カンジダ 夏。 カンジダ症とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

【医師監修】腟カンジダの市販薬の選び方 メーカーごとの違いを比べてみよう!

カンジダ 夏

概要 カンジダ属の真菌(かび)による感染症。 カンジダは口の中、消化管、腟に常に生息していて、通常は人体に害を及ぼさないが、特定の条件下では、粘膜や皮膚の湿った部分に過剰に増殖する。 感染しやすい部位は、粘膜では口の中、食道粘膜、陰部の粘膜、皮膚では鼠径部(そけいぶ)、脇の下、女性の乳房の下、腹のたるみなど。 「暑く、湿度の高い気候」「合成繊維の下着」「衛生状態の悪さ」「皮膚のしわに生じる乾癬などの炎症性の疾患」「抗生物質または免疫機能を抑制する薬剤の使用」「糖尿病や免疫機能を低下させる病気」などが、カンジダ症を起こしやすくなる条件として挙げられる。 また治療に必要なカテーテルを挿入中の患者に見られる、カンジダ血症(カンジダが血液に入り込む)は重篤な病態である。 原因 発症する部位によって原因は多少異なる。 口の中や食道粘膜に出る口腔・食道カンジダ症は、副腎皮質ステロイド薬を投与したときや、糖尿病などで免疫力が落ちている状態のときに、常在菌のバランスが崩れてカンジダが繁殖し発症する。 喘息患者らが使用するコルチコステロイドの吸入薬の使用中にも発症例が見られる。 男性器・女性器のカンジダ症も、抗菌薬の投与、糖尿病の合併症、ステロイド剤の投与がきっかけで発症することが多い。 膣カンジダ症については他にも、妊娠中や風邪、寝不足などで免疫力が落ちた状態のときに発症しやすく、生理前、膣内の過剰な洗浄、性交渉の刺激などによって起こることもある。 ナプキンの長期使用や下着の締め付けなど、高温多湿の状態が長く続くことがきっかけでも発症する。 消化器系の手術や重篤な病態で口から食事を摂取することができない患者の栄養投与経路として、中心静脈カテーテル(首や鼠径部の太い静脈に挿入する管)という処置がある。 この医療処置は治療や栄養確保に必須ではあるが、ここから抗菌薬や栄養を含んだ点滴を投与することでカンジダ血症のリスクとなる。 カンジダ血症に伴い、心臓の弁、肝臓・脾臓の中、眼の中にカンジダが入りこみ炎症を起こすことがある(侵襲性カンジダ症)。 症状 症状は感染した部位によりさまざま。 皮膚のひだへの感染あるいはへその中に発症するカンジダ症では、赤い発疹がみられ、強いかゆみやヒリヒリとした痛みを伴う。 妊婦、糖尿病患者、抗生物質を服用している人に多くみられる腟カンジダ症は、白や黄色のチーズ状のおりもの、腟壁と腟の外部周辺のヒリヒリする痛み、かゆみ、赤みなどがある。 陰茎カンジダ症は感染しても症状が出ないことがあるが、亀頭や陰嚢(いんのう)に生じた発疹は、赤くヒリヒリしてかゆみやほてりが生じ、時に痛みを伴う。 口の中に発症する「鵞口瘡(がこうそう)」は、クリームのような白斑が舌や頬の内側に付着する。 また口角に発症する口角炎は、ひび割れや小さい裂傷ができ、爪に覆われた指先のやわらかい部分に発症するカンジダ性爪炎は、赤くなって腫れ、痛みを伴う。 中心静脈カテーテルから抗菌薬や栄養を含んだ点滴を投与している患者で発熱が出た場合にはカンジダ菌血症も考慮する。 カンジダが炎症を起こす部位に応じて心雑音や目が見えなくなるなどの症状が出る。 治療 まずは患部を清潔にし、安静にすること。 多くの場合、抗真菌薬クリームを1日に2回塗り、これを7~10日間ほど続けて治療していく。 クリームや液体の抗真菌薬では効果が現れない場合には、ゲンチアナ紫という紫色の染料を感染部位に塗り、原因となる真菌(かび)を殺菌する。 部位別に見ると、口腔カンジダ症の場合は口の中を清掃し、抗真菌薬が入ったうがい薬、塗り薬、内服薬などを使用する。 膣カンジダ症は、刺激の強いせっけんの使用、性交渉などを避け、通気性の良い下着を使うことなどが指示される。 また内服薬、軟膏、膣錠などが処方される。 1週間程度の連続通院によって膣坐剤の投与、洗浄が行われることもある。 爪カンジダ症の場合は治癒が遅く、完治までに6ヵ月から1年以上かかることもある。 カンジダ菌血症では抗真菌薬の全身投与が治療の中心となる。 治療期間は併発する病変によって異なる。 また場合によっては外科的な処置や針を刺して膿を抜く処置などが必要となる。 都道府県からクリニック・病院を探す 感染症内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

