、 「三重県明和町」 「岐阜県池田町」 「茨城県古河市」 「山口県山口市」 「兵庫県洲本市」 「滋賀県高島市」 「高知県四万十町」 「佐賀県みやき町」 これらの自治体に ふるさと納税を行うと返礼品の代わりに、グルメポイントがもらえます。 手に入れたグルメポイントは、提携している東京、大阪、神奈川、名古屋等の名店、高級レストランで利用できるシステム。 現在、提携レストラン等があり、使用可能なエリアは下記の通り。 東京都• 千葉県• 神奈川県• 埼玉県• 愛知県• 大阪府• 京都府• 兵庫県• 福岡県 現在もドンドン加盟店舗が拡大中です。 この ふるなびグルメポイントの良い点は、還元率30%、即日発行、そして有効期限なし。 有効期限がないので翌年に繰り越すことも可能なんです。 余ったふるさと納税の枠をグルメポイントへ納税。 ちょっと変わった体験型ふるさと納税。 今後、復活に期待。 寄付すると寄付金の30%分のポイントが付与される仕組みで、このポイントを利用して準備されている提携自治体の旅行プランを楽しめるようになっています。 年末間際のふるさと納税最終追い込み時期にやっていました。 2018年は最大11%増量のAmazonギフト券コードプレゼント。 期間はやはり年末で、12月31日まででした。 今年もこのキャンペーンがあるといいですね。 期待しましょう!でも、最近は総務省が・・・。 今年は無理かな 笑。 ふるさと納税は実質2,000円負担なので、20,000円の寄付をすることでこの費用である2,000円分のAmazonギフト券をGETできてしまいます。 1%の通常だと200円分ってことになります。 用意されているトラベルプランは12,000P以上からで上を見ると50,000Pなども。 これらの旅行に必要なポイントをGETするために寄付したら・・・。 例えば、ふるなびトラベルポイント6万Pを得るために必要な寄付金額は、20万円。 これにより得られるAmazonギフト券は2万円になります。 実質2,000円=ふるなびトラベルポイント6万P+2万円分のAmazonギフト券コード とてもお得感のある新しいふるさと納税ポータルサイトです。 noma-styleを通じて集まった「ふるさと納税」の寄付は、2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故により大きな被害を受けた福島県南相馬市の復興支援活動を行っている南相馬救援隊の活動に使われます noma-styleの返礼品は有名ブランドの洋服・ファッションアイテムがメインです。 他にも、家電や雑貨、インテリアなどの取り扱いもあります。 ふるさと納税の返礼品は通常地域特産品を用いたもの。 しかし、noma-styleの返礼品は、このプロジェクトにご賛同頂いたブランド様からご提供されたものであり、地域の特産品ではありません。 コスト0円、福利厚生・企業イベントに大活躍。 もちろん個人でのふるさと納税も可能。 注目すべきは、総務省からの要請で多くのふるさと納税のポータルサイトなどが、 家電、腕時計や装飾品などが無くなる中、『ふるさとプレミアムは』まだ下記のカテゴリーを取り扱っています。 ・電化製品 ・アクセサリー・宝石 ・腕時計 ・旅行・イベント・チケット・体験など そして、 格安航空会社のpeachのポイントもある! 1万円から10万円以上。 最低の1万円でもピーチポイントギフトCでピーチポイント5,000円分です。 温泉などの宿泊などもあり、これらを利用することで旅費・宿泊費も大きく節約することが可能です。 その他、旅行関係ではこちらもお勧めなのが佐賀県みやき町のふるさと納税。 6万円寄付すると HISギフトカード (3万円分)が貰えるものがあります。 このHISギフトカードは、HIS国内各営業所、特約代理店、ハウステンボス等でご利用いただけます。 また、今なら Amazonギフト券のコードプレゼントキャンペーン実施中(2018. また、数多くの自治体の返礼品をカテゴリー別、使い道や自治体別など様々な条件で検索することが可能でとても便利なサイトです。 最近では、ふるさと納税のクラウドファンディングといった新しい形のサービスを取り入れています。 ふるさと納税と住宅ローン控除の併用は可能? ふるさと納税は所得税、住民税を控除してもらうことで実質2,000... 年々拡大が続くふるさと納税。 より多くの寄付金を集めようと各自治体の豪華返礼品競争が激化の一途!幾度か総務省から... ふるさと納税 家電 2016年ふるさと納税での寄付によって控除される税金の金額が2倍に拡大し、寄附金額の高い... 生駒市の幻のラムネ『レインボーラムネ』がふるさと納税で手に入るかも 奈良県生駒市にあるイコマ製菓本舗... ふるさと納税 還元率30%以下 過熱する返礼品にストップ! 2015年、2016年と過熱するふるさと納税の返... ふるさと納税 家電 2017 過熱が続くふるさと納税の返礼品に対し、総務省は4月1日に返礼品の還元率を3... ふるさと納税 電化製品(家電)は総務省の通達でどうなる? 2018年9月11日に総務省よ... ふるさと納税 ふるなびキャンペーンが熱い! Amazonギフト券コードプレゼント10倍 ふるさと納税のふる... ふるさと納税 ポータルサイト別 ランキング ふるさと納税の返礼品をチョイスするので便利なのが、ふるさと納税の... ふるさと納税 限度額 計算 ふるさと納税は寄付したい自治体を選び、寄付を行い寄付金額の2,000円を超える部...

