トラック 野郎 望郷 一 番 星。 映画『トラック野郎望郷一番星』ロケ地北海道

トラック野郎・度胸一番星

トラック 野郎 望郷 一 番 星

ストーリー [ ] 某所。 この国道では、ネズミ捕り(スピード違反取り締まり)が行われており、警官()が厳しく取り調べていたため、トラックが長蛇の列をなしていた。 その脇を通り過ぎようとする2台のトラック。 一番星が「暑い中でのネズミ捕り、誠にご苦労様です、緊急事態発生の為、ノンストップにて先を急がせていただきます」やもめのジョナサンが「狭い日本そんなに急いでドコへ行く、ドライバーの皆さん、交通道徳を守りましょう」と、拡声器で伝え、通り過ぎる。 ネズミ捕りを逃れる芝居だったのである。 そこへ、ミニパトで追跡する2人組の婦警が追いついてくる。 容疑は風呂のだった。 指揮を取る吹田タケ子()婦警は「桃 太郎!一万円札!2台とも止まれ!」と叫び執拗に追いすがる。 だが桃次郎・ジョナサンコンビの敵ではなく、散々からかわれた挙句、脱がされる羽目に。 ところは変わり、。 深夜の雨の中、一番星号とジョナサン号はで小休止をする。 そこで桃次郎は、の傍らに立つ美女()を発見する。 白装束の彼女は「佐渡で待つ」というと、霧の中へ消えてしまった。 不思議だと思いつつも、またも一目ぼれしてしまった桃次郎。 一方のジョナサンは、自動販売機の前で美女を拾う。 「渡り鳥のマヤ」こと江波マヤ()は、ドライブイン「越後獅子」の2階にあるバーで働いているという。 彼女に熱を上げるジョナサン。 後日、ドライブイン「越後獅子」に、タンクローリー (を積載) [ ]を運転し、ジョーズこと新村譲治()が仲間とともに5台のジョーズ軍団を率いて乗り込んできた。 無線の4チャンネルを独占する、と宣言したジョーズ。 他の運転手や女性トラッカー・紅弁天()が抗議するがジョーズ軍団の勢いに押されてしまう。 食事をしながら佐渡の勉強に熱中し、我関せずだった桃次郎まで巻き込まれそうになるが、なんとか収まる。 ジョナサンはマヤを口説こうとしていたが、マヤがジョーズのいるシャワー室に入るのを見、想いが遂げられないことを悟る。 桃次郎とジョナサンは、フェリーでへ向かう。 佐渡で知り合った女性・乙羽水名子(片平なぎさ)は、水子地蔵で出会った女性と瓜二つ。 教師をしていると知り、分教場まで押しかけて教鞭を取る始末。 しかし学力不足を児童に指摘されブーイングを浴びてしまう。 水名子は捨て子であり、拾って育てたのは乙羽作右ヱ門()だった。 金掘りをしていた作右ヱ門の言葉を鵜呑みにし、ジョナサンは金掘りに鞍替えしてしまう。 その頃、桃次郎は、本間ウメ()の言葉を誤解し、若い医師・稲村健司()と水名子が結婚すると思い込む。 失意の中、佐渡を去る桃次郎。 新潟へ渡った桃次郎は、ジョーズ軍団と出会う。 ワッパ(運転)勝負をすることになるが、失恋の痛手から、人形を水名子と見間違い、ハンドル操作を誤って負けてしまう。 復讐を誓う桃次郎は、紅弁天からジョーズの過去を聞かされる。 5年前に村から追い出されたのだ、と。 その後、故郷のない男たちを集めジョーズ軍団を結成、最近になって戻ってきて、無法を働くようになったという。 その頃、ジョーズは生まれ育った村を訪れていた。 誘致で潰されようとしている故郷を、自らの手で片付けるために。 戻ってきたジョーズは桃次郎と激突、大乱闘となった。 勝負は互角だったが、「水入り」と仲裁するトラック運転手にまで暴力を振るうジョーズ。 運転手たちはこれに怒り、ジョーズを総攻撃。 そこへマヤが出刃包丁を持って割りこんでくる。 その迫力に圧される一同。 勝負は桃次郎の勝ちとなり、4チャンネルの独占は解消された。 浮かれる運転手たちは宴会を開き、紅弁天は見事な歌声で『恋歌』を歌い上げる。 2階では、ジョーズを手当てするマヤの姿があった。 ので恋の傷を治そうとしている桃次郎だったが、そこに手紙が届き、水名子の結婚話は誤解だった、と知る。 急ぎ佐渡へ戻る桃次郎。 金を掘るジョナサンの元を訪れると、成果が全く出ないことを嘆き、作右ヱ門に食って掛かる最中だった。 桃次郎は「家族こそ金だ」と語り、ジョナサンに生きがいを悟らせた。 