東京 丸の内 法律 事務 所。 東京丸の内法律事務所

東京丸の内法律事務所

東京 丸の内 法律 事務 所

「当事務所は、主に国内部門を手掛けていた東京丸の内法律事務所と、国際部門中心の春木・澤井・井上法律事務所の新事務所として、2006年5月に誕生しました。 事務所設立の源流は国内部門は昭和20年代、国際部門は昭和30年代。 長い歴史の中で培ってきたノウハウと得意分野を融合させて専門分野を広げたい。 それが合併の目的でした」。 そう語るのは、代表の宮川勝之弁護士。 今回取材に訪れた東京丸の内・春木法律事務所は、国内・国際の一般企業法務を中心に、幅広い案件を取り扱う。 オフィスは、再開発でにぎわいを見せる丸の内。 現在、国内部門21名、国際部門12名の弁護士が活躍している。 「一般的にはパートナー1名とアソシエイト1・2名が組んで案件にあたります。 案件取り扱い数は、一般企業法務60%、倒産関係、知的財産などの各専門分野の業務が40%です。 長い歴史を持つ事務所ですので、クライアントとは付き合いが長く、老舗企業が多いのも当事務所の特徴。 企業法務は担当者との信頼関係が第一なので、クライアントの事情や課題を深く理解したメンバーが継続して担当するようにしています。 一方で、専門分野を広げたい、開拓したい場合は、案件を自ら獲得したり、所内の案件にチャレンジしたりする機会が豊富にあります。 メインの案件を担当しながら、自身の専門分野を拡大・追究できる点は当事務所の魅力の一つだと思います」 若手の育成はOJTが基本という同事務所。 詳しい話を広報担当の内藤滋弁護士(50期)に聞いてみた。 「資料作成一つとっても、ドラフトを丁寧に添削したり、議論で発言させたりして、基本をしっかりと教え込むスタイル。 そういった意味では、事務所の雰囲気はゆるやかな体育会系といえるのかな(笑)」 ところで同事務所(国内部門)では「今まで辞めた弁護士は一人もいない」というから驚きだ。 理由は、事務所の仕事をきちんとこなすことを前提にしながら、自分が興味を持った仕事を好きなだけできること。 そして事務所として10年目にパートナーとなるだけの実力を培うことをアソシエイトに期待しているため、将来像や目標を持って働くことができる点などにあるようだ。 さらに女性弁護士が多数活躍している点も同事務所の特徴の一つ。 出産育児を経て復帰するケースも珍しくなく、働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいる。 また二つの事務所が合併することで、国内と国際、両部門間での人材の融合もさらに加速してきたという。 「国際的な倒産という例をとると両部門で人材の行き来が生まれ、アソシエイトにとってもチャンスが広がります」(澤井憲子弁護士) 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル225 区 電話03-3213-1081(国内部門 電話03-3214-2491(国際部門) 主に国内部門を手掛けていた東京丸の内法律事務所と、国際部門中心の春木・澤井・井上法律事務所が合併し2006年に設立された東京丸の内・春木法律事務所。 手堅い経営、堅実なアドバイスで、信頼と安心を第一としたリーガル・サービスを提供することが信条。 顧問先の業種は金融、建設、製造・サービス業、マスコミ、ITなど多岐にわたり、その数150社以上。 弁護士・スタッフ合わせて54 人が在籍。 8)のものです。 2007年11月号 準備号• 2008年1月号 創刊号• 2008年3月号 Vol. 2008年5月号 Vol. 2008年7月号 Vol. 2008年9月号 Vol. 2008年11月号 Vol. 2009年1月号 Vol. 2009年3月号 Vol. 2009年5月号 Vol. 2009年7月号 Vol. 2009年9月号 Vol. 2009年11月号 Vol. 2010年1月号 Vol. 2010年3月号 Vol. 2010年5月号 Vol. 2010年7月号 Vol. 2010年9月号 Vol. 2010年11月号 Vol. 2011年1月号 Vol. 2011年3月号 Vol. 2011年5月号 Vol. 2011年7月号 Vol. 2011年9月号 Vol. 2011年11月号 Vol. 2012年1月号 Vol. 2012年3月号 Vol. 2012年5月号 Vol. 2012年7月号 Vol. 2012年9月号 Vol. 2012年11月号 Vol. 2013年1月号 Vol. 2013年3月号 Vol. 2013年5月号 Vol. 2013年7月号 Vol. 2013年9月号 Vol. 2013年11月号 Vol. 2014年1月号 Vol. 2014年3月号 Vol. 2014年5月号 Vol. 2014年7月号 Vol. 2014年9月号 Vol. 2014年11月号 Vol. 2015年1月号 Vol. 2015年3月号 Vol. 2015年5月号 Vol. 2015年7月号 Vol. 2015年9月号 Vol. 2015年11月号 Vol. 2016年1月号 Vol. 2016年3月号 Vol. 2016年5月号 Vol. 2016年7月号 Vol. 2016年9月号 Vol. 2016年11月号 Vol. 2017年1月号 Vol. 2017年3月号 Vol. 2017年5月号 Vol. 2017年7月号 Vol. 2017年9月号 Vol. 2017年11月号 Vol. 2018年1月号 Vol. 2018年3月号 Vol. 2018年5月号 Vol. 2018年7月号 Vol. 2018年9月号 Vol. 2018年11月号 Vol. 2019年1月号 Vol. 2019年3月号 Vol. 2019年7月号 Vol. 2019年10月号 Vol. 2020年1月号 Vol. 2020年4月号 Vol. 2020年4月号 Vol.