夏や雨期のカンジダ膣炎を解説|的野ウィメンズクリニック

カンジダ 夏

カンジダ菌顕微鏡写真 情報元:CDCホームページ 男性は尿道、性器周辺の皮膚、 女性は膣内、性器周辺の皮膚に感染します。 女性の感染症のなかでは頻繁にみられる病気です。 常在菌による自己感染が多く、性的接触でも感染します。 発症には何らかの原因があり、とくに抗生剤の服用が原因になることが多いです。 潜伏期間は1日~1週間前後です。 女性のおもな症状は 膣炎や外陰炎になりますが、双方が合併して発症することが多くみられます。 また、カンジダは、女性に比べて、男性が感染することは比較的少ないと言われています。 症状 カンジダの主な症状は、 性器周辺の痒みや発疹、白っぽいおりものなどがみられます。 排尿時や性交時に痛みが出たりと症状は様々です。 症状の原因としては風邪や疲労、ストレス、他の性病の感染などがあります。 それ以外に亀頭周辺が赤くなったり、ただれや白い分泌物がみられる。 女性の場合 性器周辺の痒みや発疹、粘度の高い白いヨーグルト状のおりもの 酒粕状・カッテージチーズ状など の増加や排尿時・性交時の痛みなどの症状がでる。 あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。 患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。 治療方法 男性の場合 軟膏または内服 女性の場合 膣錠または抗真菌薬の内服や軟膏 予防方法 カンジダをなるべく予防するために、行えることがあります。 まずは 陰部を清潔に保ちなるべく乾燥した状態を保つことが重要です。 また清潔な状態に保ちつつ 通気性の良い綿素材の下着を履くなどしてもよいでしょう。 夏は蒸れやすくなるので注意が必要です。 他には 接触感染を避けるためにコンドームを付けることも大事です。 また 陰部を洗いすぎてしまうことで膣内の環境を保つ働きをする常在菌も洗い流してしまうことがありますので注意してください。 もし症状があるようであればかかりつけの医師に相談し、薬の処方をしてもらいましょう。

