カテキン 取り すぎ。 カテキンの効果・効能とは?摂取できるお茶や人気のカテキンサプリを紹介!

緑茶は1日何杯まで!?緑茶の健康効果と適正量のお話。

カテキン 取り すぎ

カテキンの種類と効果と摂取量 公開日:2016年7月25日 03時00分 更新日:2019年2月 1日 17時39分 カテキン 1 カテキンはポリフェノールの一種で、主にお茶の苦渋味成分です。 カテキンの種類 ポリフェノールのフラボノイド系のフラバノール類にカテキンは分類されます。 緑茶中の主なカテキンの成分はエピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートなどの約4種類が含まれています。 緑茶抽出液中の主なカテキンの割合はエピガロカテキンガレートが約59. カテキンの健康への効果 2• 抗酸化作用• 抗ウイルス作用• 抗ガン作用• コレステロールを下げる作用• 血糖の上昇を抑える作用• 殺菌作用・抗菌作用• 虫歯・口臭予防• 肥満予防 抗酸化作用 活性酸素は毒性があり、体内の細胞を酸化させ、老化や病気の原因になります。 抗酸化作用とは活性酸素を除去する働きで、老化や病気の予防に役立ちます。 カテキンには毒性のあるスーパーオキシドや一重項酸素と言われる活性酸素を無毒化します。 抗ウイルス作用 カテキンは細菌にもウイルスにも効果があります。 ウイルスは細胞の中で増殖します。 インフルエンザなどのウイルスは体内に入ると、決められた細胞につく働きがありますが、カテキンを取り入れるとウイルスが細胞につきにくい状態になるので、細胞内で増殖できないため、結果的に風邪予防に役立ちます。 抗ガン作用 3 カテキンには活性酸素除去作用やがん細胞の抗突然変異抑制作用があります。 さらにがん細胞の増殖を抑える働きもあるため、がん予防に役立ちます。 コレステロールを下げる作用 カテキン食事中のコレステロールの吸収を抑え排出を促す働きがあります。 コレステロールにはLDL 悪玉 コレステロールとHDL 善玉 コレステロールの2種類がありますが、動脈硬化を引き起こし心筋梗塞や脳梗塞の原因になるのはLDLコレステロールです。 カテキンを摂取することでLDLコレステロールのみが低下し、HDLコレステロールには影響しないので、動脈硬化の予防に役立ちます。 血糖の上昇を抑える作用 4 カテキンは食後、腸からの糖の吸収を抑える働きがあります。 血糖値はご飯やパン、麺類など糖質を多く含む食品や菓子類、果物などで上がります。 血糖値は食後に上昇するので、食前に取り入れることで、腸からの糖の吸収が緩やかになります。 殺菌作用・抗菌作用 カテキンには抗菌作用があるので食中毒の原因となるO-157 腸管出血性大腸菌 などの食中毒菌や胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌の増殖もおさえるので、食中毒予防や胃潰瘍予防に働きます。 虫歯・口臭予防 虫歯の原因はミュータンス菌が歯に付着し、酸をつくることで歯の表面のエナメル質が溶け、虫歯ができてしまいます。 カテキンはミュータンス菌の増殖を抑えるので、虫歯予防ができます。 肥満予防 5 一定量のカテキンを摂取し続けると、肝臓での脂質代謝が高まり、エネルギー消費が高まるため、体脂肪が減少します。 またカテキンを継続的に摂取し続けると、食事性脂肪の燃焼を上昇させ、食事誘発性体熱産生も上昇させます。 食事誘発性体熱産生とは食事後の消化、吸収によって消費エネルギーのことです。 内臓脂肪が多い人ほど、食事誘発体熱産生が低いので、カテキンの摂取により、消費エネルギーが増加し、肥満予防に役立ちます。 カテキンが多く含まれる食品 エピカテキンが含まれるもの りんご、ブラックベリー、ソラマメ、さくらんぼ、ぶどう、梨、きいちご、チョコレートなどに含まれています。 カテキンを含む食品 大豆、抹茶、小豆、ココアなどに含まれています。 カテキンの摂取量 日本人の食事摂取基準にはカテキンの摂取目標量は設定されていませんが、毎日カテキンを摂り続けることで健康や病気の予防に役立ちます。 無糖なので水分補給にオススメです。 茶カテキンの有効濃度は1日540mg以上を毎日摂り続けると脂肪燃焼に役立ちます。 カテキン540mgは緑茶で湯呑10杯程度に相当します。 カテキンはお茶の苦味渋み成分でもあるので、緑茶の茶葉から540mgを摂取するとかなり飲みにくい味です 6。 参考文献•

次の

カテキンの効果・効能とは?摂取できるお茶や人気のカテキンサプリを紹介!

