バルボッサ。 バル・バロッサ (BAR

「バルボッサ!」パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 テツさんの映画レビュー(ネタバレ)

バルボッサ

頻出するGBに対応しているため動きやすい。 さらに光属性のクエストでは耐性によって、被ダメを軽減することが出来る。 敵を一掃するメテオSS バルボッサのSSはメテオ。 複数の敵を攻撃することが出来るため、ボス戦の雑魚処理に役立つ。 メテオの追撃ダメージは約40万のため、ボスに対しては物足りないが雑魚処理には十分な火力。 頻出するギミックには1つしか対応できないため、汎用性は高くない。 また複数のギミックが出現すると、せっかくのメテオSSも当てづらくなる。 メテオSSを活かしづらいスピード バルボッサのスピードは300を下回る。 そのため、メテオSSで多くの敵を当てることが難しい。 また直殴りでも狭い隙間でカンカンしない限りは、十分なダメージを与えられない。 バルボッサの総合評価と使い道 バルボッサは運枠としては優秀な性能を持つ。 光耐性とAGBで使い道も多く、メテオSSで雑魚処理もできる。 しかし闇のAGBには優秀なモンスターが多いため、バルボッサでなくてはならない場面は少ない。 5 タス後限界値 21740 20018 292. 23 ゲージショット 成功時 - 24021 - スキル ストライクショット 効果 ターン数 最後の最後まで戦え! ふれた敵にメテオで追い討ち 30 友情コンボ 説明 最大威力 超爆発 自分を中心に無属性の超爆発攻撃 7499 進化に必要な素材 進化前から進化 必要な素材 必要な個数 大獣石 30 闇獣石 10 闇獣玉 5 獣神玉 1.

次の

「バルボッサの最後の言葉」パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

バルボッサ

[夜] ¥4,000~¥4,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) サービス料・ チャージ 21:00入店までチャージ・サービス料無料。 21:00以降お一人様500yen お通し付 席・設備 席数 25席 (さらに、テラス席・立ち飲みカウンターもあります。 最大宴会収容人数 40人:立食パーティー時です。 ) 個室 有 (6人可) オープンテラスの個室有り。 貸切 可 (20人以下可) 禁煙・喫煙 分煙 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 駐車場 無 最寄りにコインパーキング有り。 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり、オープンテラスあり、ライブ・生演奏あり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる、カクテルにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン サービス お祝い・サプライズ可 お子様連れ 20:00までお子様同伴可。 ホームページ オープン日 1997年5月8日 備考 1997年創業のヨーロッパの美味しさを伝えるお店BAROSSAが2008年に現在の場所で岐阜県下初のスペイン・バル「バル・バロッサ」として移転オープンしました。 その他リンク 初投稿者 最近の編集者• バル・バロッサ 関連ランキング:スペイン料理 名鉄岐阜駅、岐阜駅.

次の

バル・バロッサ (BAR

バルボッサ

「俺は他人に運命を握られてきた... 怪しい道徳観を持つで、から復活した卑しい海賊であるバルボッサは自らの運命を支配する強力な戦士である。 残虐にして狡猾、恐れを知らない大胆さに経験を併せ持つバルボッサはキャプテン・の最大の敵であった。 若い頃、バルボッサは真っ当なであったが、としてより安易な道を選んだ。 もともとスクーナー船<>のキャプテンであったがとしてジャック・スパロウの<>の一員に加わった。 しばらくはスパロウの指揮に従っていたバルボッサだったがでを見つける前に反乱を起こし、スパロウを孤島に置き去りにした。 詳細は定かではないが、バルボッサはこの後、前任の海賊長からを手に入れのに就任した。 にかかったバルボッサと乗組員たちは呪いを解くため浪費した金貨を探しまわる羽目になる。 10年後、乗組員であったの息子によって呪いは解かれ、バルボッサはかつてのキャプテン、ジャック・スパロウによって殺害された。 死でさえもキャプテン・バルボッサの本当の最期ではなかった。 彼は女神の人間の姿であるによって生者の世界に蘇る。 彼女はバルボッサを蘇らせる代わりに自分を人間の体から解放するよう要求した。 ジャック・スパロウをから救出したバルボッサは、と<>を制御する卿と対決すべくを招集した。 この出来事の後、バルボッサはの攻撃により右足と<ブラックパール号>を失い国王に忠誠を誓って公賊へと変化を遂げた。 HMS<>の指揮を任されたバルボッサは捜索に加わって黒ひげへの復讐の機会をうかがいつつジャック・スパロウと再会する。 コンテンツ [] 経歴 生い立ち ほとんどのと同じくバルボッサもイングランドのウェスト・カントリー出身で、母親はアイルランド人であった。 