このやり取りで、水名子の心は桃次郎に傾き始めた。 以前の約束を守るべく、桃次郎は一番星号に水名子と児童を乗せ、修学旅行に出発する。 新潟からを巡る旅は、、の凧合戦、と巡るうちに、子供たちから結婚を薦められる。 桃次郎も手応えを感じていたが、水名子の方からしてくる結果に。 結婚に向けて準備を進める桃次郎に、悲報が入る。 佐渡を襲った台風により、水名子が死亡した、というのだ。 呆然とする桃次郎に、さらなる一報が入る。 ジョナサンが、重量オーバーと公務執行妨害で逮捕されたのだ。 3000万円相当の大量のを金沢から新潟まで運ばなければならない! ジョナサンの代わりを買って出た桃次郎は一番星号を飛ばす。 紅弁天やトラック仲間、さらにはジョーズ軍団まで協力し、警察の包囲網を潜り抜け、蹴散らし、満身創痍となりながらも、見事一番星号は役目を果たしたのだった。 出演 [ ]• 乙羽水名子 -• 江波マヤ(渡り鳥のマヤ) -• 乙羽作右ヱ門 - ()• 百万石 -• 角海村の老人 -• ネズミ捕りの警官 -• 洋服屋 -• 魚市場の警官 -• 吹田タケ子(婦人警官) -• 本間ウメ -• 警官班長 -• 兼六丸 -• 筑豊(ジョーズ軍団) -• 錦鯉 -• 稲村健司 -• 原子力発電所課長 -• 横綱 -• 越光 -• 警官班長 -• おけさ丸 -• 朱鷺丸 -• カッコマン -• 香林坊-• 魚市場の警官B -• 沖縄(ジョーズ軍団) -• 警官班長 -• 四国(ジョーズ軍団) -• 天竜 -• 市場の荷主 -• 西山角江 -• テル美 -• ナオ美 -• アケ美 -• イサ美 -• 黒とかげ -• 岩手縣(ジョーズ軍団) -• 警官 -• 警官 -• 警官 -• 弥彦丸 -• 甘海老 -• 加賀 -• 警官 -• 警官 -• 嶋倉重平 - 加藤淳也• 田上ヨネ -• 盛山タツ子 -• 笹井長吉 -• 越前丸 -• 歌麿 -• 能登丸 -• トルコマネージャー -• 警官班長 -• 新婚夫 -• 警官 -• 警官 -• 花嫁 -• ウエイター -• 静代 -• 君子 -• 新婚妻 -• ウエイター -• 紅弁天 -• 新村譲治(ジョーズ) - 以下ノンクレジット• 兼六丸の妻 - [ ]• 警官 - [ ]• 運転手 - 、、、 [ ] スタッフ [ ]• 監督 -• 企画 - 高村賢治、天尾完次• 脚本 - 、• 音楽 -• 主題歌 - 、( )• 挿入歌 - ()• 撮影 - 飯村雅彦• 照明 - 山口利雄• 録音 - 井上賢三• 美術 - 桑名忠之• 編集 - 鈴木弘始• スチール - 遠藤努• 助監督 - 福湯通夫、森光正• 企画協力 - (株)カントリー• 佐渡観光協会• 販売各店• アートトラックグループ• 現像 -• 製作 - 備考 [ ] 歌麿役、宮崎靖男 宮崎の本業はトラック運転手だが、本シリーズに最初から関わり、アートトラックグループを立ち上げ、トラックやダンプ、ミキサー車などの手配や運転手との仲介に携わった。 またトラック運転手役として、全作に登場している(「歌麿」の役名は第3作から。 第1作は「運転手」、第2作は「宮崎」役)。 本作では桃次郎に「(自分の)妻の作った弁当」を差し入れるシーンがあるが、これはシリーズを通して彼の最大の見せ場となった。 これは、本業の他に当シリーズに関わった宮崎が中々家に帰れなかったため、脚本のの計らいで書かれたもの(宮崎の妻は撮影所に何度か来ており、澤井とも懇意だった)。 宮崎は「撮っても編集でカットされるだろう?」とたずねたが、澤井が「カットさせない」と確約し、本編で使用された。 関連玩具 本作の桃次郎のトラックが、(現:)の「」から「度胸一番星」としてキット化された。 しかし「ポピニカ」から本シリーズのトラックが玩具化されたのは、これが最後となった。 同時上映 [ ] 『』• 原作:/脚本:・/監督:山口和彦/主演: 参考文献 [ ]• 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』〈 洋泉社MOOK〉、2010年。 、植地毅『トラック野郎 浪漫アルバム』、2014年。 脚注 [ ] [].

