屋根裏 猫 追い出す。 屋根裏の猫を退治する方法

ハクビシンの足跡が屋根裏に?追い出すか退治か…ペットとしては

屋根裏 猫 追い出す

ハクビシンの特徴 ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳類ですが、 外見は猫にもタヌキにも似ています。 木登りが得意で、体のサイズや 体格的にもやはり猫に近いでしょうか。 体重 2~3kg程度です。 顔の真ん中に白いラインが 入っているのが特徴です。 日本国内にはもともと 生息していなかったのですが、 輸入された中で野に放された個体が 増えていったと考えられています。 食に関しては雑食性であるため、 昆虫やネズミ等の哺乳類、そして 木の実や果実といった植物まで幅広く食べます。 が、彼らは特に果実が好物であり、 これが人によっては大変大きな害をもたらすのです。 ハクビシン問題 ハクビシンは果樹園に侵入し、 野菜や果物を食い荒らすのです。 彼らは体が小さい上に 大変柔軟で運動能力も高いので、 果樹園のちょっとした隙間を見つけて そこから侵入するのです。 これは農家の人からしたら たまったものではありません。 しかも、民家の屋根裏や軒下などに 住み着くこともしばしばで、 その場合はバタバタ走り回り、 悪臭を漂わせる糞尿を撒き散らすそうです。 これは現地の人にとって憎むべき 相手になっても無理はないでしょう。 ですから、ハクビシンは同じく 害獣として問題視されているアライグマ と同一視されるのですが、 アライグマは本質的にもっと悪質です 笑 アライグマについてはこちら ちなみにハクビシンの足跡を発見したら、 彼らの習性上再びそこを通ってやってくると考えて間違いありません。 Sponsored Link 追い出す、もしくは退治するか 特定の人にとっては こんな迷惑なハクビシンですから、 どうにか対策をしなければなりません。 その場合は、「追い出す」「捕獲する」「退治する」 の大きく3パターンがありますよね。 本当は、問題の完全解決のためには 「退治する」のが一番手っ取り早いし ベストなのですが、これには大きな問題があるようなのです。 ハクビシンはある種野良猫のような存在であり、 基本的に人間の命を脅かすほどの危害はありません。 例えば、アライグマだとあまりにも 繁殖能力が高いし、体も少し大きいですし とにかくその加害性が段違いに高いです。 そこまでいけば駆除の対象にもなり得ますが、 ハクビシンの存在は一般的な人、 つまり果樹園の持ち主でなかったり 屋根裏に住み込まれていない人にとっては 特にこれといった害はないのです。 ですから、ただ捕獲することですら 鳥獣保護法に基づいた都道府県等による許可 がなければ、違法となってしまうのです。 つまり、被害にあってからでないと なかなか動きにくいわけですね。 増してや、自分の勝手な判断で 退治するなんて余程の深刻な理由がなければ 許可が出ないと考えて良いでしょう。 とは言っても、もちろん追い出すだけでは 解決にはほぼならず、捕獲しないのであれば その追い出した場所にまた住み着かないように 工夫を凝らさねばなりません。 それは果樹園でも同じことで、 捕獲しないなら入り込めるスペースが ないように徹底しなければなりません。 これは気持ち良いでしょうね 笑 お金は掛かってしまいますがw ペットとしては では、ハクビシンはペットとして どうなのでしょうか。 人によっては大変な害獣ですが、 その性質はそれほど猫と変わらないようです。 が、猫のように代々ペットとして 飼われていたわけではないので、 飼育のし辛さはあります。 野生の本能がより強く 残っているということです。 ペットショップに売っているハクビシンも、 もともと野生で親元から 引き離された個体なので 警戒心をなかなか解かないですし、 ですから大人になってもどこか 完全に懐いていない状態になるようです。 ですから特にこだわりがないのであれば、 普通に猫をペットにした方が良いのではないかと思います。 Sponsored Link カテゴリー•