次の

東京丸の内・春木法律事務所【事務所探訪】

東京 丸の内 法律 事務 所

「当事務所は、主に国内部門を手掛けていた東京丸の内法律事務所と、国際部門中心の春木・澤井・井上法律事務所の新事務所として、2006年5月に誕生しました。 事務所設立の源流は国内部門は昭和20年代、国際部門は昭和30年代。 長い歴史の中で培ってきたノウハウと得意分野を融合させて専門分野を広げたい。 それが合併の目的でした」。 そう語るのは、代表の宮川勝之弁護士。 今回取材に訪れた東京丸の内・春木法律事務所は、国内・国際の一般企業法務を中心に、幅広い案件を取り扱う。 オフィスは、再開発でにぎわいを見せる丸の内。 現在、国内部門21名、国際部門12名の弁護士が活躍している。 「一般的にはパートナー1名とアソシエイト1・2名が組んで案件にあたります。 案件取り扱い数は、一般企業法務60%、倒産関係、知的財産などの各専門分野の業務が40%です。 長い歴史を持つ事務所ですので、クライアントとは付き合いが長く、老舗企業が多いのも当事務所の特徴。 企業法務は担当者との信頼関係が第一なので、クライアントの事情や課題を深く理解したメンバーが継続して担当するようにしています。 一方で、専門分野を広げたい、開拓したい場合は、案件を自ら獲得したり、所内の案件にチャレンジしたりする機会が豊富にあります。 メインの案件を担当しながら、自身の専門分野を拡大・追究できる点は当事務所の魅力の一つだと思います」 若手の育成はOJTが基本という同事務所。 詳しい話を広報担当の内藤滋弁護士(50期)に聞いてみた。 「資料作成一つとっても、ドラフトを丁寧に添削したり、議論で発言させたりして、基本をしっかりと教え込むスタイル。 そういった意味では、事務所の雰囲気はゆるやかな体育会系といえるのかな(笑)」 ところで同事務所(国内部門)では「今まで辞めた弁護士は一人もいない」というから驚きだ。 理由は、事務所の仕事をきちんとこなすことを前提にしながら、自分が興味を持った仕事を好きなだけできること。 そして事務所として10年目にパートナーとなるだけの実力を培うことをアソシエイトに期待しているため、将来像や目標を持って働くことができる点などにあるようだ。 さらに女性弁護士が多数活躍している点も同事務所の特徴の一つ。 出産育児を経て復帰するケースも珍しくなく、働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいる。 また二つの事務所が合併することで、国内と国際、両部門間での人材の融合もさらに加速してきたという。 「国際的な倒産という例をとると両部門で人材の行き来が生まれ、アソシエイトにとってもチャンスが広がります」(澤井憲子弁護士) 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル225 区 電話03-3213-1081(国内部門 電話03-3214-2491(国際部門) 主に国内部門を手掛けていた東京丸の内法律事務所と、国際部門中心の春木・澤井・井上法律事務所が合併し2006年に設立された東京丸の内・春木法律事務所。 手堅い経営、堅実なアドバイスで、信頼と安心を第一としたリーガル・サービスを提供することが信条。 顧問先の業種は金融、建設、製造・サービス業、マスコミ、ITなど多岐にわたり、その数150社以上。 弁護士・スタッフ合わせて54 人が在籍。 8)のものです。 2007年11月号 準備号• 2008年1月号 創刊号• 2008年3月号 Vol. 2008年5月号 Vol. 2008年7月号 Vol. 2008年9月号 Vol. 2008年11月号 Vol. 2009年1月号 Vol. 2009年3月号 Vol. 2009年5月号 Vol. 2009年7月号 Vol. 2009年9月号 Vol. 2009年11月号 Vol. 2010年1月号 Vol. 2010年3月号 Vol. 2010年5月号 Vol. 2010年7月号 Vol. 2010年9月号 Vol. 2010年11月号 Vol. 2011年1月号 Vol. 2011年3月号 Vol. 2011年5月号 Vol. 2011年7月号 Vol. 2011年9月号 Vol. 2011年11月号 Vol. 2012年1月号 Vol. 2012年3月号 Vol. 2012年5月号 Vol. 2012年7月号 Vol. 2012年9月号 Vol. 2012年11月号 Vol. 2013年1月号 Vol. 2013年3月号 Vol. 2013年5月号 Vol. 2013年7月号 Vol. 2013年9月号 Vol. 2013年11月号 Vol. 2014年1月号 Vol. 2014年3月号 Vol. 2014年5月号 Vol. 2014年7月号 Vol. 2014年9月号 Vol. 2014年11月号 Vol. 2015年1月号 Vol. 2015年3月号 Vol. 2015年5月号 Vol. 2015年7月号 Vol. 2015年9月号 Vol. 2015年11月号 Vol. 2016年1月号 Vol. 2016年3月号 Vol. 2016年5月号 Vol. 2016年7月号 Vol. 2016年9月号 Vol. 2016年11月号 Vol. 2017年1月号 Vol. 2017年3月号 Vol. 2017年5月号 Vol. 2017年7月号 Vol. 2017年9月号 Vol. 2017年11月号 Vol. 2018年1月号 Vol. 2018年3月号 Vol. 2018年5月号 Vol. 2018年7月号 Vol. 2018年9月号 Vol. 2018年11月号 Vol. 2019年1月号 Vol. 2019年3月号 Vol. 2019年7月号 Vol. 2019年10月号 Vol. 2020年1月号 Vol. 2020年4月号 Vol. 2020年4月号 Vol.