次の

トラック野郎・望郷一番星とは

トラック 野郎 望郷 一 番 星

TVロケ地 映画ロケ地探訪 映画『トラック野郎望郷一番星』ロケ地北海道 『トラック野郎望郷一番星』トラック野郎3作目(1976年=昭和51年)のロケ地 ロケ地説明のため映像には映画タイトルを入れています。 ロケ地をあらゆるサイトを参考にし、映画場面と当時の航空写真を照合して探査してみました。 タイトルバック冒頭(トラックが列をなして走行)には、荒川への放水路が見えている。 撮影協力の字幕地点は網走市二見ヶ岡付近の 網走湖に接する国道238号線(オホーツク国道)。 左に見える線路は湧網線(昭和62年廃線)。 ストリートビューで山の稜線を確認。 網走市二見ヶ岡付近から東方位に撮影されている。 中央の山が三眺山で、右の山が網走駅方向の天都山。 (写真は2015年10月1日撮影) 背景は能取湖、ストリートビューでは映像右側にある樹木がほとんど同じ。 北にある畑が少し小高く、南方位に望遠で撮影されているようだ。 カメラ位置は鶴見中央5丁目で、国道駅から鶴見小野駅方面に列車が走り、南東方位に撮影されている。 現況では鶴見川護岸道路が整備され当時のお宅は無くなっている。 鶴見川の対岸が鶴見区小野町。 (写真は2015年9月28日撮影)当時のまりもが就航した埠頭。 トラック走行空撮は国道235号線(浦河国道)のむかわ町宮戸を西へ向かっている。 映像には細長い水田が多数見える。 北海道で米栽培がされている地域の走行である。 航空写真で確認してみると、推測走行方位が少しずれていました。 走行方位は北西です。 層雲峡の銀河の滝。 当時、銀河トンネルはまだ開通してなく、現在の銀河の滝駐車場は国道39号線だった。 網走駅前。 トラックが網走駅前を右折。 右側に郵便局がある。 『幸福の黄色いハンカチ』(1977年5月)で 高倉健さん(島勇作)がハガキを書いた郵便局である。 もちろん現在の郵便局とは位置が違う。 一番星が札幌テレビ塔の大通を走行。 撮影位置は北海道電力ビル。 終盤、一番星が時計台前を走行して札幌市場へ行く。 字幕が出ていないが西20丁目通りから一番星が札幌中央卸売市場へ入る。 曲った左側が札幌丸果ビル。 終盤にも登場する。 駐車場だった場所は現在水産棟の建物になっている。 この勝負カムチャッカ丸の勝ち。 到着シーンは神奈川県三浦市三崎5丁目3の当時三崎水産物卸売市場。 現在は三浦市民ホールになり 三崎水産物卸売市場は新しく埋め立てられた三崎5丁目に移転している。 三崎港と書かれたトラックが停車している。 左側建物屋根形状、奥の建物並びが一致。 終盤に釧路から札幌へ40tの荷物を一番星が運ぶ、到着した市場もここで、タイヤがバースト。 静内町の国道235号線(浦河国道)の静内川を西へ。 真歌公園から撮影されたようだ。 右映像は道道71号線の静内町目名の岡田スタッド付近通過。 道路手前の放牧場の柵と出入り口も一致。 出発時トラック走行場面は静内町田原の道道71号線のようで、山の稜線は静内から見た日高山脈方向になる。 道道71号線の二十間道路桜並木の静内町田原を左折し、新冠町大富方面へ走行しているようです。 