父親については全く不明であるが、苗字からポルトガルやスペイン系であると考えることもできる。 バルボッサが海賊に身を投じる前のことは謎に包まれているが貧困という背景から13歳で海に逃げ出したことがわかっている。 まっとうな船乗りでいるよりもルールを破った方が得るものが大きいと知った彼は狡猾なならず者へと変貌を遂げた。 海賊 最初の指令 ヘクター・バルボッサの手配書 バルボッサの初期の冒険についてはあまり知られていないが彼が有能な海賊であったことはわかっている。 40代前半にして彼は小型スクーナー<>のを務めていた。 北部の海で象牙を積んだフランスのバーク船を略奪した<コブラ号>はから襲撃を受ける。 船は沈没しバルボッサは溺死しかけたがふたりの乗組員、とによって命を救われた。 2ヶ月後、バルボッサと乗組員はにての・に雇われた。 ドン・ラファエルは彼らをへと連れて行き、そこでバルボッサが自身の船に起きた悲劇について集まった海賊に話して聞かせた。 この会合においてバルボッサは初めてに会った。 難破船入り江 数ヵ月後、ジャック・スパロウが<コブラ号>を沈めた船を解明した。 それはバルボッサの旧友にして、ロシア人海賊の<>であった。 ジャックはすぐにこの情報を伝え、バルボッサは<コルダーニャ号>がはぐれ海賊船であると確認した。 、キャプテン・とドン・ラファエルが甲板に集い、ボルヤの船の捜索に乗り出した。 その後、ティーグが調査のための正式な召集をかけ海賊長たちがに集合した。 会合において証人たちがそれぞれ証言を行ったがボルヤと特定するには根拠が薄かった。 ティーグは海の支配者を呼び出すことに決めた。 は魔法を用いて海の王国で起きたことをすべて知っているジョーンズをティーグの船<>に召喚した。 ボルヤの罪について訊かれたジョーンズは、彼こそがであり彼とその部下たちが容赦なく魂を海底に送り込んでいると話した。 銀貨の受領 ボルヤと部下たちは皆捕獲され絞首刑が言い渡された。 ボルヤはまた、彼の指揮下にいたはぐれ海賊のひとり、<>キャプテン・についても白状した。 このフランスの海賊と乗組員たちもすぐに投獄された。 数日後、バルボッサが牢屋を訪ねるとボルヤは船を破壊したことを謝罪した。 さらにボルヤは、彼が持つもっとも貴重なとしての証、である木の塊をバルボッサに渡しカスピ海の新たな海賊長に任命した。 しかしこのときバルボッサは8レアル銀貨の意味を知らずボルヤもその重要性について説明をしなかった。 彼はバルボッサを船なしのキャプテンにすることを防ぐため、<コブラ号>の代償として<コルダーニャ号>を譲り渡すことを約束した。 数時間後、バルボッサは酒場でジャック・スパロウとドン・ラファエルの孫に会い、ボリスからもらった木片を見せた。 ジャックとエスメラルダはそれが8レアル銀貨であるということを知っており、すぐにキャプテン・ティーグに見せるよう助言した。 ところがその夜、はぐれ海賊はジャックを誘拐して<コルダーニャ号>と<ラ・ヴィペール号>で逃走する。 バルボッサはキャプテン・ティーグのはぐれ海賊狩りに参加しようと考えていた。 彼は銀貨を安全に保管しておくため、片目を失っていた部下に意味を教えず、義眼として木片を預けたのであった。 ブラックパール号にて 一等航海士 バルボッサ: 「なに遊んでやがる。 おまえがちゃんと聞こえているくらい、わかっているんだからな、ジャック」 スパロウ: 「これは失礼。 おまえが呼んでいるのは、誰か別のジャックってやつだと思ったんだよ。 七つの海を航海した船のなかでも最高の船、ブラックパール号の船長のおれのはずがないからな。 はぐれ海賊が難破船入り江から脱出して5年後、バルボッサはトルトゥーガでが指揮を執る<>の乗組員に加わりに任命された。 一同はの命令により、が海賊評議会を壊滅させるのを防ぐためという7つの魔法の液体を回収すべく極東に旅立った。 バルボッサとスパロウはやに追われながら世界を周り、やがて評議会の海賊長たちの協力によりシャドウ・ロードを葬り去ることに成功した。 ブラックパール号の反乱 キャプテン・バルボッサとその乗組員たち シャドウ・ゴールドの冒険から2年後、<ブラックパール号>はの失われた宝を発見するために針路をとった。 バルボッサは財宝にがかけられているというジャック・スパロウの話を信じることなく、「愚かな迷信」と考えて捜索を続けようとしていた。 に存在するイスラ・デ・ムエルタを見つけられるのはすでにその場所を知っている者のみであったが、キャプテン・スパロウは正確な位置を記した地図を持っていた。 海に出て3日目、バルボッサはジャックからうまく方角を聞き出すことに成功した。 当時「忠実な」一等航海士を信用しきっていたジャックは島を発見するのに役立つと考えて喜んで情報を提供した。 その夜、バルボッサはを説得してジャックへの反乱に仕向けた。 一行はジャックをに置き去りにするとふざけて彼を島の「」に任命し、暑さと乾きに耐えきれなくなったときのために銃弾一発が入ったを残して出航した。 バルボッサの指揮下に置かれた<パール号>はイスラ・デ・ムエルタを目指して一直線に進んでいった。 これ以前にペットのサルを手に入れていたバルボッサはかつてのキャプテンにちなんで「」と名付けていた。 ジャックの情報に基づいてイスラ・デ・ムエルタにたどり着いた乗組員たちは洞窟の中で宝を発見する。 巨大な石の櫃の中には、かつてスペイン人の大虐殺を止めようとの人々がに贈った882枚の同じアステカの金貨が納められていた。 