婚活サイト 身バレ。 身バレしない婚活アプリ8選【知り合いにバレたくない人はコレ!】

pairs(ペアーズ)で元カノに身バレ!身内にバレないための対策

婚活サイト 身バレ

ブログ情報から、マッチングアプリのプロフィールが特定されちゃった! なぜなら、最近、私自身がマッチングアプリでやっかいな目にあったからです。 現在アラフォーの私は婚活中で、ブログに婚活状況を詳しくつづっています。 ブログ上には年齢や住んでいる地域、趣味、ライフスタイル、利用しているアプリなどの詳細を書いていました。 また、ハイスペック男性からたくさん「いいね!」をもらえるために日夜研究を重ねていて、「こういった写真を載せると、ハイスペック男性からウケがいい!」といった情報も載せていました。 すると、ブログを見た既婚女性が、マッチングアプリ「タップル誕生」に登録していた私のプロフィールを特定して、 ひやかしの「スーパーいいかも!」を送ってきたのです。 何気なく書いていたブログの情報から、マッチングアプリのプロフィールがバレるなんて思ってもいませんでした。 しかも女性読者がハイスペック男性になりすまして接触してくるなんて、驚きです! マッチングアプリとSNSで同じ写真を使うと危ない 今回のように婚活ブログからマッチングアプリのプロフィールが特定されたということは、逆にアプリのプロフィールから個人のブログやSNSが特定されることだってあり得るかもしれません。 マッチングアプリのプロフィールに、自分の写真を載せている人は多いと思います。 はっきりした顔写真を載せているのと、載せていないのでは「いいね!」のつき方が全然違うからです。 男性からたくさん「いいね!」をもらうためには、写りのよいプロフィール写真を掲載し、サブ写真もバリエーション多く載せている人が圧倒的に有利なのです。 でも、マッチングアプリに載せている写真が、ブログやSNSに載せている写真と同じだった場合、PC上で画像検索をかければ簡単に見つけられてしまいます。 画像検索で身元バレしないためにも、マッチングアプリにプロフィール写真を載せる際は、ネット上でSNSなどにアップしていない写真を使うことがポイントです。

次の

pairs(ペアーズ)で元カノに身バレ!身内にバレないための対策

婚活サイト 身バレ

マッチングアプリは2種類ある マリッシュを含むは、 1. Facebook認証でログインする Facebook型 2. SMSやメールアドレスで登録する SMS認証型 の2種類に分かれています。 ニックネーム制(本名はバレない) 2. Facebookのタイムラインに出ない 3. Facebookの友だちを非表示 特に重要なのが 3番。 Facebookアカウントを使うことで、 Facebookで友だちになっている知り合いを自動で非表示にしてくれます! これである程度の知り合いにはバレません。 しかし残りの、 「Facebookで友達になっていない知り合い」にはバレる可能性があります。 同級生は友達になっていても、職場や最近知り合った人とはFacebookで繋がっていないことも多いのでは? Facebook型でも、こういった人には バレる危険があります。 例えばこれが、職場の上司や後輩だったら…? 自分の婚活写真やプロフィールが見られるのは、ちょっと恥ずかしいですよね。 会員数が多いということは、知り合いにバレる可能性も高いかも?と思いますよね。 8/5 Goole Play:3. ペアーズの年齢層・料金 年齢層 料金 男性ユーザー 20〜35歳 3,590円 女性ユーザー 20〜35歳 無料 第2位のは、会員数800万人! 国内最大のマッチングアプリです。 ありがとう。 グルメ雑誌『東京カレンダー』が運営する、 審査制マッチングアプリです。 東カレデートの特徴は、女性のレベルがとにかく高いこと。 「あれ、どこのモデルさんですか?」みたいなレベルの女の子も、ざらにいます。 ただひとつネックとしては、男性会員のスペックがとても高いこと…。 30代会員の場合、年収1,000万円以上の男性が45%です。 男性の場合ライバルは手強いアプリですが、ご経歴に自信のある方はぜひどうぞ。 自分の顔写真を載せていると、知り合いに一発でバレてしまいます。 なので、メイン写真は避けて、サブ写真に設定することで 知り合いにバレる確率は格段に下がります! さらにサブ写真にも顔写真を載せなければ、ほぼバレることはありません。 特にマリッシュ会員はシンママ・シンパパが多く、身バレ防止として顔写真を載せていない人が多いです。 名前は人の印象を左右するものなので、知り合いの顔写真でも名前が全く違うと気づかないこともあります。 知り合いがいたらブロックします。 そんなときは最後の手段、 「開き直り」を使いましょう! 知り合いにバレることの何が嫌かというと、 「あの人マッチングアプリ使ってるんだ~(苦笑)」 と仲間内で言われたり、職場でコソコソ言われることですよね。 それを防止するため、 「もし知り合いがこれを見ていたら、そっとしておいてください」とプロフィールに付け加えておきましょう。