武岡牧場を通り過ぎた坂道から撮影されたようです。 静内町はGoogleストリートビューが無い地域なので照合に苦労しました。 ロケ地探査で参考になったのは、新冠サラブレッド銀座駐車公園あるいは判官館森林公園から撮影された写真です。 それぞれ山の稜線の角度が異なり、最も映像に近い写真から方位を推測し探査しました。 (写真は2015年10月3日撮影) ここは亜希子(島田陽子)が経営する三上牧場への入口がある付近で、海岸側に日高本線が走る。 山の稜線は新冠町高江の海岸に迫り出ている場所。 ストリートビューで稜線確認。 夕陽が撮影されている。 現在の新冠温泉レ・コードの湯の近く。 一番星が乗馬して落馬した場所は、トラック走行場面の左の牧草地。 新冠の町が見える。 ハイセイコー専用の放牧場で撮影されている。 国道235号線(浦河国道)の新冠町大狩部。 右映像のタイトルバックの出演字幕地点は、この坂の少し下った辺りになる。 景色が一緒。 ちなみに富良野通過直後の映像も字幕地点と同じここ。 海岸沿いの日高本線と新冠町節婦の港が見える。 航空写真の国道235号線沿い赤い建物がドライブインと思う。 吊り橋があったようだ。 トラック走行のみ。 ホテル市川が撮影協力にある。 位置図は『幸福の黄色いハンカチロケ地』ページのものと同じです。 「くすり」の看板がみえる薬局は現在もあるようです。 トンネルは泊村の国道229号線茂岩トンネル。 撮影は旧茂岩トンネル。 現況は新設の茂岩トンネルが開通している。 梅宮「バーストが心配だ、タイヤを必ず交換させろよ」 釧路市阿寒上阿寒23線の国道240号線(まりも国道)レストラン鶴の前を北上。 しかし一番星はそのまま通過。 (写真は2015年9月29日撮影)現況では閉鎖されている。 道路対面が道の駅:阿寒丹頂の里。 梅宮「タイヤを冷やしてくれ!」 道路に散水している人達。 雌阿寒岳と阿寒富士が見え、国道240号線(まりも国道)を南下している。 映像には「ドライブインルート240」とある。 阿寒町上徹別48線のあたりのようだ。 梅宮「タイヤを冷やしてくれ!」 バケツで道路に水巻している人達「来たぞ!」と叫んでいて大衆食堂パシクルが見える場所は、 音別町馬主来(パシクル)沼の国道38号線「かにのミフネ」。 白糠町から音別町方向に走っている。 「もうすぐ札幌だぞ!」と叫ぶトラック野郎たち。 釧路を出たばかりじゃないか? ちなみに富良野通過直前もここでのロケ。 当時、釧路から札幌までは国道274号線(樹海ロード)が夕張〜日高が開通していなかったため 国道38号線を帯広・狩勝峠・富良野経由で滝川廻りが一番早いとされていた。 富良野市西達布の近道などはなく架空である。 当サイトはリンクフリーです。 当サイトに掲載した「トラック野郎望郷一番星」ロケ地は映画場面と当時の航空写真を照合して探査しました。 ロケ地照合探査のため、場面解説に映像(「トラック野郎望郷一番星」と明記)を使用し、 国土交通省空中写真(国土交通省航空写真と明記)を利用しました。 映像の著作権は、映画 製作・配給 会社に帰属しています。