カテキン 取り すぎ

健康維持を心がけている方などから注目を集めているカテキン。 具体的に、どのような成分なのでしょうか。 ここでは、カテキンの概要やカテキンに期待できる効果・効能、カテキンを含む食品などについて解説しています。 利用を検討している方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。 カテキンとは何か? 最初に、カテキンの概要について解説します。 知っているつもりでも誤解していることがあるので、改めて確認しましょう。 カテキンとは カテキンは、お茶に含まれるポリフェノールのひとつです。 お茶はツバキ科の植物の新芽から作られます。 カテキンは、特に緑茶に多く含まれるポリフェノールです。 また、植物の苦味や渋みなどを生み出す成分としても知られています。 ヒトの健康維持にもかかわる可能性がある成分として注目を集めています。 ポリフェノールとは ポリフェノールは、植物が光合成をおこなうときに作られる物質です。 カテキンは、お茶の根元に含まれるテアニンが光合成で変化することで作られます。 ポリフェノールには、植物自身を紫外線や外敵などから守る働きがあります。 カテキンとタンニンの違い カテキンと混同されがちな成分がタンニンです。 カテキンとタンニンの間には、どのような違いがあるのでしょうか。 ポリフェノールは植物が光合成をおこなうときに作られる苦み成分や渋み成分です。 この中で特定の構造をもつものをタンニンといいます。 カテキンはタンニン? タンニンの中で特定の構造をもつものをカテキンといいます。 つまり、カテキンはタンニンに含まれる物質で、タンニンはポリフェノールに含まれる物質なのです。 緑茶の場合、含まれるポリフェノールのほとんどがタンニンで、タンニンのほとんどがカテキンであるため、同じ意味で使われることが少なくありません。 実はカテキンには4種類ある! カテキンにはいくつかの種類があります。 例えば緑茶には、• EC(エピカテキン)• GCG(ガロカテキンガレート)• EGC(エピガロカテキン)• EGCG(エピガロカテキンガレート) などの種類が含まれています。 中でも多いのがEGCGです。 全体の50%を占めます。 カテキンの効果・効能は? 緑茶に含まれているので、カテキンは日本人に身近な成分といえるかもしれません。 カテキンにはどのような効果・効能を期待できるといわれているのでしょうか。 続いて、カテキンに期待できる効果・効能を解説します。 抗酸化作用 カテキンは、強力な抗酸化作用で過剰に発生した活性酸素から身体を守ると考えられています。 ちなみに、その抗酸化作用は、抗酸化作用が強いことで知られるビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍程度といわれています。 抗酸化作用とは、体内で発生した過剰な活性酸素を消去する作用です。 適量の活性酸素は身体を外敵から守るために必要ですが、多すぎる活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。 殺菌・抗菌作用 カテキンには殺菌作用があるとされています。 そのため、感染症の予防に役立つ可能性があるといわれることがあります。 この効果を期待して、風邪を予防するために緑茶でうがいをしている方は少なくありません。 また、カテキンには抗ピロリ菌作用も期待されています。 静岡県立大学短大と浜松医療センターがピロリ菌感染者34名にカテキンカプセル(1日700㎎を4回に分けて)を投与する共同研究を行ったところ、 内服後1カ月で6名の胃内からピロリ菌は除菌され、半数以上の感染者でウレアーゼ活性の低下が認められたからです。 生活習慣病の予防 カテキンは、小腸からコレステロールが吸収されるのを阻害することで、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が増えるのを抑制するといわれています。 また、LDLコレステロールの分解を助ける働きも指摘されています。 これらにより生活習慣病の予防が期待されています。 肥満の予防 カテキンには、肥満を予防する効果も期待されています。 過去に行われたいくつかの実験で、脂肪の蓄積を防ぐ、あるいは身体についた脂肪を減少させる働きなどが確認されたからです。 