お手数をお掛けして申し訳ありません。 「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数をお掛けして申し訳ありません

ビジネスやあらたまった場で謝意を述べる時は apologize (謝罪する)を使うと、sorry (ごめんなさい)よりフォーマルに聞こえます。 事前にことわっておく場合には、 I apologize for the inconvenience this may cause. 何かトラブルがあった後での謝罪を述べる場合には、 I apologize for the inconvenience this has caused you. を使うと時制が合います。 ご質問にある、 "Sorry for the trouble. "と"Sorry for bothering you. "の違いについては 後者は、聞き手に迷惑をかける動作主が話し手であることが前提の謝罪の表現であるのに対し、 前者はトラブル(やっかいなこと、面倒なこと)が起こったこと、あるいはこれから起こることに対しての話し手の感情を述べているにすぎません。 ただし、日常的には同じような場面で使われます。 Try to always be polite when communicating in a business setting. However, you do not need to explain a lot of detail as to why you are apologising as this may cause further upset. As long as the receiver knows that you are sorry for the trouble you have caused. "I want to start by apologising. ' is a great way to start the conversation when apologising and shows that you are addressing the problem straight away. "I apologise for any inconvenience I may have caused you. " is polite and not too specific perhaps if someone has gone out of their way to help you. "I hope that you accept my deepest apologies. " is more sincere if you have caused a large amount of trouble to someone. ビジネスシーンでは常に丁寧に表現することを心掛けてください。 ただここでは、細かい事情を説明する必要はありません(さらにややこしいことになる可能性があるので)。 相手に「迷惑をかけて申し訳ない」という気持ちが伝わればオッケーです。 "I want to start by apologising. " は(謝る時の)会話のスタートとしてすごくいいです。 問題にすぐに対処していることになります。 "I apologise for any inconvenience I may have caused you. " は「specific(具体的)」すぎず、丁寧です。 誰かがわざわざ何かをしてくれた時とかでしょうかね。 "I hope that you accept my deepest apologies. " は心のこもった言い方です。 誰かに大変な迷惑をかけてしまった時に使えます。 Apologize is another way of saying 'I'm sorry'. This is also a formal way of saying sorry. 'caused by my actions'. This would only be for something that went really really wrong! More informal expressions could be... -フォーマルな表現です。 これもまたフォーマルな言い方です。 (すみません。 2度としません。 (こんな事になるとは信じられません。 (この埋め合わせをしたいですが、私に出来る事はないですか?) In a business setting, you want to use formal speech when addressing anyone, in such a case you could use the above statement to express that you are sorry for the trouble that you caused that person. I apologise for the inconvenience that I have caused you. To apologize to someone means that you are expressing sorrow at some wrong that you have caused them In the first sentence, you have used the adverb 'sincerely' meaning 'truly, without pretense', the verb 'apologize' which means to 'express regret for something that one has done wrong', and, the noun 'inconvenience' which means 'something that causes trouble or difficulty and is annoying but not serious, or the condition of being in such an annoying situation'. You have also used the adverb 'thus' which in this context means 'as a result or consequence of this; therefore'. In the second sentence, you have started with the 'possessive determiner' 'my' which means 'belonging to or associated with the speaker' and carried on to use the noun 'apologies', the plural of the noun 'apology', which means 'regretful acknowledgement of an offence or failure'. In the third sentence, you have used the verb to 'wish', which in this context means 'want to do something'. また、副詞の 'thus' は、ある結果としてこの様な状態になるという意味です。 When you feel you caused trouble or an inconvenience toward someone. Here are good ways to express it. Being apologetic shows good character. Look at this: Fay - Hi Ann I am so sorry for not making the deadline. Ann - Thank you for apologizing and I hope this never happens again. That is how we would use it in a transcript 誰かに迷惑をかけたまたは不都合を起こしたと感じた時です。 これらはそれを表現するための良い方法です。 謝罪をすることは性格の良さを表します。 これを見てください: Fay フェイ - Hi Ann I am so sorry for not making the deadline. こんにちはアン、締め切りに間に合わずに申し訳ございません。 私が引き起こしたであろう全ての迷惑そして不都合にお詫びを申し上げます。 Ann アン - Thank you for apologizing and I hope this never happens again. 謝罪してくださりありがとうございます。 このようなことがまた起こらないと良いです。 これが会話での使用法です。