コルテスはこの贈り物を受け取ってもなお、殺戮をやめなかった。 伝説によれば、アステカの神々が殺された人々の復讐として金貨に呪いをかけたという。 この金貨を盗んだ者は誰であれその呪いの効果を受けると考えられる。 乗組員たちはジャック・スパロウが語った伝説を無視して金貨をすべて奪った。 に戻った一行はしばらくして金貨のすべてを楽しみのために使い果たしてしまった。 アステカの呪い 「月の光が我々の正体を暴き出す。 この世のものではないから死ぬことも許されない。 その中でも月光にさらされると生者でも死者でもなくどれだけ傷つけられても死ぬことがないという、真の姿であるのスケルトンに変化してしまうという状態が一行をもっとも苦しめた。 そのため、乗組員たちはすぐさますべての金貨の回収に旅立ったのであった。 乗組員の中にひとりだけ、ジャックの無人島置き去りに反対していた者がいた。 それは金貨をに送り、ほかの乗組員たちに呪いは当然の報いだと話していたであった。 逆上したバルボッサは「ブーツストラップのブーツストラップ」をに縛り付けるよう命じ、死ぬことができないブーツストラップを身動きがとれない海の底へと突き落とした。 バルボッサはどうにかして、金貨をすべて櫃に戻し血を流して償えば神々の呪いは解かれ自由になれると知った。 この計画を元に、バルボッサたちは近くにある金貨の存在を感知できるという能力を利用しつつ宝の回収を行った。 失われたメダル 呪いにかかってから2年後、<パール号>はを載せたを襲撃した。 乗組員たちは金貨を発見できず、燃えさかる残骸を背に接近する<>との戦いを避けた。 また、詳細は不明であるがバルボッサは何年も前にボルヤから手に入れていたの意味を知り新しいのに就任した。 呪いからの解放 ポート・ロイヤル襲撃 「まず、君を帰してやる話は条件になかった。 よってなんの義務もない。 第二に、海賊なら掟が適用されるが君は違う。 第三に、掟は規則と言うよりもどちらかと言えばただの心得だ。 やがて彼らは1枚を除いてすべての金貨を櫃に戻した。 ある日、バルボッサと乗組員たちはその金貨の存在を感知する。 一行は金貨の「呼びかけ」に応えてイギリスの入植地であるにたどり着いた。 彼らは曇りの闇夜に紛れて奇襲攻撃を仕掛けた。 呪いの効果により不気味な霧に包まれていた<パール号>は位置を知られることなくポート・ロイヤルを砲撃することが可能だった。 バルボッサは砲手にの攻撃を命じる。 彼は砦に敵を引きつけてから金貨の回収部隊を地上に送り込んだのであった。 <ブラックパール号>におけるバルボッサとエリザベスの交渉 やがて、略奪品を積んだボートが船に戻ってきた。 ふたりの乗組員、とは若いを伴ってきた。 が人質を連れてきた理由を尋ねるとこの女性はと交渉するためにを申し入れたためだと答えたが勝手に口を開いてことで殴られてしまった。 バルボッサはこれを見咎め甲板長を叱責すると女性に謝罪した。 彼女は勇敢にもポート・ロイヤルからの撤収を要求し従わなければアステカのを海に捨てると脅した。 バルボッサは彼女が首から提げていたメダルの必要性を隠そうとしたが、彼女は8年前にイングランドから大西洋を横断するときに<パール号>を見ていた。 バルボッサが名前を尋ねると彼女はだと答えのメイドだと説明した。 「ブーツストラップ」の子供を見つけたと考えたバルボッサはついに呪いが解けると信じて内心ほくそ笑んだ。 そしてメダルと引き替えにポート・ロイヤルを離れるよう命令を下したのであった。 メダルを渡した「ミス・ターナー」は自分を降ろすよう要求したが、バルボッサは彼女の身柄については交渉に含まれていなかったとしてこれを拒否した。 そして呪いを解くため<パール号>はイスラ・デ・ムエルタへと向かった。 イスラ・デ・ムエルタ 「いくら飲んでも酔わない。 食い物は舌の上で灰となる。 どれだけ美しい女を抱いても心は癒やされない。 我々は呪われたのだ。 欲望が満たされることがなくなった。 呪いが解けたときのために常に保存してある食料が調理され並べられた。 バルボッサは食事をするエリザベスを羨ましげに眺めていた。 バルボッサが食事を勧めるだけで食べようとしないことに不信感を抱いたエリザベスが毒を盛ったのかと尋ねると彼は面白がった。 彼は殺しても全く意味がないと答え、エリザベスはなぜ同行しなければならないのかと質問する。 バルボッサは乗組員と呪いの話を何も知らないエリザベスに聞かせ、呪いを解く最後の鍵が彼女の血の犠牲であると説明した。 するとエリザベスは駆けだして客室から逃げようとした。 彼女を追いかけたバルボッサはテーブルにあったナイフで胸を刺されてしまう。 エリザベスは微塵も動揺を見せないバルボッサにショックを受けた。 月夜の甲板に走り出た彼女は半死半生の骸骨乗組員たちと対面しパニックに陥る。 バルボッサはボトルからワインを飲みながら月明かりの下に歩き出し自らもスケルトン状態になって呪いの効果を説明した。 驚いたエリザベスは客室に戻り、その後の旅をずっとここで過ごした。 バルボッサは彼女の背後でドアを閉じる大笑いしたのであった。 を撃つバルボッサ イスラ・デ・ムエルタに到着すると、乗組員たちが戦利品を洞窟に運び込む中でバルボッサは儀式の準備を進めていた。 短い演説を経てエリザベスの手のひらを儀式用ナイフで切ったバルボッサは彼女の血が付いた金貨を櫃の中に落とした。 感覚が何も変わらないことからバルボッサは呪いが解けたか確かめるためにを撃つ。 