次の

トラック野郎

トラック 野郎 望郷 一 番 星

ストーリー [ ] の台貫場で2人の警官(、)に、ニヒル()が重量オーバーで摘発されていた。 流行の「わかるかナ?」(本人の持ちネタ)で煙に巻こうとするが、火に油を注いでしまう。 と、そこに「県警本部車両が事故」との無線が入る。 「出世のチャンス」と警官たちは総出で急行し、台貫場を空にしてしまう。 だが、それは一番星こと星桃次郎()、やもめのジョナサンこと松下金造()のデマだった。 二人の機転に感謝し、台貫場に渋滞を作っていたトラック群は次々と発車していった。 桃次郎とジョナサンが、次に向かう先は。 フェリーで三上亜希子()と出会った桃次郎は、またも一目ぼれをしてしまう。 の漁港で、はまなすお涼こと浜村涼子()と揉め事を起こした桃次郎。 その夜、港食堂「はきだめの鶴」で食事する彼の前に、お涼に惚れてる「カムチャッカ」こと大熊田太郎次郎左衛門()が出現。 お涼の代わりに喧嘩を買って出る。 両者互角だったが、遅れて入港した船の積荷・生魚40トンをへ急送する仕事が入り、勝負はハンドルでつけることに。 「負けたら北海道を去れ」と言われ、桃次郎は「売り言葉に買い言葉」と受けてしまう。 8時間はかかるという道のりだが、あと6時間しかない。 20トンずつ積載したトラックでの夜の街道レースは、地元という利点を生かして近道したカムチャッカが勝利。 帰路、急に便意をもよおした桃次郎は、牧場の隅で排便をしようとするが、それがきっかけで三上亜希子と再会。 (後の)で三上牧場を経営していると聞くと、カムチャッカとの約束も忘れ乗馬の知識を詰め込み始める。 港食堂「はきだめの鶴」では、ジョナサンにお涼の弟・浜村紅夫()と水屋(貨物利用業ブローカー)の鮫田()が接近する。 桃次郎はジョナサンとの仕事もそっちのけで亜希子の元に日参するようになり、ジョナサンとは喧嘩別れになる。 三上牧場には生まれたばかりの仔馬がいたが、獣医の小宮(永谷吉見)も見放す重病だった。 桃次郎の看病により、仔馬は見事に回復。 感謝した亜希子は、仔馬に一番星にちなんで「ファーストスター」と名前をつける。 釧路でカムチャッカと再会した桃次郎は、お涼との仲を誤解したカムチャッカに再度の勝負を挑まれる。 港での大喧嘩の果てにお涼がカムチャッカに愛を告白、カムチャッカと桃次郎も和解し、友人となった。 の大ファンであり「」を熱唱しながらハンドルを握る、宮城県出身の宮城縣()。 彼の運転するトラックに便乗し、ジョナサンの妻・君江と9人の子供は北海道を訪れ、ジョナサンと合流する。 4トン半のジョナサン号では家族を運転席に乗せきれず、長男、次男、三男は荷台から景色を眺めることに。 やを観光した後、帰りも母子は宮城のトラックで川崎へ向かった。 しかし、「トラックがタイヤをさせ、崖下に転落、運転していた宮城も死んでしまう」というニュースが飛び込み、ジョナサンは激しく動揺。 だが、君江は不意に陣痛が起こったため、子供たちと共に事故の前に車を降りていて無事だった。 松下家に第十子・幸六郎が誕生。 桃次郎は、で公演している都はるみの元を訪れ、宮城の供養をする盆踊り大会への参加を熱願する。 支配人()は「スケジュールが詰まってる」と断るが、桃次郎の熱意に打たれた都はるみは承諾した。 桃次郎は盆踊り大会の成功を見届け、亜希子にプロポーズすべく三上牧場を訪れる。 しかし、亜希子は小宮と結婚の約束をしており、結納も済んでいたのだった。 そのきっかけを作ったのは「未熟でも努力する」という姿勢で仔馬を救った桃次郎の熱意ある行動だった…。 失意の桃次郎は、港食堂「はきだめの鶴」へ。 そこでは、鮫田に400万円を持ち逃げされたジョナサンと紅夫が、仲間からつるし上げを食らっていた。 「トラックを売って返済する」というジョナサンを止め、お涼は自分のトラックを売るといい、カムチャッカも「結婚したらお涼にトラックは要らない」と同意する。 お涼は弟に鮫田を探し出すよう叱り付け、紅夫は食堂を飛び出す。 一件落着かに見えたが、「前金を鮫田に渡してある」と、荷主()が怒鳴り込んでくる。 40トンの生魚を18時の札幌市中央卸売市場に間に合わさなければ、2000万円の損害が発生するのだ。 だが、あと5時間しかない。 