これらの効果を期待して、最近では高濃度のカテキンを配合した特定保健用食品が販売されています。 抗アレルギー作用 過去に行われたいくつかの研究で、緑茶に含まれるカテキン(EGCG(エピガロカテキンガレート、EGC(エピガロカテキン))に、抗アレルギー作用がある可能性が示唆されています。 また、特定の品種(茶葉)から採取される特殊なカテキンにも強い抗アレルギー作用があるとされています。 カテキンとアレルギーの関係も注目を集めつつあります。 虫歯を予防 虫歯の原因は、ミュータンス菌という原因菌が歯の表面に付着して酸を作り出すことです。 この酸によって、歯表面のエナメル質が溶けることで虫歯になります。 カテキンには、ミュータント菌の増殖を抑制する働きとミュータンス菌が歯の表面に付着するのを抑制する働きがあります。 よって、虫歯の予防にもわずかながら役立つと考えられています。 カテキンでダイエットができる?! カテキンに期待できる効果・効能の中で、特に注目を集めているのがダイエットに関連するものです。 なぜ、カテキンはダイエットに有効と考えられているのでしょうか。 カテキンダイエットとは? 体重や脂肪が気になる方の中には、ダイエットにカテキンを活用する方がいます。 最も簡単なカテキンダイエットの方法は、水分摂取を緑茶で行うだけです。 ただし、この方法だと十分量のカテキンを摂取できないことが少なくありません。 手軽な方法ですが、この点には注意が必要です。 脂肪を燃焼する力 太るメカニズムは? 食事から摂った脂質の一部は肝臓でエネルギーを取り出すために分解されます。 エネルギーとして使用されなかった脂質は、血液に乗って全身を巡り脂肪組織に蓄えられます。 以上のことから、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると太ることが分かります。 カテキンが脂肪燃焼してくれる? カテキンは、肝臓での脂質代謝を活発にすることで脂質の燃焼によるエネルギー消費を増やすと考えられています。 つまり、エネルギー消費量を増やすことで体脂肪を減らす可能性があると考えられているのです。 このほか、カテキンの脂質の吸収を抑制する働きなどもダイエットに役立つ効果として注目を集めています。 カテキンの濃度は高いものを カテキンの効果により体脂肪を減らすには、1日540㎎以上のカテキンを継続的に摂る必要があると考えられています。 通常の生活では摂りづらい量のカテキンを摂る必要があるので、ダイエットにカテキンを利用したい方は高濃度のカテキンを含む飲料などを利用したほうが良いといわれています。 最近では、高濃度のカテキンを含む商品がたくさん登場しています。 カテキンで風邪と虫歯を予防する? カテキンには強力な殺菌・抗菌作用があるといわれています。 具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。 殺菌・抗菌作用 カテキンには、タンパク質に吸着しやすい性質があります。 この性質により、細菌の細胞膜にとりつき働きを抑制、あるいは細胞膜を破壊して殺菌すると考えられています。 カテキンの強い殺菌・抗菌作用は、食中毒の予防に特に効果的です。 カテキンは、腸炎ビブリオ菌、コレラ菌、赤痢菌、O-157・黄色ブドウ球菌などに抗菌・殺菌作用を発揮するといわれています。 菌だけではなくウイルスも? また、カテキンには、ウイルスに対する効果も期待されています。 ウイルスが細胞にとりつけなくすることで感染を予防すると考えられているからです。 健康維持に活用したい成分といえるかもしれません。 虫歯予防のメカニズムって? 虫歯の主な原因はミュータンス菌が歯の表面に付着(プラークの形成)して酸を作り出すことです。 カテキンには、ミュータンス菌の増殖を抑える働き、歯の表面に付着するのを防ぐ働きなどが期待できます。 これらにより、虫歯予防に役立つと考えられています。 風邪予防には緑茶でうがい? 風邪の予防には緑茶でうがいが良いといわれることがあります。 このように言われる理由は• のどを潤すことで免疫力を高められる• 風邪を引き起こすウイルスが乾燥を好む• カテキンにウイルスの活動を弱める働きを期待できる と考えられているためです。 