ピンテルは死ななかった。 エリザベスに向き直ったバルボッサは本当にウィリアム・ターナーの子供なのかと尋ね彼女は違うと答える。 しかし誰が本物のウィリアムの子供なのかは明かさなかった。 苛立ったバルボッサがエリザベスを平手打ちした拍子に彼女の金貨が落ちた。 乗組員たちは人違いをしたピンテルとラゲッティを責めたがやがて怒りの矛先は、呪いを筆頭にすべての決断で悪い方向に進んでいくバルボッサに向かった。 しかしバルボッサが剣を引き抜いて決闘の意思を見せるとその優れた剣術に恐れをなした乗組員たちは立ち向かおうとせず非難をやめた。 この対立は洞窟の出口に向かって鳴き声を上げるによって中断された。 エリザベスが倒れていたところにすばやく目をやったバルボッサは彼女がいなくなっていることに気づいた。 バルボッサとジャック・スパロウの再会 彼はエリザベスを捕まえるよう命令した。 すぐに乗組員に呼ばれたバルボッサはそこにを見て愕然とした。 バルボッサがどうやって島から脱出したのかと尋ねるとジャックは大切なことを忘れていたからだと答えた。 それは彼がキャプテン・ジャック・スパロウだということだった。 ジャックの自画自賛に苛立ったバルボッサはスパロウ殺害を命じた。 ところがスパロウは落ち着き払ってエリザベスの血には効果がないと話した。 ジャックの真意に気づいたバルボッサは乗組員たちに銃を下げるよう命令する。 ジャックは誰の血が必要なのか知っていると明かした。 この場で合意が得られなかったため、メダルを載せたHMS<>はバルボッサの手の届く範囲から遠ざかっていった。 一方、バルボッサとスパロウはバルボッサの客室で取引を成立させようとしていた。 ジャックはバルボッサに「彼の」船を返すよう求め、バルボッサを砂浜に降ろし出航するときに必要な血を持つ人物の名前を叫ぶと持ちかけた。 バルボッサは「彼の」船を手放すことを拒んだが、ジャックが叫ぶ名前は本物であると信じていた。 船室に甲板長が現れ<インターセプター号>が視界に入ったと告げると交渉は中断された。 バルボッサはジャックを営巣に閉じ込めるよう命じHMS<インターセプター号>に接近した。 しかし機知に富むHMS<インターセプター号>の乗組員たちは浅瀬に出て<パール号>を撒こうとしていた。 小型で軽量の<インターセプター号>は難なく浅瀬を横断することが可能なのであった。 そしてさらに軽くするため不必要な積み荷を捨て始めた。 バルボッサは銃およびオールの準備を命令し浅瀬に入る前に<パール号>が<インターセプター号>に追いつくと踏んでいた。 徐々に<パール号>に距離を詰められた<インターセプター号>は右舷主錨を浅瀬に降ろして岩に固定し<パール号>に向かって急旋回するという最後のトリックを見せた。 バルボッサは素早く乗組員に旋回を命じ舷側砲をすべて用意させた。 沈没する<インターセプター号> 続く戦いにおいてバルボッサは<インターセプター号>を見ながら砲手に指示を出して指揮を執った。 戦いの途中で<インターセプター号>の主帆が<ブラックパール号>の甲板に倒れかかるとジャック・ザ・モンキーがこの橋を渡って<インターセプター号>に侵入した。 サルはすぐにメダルを持って戻り、後ろには営巣を脱出して<インターセプター号>に乗りサルを追いかけていたスパロウもついていた。 バルボッサの乗組員たちは生存者を捕まえて縛り上げ、<インターセプター号>に爆薬を仕掛けたと聞いたバルボッサはメダルを手に船が粉々になるのを待ち受けていた。 <インターセプター号>が爆発した後、バルボッサたちの前に「ブーツストラップ・ビル」の息子、を名乗る男が現れた。 彼は銃で自殺して海に落ち、バルボッサに呪いを解くための血を渡すことなく死んでみせると脅しをかけた。 バルボッサはターナーに条件を尋ねる。 ターナーは前もってはっきりと示していた要求であるエリザベスの自由を約束させ、<インターセプター号>の乗組員に危害を加えないことも条件に入れた。 バルボッサは同意し<インターセプター号>の乗組員を営巣に閉じ込めた。 スパロウとの取引 ヘクター・バルボッサ: 「その代わり殺すのをやめろと言うんだな?この若造を」 ジャック・スパロウ: 「いや全然。 若造は遠慮なく殺せ。 でも後でだ。 まだ呪いは解くな。 ここぞという瞬間を待て。 例えば... ノリントンの兵隊を殺してからだ。 営巣から抜け出しバルボッサをだましたことからジャックもエリザベスの連れに加わった。 ふたりを島に残したバルボッサはすべての材料がそろった<パール号>をイスラ・デ・ムエルタに向かわせる。 間違いが起こらないようすべての血をかけるべきだという乗組員の要望を聞いたバルボッサはウィル・ターナーを殺すつもりであった。 スパロウとの取引 <パール号>は戦闘で受けたダメージにより通常より遅くイスラ・デ・ムエルタに到着した。 今度はウィル・ターナーを犠牲にしてバルボッサがもう一度儀式を始めようとするとまたもやジャック・スパロウが現れて一同を困惑させた。 ジャックはHMS<>が外で待ち受けていると話した。 儀式が中断されるとジャックは交渉を持ちかける。 それはジャックを<パール号>のキャプテンにしてバルボッサが<ドーントレス号>を手中に収め、艦隊を率いて司令官になるということであった。 バルボッサは乗組員たちに海底を歩かせ、ジャック、ウィルとともに戦いが終わるのを待った。 