「この炎天下ではバーストして宮城縣の二の舞になる」と、二の足を踏むトラック乗りたち。 窮地に追い込まれるジョナサン。 引き受けようとするカムチャッカを「(バーストで)再婚前に死なせる訳にはいかねえ」と桃次郎は殴り倒し、一番星号は札幌へ向かって爆走する。 警察の追跡を蛇行運転で幻惑し、道路外へ追いやりクラッシュさせる一番星号。 カムチャッカは無線でナビゲートを試みたが、電波の状態が悪く、一番星号は古い吊橋へ。 速度を落とし進行する一番星号。 渡りきったところで、重量に耐え切れなかった吊橋は落ちた。 バーストを心配するカムチャッカ、ジョナサンたちは、電話で進路上の拠点に連絡、タイヤ交換を指示する。 しかしトイレの時間も惜しんで止まらない一番星号。 カムチャッカの発案で「路面に水を撒く」という作戦を実行させる。 ホースで、川からのバケツリレーで、道路に水を巻くトラック仲間たち。 最後には「ダンプの荷台に搭載した水を、一番星号の前を走行しながら撒く」、という奇策まで行い、ついに時間ギリギリに荷を届けることに成功する。 だが、市場の構内でバーストしてしまい、一番星号はバランスを失って激突。 荷物は無事だったものの自走できなくなっており、迎えにきたジョナサン号が一番星号を牽引していった。 スタッフ [ ]• 監督 -• 企画 - 高村賢治、天尾完次• 脚本 - 、• 音楽 -• 主題歌 - 、( )• 撮影 - 飯村雅彦• 照明 - 小林芳雄• 録音 - 井上賢三• 美術 - 桑名忠之• 編集 - 鈴木宏始• スチール - 遠藤努• 助監督 - 澤井信一郎、馬場昭格• 企画協力 - 株式会社カントリー• 郵船フェリー(東京 - 釧路)• 近畿郵船• (株)ローヤル ペップボーイオートセンター宇都宮店• 松川運輸(株)• 阿寒ホテル松川• 稗田牧場• 伊藤牧場• アートトラックグループ• 現像 -• 振り付けを担当したのは2代目。 出演 [ ]• 三上亜希子 - ()• 浜村涼子(はまなす お涼) -• 浜村紅夫 (お涼の弟) -• トラックショップ店主 -• 支配人 -• 加山 -• 港食堂「はきだめの鶴」の女主人 -• 港食堂「はきだめの鶴」の女主人 -• 宮城縣 -• ニヒル -• 台貫場(広島)の警官 -• 仲買人 -• 鮫田 -• 台貫場(広島)の警官 -• 三上牧場の老牧童頭 -• 獣医・小宮 -• 横綱 -• 風小僧 -• 仲買人 -• 一発屋 -• 荷主 -• 上洲 -• 留萌の虎 -• テル美 -• 竹美(ウェイトレス) -• 亀子 - (鶴光手配のシースルーの超セクシーで寸借詐欺をする娘) [ ]• 若いアベック -• ナオ美 -• アケ美 -• イサ美-• マス江 -• 関東無宿 -• 羅白の白熊 -• 北海丸 -• 丹頂鶴 -• 霧の摩周子 -• 流氷丸 -• 釧路丸 -• 網走無宿 -• 歌麿 -• 連絡船 -• 屈斜路湖 -• 市場の男 -• アベック -• 牧童 -• 港の番町 -• 松下幸之助 -• 松下幸次郎 -• 松下美智子 - 白取雅子• 松下華子 -• 松下幸三郎 - 大久保純• 松下サヤ子 - 高橋直美• 松下由美 - 角所由美• 松下幸四郎 - 斉藤宙• 松下幸五郎 - 吉崎勝一• 真美 -• 自転車野郎 -• 山崎久美子• (友情出演)• (特別出演) - 本人役• 盆踊りの世話人 - (友情出演)• 大熊田太郎次郎左衛門(カムチャッカ) -• 以下ノンクレジット• 盆踊りの女の子 -• 稚内 - [ ]• 運転手 - 、、、、、、 [ ] 同時上映 [ ] 『』• 脚本:・/監督:/主演: 参考文献 [ ]• 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説』〈 洋泉社MOOK〉、2010年。 、植地毅『トラック野郎 浪漫アルバム』、2014年。 脚注 [ ] []• 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、214-215頁。 55頁に従いひらがな表記。 『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説』、55頁。 46頁。

次の