うがいした緑茶は吐き出さずそのまま飲むと良いとされています。 喉の奥に付着しているウイルスを洗い流すことができるからです。 風邪が心配な時に試してみるとよいかもしれません。 カテキンの摂り方 カテキンを活用したい方はどのように摂ればよいのでしょうか。 続いて、カテキンの摂り方を紹介します。 1日の推奨量・摂取量 厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」にカテキンの摂取量に関する記載はありません。 公に認められている摂取量は確認できなかったので、カテキンを摂りたい方は一般的に推奨されている摂取量を参考にするとよいかもしれません。 一般的に、1日当たり500~1000㎎程度のカテキンを目安に摂ると良いといわれています。 摂取のタイミングは? 摂取のタイミングに関しても特別な決まりはありません。 水分補給や食事などのタイミングで摂ればよいでしょう。 短期間では効果を期待できないので、継続的な摂取が必要と考えられています。 カテキンを利用する方は、この点に注意が必要です。 妊婦さんには付加量が必要? カテキンは緑茶に多く含まれている成分です。 緑茶にはカフェインが含まれているので、妊娠中・授乳中などにカテキンを多く摂りたい方は摂り方に注意する必要があります。 妊婦さん・授乳婦さんは、カテキンを摂る前に主治医に確認しましょう。 カテキンの注意点や副作用 カテキンを利用する方は、注意点も確認しておきましょう。 過剰摂取や欠乏の影響について解説します。 過剰摂取すると? 古くから親しまれてきた緑茶に多く含まれる成分なので、基本的には安全に利用できると考えられています。 1日当たり1000㎎~1500㎎程度のカテキンを緑茶から摂取しても、問題はないと考えられています。 ただし、緑茶にはカフェインが含まれています。 カフェインを摂りすぎると、胃腸障害や不眠などが現れる可能性があります。 緑茶からカテキンを摂る方は、カフェインの摂りすぎに注意しましょう。 サプリメントや健康食品からカテキンを摂取する方は、肝機能障害に注意が必要です。 海外の一部で報告されているからです。 すべてのサプリメント・健康食品に当てはまるわけではありませんが、カテキンをサプリメントや健康食品から摂る方は、念のため注意したほうが良いでしょう。 欠乏すると? 健康維持に欠かせない成分というわけではないので、カテキンが欠乏しても特別な影響はないと考えられます。 とはいえ、様々な働きを期待できるので、積極的に摂取したい成分といえます。 カテキンと相性のあまり良くない成分とは カテキンを利用したい方は、カテキンと相性のあまり良くない成分も抑えておきましょう。 効率よくカテキンを利用できるはずです。 相性があまり良くない成分 鉄分 緑茶に含まれるタンニン(カテキン含む)は、鉄分の吸収を阻害します。 鉄分をしっかり摂りたい方は注意したほうがよいかもしれません。 サプリメントや医薬品に含まれる鉄分はタンニンの影響を受けないものが一般的です。 カテキンを多く含んでいる食品 カテキンは身近な食品から摂ることができます。 カテキンを摂りたい方は次の食品を利用するとよいでしょう。 緑茶 カテキンを豊富に含む食品の代表です。 中でも、煎茶は特に多くのカテキンを含みます。 対する、玉露は、茶葉を摘み取る20日くらい前から日光を遮って育てるので、カテキンの含有量は少ないとされています。 お茶に含まれるカテキンの量はお湯の温度によっても異なります。 最もカテキンが溶け出しやすいとされているのが80度前後の高温です。 煎茶は高温でいれることが多く、玉露は低温でいれることが多いとされています。 そのため、煎茶はカテキンを摂りやすい緑茶と考えられています。 抹茶 緑茶のひとつに数えられる抹茶もカテキンを含みます。 玉露と同じく茶葉を摘み取る20日前くらいから日光を遮るので、煎茶に比べるとカテキンの含有量は少ないと考えられます。 しかし、抹茶はそのまま摂るので煎茶などに比べて効率よくカテキンを摂れるといわれています。 烏龍茶 緑茶と茶葉の作り方が異なるだけなので、烏龍茶もカテキンを含みます。 不発酵茶が緑茶で半発酵茶が烏龍茶です。 一般的に、緑茶に比べるとカテキンの含有量は少ないとされています。 紅茶 紅茶も緑茶と茶葉の作り方が異なるだけです。 