スパロウとの対決 ヘクター・バルボッサ: 「どうするジャック・スパロウ?俺たちは不死身なんだぞ。 この信用もジャックがウィルを解放したことで終わり、ウィルが乗組員と戦う中バルボッサとジャックの決闘が始まった。 やがて、ジャックに殺すことはできないとわかっていたバルボッサは武器を捨てる。 スパロウはこのチャンスを利用して彼の胸を突き刺す。 ため息をついたバルボッサはこの剣を抜くとジャックの腹を刺した。 ジャックはこの致命傷にうしろによろめいたが月明かりの下で立ち止まると呪われた骸骨の姿の変化した。 彼はバルボッサと話しているときに金貨を一枚盗んでいたのであった。 死 ヘクター・バルボッサ: 「10年間大事に取っておいた弾を無駄にするとはな(ジャック・スパロウに対して)」 ウィル・ターナー: 「無駄にはしてない」 ヘクター・バルボッサ: 「感じるぞ... しかしバルボッサが引き金を引く前にジャックが彼の心臓に銃弾を撃ち込んだ。 乗組員を倒していたウィルは最後の2枚の金貨を自分とジャックの血で清め石の櫃に落として呪いを解いた。 上着を剥いだバルボッサはジャックに撃たれたところから血が出ていることに気づく。 バルボッサは寒さを感じるとつぶやくと倒れて死んだ。 やがて何らかの事情によりバルボッサはあるとき女神の化身であるの司祭の手で死から復活した。 の時期には、バルボッサはと呼ばれる島に取り憑き死者しか知り得ない情報を語っていたと言われている。 探索中にを訪れたの乗組員たちはそこでバルボッサの持ち物を見つけた。 ティア・ダルマがを放すとサルはすぐにバルボッサのブーツに駆け寄り乗組員たちはそのブーツに気がついた。 ジャックはバルボッサの古びた黒い帽子を手にとって眺めた。 ティア・ダルマの小屋において、キャプテン・バルボッサとジャック しかしバルボッサの復活には条件があった。 ティア・ダルマは人間の体という呪縛から逃れるためを招集するべく9人ののひとりであるバルボッサを必要としていたのであった。 ジャックがによってに引きずり込まれると事態は困難を極めた。 ジャックの生き残った乗組員たちが逃げ場を求めてティア・ダルマの小屋に戻り、彼女がバルボッサの知っているの海について話して聞かせた後でバルボッサが初めて姿を見せ彼らを驚かせた。 しかしながら一行は世界の果てに向かうためのが必要でありそのためにまずに向かった。 戦争の召集 シンガポール 「我々には崇高な目的がある。 バルボッサと仲間たちはからを救出するためにまずシンガポールに行き船と乗組員、そして悪名高いのからを手に入れなければならなかったのであった。 バルボッサは船と乗組員を要求するためにサオ・フェンとの会合を設定し地図を盗むためにを送り込んだ。 におけるとバルボッサ バルボッサはとふたりでを訪ねた。 彼は残りの乗組員を全員浴場の縁の下に潜らせ、もし交渉が失敗したときのための戦力として隠しておいた。 フェンは地図が盗まれそうになったのと同じ日にバルボッサが船と乗組員を要求しに来るのは不思議な偶然だと話した。 フェンはそれから捕らえられた泥棒、ウィル・ターナーの姿を見せた。 ターナーはそれまで桶に沈められていた。 バルボッサはウィルを知らないと言い張ったがフェンが彼を殺そうとするとエリザベスが叫んだ。 こうしてバルボッサとエリザベスの嘘を見抜いたフェンはなぜこれほど遠くまで地図を取りに来たのか訪ねた。 バルボッサは世界中で海賊を根絶やしにしようとしているを止めるべく4回目の評議会を招集する歌が歌われたと話して話題を変えようとした。 フェンは東インド貿易会社との戦争に消極的であり、海賊が協力し合う代わりにいつも裏をかき合っていることを指摘した。 エリザベスは彼を臆病者と呼ぶ。 フェンはエリザベスの積極性に感心したが彼女に応える代わりにまだ地図を取りに来た理由を話していないとバルボッサに言った。 バルボッサとエリザベスは答えなかったがウィル・ターナーが、ジャック・スパロウをから救うためだと明かした。 フェンはかつてスパロウに侮辱されたことに怒りを感じており、彼を生者の世界に蘇らせたいと願う唯一の理由は自分の手で殺したいからだと捲し立てた。 するとバルボッサはスパロウも海賊長のひとりであると話し、を後継者に譲り渡すことなくロッカーに引きずり込まれたため彼なしでは評議会は開けないと告げた。 床下から投げられた剣をつかむバルボッサとスワン フェンが自分の兵士たちの中に偽のタトゥーをしたがいることに気づくと会合はさらに緊迫した。 男はあきらかにスパイであった。 彼がバルボッサの乗組員であると考えたフェンは隠れていた部下たちを呼び寄せた。 バルボッサは相手を落ち着かせようとしたが効果は得られなかった。 床の下に隠れていたバルボッサの乗組員たちは交渉が決裂しふたりに助けが必要だと理解して浴場の板間の隙間から4本の剣を宙に投げた。 バルボッサとエリザベスがそれぞれ2本ずつ剣をつかむとフェンはスパイを人質にして武器を捨てなければ殺すと脅した。 バルボッサはスパイの男を知らないと答えて殺せと言い放ったがその瞬間、率いるの一団が乱入してきたことにより対立は中断された。 バルボッサとフェンは共通の敵を倒すために一時的に協力し、脱出のため港に向かった。 戦いの途中、ウィル・ターナーはバルボッサに知られることなく独自にサオ・フェンと交渉を取り付けた。 彼は地図を手に入れるとタイ・フアン率いる中国海賊と<>をバルボッサに提供した。 一行は船に乗って世界の果てを目指した。 