次の

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数をお掛けして申し訳ありません

「お手数をおかけしますが」とは、「労力や時間を使わせてしまいますが」という言葉の尊敬語です。 ビジネスシーンで使うことが多い言葉で、相手が自分のためにわざわざ労力や時間を割いてくれることに対して、 お詫びと感謝の念を込めた言葉です。 「お手数」とは「時間・労力」の意味で、「おかけします」は自分が相手に対して手数を求めていることを意味しています。 「お手数をおかけしますが」の使い方と例文 「お手数をおかけします」は、「お手数をおかけしまして申し訳ありません」など謝罪やお詫びの意味で使いますが、「が」とつく場合には大抵、 相手にお願いをする意味で使います。 「お手数をおかけしますが申し訳ありません」では少し変です。 正しい例文としては、「お手数お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします」、「お手数お掛けしますが、ご確認お願いいたします」等になります。 クッション言葉の意味もある「お手数をおかけしますが」 「お手数をおかけしますが」は謝罪やお詫びを表すだけではなく、クッション言葉として意味の使い方があります。 クッション言葉とは「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」など、後に続く言葉の前にワンクッションを置くことで印象をマイルドに伝える言葉のことです。 ビジネス上の付き合いでは、クッション言葉により印象をぼかしたほうが円滑に進むことが多いのです 「お手数をおかけしますが」は汎用性が高い 相手にお願いをするときに、相手に対して必ずなんらかの時間・労力を使わせることが想像できます。 汎用性が高い意味の言葉なので、ビジネスシーンでは良く使われる表現です。 そういう面では意味が形骸化している言葉でもありますが、単に「よろしくお願いします」と言うよりは、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」と言った方が好印象を持たれやすいのです。 面接力診断で、苦手分野を見つけよう 面接では言葉づかい以外にも、 対策すべきポイントは多くあります。 たった一つの見落としが、致命傷になりかねません。 そこで活用したいのが、です。 面接力診断は24の質問に答えるだけで、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。 「お手数をおかけしますが」の誤用に注意 「お手数をおかけしますが」は尊敬語なので、自分が相手に「手数」を求める場合に使用します。 よくある誤用としては、自分に対して使ってしまうことです。 わざわざ相手のために、自分が労力を割いてやっている、という意味になるので、大変失礼にあたります。 時間がかかることを表現するのであれば、「お急ぎのところ恐縮ですが」「大変恐れ入りますが」などの言葉を使いましょう。 「お手数をかけさせますが」という誤用にも気をつける 「お手数をおかけしますが」と間違って「お手数をかけさせますが」としてしまう誤用もしばしばあります。 お手数を「かけさせる」と言うと、相手が自分に「お手数」を求めていることになり、まったく逆の意味になります。 「~される」「~なさる」という敬語表現と混同してしまっているのが原因ですが、失礼にもあたる誤用ですので気をつけてください。

次の

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数をお掛けして申し訳ありません

「お手数をお掛けして申し訳ありません」、従来この表現を何も考えずに使っていました。 WEB上で検索しても、よく使われていることが窺われます。 ところがある時、次の疑問が生じて以来、この表現が使えなくなってしまいました。 結論としては通用している表現なのだろうと思うものの、何故? と自問すると自答できません。 手数を掛けたのは相手方であって、その原因をつくったのが私です。 原因を作ったことを詫びるのですから、正しくは「お手数を掛けさせて申し訳ありません」、こう述べるべきなのではありませんか。 この考えの適否、並びに「お手数をお掛けして申し訳ありません」が正しい場合、その理由が文法上からも正しいのか、文法には外れているが慣習として正しいのか、解説を希望します。 よろしくお願いします(よく知られた疑問で、何処かで論じられていはしまいかと危惧しながら)。 この回答への補足 締め切るに当たって、皆様へ。 これはお礼の欄に記した後に書いています。 その後、少し考えたところ引っ掛かりを感ずる理由が判りました。 「迷惑をかける」を漢字で書く場合、「迷惑を掛ける」と書くようですが、この漢字「掛ける」に対して無意識の抵抗感があるのだと思います。 真偽は承知しませんが、「迷惑をかける」の「かける」は「(誤って相手に)水をかける」、「(咳をしてしまって)唾をかける」の「かける」と共通しているのだと思います。 こう捉えると「迷惑をかける」という表現自体には不自然さはありません。 一方、「掛ける」は世間基準に合致しているか否かは別にして、私にとっては「壁に時計を掛ける」、「絵画を掛ける」という具合に「吊るす」というイメージと密着しているのだと思います。 「迷惑」が、こちらの「掛ける」と結びつくと違和感が生じるのだと思います。 つまり、「迷惑」というものを「水」や「唾」と同様に「こちらから相手に飛ばした」と受け取ると、「迷惑をかける」は自然な表現になるし、「時計」や「絵画」と同様に「掛ける」と結びついてしまうと違和感が生じるのだと思います。 1 世間基準に従って、「迷惑をかけた」、「迷惑を掛けた」をどんどん使う。 2 「かける」と読める漢字は20~30ある。 「掛ける」よりびったりするものが見つかれば自己流の漢字を当てる。 3 別の表現を用いて「迷惑を」は使わない。 以上、私は模範的な国語を用いたいと念じている人間ではないので、よく考えて納得できる方法をとればよいことが分かりました。 みなさん、ありがとうございました。 しかし、著作者の主張は分かりました。 この件では、私は著作者と見解を異にしそうです。 私自身も、はてな? と思う以前は普通につかっていたので、おかしいとまでは言いません。 しかし、はてな? と引っかかる事自体が程度はともかく違和感を覚えている証左です。 標準語であることが判りました。 学者の一つの見解が紹介されたのは有意義でした。 有り難うございました。 またの機会にもよろしくお願いします。 ご回答、有り難うございます。 お蔭様で問題の在り処が、はっきりしました。 私の言語感覚では「迷惑」と「手数」、「手間」では微妙になのか、はっきりとなのかは判りませんが違いがあります(多分、はっきり)。 「迷惑をかけた」といったとき、迷惑による負担を負ったのは相手であって私ではありません。 私が迷惑したときに「迷惑をかけた」とは決して言いません。 これに対して、「手数をかけた」は私自身が手数を掛けたときの用法であって、相手に手数を掛けさせたときには使い難いです。 つまり、「手数を掛けた」が「迷惑を掛けた」と全く同様の用法であるとの言語感覚であれば違和感がないし、相手に手数を掛けさせたときに「手数を掛けた」と表現し難い感覚の場合は違和感が残るということらしいです。 このことに気付きました。 そしてまた、前者が日本人の感覚らしいことも判りました。 嘗ては抵抗なく使っていたのに、この一年は迷いが生じて避けていました。 結語として、なかなか便利なので再び使おうと思います。 お手数をお掛けしまして、済みませんでした。 またの機会にもよろしくお願いします。 ご回答の準備をされている方があってはいけないので、19時までは締め切らずにおきます。 それ以降は当方の都合次第で締め切ります。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。 そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。 スミマセン。 年寄りの愚痴でした。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」...

次の