次の

自力でネズミを追い出す方法|4時間で駆除から再侵入防止までできる | クジョカツ

屋根裏 猫 追い出す

一般に、猫の行動範囲は範囲50メートル、100メートルと狭い範囲で行動します。 このエリア内に「食事場所」「トイレ」「仲間の猫との社交場」「寝床」を決めて生きる縄張りの動物です。 猫同士の威嚇対戦や抗争に見られるように、自分の縄張りへの執着心が非常に強いのが特徴です。 飼い主の都合で引っ越すことになった飼い猫。 自分の臭いをつけ慣れ親しんだ家から離れるのは、「死ぬほどのショックである。 」とも言われます。 このように、猫はそれぞれの「マイ場所」に対する執着心、意識が他の動物に比べても非常に強いわけです。 いわゆるテリトリー(縄張り)意識と言うものです。 木策液や忌避剤をまいても、トゲトゲを置いても、芝生からコンクリートに変えても、その上にまでウンチをするのは、場所に対する強い執着心、縄張り意識の現われです。 また、追い払おうと試みたり、その他の方法で猫よけしようものなら、今まで被害のなかった場所に糞をされたりマーキングをされたり、逆に攻撃がエスカレートすることがあるように、場所に執着する意識の強さに気づかされます。 猫よけ基本原則 「たまたま糞をされた」というケースは別にして、庭などが、すっかり「猫のトイレ化」してしまっている場合は、コーヒーカス、忌避剤はじめ、1回や2回何かをしたからと言って、そう簡単に縄張りをあきらめるほど、猫の執着心は弱くありません。 猫の縄張り化を解除する方法は、猫のシツケがヒントになります。 猫のシツケは飼い主も苦労することがあるほど、ときには根気のいる大変な作業になります。 そのシツケの基本は、「 悪いことをする度に叱る。 そして、学習するまで繰り返す。 」です。 このシツケをノラ猫に応用します。 例えば、人力で行うなら、糞をしようとしているその瞬間、 「こらっ!」と叱る。 翌日も、その次の日も。 見つけ次第、やられる前に、ひたすら追い払う。 「ここは不快な場所なんだ。 」ということを学習するまで繰り返します。 猫が学習する期間は、個体差があるため、共通した期間はありませんが、おおむね2週間が目安になります。 「ちまたの猫よけ猫撃退 糞退治策一覧」 300人以上の方にご協力頂いたアンケートを元に集計した実際に行われた猫よけの具体策と、その手法、メリットやデメリットなど。 猫よけ策 根拠や具体的手法 期待度 メリット(効果) デメリット ペットボトル 乱反射する太陽光を嫌がる。 根拠がない(獣医談) - 効果例なし 美観を損ねる。 夜は光がない。 虫眼鏡効果で火災の原因になることも。 コーヒーカス ニオイを嫌がる? - 瞬間的効果ある例もあり。 雨で流れる。 正露丸 ばらまく。 フタを開けたペットボトルなどに水を少し入れ浸す - 効果例なし 雨で流れる。 くさい。 ニンニク みじん切りにしてまく - 効果例なし 雨で流れる。 とうがらし みじん切りにしてまく - 効果例なし 雨で流れる。 香辛料 まく - 効果例なし 雨で流れる。 ニコチン液 タバコの吸殻を水に溶かして溶液を作る - 効果例なし クサイ。 禁煙ブームでタバコ入手困難? 人がくさい。 悪臭が拡散し、近所とのトラブルに発展した例あり。 センサーで猫を感知し、ネコの嫌がる超音波で、侵入するたびに自動で追い払う。 耳が良い人はうるさく聞こえる場合があるる。 猫好きの攻撃対象になる恐れがある。 植物が枯れる? 費用がかかりすぎる。 10万円以上使った人も。 販売側がお金の無駄と言っていた。 環境汚染。 植物にも害。 人にもにおってしまう。 超音波式 (輸入品) センサーで感知し超音波を発する。 周波数の(音の)変動なし。 短期的には効果あり。 最終的に慣れる。 故障率が高い? 返品できない。 価格不明。 死角には届かない。 入手先不明。 超音波式 (国内他社) センサーで感知し超音波を発する。 周波数の(音の)変動なし。 短期的には効果あり。 最終的に慣れる。 返品できない。 