世界の果て 「ああ、我々は完全に迷った... 見つからない場所を見つけようとしてるんだ。 迷って当然。 恐れ知らずのバルボッサは<ハイ・ポン号>が氷の洞窟に入って迷っても、ジャンク船が世界の縁から異世界に落ちそうになっても見つけられない場所を見つけるためだと話して一切の恐怖を見せなかった。 でに海図を見せるバルボッサ 船は粉砕したが乗組員は全員生き残りデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーにたどり着く。 しばらくして一行は<パール号>と一緒にを発見する。 バルボッサは会話の中で前回のを持ち出したがスパロウは気にかけず、自分こそが<ブラックパール号>のキャプテンであると主張して彼を乗組員から外した。 バルボッサの手にある海図がなければロッカーから脱出できないと知っていた彼はスパロウに抗議した。 こうしてふたりのライバルはロッカーの終わりなき海から逃げるため<パール号>に同乗せざるを得なくなった。 <>でジャック・スパロウと口論するバルボッサ 謎の多い海域を旅する中、バルボッサとジャックはキャプテンとしての指揮権を巡って争ったがやがてバルボッサが右舷のキャプテン、ジャックが左舷のキャプテンということで合意に達した。 やがてスパロウが暗号を解読し乗組員を誘導して<パール号>を逆さまにしようと試みた。 ジャックの計画に気づいたバルボッサは乗組員たちに大砲や積み荷の縄を解くよう命令し、船を横転させるため自らも縄を切って協力した。 船の横転からまもなくロッカーは日暮れを迎え、が放たれると一行は生者の世界に戻っていた。 スパロウに銃を向けるバルボッサ 現実世界に戻ったと確信した瞬間、バルボッサはをスパロウに突きつけでに出席するよう要求した。 同時にジャック・スパロウ、、らもバルボッサと互いに銃を向け合い、バルボッサの背後ではが彼に銃を突きつけた(はに銃を向けていた)。 ジャック・スパロウがバルボッサに向けて引き金を引いたが火薬が湿っているせいでどの銃も発砲できないとわかると対立の緊張は一気に収束した。 一行はこの問題を脇に押しやり水の補給を求めてへ立ち寄ることになった。 海図を眺める乗組員たち ところが、バルボッサとスパロウはお互いを全く信用していないため再び対立が起こりかけた。 バルボッサもジャックも自分だけが陸に降りると相手が<パール号>を奪って姿を消してしまうのではないかと疑念を抱いていたのである。 ウィル・ターナーが一時的に<パール号>のキャプテンとして残り、バルボッサとジャックふたりに上陸するよう促すとこの問題は解決された。 裏切りと同盟 ティア・ダルマ: 「気をつけな、バルボッサ。 あたしの力でこの世に戻れたこと、忘れない方が良いよ。 もししくじったらまたあの世行きだ」 へクター・バルボッサ: 「俺を生き返らせた理由を忘れるな。 なんで俺がわざわざジャックを墓場から連れ戻したと思う?お前を人に変えたのは9人のだ、。 バルボッサはジャックの望みに反対するように死の確実性について話した。 しかしバルボッサもスパロウと同じように自身の死について考える羽目になるがここでは差し迫った問題が優先された。 ふたりのキャプテンによる短い哲学的な会話ののち、上陸組は島を探検した。 一行は泉を発見したがそこにはフィドで殺された東インド貿易会社のスパイ、の死体が浮かんでいた。 バルボッサは水を味見したが朽ちていく死体のせいで汚染されていることがわかった。 の旗艦<>が島に到着し<パール号>に接近するととその部下たちが突如裏切ってバルボッサとスパロウに銃を突きつけた。 するとスパロウはバルボッサがキャプテンだと話した。 ふたりは<ブラックパール号>に連行されそこで船を拿捕したサオ・フェンと対峙する。 またウィル・ターナーの裏切りも判明した。 バルボッサとサオ・フェンの交渉 まもなくHMS<>が姿を見せる。 ジャック・スパロウは<エンデヴァー号>に連行されバルボッサを含む残りの乗組員はサオ・フェンの部下とイアン・マーサー率いる兵隊に拘束され監視された。 <エンデヴァー号>の船室でと対面したジャック・スパロウはバルボッサと他のを引き渡すと申し出てた。 一方、バルボッサはの名前を出しエリザベスがカリプソだと思い込ませることでフェンと取引した。 マーサーが約束を破り<ブラックパール号>を引き渡さなかったことですでに会社に失望していたフェンは話に乗り、エリザベスと引き替えに東インド貿易会社と戦うことに同意した。 サオ・フェンの部下が乗組員を解放する中、フェン自身はエリザベスを伴って<エンプレス号>に戻った。 バルボッサの乗組員と中国の海賊は<ブラックパール号>の東インド貿易会社海兵を攻撃し勝利を収める。 この小戦闘においてマーサーとわずかに剣を交えたバルボッサは股間を蹴ってとどめを誘うとするが、マーサーは海に飛び込んで逃げた。 数発の砲弾で<エンデヴァー号>にダメージを与えた<ブラックパール号>は、戻ってきたジャックとバルボッサのふたりのキャプテンの指揮で難破船入り江に向かった。 におけるバルボッサと <ブラックパール号>がに到着するころ、バルボッサは船首に立っての司祭と取引について話し合っていた。 この呪術師はバルボッサが裏切ろうとしていることを責め、彼女の力によってこの世に復活できたことを思い出させた。 ティア・ダルマはバルボッサの右腕をつかんで腐らせることで能力を示し、約束を破ると起きることについて注意した。 