次の

知り合いにバレたくない!身バレしない/防止機能付マッチングアプリ8選【婚活/出会い】

婚活サイト 身バレ

恋愛や婚活は非常にプライベートなことですよね。 友達に「あいつ、出会い系アプリに躍起になってんのか〜二ヒヒ」なんて笑われたくない!バレたら死にたいほど恥ずかしい!ウンウン、そう思うのは仕方がないですよね。 実際私も、LINEでは繋がっているけれど、Facebookは繋がっていない男友達をマッチングアプリで発見し、思わずいいね!を連打したところ、彼は 「恥ずかしいんで見ないでください」と激おこでした。 私のような顔出し実名で全国からお婿さんを募集するような精神的露出狂でもないかぎり、顔バレしたくない方がほとんどですよね。 そこで大切なプライバシーを守るため、バレない可能性アップの方法をご紹介します。 『必ず公開設定を確認してから活動する』 新しいモノやサービスを使うとき、取り扱い説明書やチュートリアルを真面目に読む、律儀な人は少ないんじゃないでしょうか。 『SNS利用している場合はFacebook連携のアプリを使う』 facebook連携のアプリでは、友人が出てこないようになっているものもあるようです。 「アプリ同士を連携すると、なんか不安だから普段はしないようにしている」という人も、この点に関して言えば連携してしまった方が良いでしょう。 『婚活サイトに載せる写真は、他のSNSと別の物を使う』 私が知り合いをマッチングアプリで発見したのも、彼が アプリに載せている写真とLINEのアイコン写真が一緒だったから。 素敵な顔写真が撮れたらプロフィール写真やアイコンに使いたいですよね。 でもどうしてもバレたくない方にはおすすめできません。 『LINEの電話番号登録はオフにする』 情報時代は 簡単に他人にアクセスできてしまい、どこで誰と繋がっているのか把握しづらいのが短所です。 「仕事ではSNSじゃなくて電話のやり取りがメイン」という方も、電話番号検索で「知り合いかも」にアカウントが出てきて、結果的にアイコン写真から婚活がバレることも無いとも言い切れません。 特に 婚活サイトで繋がりたくない相手、仕事関係の人を確実にフィルタリングするためにも、電話番号検索で出てこないようにしておきましょう。 そして会社支給のスマホでは、当然ですが婚活アプリを入れないでくださいね。 twitterで婚活についてつぶやくという方もどこで誰が見ているかわかりません、要注意です。 『何事もなかったかのように、笑顔でブロック』 知人を婚活サイトで発見した時の焦り(と楽しさ)は半端じゃありません。 しかしクールに参りましょう。 まずは深呼吸ヒッヒッフー!!そして天使のように穏やかな笑顔でブロックするボタンをポチッとな。 友人がどんなプロフィールを書いているのか研究のためによくよく読んで、その後友人に会っても、決してそのことは言わず、何食わぬ顔で過ごしましょう。 私たちは長く生きたって、たくさん学んだからといってパーフェクトではありません。 時には失敗しますし、恥もかきます。 いろんな言い訳を考えても良いかもしれませんが、嘘をつき続けるのもストレスになります。 そこでオススメなのが、 極上の「てへぺろ」をマスターすること。 てへぺろの意味がわからない?開きなおる時に頭をかきながら、「てへ」っと舌をぺろっと出すアレですよ。 いや〜、てへぺろは良いもんですよ。 人生で私たちは何度開きなおることができるでしょうか。 開きなおるって最高です。 自分を最大限に肯定する行為はな〜んて気持ちが良いんでしょう!アハハ! さぁ、男性は特に表情筋を動かすのが苦手という方も多いので、ウィンクの練習からっ!はい〜右目だけつぶって〜はい〜左目はしっかり開けて!もっと可愛く!笑顔で!口角をあげて!顔の横に星マークが出るのをしっかりイメージして!そう〜いいよいいよ〜イイカンジだよ〜はいもうワンセットいってみようか〜!ハイ!ここで舌をちょこっと出すぺろっとな!キラっ!ナーイス、ファンタスティック!最高のてへぺろだよ〜できるじゃんか〜やればできるじゃん〜じゃあもう一回いってみよ(以下略 万が一友人に婚活をしていることがバレたとしても、お互いタッグを組んで頑張れたらベストですが、もし友人があなたを笑ったとしても気にすることはありません。 婚活を笑う者は婚活に泣くのです。 結婚の神は必ず、一生懸命な人を応援します。 先着1万名様はなんとたったの3万円でお買い求め頂けます!安〜い! …どうですか?想像するだけで元気になりませんか?それではまた!.

次の