紅茶は発酵度合いの高い完全発酵茶です。 カテキンの含有量は烏龍茶より多く緑茶より少ないとされています。 カテキンが摂れるサプリメント・お茶 緑茶などに含まれるので、カテキンは身近な成分ということができます。 ただし、十分量を摂るのは意外と難しいといわれています。 たくさんのお茶を飲む習慣がない方は、サプリメントなどからカテキンを摂ると良いでしょう。 手間をかけずに効率よくカテキンを補えます。 次のサプリメントなどがおすすめです。 白井田七。 茶 更年期サプリでお馴染みの白井田七。 シリーズから白井田七。 茶が販売されています。 この白井田七。 茶はお湯に溶かして飲むパウダータイプの緑茶です。 完全無農薬・有機栽培の緑茶98%と白井田七人参2%で配合されています。 苦味が少なく、飲みやすいお茶に仕上がっています。 カテキンが豊富に含まれているのでおすすめです! 茶のかほり カテキンをたっぷり含む宇治の抹茶に、腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖、乳酸菌の活性化に役立つ乳糖のほか、難消化性デキストリン、アミノ酸、ポリフェノール、フラボノイド、ビタミン、ミネラルなどを配合したサプリメントです。 ニオイが気になって会話などに自信が持てない方などにオススメだれています。 1粒当たり1kcalと低カロリーな点も魅力です。 ぐずらん メチル化カテキンを豊富に含むべにふうきを使用したサプリメントです。 べにふうきの難点は、緑茶にすると苦みが強くて飲みにくいことと茶葉に成分が残ることです。 この点を補ったサプリメントがぐずらんです。 べにふうきの茶葉をぎゅっと固めてサプリメントにすることで、苦みを感じず茶葉の成分を丸ごととることができます。 花粉を気にする方などから支持されています。 活緑カテキン お茶を100年以上にわたり研究してきた三井農林のサプリメントです。 特許技術により生成した高品質なカテキンを配合している点が特徴です。 カフェインの99%をカットしているので、カフェインが気になる方でも安心して利用できます。 1日分の目安量に当たる3粒で緑茶8杯分(360㎎)のカテキンと強力な抗酸化成分・ビタミンCとビタミンEを摂ることができます。 若々しく健康的な毎日を送りたい方などにオススメされています。 わかさ 燃焼系サプリカテキン10000㎎ 京都・宇治産の高級抹茶を使用したカテキンサプリメントです。 1日の目安量である2粒で健康茶ペットボトル約50本分のカテキンを摂ることができます。 カテキンの燃焼パワーが気になる方などにオススメされています。 DHC カテキン 緑茶から高濃度に抽出したカテキンを配合したサプリメントです。 1日の目安量に当たる2粒で320㎎のカテキンと10㎎のビタミンCを摂ることができます。 生活習慣が気になる方や健康値が気になる方、若々しさを保ちたい方などにオススメされています。 1袋760円(税込820円)なので利用しやすいカテキンサプリメントといえるでしょう。 まとめ カテキンは緑茶に含まれるポリフェノールのひとつです。 ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍といわれる抗酸化作用を期待できます。 様々な効果・効能を期待できるので、気になる方は緑茶を利用するとよいかもしれません。 お茶をあまり飲まない方はカテキンを含むサプリメントや健康食品を利用すると良いでしょう。 サプリメントを利用すれば、手軽に十分な量のカテキンを摂ることができます。 カテキンを毎日の生活に取り入れたい方は、利用しやすいサプリメントや健康食品を探してみてはいかがでしょうか。 nanairo編集部がおすすめするカテキンが摂れるお茶 カテキンを摂りたいならお茶! でも毎日飲むものだから、体にやさしいものがいいですよね。 そこでおすすめなのが「白井田七。 茶」です。 白井田七。 茶 有機栽培で完全無農薬の緑茶で、栄養素豊富な田七人参も配合されています。 パウダータイプなのは、栄養素を余すことなく摂取できるため。 通常価格3,728円が初回特別価格で1,980円! こだわって作られた本物のお茶が1日たったの66円で飲めるのです! 健康のために質のいいお茶を摂りたい人、カテキンを摂取する習慣をつけたい人におすすめです!.