死角には届かない。 クレームが原因? 生産停止。 トゲトゲ 侵入場所や被害場所に設置し歩行を困難にさせる。 設置した場所は基本避ける。 塀の上などには有効。 広範囲に設置する場合費用がかさむ。 美観を損ねる。 退けられたり、噛みちぎられり、トゲの上への糞、などの報告もある。 苦情 飼い猫の場合、飼い主に苦情を言う。 猫屋敷、ヤバイ人、付き合いのある飼い主の場合言えない・・・ 地域猫 ボランティアが餌付けし、捕獲し去勢避妊手術。 年月がかかる。 地域ぐるみで取り組む必要がある。 猫嫌いな人には理解されない場合も。 お茶カス 臭いを嫌がる。 茶殻をまく。 - 効果例なし 雨で流れる。 お米のとぎ汁 臭いを嫌がる。 - 効果例なし 雨で流れる。 食用酢 臭いを嫌がる。 被害場所周辺にまく。 - 効果例なし 効果はせいぜい1日。 雨で流れる。 木策液 臭いを嫌がる。 被害場所周辺にまく。 「たまたま糞をされた」という場合は有効なことも。 ニオイ消しにもなる。 人もにおう。 雨で流れる。 継続が必要。 ハーブ 臭いを嫌がる。 栽培する。 育てるのに苦労する。 効果不透明。 タダではない。 タダではない。 割り箸 侵入場所や被害場所に設置し歩行を困難にさせる。 効果例あり。 美観を損ねる。 猫よけネット 侵入されたくないところに張る。 別のルートを探す。 ゴミ置き場などでは安物のネットだと破られる。 コンクリート 猫の好きな場所を固めてしまう。 費用がかかる。 コンクリートにしても被害が続くケースもある。 普通の砂利 (じゃり) 土の代わりに砂利を敷き詰める。 - 効果例なし。 砂利の大小に関わらず、ジャリを掘り起こして糞をする被害多数。 防犯砂利 上を歩くと音がする。 庭全部に敷き詰めるとそれなりに費用がかかる。 人間が歩くとうるさい。 毛布やシーツ (車対策) 車をカバーする。 雨の日はかけられない。 鳥避けネット (車対策) 目の細かいネットを2枚重ねて車にかける。 ツメがネットに絡まり嫌がる。 車に細かいキズがつく。 着脱がおっくう。 車カバー (車対策) 自動車用のカバーをかける。 もともと車カバーのうえに糞尿をたらされる被害も多い。 柑橘類 臭いを嫌がる。 ボロ靴下などに入れてつるす。 持続性に乏しい。 すぐ慣れる。 効かなくなれば不要品に。 単調なためすぐ慣れる。 費用がかかる。 ビニールテープ 蛇に見せかける? すぐ慣れる。 美観を損ねる。 人が出入りする箇所への設置は不可能。 その場しのぎ。 その場しのぎ。 卵の殻 乾燥させて細かくしばらまくことで、肉球をちくちくさせて嫌がらせる。 撃退できた例あり。 根気が必要。 毎日変化 粗大ゴミなどを利用し、毎日庭に視覚的変化を与える。 大型のものが必要。 保健所に相談する。 猫屋敷等の場合に有効なことも。 地域によって対応がばらばら。 猫の捕獲はしてくれない。 被害期間が短い場合の対策 中には、「初めて糞を発見した。 」「(以前は見たこともなかったのに)最近どうも糞をされ始めたようだ。 」といったケースもあります。 他で、縄張りを追われた猫が、新たなトイレ場所を探している可能性もあります。 トイレ化の目安は、3ヶ月以上あるていど定期的(週に2回以上)継続するような場合。 まずは糞とニオイの除去です(オシッコも同じ)。 猫はニオイも手がかりです。 そのニオイの元となるものを除去して清潔します。 その上で、例えば、土や砂利なら毎日水をまいて、「猫の不快環境」を作ります。 1回や2回ではダメです。 とにかく切らさないよう続けることが大事です。 玄関先のタイル上やコンクリートの上に糞をされた場合は、汚物を除去したあと、水をたっぷり使ってデッキブラシなどでゴシゴシ何度も洗浄します。 仕上げに市販の除菌アルコールなどを散布してニオイの元や菌を死滅させます。 ぬるい対策では、縄張りにされてしまう可能性があります。 一度縄張りに指定にされてしまうと、その解除は、ほんとうにやっかいなので、早め早めの処置を行うことをおすすめします。

