大変 恐縮 では ござい ます が。 「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方・言い換え

「恐縮」の意味と正しい使い方!シーン別の例文と類語も紹介

大変 恐縮 では ござい ます が

「お忙しいところ」が最も使われるのは、依頼のシーンではないでしょうか。 仕事は頼む・受けるで進行していきます。 業務をいくつも抱えているのはビジネスパーソンならお互い様ですね。 これから必要な、新たなこの任務のために、相手に時間を作らせるにあたって、その負担をじゅうぶんわかっています、という意味を伝えて印象をやわらげます。 ・お忙しいところ大変申しわけありませんが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところ誠に恐縮でございますが と、このようなフレーズで始め、依頼内容を書きます。 このひと言があると、負担感なく仕事を引き受けられる印象になります。 「お忙しい」を「ご多忙」とする表現もあります。 「お忙しいところxxですが」の後に続くフレーズ お願いをするときに「お忙しいところ」に合わせてよく使われるのが「恐縮です」という言い方です。 日常会話では少ないと思いますが「恐縮です」はビジネスではよく使われます。 「恐縮」とはもともと以下のような意味です。 「恐縮です」は「恐れ入ります」ともなります。 謝る言葉でよくある「すみません」は少し簡単すぎる印象があり、ビジネスシーンではあまり上手な謝りかたではないとされているので、注意しましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」例文.

次の

謝罪や感謝を伝える言葉「恐縮です」の意味、類語、ビジネスでの使い方

大変 恐縮 では ござい ます が

「恐縮」のその他の表現 恐縮のより丁寧な表現として、「 恐縮の至り」「 恐縮の極み」「 恐縮しきり」などがあります。 それよりも程度が大きい表現ですと、「 恐縮至極(至極恐縮)」や「 甚(はなは)だ恐縮」などがあげられます。 「恐縮です」の類語 「 恐れ入ります」は、よく使われる類語です。 「 痛み入ります」も、目上の方に対して恐れ多く申し訳ないという気持ちを伝えるフレーズです。 その他には、「 もったいないです」や「 かたじけないです」、「 申し訳ございません」、「 お手数をおかけいたします」などでも代用が可能です。 シーンに合わせて、使い分けるようにしましょう。 「恐縮」と似ている言葉:「僭越」 ビジネスシーンでは、「恐縮」に似た「僭越」という言葉が使われることがあるでしょう。 意味の違いから、しっかり区別して覚えておきましょう。 まず、似た言葉の「僭越」は、(せんえつ)と読みます。 (せいえつ)と間違えやすいので注意しましょう。 「僭越」の意味は、自分の地位や身分を超えて、出すぎたことをすることを指しています。 出しゃばっているとも言えるでしょう。 たとえば、「僭越ながら、私の意見をいわせてください」とすると、出すぎているとはわかっていてもいおうとしている様で、場合によっては高圧的に聞こえることもあるでしょう。 対して、「恐縮ながら、私の意見をいわせてください」とすると、へりくだっている、あるいは相手のことを持ち上げているのが伝わる表現になります。 この2つの言葉は間違って使うと大事なビジネスに影響を与えかねないので、使う時には違いを意識しましょう。

次の

お知らせ

大変 恐縮 では ござい ます が

「大変恐縮ですが」は、相手に対して大きな申し訳なさや感謝を伝えるシーンで使用される敬語です。 ビジネスシーンでは、相手に何か依頼をする時や迷惑を掛けてしまったことをお詫びする時、相手から受けた厚意に対して感謝する場合に使用します。 ビジネスシーンでは 人間関係を円滑に進めるためにクッション言葉は必須ですので、ぜひ覚えておきたい敬語です。 「大変恐縮ですが」は、上司など目上の人に使えるのか? 「申し訳ありませんが、」は、「言い訳できないほどすまないと思っていますが」と言う意味の敬語です。 ビジネスシーンでは相手に対してお詫びの気持ちを表現する使い方をします。 上司など目上の人にも使用できます。 自分のせいで、相手に対して迷惑や不具合を掛けてしまっている状態で、かつ相手に対してお願いや了承をして欲しい時に、「大変恐縮ですが、」を「申し訳ありませんが、」に言い換えできます。 ただし、こちらに非がなく相手に迷惑をかけていない状態で、依頼をする時に「申し訳ありませんが、」は、お詫びをする状況ではないため「申し訳ありませんが、」は不適切です。 「大変恐縮ですが、」やほかの類語を使用しましょう。 「申し訳ありませんが、」の使い方.

次の