次の

緑茶の飲み過ぎは危険?茶カテキンにはどんな効果や副作用があるの?

カテキン 取り すぎ

カテキンの適切な摂取量と副作用を知っておこう! 老化の原因として活性酸素がありますが、抗酸化作用の高い成分を摂取することで活性化酸素の働きを抑えることができてアンチエイジング効果が期待できます。 カテキンは高い抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果も期待できる成分です。 女性は誰でもいつまでも若々しくいたいと思っていることでしょう。 そんな人にもカテキンはおすすめの成分なのですが、過剰摂取をすることで副作用が出るようです。 健康や美容のためにとカテキンを過剰摂取したために、副作用が出てしまっては逆効果になってしまいます。 カテキンの効果を得るためにはまず適切な量と副作用を知っておく必要があります。 カテキンはどんなお茶に含まれているの? カテキンは日頃からよく飲まれているお茶に含まれる成分です。 カテキンが含まれるお茶としては、• ウーロン茶• ほうじ茶• 紅茶 などがあります。 どれも日本人には親しまれているお茶ばかりなのでカテキンは手軽に摂取することができます。 この他にも、高濃度にカテキンを配合したお茶なども販売されています。 体脂肪が気になる人はそんな高濃度のカテキンが配合されたお茶を毎日飲んでいる人もいるかもしれません。 手軽に摂取できるカテキンですが過剰摂取によって副作用の心配があります。 どのような副作用があるのかをよく知って、適切な量を摂取するようにしましょう。 カテキンの一般的な副作用 肝機能障害 カテキンは日頃よく飲んでいるお茶から摂取することもできますが、最近では高濃度にカテキンを配合した飲料やサプリメントも販売されるようになっています。 一般的なお茶にはカテキンだけでなくカフェインも含まれていることから、カテキンだけを摂取したいとこのような商品を活用する人も多いです。 しかし、海外では高濃度にカテキンを配合されたお茶やサプリメントを服用したことで肝機能障害の副作用が報告されています。 高濃度のカテキンが含まれた飲料やサプリメントは手軽にカテキンだけを摂取できるというメリットもありますが、過剰摂取によって副作用が出ることもあるので注意が必要です。 カフェインの過剰摂取 カテキンは基本的には安全な成分とされ、一般的なお茶からカテキンを摂取するケースではカテキンの副作用の心配はほとんどないでしょう。 カテキンは一般的なお茶から手軽に摂取できる成分ですが、お茶によっては多くのカフェインが含まれているので、お茶を飲み過ぎればカフェインの過剰摂取になってしまいます。 カテキンの副作用を心配する人も多いでしょうが、お茶からの摂取ではカテキンの摂りすぎによって副作用が発症するのではなくカフェインの過剰摂取によって副作用が出ているケースが多いようです。 そのためお茶からカテキンを摂取する場合にはカテキンの副作用ではなくカフェインの副作用に注意する必要があるでしょう。 カフェインは1日100mg程度であれば副作用の心配はないとされていますが、250~300mg摂取することで過剰摂取となり副作用が出る可能性があります。 高級なお茶として知られる玉露には100gあたり160mg のカフェインが含まれていると言われています。 このようにお茶によっては多くのカフェインが含まれていて、少し飲み過ぎるだけでカフェインの過剰摂取になって副作用が出てしまいます。 ウーロン茶であれば20mg程度のカフェインですが、それでも飲みすぎれば副作用の心配があります。 お茶からカテキンを摂取する場合にはカフェインによる副作用に注意が必要です。 取り過ぎ注意?カテキンの過剰摂取の症状は? 肝機能障害 カテキンを過剰摂取すると肝機能障害か発症する可能性があります。 肝臓は沈黙の臓器とも言われ自覚症状は感じにくいです。 臓器の中でもとても強い肝臓は、一部が損傷していても他の部分でカバーできるほどの臓器です。 