志賀高原スキー場積雪。 志賀高原 焼額山スキー場の積雪情報|雪質|天気

熊の湯温泉 熊の湯ホテル 公式サイト【ベストレート】|志賀高原・熊の湯スキー場

志賀高原スキー場積雪

検索結果 10 件 志賀高原・北志賀• スノーパーク• ハーフパイプ• 非圧雪コース• ナイター• キッズパーク• 託児所• ファミリー向け• 駐車場無料• インターから10km以内• インターから20km以内• インターから30km以内• 駅から近い 5km程度• 送迎バス• ゴンドラ・ロープウェイあり• フード付きリフトあり• スクールが充実• レンタルが充実• ゲレ食が充実• アクティビティが充実• 仮眠所• 入浴施設• 温泉施設が近い• 直営宿• ロングコースあり 3km以上• スキー専用ゲレンデ• モーグルコースあり• ポール専用バーンあり• カップル向け• シニア向け• エキスパート向け• ビギナー向け• おすすめ順• 1~10件• 前を表示• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 ゲレンデ状況 - オープン予定日 - クローズ予定日 -• 格安リフト券• クーポン• 4日目以降の天気・気温情報は、府県週間予報(予測)を掲載しています。 ゲレンデ状況 - オープン予定日 - クローズ予定日 -• 格安リフト券• クーポン•

次の

志賀高原へ行く前に道路状況、天気、積雪情報をチェックしよう

志賀高原スキー場積雪

白馬(八方)は長らく行っていなく、志賀にはここのところはシーズン券で行ってます。 4/19をもって営業が終了し以後整備されていないものの、志賀のライブカメラを見た限りでは、5/1現在でも一ノ瀬ファミリーなどまだ滑れそうなゲレンデがありますね。 志賀は豪雪地帯とは思っていなく、ちょっと卑屈的な言い方をすれば、オコボレ雪と標高の高さのスキー場。 12月中旬ごろまでのシーズン序盤は、北からのシベリア寒気団による雪雲(青矢印方向からの)はまだ期待できないけど、西からの発達した低気圧による雪雲(緑矢印方向からの)が届くと志賀に降雪があります。 ただ、後者の降雪は、その時期だと、雪雲が標高の高い北アルプスに阻まれ、降雪が白馬方面止まりで、志賀まで来ないことも。 「なんだ。 志賀まで来ないじゃない。 残念!」と思うことしばしば。 前者のシベリアからの雪雲も、これがあまり強いものではない場合は、新潟方面止まりで、志賀まで来ないことも。 なので、時として西からのオコボレ雪と北からのオコボレ雪次第とも言えるし、地理的に両者の恩恵を得られる位置にあるとも言えるかと。 少なくとも、南北に長く伸びる長野県は、北部と中部・南部の冬の時期の天候はかなり違ってもいますしね。 その一方、志賀の標高の高さはやはり強みです。 トップシーズン中の爆弾低気圧・二つ目低気圧は、全国的に大雪となりますが、これが3月以降では標高の低いスキー場では大雨になってるけど、志賀では大雪であったりというのは毎シーズンあります。 また、麓の上林あたりは雨でも、志賀高原まで上がるとしっかり雪ということも普通にあります。 八方は、「岩の山だから、積雪が十分でない12月におニューの板で滑らない方がよい」と聞いたことがあり、下部ゲレンデがオープンしない間はゴンドラ・一部のリフトに集中し混雑もするので12月に八方に行ったことがありません。 北信の白馬、志賀、妙高、野沢の各エリアの積雪量って、気圧配置の、ホントにちょっとした違いで、どこが多く降るかが違ってくると思っています。 同じ、西高東低の気圧配置でも、等圧線が、どんな感じになっているかで、多く降るエリアが決まると思います。 等圧線が水平=野沢エリアが多い 等圧線がやや左下がり=妙高エリアが多い 等圧線が45度以下の左下がり=白馬エリア、特に小谷村エリアが多い 等圧線が45度に近い=志賀高原が多い って感じでしょうか。 日本海側から、どの方向で雪雲が展開するかの差だと思います。 繰り返しになりますが、BAについては、ご考慮ください。 ご参考になれば幸いです。

次の

志賀高原 渋峠スキー場の積雪情報|雪質|天気

志賀高原スキー場積雪

白馬(八方)は長らく行っていなく、志賀にはここのところはシーズン券で行ってます。 4/19をもって営業が終了し以後整備されていないものの、志賀のライブカメラを見た限りでは、5/1現在でも一ノ瀬ファミリーなどまだ滑れそうなゲレンデがありますね。 志賀は豪雪地帯とは思っていなく、ちょっと卑屈的な言い方をすれば、オコボレ雪と標高の高さのスキー場。 12月中旬ごろまでのシーズン序盤は、北からのシベリア寒気団による雪雲(青矢印方向からの)はまだ期待できないけど、西からの発達した低気圧による雪雲(緑矢印方向からの)が届くと志賀に降雪があります。 ただ、後者の降雪は、その時期だと、雪雲が標高の高い北アルプスに阻まれ、降雪が白馬方面止まりで、志賀まで来ないことも。 「なんだ。 志賀まで来ないじゃない。 残念!」と思うことしばしば。 前者のシベリアからの雪雲も、これがあまり強いものではない場合は、新潟方面止まりで、志賀まで来ないことも。 なので、時として西からのオコボレ雪と北からのオコボレ雪次第とも言えるし、地理的に両者の恩恵を得られる位置にあるとも言えるかと。 少なくとも、南北に長く伸びる長野県は、北部と中部・南部の冬の時期の天候はかなり違ってもいますしね。 その一方、志賀の標高の高さはやはり強みです。 トップシーズン中の爆弾低気圧・二つ目低気圧は、全国的に大雪となりますが、これが3月以降では標高の低いスキー場では大雨になってるけど、志賀では大雪であったりというのは毎シーズンあります。 また、麓の上林あたりは雨でも、志賀高原まで上がるとしっかり雪ということも普通にあります。 八方は、「岩の山だから、積雪が十分でない12月におニューの板で滑らない方がよい」と聞いたことがあり、下部ゲレンデがオープンしない間はゴンドラ・一部のリフトに集中し混雑もするので12月に八方に行ったことがありません。 北信の白馬、志賀、妙高、野沢の各エリアの積雪量って、気圧配置の、ホントにちょっとした違いで、どこが多く降るかが違ってくると思っています。 同じ、西高東低の気圧配置でも、等圧線が、どんな感じになっているかで、多く降るエリアが決まると思います。 等圧線が水平=野沢エリアが多い 等圧線がやや左下がり=妙高エリアが多い 等圧線が45度以下の左下がり=白馬エリア、特に小谷村エリアが多い 等圧線が45度に近い=志賀高原が多い って感じでしょうか。 日本海側から、どの方向で雪雲が展開するかの差だと思います。 繰り返しになりますが、BAについては、ご考慮ください。 ご参考になれば幸いです。

次の