次の

さとふる、ふるなび、ふるさとチョイス 3つのふるさと納税比較サイトが人気らしい

ふるさと納税 比較

ふるさと納税はどのサイト経由でするのがお得なのか? ふるさと納税の情報やいくらまで寄付することができるかなどの情報が集まっているふるさと納税ポータルサイト。 情報集めで大活躍しますよね。 また、単に情報を集めるという意味以外にも、各ふるさと納税ポータルサイトは様々な「特典」を用意しているケースがあります。 2018年のふるさと納税は「 どこに」ふるさと納税するだけでなく、「 どの寄付サイト経由で」ふるさと納税するということもお得さを追求する上で重要になってきています。 楽天ふるさと納税 寄付によるポイント還元No1 ポイント還元がすさまじいのが「 楽天ふるさと納税」です。 2019年6月以降の新ふるさと納税に単純にふるさと納税で得をしたいと考えるなら第1候補です。 ふるさと納税の新規制がスタートした現在、寄付サイトによるAmazonギフト券等の還元が実質的に封じられています。 そうした中でも楽天ふるさと納税は楽天ポイント還元を続けています。 この点は2019年のふるさと納税寄付サイトでは圧倒的な強みと言えそうです。 また、ふるさと納税(寄付)は楽天市場で買い物をする感覚でできるというのも楽天になれた方には魅力といえそうです。 楽天ポイントを使って寄付することも可能で、期間限定ポイントも消費できるので、あまった楽天ポイントの消費にもお勧めです。 寄付に対するポイント還元に寄付先の充実度など攻守バランスの取れた最強の寄付サイトだと思われます。 マイページ機能:〇 クレジットカード利用:〇 ポイント還元:〇 >> さとふる お礼の品のレビューが見られるふるさと納税サイト 自社と提携しているふるさと納税情報を掲載しているサイトです。 最大の魅力はサポート力と使いやすさでしょう。 マイページでは寄付した商品や現在のステータス(発送準備中、発送中など)が確認できます。 また、メールはもちろん、 電話で問い合わせができるというのも強みといえます。 初めてのふるさと納税におススメです。 ふるさと納税のお礼の品ごとの情報やレビューが充実しているのでショッピング感覚で寄付できるというのもユニークです。 ソフトバンク、auの携帯電話を利用している方は携帯料金と合算しての支払い(寄付)も可能です。 なお、さとふるは同社が自治体の事務を代行していることもあって、寄付をしてからお礼の品が届くまでのスピードが速いのも魅力です。 実際に私がさとふるを使ってみた感想について「」でもまとめてます。 全国1788の自治体のふるさと納税情報を掲載しています。 あくまでもふるさと納税の情報を提供するというスタンスのサイトになります。 すべての自治体の情報が掲載されているため、どんな御礼の品があるのかを探す時などは便利です。 クレジットカード決済はを利用するのでTポイントでふるさと納税が可能です。 その一方で単純なデータベースサイトなので、ふるさとチョイス経由で寄付をしてもあまりメリットがないというのは弱いところですね。 ふるさと納税の情報を集めたいという目的ではまず、ふるさとチョイスを使うというのはおすすめです。 一方で実際の寄付をするのは寄付をすることでの特典がある楽天ふるさと納税などを使う方がメリットが大きいです。 