次の

ご挨拶

東京 丸の内 法律 事務 所

トピックス 2020/6/25 が新型コロナウイルス法律相談の、と題する弁護士ブログを更新しました。 2020/6/25 にて、新型コロナウイルス法律相談記事の連載を始めました。 本年5月に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が解除されてからも、引き続きの感染予防対策や「新しい生活様式」への対応が求められています。 当事務所にも新型コロナウイルス感染症拡大に関連するご依頼・ご相談が多数寄せられていますが、日常の疑問点の解決や、当事務所にご依頼・ご相談される際の参考にしていただければと思います。 2020/6/23 が「」と題する弁護士ブログを更新しました。 2020/6/19 当事務所は、新型コロナウイルス感染症対策に伴い、2020年6月22日(月)より、国内部門における電話(03-3213-1081)での受付時間を10:00~17:30に変更させていただきます。 なお、国際部門における電話(03-3214-2491)での受付時間は平常時と変わりません。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 2020/5/28 当事務所は、新型コロナウイルス感染症対策に伴い、2020年6月1日(月)より、国内部門における電話(03-3213-1081)での受付時間を10:00~16:00に変更させていただきます。 なお、国際部門における電話(03-3214-2491)での受付時間は平常時と変わりません。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 2020/5/1 このたび(司法修習第67期)が当事務所のメンバーとして加わりました。 2020/4/7 当事務所は、新型コロナウイルス感染症対策に伴い、2020年4月8日(水)より、一時的に、事務所での対面形式の会議を行わないこととし、国内部門における受付時間を11:00~16:00に変更させていただきます。 なお、国際部門における受付時間は従前と変わりません。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 著作・講演等 2020/6/25 が、2020年7月14日14時よりAP東京八重洲ルームAにおいて開催される一般社団法人組込みシステム技術協会主催のJASAエグゼクティブセミナーにおいて、『』と題する講演を行います。 2020/6/24 が法律監修した 『』(2020年6月10日発刊)(第一法規 が発売されました。 2020/6/20 が執筆した「わが国の進歩性の審理判断に関する若干の考察」が、『知財管理』70巻6号(2020年6月20日発行)(日本知的財産協会)に掲載されました。 2020/6/3 幸村俊哉弁護士の事業承継に関する記事「」が日本経済新聞2020年6月3日号朝刊に掲載されました。 なお、リンク先にて全文を読むには会員であることが必要です。 2020/2/10 が執筆に参加した『』(2020年2月20日発行)(第一法規:東京弁護士会法友全期会編著)が出版されました。 2020/2/10 が執筆に参加した『』(2020年2月10日発行)(日本法令:東京弁護士会法友全期会 債権法改正特別委員会編著)が出版されました。 2020/1/27 が執筆に参加した『』(2020年1月27日発行)(第一法規)が出版されました。 Copyright C The Tokyo-Marunouchi Law Offices. All Rights Reserved.

次の