山梨渡辺真由。 69代目スケバン刑事どすけべの風間まゆたんの帰省理由は浮気相手と... 犬が心配は真っ赤な嘘!! 山梨県 鳴沢村 新型コロナ

【悲報】山梨コロナ女性、特定されて集団リンチに合ってしまう・・・

山梨渡辺真由

保健所に虚偽説明の概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 20代帰省の女性と陽性判明の男性は複数回接触 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 山梨県内の実家に帰省中に新型コロナウイルス感染が2日に判明した東京都在住の20代女性が、県が公共交通機関の利用を控えるよう求める中で、高速バスで東京に戻っていたことが3日、県への取材で分かった。 山梨県内に滞在中に複数回会っていた県内在住の20代男性も3日に陽性が確認されており、県が詳しい行動歴や濃厚接触者を調べている。 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚に異常を感じたものの、28日まで都内で勤務。 29日に山梨に帰省して、翌日は友人宅でバーベキューをした。 勤務先の同僚が陽性と分かったため、今月1日にPCR検査を受けた。 日夜バス会社は客が減る中で頑張ってるのに。 腹立つわ山梨の女。 — はさみ 833hasami833 仮に乗った日にちを嘘ついていたら…消毒作業等違う号車を消毒する可能性、本来消毒作業が必要なバスがスルーされてしまう可能性大。 日夜バス会社は客が減る中で頑張ってるのに。 腹立つわ山梨の女。

次の

山梨コロナ女性虚偽報告理由は「友達の彼氏と濃厚接触だったから」鳴沢村

山梨渡辺真由

女性は県内の実家に帰省中にPCR検査を受け、結果が出る前に帰京。 行き帰りとも高速バスを使った。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は4月26日に味覚や嗅覚の異常を覚えたが、28日まで都内の勤務先に出勤。 29日午後3時15分新宿発の京王バスの高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)で下車、親族の車で帰省した。 30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをしたが、この日、東京の同僚の感染が判明した。 5月1日に県内でPCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められたが、同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗って帰京。 2日に陽性が判明した。 症状はなく、都内の自宅に待機しているという。 緊急事態宣言を受け、東京都が外出自粛、山梨県が来県自粛などを要請している中での帰省だった。 県は同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 県内で届け出があったため山梨県の感染者にカウントされ、55人目となった。

次の

山梨に高速バスで帰省した在京女性がコロナ感染発覚、実名など特定へ | akkiの鉄道旅行記

山梨渡辺真由

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、 女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、 女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 【金子昇太】 毎日新聞ニュース.

次の