2019年には寄付で受け取ったお礼の品(食品等)を購入することができる通販機能も設ける予定という事です。 もともと、ふるさと納税額に応じてAmazonギフト券がもらえる企画が好評でしたが、2019年6月以降の新規制を受けてギフト券提供を終了しています。 そういった意味で、ややお得度が低下したふるさと納税寄付サイトであるといえます。 ふるさと納税でポイントをもらってそのポイントを元に地域の特産品や旅行と交換するという変わった形を取っています。 ただ、こちらも2019年6月からの新ルールで旅行には使えなくなり、特産品のみの扱いとなっています。 寄付をすると自治体からポイントがもらえて、カタログの中からポイントを分の返礼品を選ぶという形になります。 ふるさと納税でANAの飛行機やANAツアーで利用することができるANAマイルが貯まります。 こちら2016年11月からパワーアップしており、100円あたり1マイルがお礼の品とは別にANAからもらえます。 マイページ機能:〇 クレジットカード利用:〇 ポイント還元:〇 >>ANAのふるさと納税公式ホームページ どこ経由でふるさと納税をするのがお得なの? 利用すること自体で特典があるのは「」が圧倒的です。 このポイント付与、そのうち規制されるかもしれないと思うほど大盤振る舞いです。 お得ということではなく、人生で初めてふるさと納税をするというなら「」も捨てがたいです。 使いやすさやサポート体制などは使ってみてわかる便利さがありました。 ふるさと納税はクレジットカードで納付すればポイントが貯まる 最後にふるさと納税で寄付をする時はポイントがたくさん貯まるクレジットカード経由で行うのがお勧めです。 詳しくは「」でも記事にしてますが、寄付でもポイントが貯まります。 ポイント還元率が高いクレジットカードで寄附をすれば、そのポイント分まで得ができてしまいます。 楽天カード 楽天ふるさと納税なら一押しのクレジットカード ポイント還元率は1%(楽天ふるさと納税なら4%)という高い還元率が魅力。 たまるポイントは「楽天スーパーポイント」。 楽天市場のお買い物で使えるだけでなく、楽天証券に口座があれば、投資信託の買い付けにもポイントが使えるという汎用性の高さも魅力。 楽天ふるさと納税をするなら絶対にこのカードでの寄付がお得です。 ちなみにカードの申し込みをすると5000ポイント(5000円相当)がもらえます。 このポイントを使って楽天ふるさと納税で寄付も可能です。 >> リクルートカード 年会費無料で1. 2%ポイント還元はすごい 楽天ふるさと納税以外で寄付をするならリクルートカードがおすすめです。 ポイント還元率は1. 2%+年会費無料となっています。 ポイント還元率が高いだけでなく、たまるポイントはPontaポイントになるので、ローソンなどの加盟店で1円単位で使えるというのも魅力的。 EC系だと、じゃらん、ホットペッパー、ホットペッパービューティーなどでポイントを無駄なく利用することができます。 >> 以上、ふるさと納税ポータルサイトを比較。 どこでふるさと納税をするのがお得なのかということを考察してみました。 より得をしたいならどこに寄付するか、だけではなくどこ経由で寄付するかまで重要になりそうですね。

次の