その返しにバルボッサは実は女神カリプソであるティア・ダルマこそが彼を必要としているのだと指摘する。 彼女がバルボッサを蘇らせたのはジャック・スパロウをデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーから救出し唯一カリプソを人間からだから解放できる海賊長を招集するためであった。 女神が他の誰かと取引するのを防ぐため、バルボッサはとに彼女をに閉じ込めるよう命令した。 その場に残ったバルボッサは元に戻った右腕を見つめながら彼女への借りについて考え込んだのであった。 評議会 「今じゃ怪物との取引によって海が支配されている。 これなら昔の方が良かった。 額に流れる汗と腕っ節の強さがものを言った時代の方がな。 みんなもそう思うだろう?諸君、淑女も... バルボッサは4回目のを宣言し、そこにいるたちに を出すよう要求してジャック・スパロウ以外が従った。 バルボッサはも取ると皿に入れた。 彼はもうひとりの海賊長であるサオ・フェンを持ったが現れたのはエリザベス・スワンであった。 彼女はサオ・フェンが<>の攻撃で死亡する前に<エンプレス号>の新キャプテンとシンガポールの海賊長に後任として選ばれたと説明した。 対応について聞かれたエリザベスはベケット卿のと公海で戦うべきだと提案したが、が籠城を主張すると海賊長たちもそれに同調した。 において、エリザベス・スワンとバルボッサ、スパロウ バルボッサは第3の選択肢を提案する。 彼はを解放して東インド貿易会社による支配政策を困難にしようと持ちかけた。 タイ・フアンはサオ・フェンもこの考えに賛成していたと発言しも賛成した。 しかし他の海賊長たちは海の女神の力と復讐を恐れて反対した。 乱闘騒ぎが始まるがバルボッサは机に乗って警告の銃弾を放つことでこれを制止した。 海賊長たちが静まるとジャック・スパロウが4つめの選択肢を提案した。 彼は後で逃げられるようにするためだけに戦いを始めようと呼びかける。 バルボッサはそれは戦争を意味すると指摘し、開戦を宣言できるのはだけだと言って却下する。 これを確認するためバルボッサは・を呼び出し彼の口から事実であると知らされた。 海賊王を決める投票が始まりバルボッサは他の海賊長と同じく自分に投票したが、スパロウだけがエリザベスに投票したためエリザベスが海賊王に就任したのであった。 パーレイ へクター・バルボッサ: 「ジャックは海賊長のひとりだぞ。 バルボッサとスパロウは未だにどちらが<ブラックパール号>の指揮を執るかで争っていたが、カトラー・ベケットの艦隊が現れるとスパロウはを求め、ふたりのキャプテンであるバルボッサとスパロウ、それに海賊王エリザベスはボートに乗って砂州に上がりカトラー・ベケット卿、キャプテン・、ウィリアム・ターナーらと対面した。 バルボッサはエリザベスの右側に立ち、6人の間で交渉が行われた。 取引によりウィルとジャック・スパロウが交換されスパロウはジョーンズに借りの返済をしなければならなくなった。 バルボッサは敵の側に歩いて行くスパロウを""と呼んで剣で攻撃し、彼の(モロッコのビーズに編み込まれたコイン)を切り落とした。 ジャック・ザ・モンキーは最後のひとつであるスパロウの銀貨をつかむと密かにバルボッサに手渡したのであった。 3人は<ブラックパール号>に戻って戦いに備えた。 カリプソ解放の儀式を執り行うバルボッサ <ブラックパール号>に戻ったバルボッサはティア・ダルマに借りを返すため人間の体からカリプソを解放する儀式を執り行う。 そのために9枚の8レアル銀貨は燃やされラゲッティはティア・ダルマの耳元で魔法の言葉をささやいた。 カリプソが解き放たれるとバルボッサは許しを請うが、彼女は自分を閉じ込めたものたちを許すことなく手助けを拒んだ。 これに失望したバルボッサはエリザベスにベケット卿との戦争の中止を求めるが、彼女は勇ましい演説を行って全員の戦意を回復させた。 同時にカリプソは嵐を引き起こし稲妻で海を打って大渦巻きを起こすことで激しい怒りを露わにしていた。 エリザベスはもっとも腕の良い舵手であるバルボッサに舵を依頼し彼は見事にこなして見せた。 2隻の船がに接近するとバルボッサは戦闘の準備を命令するが、<ダッチマン号>に充分近づくまで攻撃を控え、大砲をもっとも効果的に使える位置を探った。 そして舷側砲の一斉射撃を命じた。 2隻の船は撃ち合いながら渦の周りを回転しついに移乗攻撃できる距離まで近づいた。 <ダッチマン号>の乗組員と戦うバルボッサ 戦闘中、バルボッサは<ブラックパール号>のブリッジに残っての兵士や、、頭部を切断して刺し殺したなどのと剣を交えた。 戦いの最中にウィルとエリザベスはキャプテンとして権限を持つバルボッサに婚姻の許可を求めた。 多くの敵に囲まれながらバルボッサは急ぎ足の結婚式を挙行した。 ウィルが<ダッチマン号>でを突き刺して船ごと渦巻きに飲み込まれ始めると、バルボッサはとに命じて引っかかっている2隻の帆を鎖玉で引き離した。 船が離れるとバルボッサは渦の外の安全な領域まで船を操作した。 砲撃を命じるバルボッサ <ダッチマン号>の敗北にもかかわらずベケットの艦隊は依然としてその場を動かなかった。 <ダッチマン号>から脱出したスパロウは再び<パール号>のキャプテンになるために舞い戻る。 彼は攻撃の継続を命令したがバルボッサは拒否した。 会話の最中に新しいキャプテン、ウィル・ターナー率いる<ダッチマン号>が再び浮上した。 