そんな肝臓で肝機能障害が起こるとどのような症状が現れるのかと不安を感じてしまいますよね。 肝機能障害を起こした時の主な症状としては、• 全身倦怠感• 食欲不振• 疲れやすくなる• 腹部不快感 などがあります。 症状が悪化すると、発熱や腹痛、吐き気や嘔吐などの症状を発症することもあります。 肝臓は自覚症状が現れにくいため、カテキンの過剰摂取が気になる人は早めに病院で一度検査をしてもらう方が良いでしょう。 カフェインの過剰摂取による症状 カテキンは摂取方法によってはカフェインの副作用が出ることもあります。 カフェインの副作用としては、• 不安感• 胃腸障害• 神経質になる• 焦燥感• 顔面紅潮 などがあります。 妊娠中の人が過剰摂取すると奇形発症のリスクが高まるとされています。 副作用では急性中毒の症状と慢性中毒の症状に分けることができます。 急性中毒の症状では心拍数の増加、動悸や不整脈の原因ともなります。 その他にも嘔吐、胃や胸の痛みを発症するケースもありますし、重度の症状では呼吸困難や歩行困難、幻覚や幻聴などの症状を発症するケースもあるようです。 長期的にカフェインを過剰摂取すると慢性中毒の症状が現れます。 慢性中毒の症状としては睡眠障害や神経過敏、興奮状態が続いたり頻尿や頻脈などの症状が現れたりすることがあります。 カテキンの適切な摂取量は? カテキンは過剰摂取をすれば副作用の心配があります。 ではカテキンの摂取量はどのくらいなのかと気になるところですが、カテキンには上限摂取量は決められていません。 日本ではカテキンによって副作用が出たという報告がされていないこともあり、安全な成分として認知されているようです。 そのためカテキンの適切な摂取量というのは分かっていませんが、海外では高濃度のカテキンを摂取したことによって副作用が報告されていることからも過剰摂取には注意が必要です。 一般的なお茶でカテキンを摂取する場合にはカテキンの量は気にしなくても良いと考えられます。 ただお茶の中にはカフェインが含まれていることもあり、このカフェインの過剰摂取にならないように気をつけて摂取することでカテキンも安全に摂取することができるでしょう。 カフェインは1日100mgまでなら問題ないとされています。 カフェインを250~300mg摂取すると過剰摂取となるので、この点に気をつけてお茶を摂取することで安全にカテキンを摂取することができるでしょう。 カテキンがダイエットに効果あるって本当? カテキンに興味を持ったのはダイエット効果があることを知ったのがきっかけという人もいるでしょう。 カテキンにダイエット効果がある理由の一つが、血糖値の上昇を緩やかにする効果です。 血糖値が急激に上昇すると余ったエネルギーを脂肪として蓄えようとします。 そのため太りやすくなるのですが、カテキンを摂取することで血糖の上昇を抑えることができるので脂肪を蓄えにくくしてくれます。 その他にもカテキンには体脂肪を減らす、糖や脂質の吸収を抑える効果があるのもダイエット効果が期待できる理由です。 体脂肪を減らす効果は、ただ摂取すれば体脂肪が減るというものではなく、運動をすることで体脂肪が燃焼しやすくなるという効果のようです。 このようにカテキンは血糖値の上昇、糖や脂質の吸収を抑えてくれ、運動をすることで体脂肪も燃焼しやすくなるのでダイエットをしている人にはおすすめの成分です。 おわりに ここではカテキンの副作用や適切な摂取量について紹介しました。 副作用があることを知るとカテキンの摂取をためらってしまう人もいるかもしれませんが、この副作用は高濃度のカテキンが含まれた商品を利用したり、お茶からカテキンを摂取するときにカフェインを過剰に摂取したりすることで現れるようです。 そのため一般的なお茶で適切な量を摂取しているケースではカテキンの副作用はそれほど心配しなくても良いでしょう。 安全な摂取量でカテキンの嬉しい効果を実感しましょう! ・カテキンの効果・効能について知りたい方はこちらの記事がおすすめです ・カテキンが多く含まれているお茶を知りたい方はこちらの記事がおすすめです.

次の