次の

夏に女性がかかりやすいカンジダ膣炎の予防と再発防止

カンジダ 夏

概要 カンジダ属の真菌(かび)による感染症。 カンジダは口の中、消化管、腟に常に生息していて、通常は人体に害を及ぼさないが、特定の条件下では、粘膜や皮膚の湿った部分に過剰に増殖する。 感染しやすい部位は、粘膜では口の中、食道粘膜、陰部の粘膜、皮膚では鼠径部(そけいぶ)、脇の下、女性の乳房の下、腹のたるみなど。 「暑く、湿度の高い気候」「合成繊維の下着」「衛生状態の悪さ」「皮膚のしわに生じる乾癬などの炎症性の疾患」「抗生物質または免疫機能を抑制する薬剤の使用」「糖尿病や免疫機能を低下させる病気」などが、カンジダ症を起こしやすくなる条件として挙げられる。 また治療に必要なカテーテルを挿入中の患者に見られる、カンジダ血症(カンジダが血液に入り込む)は重篤な病態である。 原因 発症する部位によって原因は多少異なる。 口の中や食道粘膜に出る口腔・食道カンジダ症は、副腎皮質ステロイド薬を投与したときや、糖尿病などで免疫力が落ちている状態のときに、常在菌のバランスが崩れてカンジダが繁殖し発症する。 喘息患者らが使用するコルチコステロイドの吸入薬の使用中にも発症例が見られる。 男性器・女性器のカンジダ症も、抗菌薬の投与、糖尿病の合併症、ステロイド剤の投与がきっかけで発症することが多い。 膣カンジダ症については他にも、妊娠中や風邪、寝不足などで免疫力が落ちた状態のときに発症しやすく、生理前、膣内の過剰な洗浄、性交渉の刺激などによって起こることもある。 ナプキンの長期使用や下着の締め付けなど、高温多湿の状態が長く続くことがきっかけでも発症する。 消化器系の手術や重篤な病態で口から食事を摂取することができない患者の栄養投与経路として、中心静脈カテーテル(首や鼠径部の太い静脈に挿入する管)という処置がある。 この医療処置は治療や栄養確保に必須ではあるが、ここから抗菌薬や栄養を含んだ点滴を投与することでカンジダ血症のリスクとなる。 カンジダ血症に伴い、心臓の弁、肝臓・脾臓の中、眼の中にカンジダが入りこみ炎症を起こすことがある(侵襲性カンジダ症)。 症状 症状は感染した部位によりさまざま。 皮膚のひだへの感染あるいはへその中に発症するカンジダ症では、赤い発疹がみられ、強いかゆみやヒリヒリとした痛みを伴う。 妊婦、糖尿病患者、抗生物質を服用している人に多くみられる腟カンジダ症は、白や黄色のチーズ状のおりもの、腟壁と腟の外部周辺のヒリヒリする痛み、かゆみ、赤みなどがある。 陰茎カンジダ症は感染しても症状が出ないことがあるが、亀頭や陰嚢(いんのう)に生じた発疹は、赤くヒリヒリしてかゆみやほてりが生じ、時に痛みを伴う。 口の中に発症する「鵞口瘡(がこうそう)」は、クリームのような白斑が舌や頬の内側に付着する。 また口角に発症する口角炎は、ひび割れや小さい裂傷ができ、爪に覆われた指先のやわらかい部分に発症するカンジダ性爪炎は、赤くなって腫れ、痛みを伴う。 中心静脈カテーテルから抗菌薬や栄養を含んだ点滴を投与している患者で発熱が出た場合にはカンジダ菌血症も考慮する。 カンジダが炎症を起こす部位に応じて心雑音や目が見えなくなるなどの症状が出る。 治療 まずは患部を清潔にし、安静にすること。 多くの場合、抗真菌薬クリームを1日に2回塗り、これを7~10日間ほど続けて治療していく。 クリームや液体の抗真菌薬では効果が現れない場合には、ゲンチアナ紫という紫色の染料を感染部位に塗り、原因となる真菌(かび)を殺菌する。 部位別に見ると、口腔カンジダ症の場合は口の中を清掃し、抗真菌薬が入ったうがい薬、塗り薬、内服薬などを使用する。 膣カンジダ症は、刺激の強いせっけんの使用、性交渉などを避け、通気性の良い下着を使うことなどが指示される。 また内服薬、軟膏、膣錠などが処方される。 1週間程度の連続通院によって膣坐剤の投与、洗浄が行われることもある。 爪カンジダ症の場合は治癒が遅く、完治までに6ヵ月から1年以上かかることもある。 カンジダ菌血症では抗真菌薬の全身投与が治療の中心となる。 治療期間は併発する病変によって異なる。 また場合によっては外科的な処置や針を刺して膿を抜く処置などが必要となる。 都道府県からクリニック・病院を探す 感染症内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の