この思いがけない新たな味方に勇気づけられたバルボッサは攻撃に賛成した。 バルボッサとスパロウはベケットの旗艦<>まで<パール号>を近づけた。 2隻のガレオン船が<エンデヴァー号>を挟み、両側から砲撃を行ってキャプテンもろとも船を海の藻屑に変えた。 旗艦の大破と司令官の死、<ダッチマン号>の裏切りを見たベケットの残された艦隊は逃走し戦いは終了した。 バルボッサと他の海賊たちは勝利に酔いしれたのであった。 戦いが終結すると、エリザベス・ターナーは夫が10年に一度だけ陸で過ごせる日をともに過ごすため<パール号>を降りることになった。 バルボッサは彼女が別れのために近づいた最初の人物であった。 バルボッサは彼女に微笑みかけ、皮肉にも初対面の時彼女が嘘をついて名乗った「ターナー」という名字で呼びかけた。 が港でとを口説いている間、バルボッサは乗組員を集めて眠っているを桟橋に残し再び船を奪った。 彼の目的はサオ・フェンから手に入れた海図でを見つけることであった。 ところがしばらくして、<ブラックパール号>のブリッジでジャック・ザ・モンキーにえさを与えていたバルボッサはスパロウを置き去りにしたことに罪悪感を覚える、、、、たち乗組員から海図を見せるよう要求された。 バルボッサは「永遠の命」を約束して海図を見せようとしたが、彼が海図を広げると真ん中の部分がスパロウによって切り取られていたのであった。 復讐 黒ひげの攻撃 「船長は俺だ、黒ひげじゃない。 俺の運命は俺が握ってんだ、黒ひげのやつじゃない!だから足を切り落とした... <パール号>は<復讐号>からの砲撃を浴びた。 すると下の海がうねり始め<パール号>自体が制御を失ったかのように上下左右に揺れ動き始めた。 これらすべてを目撃したバルボッサは思いがけない命令を下した。 それは船の放棄であった。 しかしそれは遅すぎた。 黒ひげはを使って<ブラックパール号>を操りバルボッサと乗組員を攻撃した。 船上の船板、欄干、柱すべてが不快な音を立て始め索具に命が吹き込まれた。 バルボッサの手下たちはヘビのように絡みつくロープに捕えられて戦うこともできなかった。 一本のロープがバルボッサの右足にまとわりついたが、自分の運命を自分自身以外のものに左右されたくなかったバルボッサは剣を振り下ろして右足を切断した。 彼は無情な襲撃をなんとか生き延びることができたが黒ひげのせいで<ブラックパール号>と右足を失ったということが忘れられなかった。 黒ひげによる<パール号>攻撃をかろうじてかわしたバルボッサは船の運命を知ることなく、ただ沈没したと考えていた。 その夜からバルボッサはの探索を放棄した。 このときの彼の目的はただひとつ、<パール号>と右足を奪った黒ひげへの復讐であった。 ところが乗組員も船もないバルボッサには助けが必要であった。 片足のないバルボッサに海賊としてできることは限られていた。 そこで彼はに渡って王室に仕える身となった。 王室の公賊 ジャック・スパロウ: 「ヘクター。 海賊がずいぶん出世したもんだな。 うれしいよ」 ヘクター・バルボッサ: 「海賊ではない。 この時期、彼は異常なほどの執念を持って黒ひげに関する情報を集め始めた。 この調査を通じてバルボッサは黒ひげがを取り憑かれたように探していることや彼の剣の重要性についてを知ることができた。 過去の海賊としての生活から月日が経過し新たな主人への忠誠が認められたバルボッサは王室からの信頼を勝ち得たのであった。 元海賊はやがての信頼の置ける助言者となり、の誇りであるHMS<>のを務めるまでになった。 この新しい地位を得るころには、彼は中がラム酒で満たされたを装着し、木の杖を使って歩くようになっていた。 から脱出するスパロウを睨みつけるバルボッサ ジョージ2世がとよりも先に生命の泉を見つけることに興味を持つと、バルボッサは率先して役割を引き受けた。 国王はでと無理矢理会見を行い、バルボッサに捜索隊の指揮を命じてスパロウを彼の有用な部下にしようと考えていた。 この会見でジャックと再び顔を合わせたバルボッサは新しい海賊としてのライフスタイルを指摘されると今は国王に仕える公賊だと訂正した。 <ブラックパール号>について聞かれたバルボッサは詳細については伏せたままただ愛する船を失ったと答え沈んだと説明した。 バルボッサはこの返答に激怒してつかみかかろうしたスパロウがに取り押さえられるのを見守っていた。 国王とバルボッサがもとの話題に戻る前にスパロウは伝説的な大脱出をやってのけた。 ジャックはバルボッサのかつらを笑った後、彼が見守る中数名の近衛兵を倒して謁見室から姿を消した。 国王が脱走に反応するとバルボッサはこの問題は必ず解決できると請け合った。 ところがジャックが再び捕まることはなかった。 生命の泉への競争 「狙いは。 どうやらこの船を沈める暇も惜しいようだ。 航海に先立ってバルボッサはやなど、数多くのを集めた。 しかしジャック・スパロウが姿を消したためバルボッサは他に泉の場所を知っているであろう人物を必要としていた。 そこで彼はを持ってのを訪ねた。 彼は情報をはかなければにするとギブスを脅しつける。 ギブスはを持っていると話したがバルボッサに渡す前に燃やしてしまった。 ギブスが地図を読んで生命の泉に通じるすべての道を記憶したと話すとバルボッサは彼を案内人として<プロヴィデンス号>に乗せざるを得なくなった。 HMS<>を指揮するバルボッサ 航海が進むとバルボッサはギブ.

次の