次の

屋根裏の猫を退治する方法

屋根裏 猫 追い出す

一般的なコウモリのイメージ コウモリというと吸血鬼のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。 西洋人から見るとそのように見えるようで、夜行性の動物ということから悪魔的な印象も強いようです。 悪魔の翼がコウモリのものに似ていることからもそれが伺えます。 日本でも、八方美人や卑怯者の代名詞としてコウモリが使われることが多いように思います。 現実のコウモリ しかし、これらのイメージと現実は違います。 血を吸うコウモリというのはそもそもコウモリの仲間の中でも珍しい種類で、チスイコウモリなど、主に南米に住んでいる種類のみで、ほとんどのコウモリは虫や果物を食べたりしています。 日本のコウモリは、吸血することはありませんが、家に住み着く害獣という実像があります。 家の中に住み着くコウモリ 日本にはキクガシラコウモリ、クビワコウモリなどのコウモリが33種類もいます。 その中でも私たちがよく目にするのはアブラコウモリという種類です。 アブラコウモリについて アブラコウモリは世にも珍しい、人間の住んでいる家にも住み着くコウモリで、成獣になっても人の指の大きさほどしかありません。 その小柄な体格を利用して、ちょっとした隙間があれば家の中に入ってきてしまいます。 屋根裏や天井裏、シャッターや雨戸の収納ボックス、あるいは昼でも薄暗いベランダや倉庫の中など、様々な場所に住み着きます。 日本では、家の中に住み着き私たちに様々な被害を与えるコウモリは、このアブラコウモリである場合がほとんどです。 コウモリが私たちに与える被害 基本的に日本に住んでいるコウモリは、私たち人間を襲うことはありません。 昆虫などを餌とするので、人間が近づいたら、コウモリの方から逃げていくでしょう。 しかし、コウモリは私たちに様々な被害を与えるのです。 では、コウモリが家の中に住み着くことで、私たちにどのような影響を与えるのでしょうか? フンが被害を与えます コウモリの被害で最も多いのはフンによる被害です。 もっぱらコウモリの駆除についても、このフンによる被害の相談が多くなっています。 コウモリは住処や休憩所として利用する家にフンをしていくのです。 悪臭による被害は無論のこと、フンの中に含まれる各種の細菌類によって感染症になるかもしれません。 また、フンを餌とするハエやゴキブリといった害虫を寄せ付けるため、害虫による二次被害も懸念されます。 数が100匹近く増える場合も 単独で生活するオスのコウモリと違いメスのコウモリはいくつかの家族が集って1つのグループとなります。 時には100匹近い集団になることもあるので、メスのコウモリが家に住み着いた場合、より被害は深刻になると予想されます。 鳴き声や羽音もご注意を コウモリの被害はフン以外にも、鳴き声や羽音が問題となってきます。 夜行性のコウモリは静かな夜に行動するので活動音はより大きく聞こえるようです。 コウモリが家に住み着いたときの対処法 まずはコウモリがどこから家の中に侵入しているのかを調べます。 外壁に開いた穴であったり、エアコンのパイプが通っている穴の隙間であったり、そういった僅かな隙間も侵入経路となってしまいます。 コウモリは出入り口の近くにある壁の引っかき傷や、コウモリのフンを目印として探します。 コウモリを追い出す方法はたくさんありますが、その中でも比較的簡単に行える方法を紹介します。 まずは調査をしてみましょう。 コウモリ駆除をきちんと行うには、まずはコウモリの住処を探し当てるところから始まります。 コウモリの体はとても小さく、ネズミと同じく家屋内の様々な隙間から入りこむことができます。 屋根裏などのチェック時はコウモリの糞を吸い込まないようにマスクを付け、懐中電灯や軍手など、ある程度の装備は整えましょう。 コウモリの駆除方法について コウモリは鳥獣保護法によって守られている動物なので、むやみに殺傷することはできません。 そこで、駆除方法としては追い出しがメインになります。 方法1:光で照らす 【防災グッズ】10W投光機・非常灯・作業灯 アウトドアや倉庫などにも! コンパクトなのに超明るい! 眩い白色光【小】 投光機 LED 投光器 防水 LED. コウモリ駆除のポピュラーな方法として、忌避剤の使用も一般的に行われています。 近年はコウモリの被害拡大に伴い、様々な忌避剤が販売されています。 ハッカ油やニンニクエキスなどを利用した刺激臭を発するスプレーでコウモリを刺激し、外へ追い出すことができる場合があります。 燻煙式殺虫剤(ネズミ用のものを使用)や蚊取り線香の煙も嫌がるので、上記の忌避剤の代用品としてもご利用いただけます。 方法3:磁石を使う 詳しい原理は分かっていませんが、強力な磁石を設置すると、コウモリが嫌がって近づかなくなるともいわれています。 方法4:超音波発生機を設置する コウモリは超音波を使って周囲の状況や獲物の位置を察知しています。 これを逆手に取って、コウモリのいる場所に超音波発生機を設置するのもコウモリ対策の1つとして行われています。 コウモリを追い出した後にやるべきこと 全てのコウモリを追い出したからといって油断してはいけません。 コウモリが侵入した隙間をしっかり塞ぐ必要があります。 追い出したコウモリが戻ってきたり、新しいコウモリがそこを再び侵入口にしたりするのを防ぐためです。 シーリング材で隙間を埋めたり、金網を設置したりする方法が一般的ですが、場合によっては外壁材の交換が必要になることもあります。 また、コウモリは穴が小さくても簡単に侵入するので、穴を塞ぐときは、かなり念入りに塞ぐ必要があります。 業者に頼ることも手段の1つです 自分ではどうやって良いのか分からないという方は、業者に依頼をしてコウモリ駆除をやってもらいましょう。 コウモリ駆除は高所や狭所での作業が多いため、危険も多い作業ですし、コウモリの侵入口を特定するにも、家の構造の基礎知識も必要です。 また、忌避剤や超音波発生機などは、効果が上がりにくい場合もあります。 何度も自分でチャレンジすると費用もかかります。 コウモリ駆除業者は現場の状況に合わせた方法でコウモリ対策を行ってくれます。 最終的に支払うお金が、自分で対策していた頃より安くなることも多いです。 まとめ コウモリはちょっとした隙間でも 侵入してきますから、気がついたら数を増やしているということがあります。 被害を最小限にするには、早期発見や早期駆除が重要です。 コウモリに侵入されたと分かったときは、当サイト「 」の「 」から対応可能な業者を探されては いかがでしょうか? (この記事は2017年9月5日に加筆・修正されています).

次の