消費税 計算 10パーセント。 消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

消費税10%になったら、計算式はどうなりますか?

消費税 計算 10パーセント

KNNポール神田です。 ついに、消費税が10%と増税となった。 保存しているはずのマニュアルを探すよりも、ネットで社名と型番を調べたほうが圧倒的に簡単だ。 基本的にどこのメーカーも、『税率設定』ボタンを押し、消費税率『10』を押し、再度、『税率設定』を押すという設定方法だ。 これは、わかってしまえば、瞬時に変更できる。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

消費税の内税の計算方法、簡単な計算式[8%、10%]|KW BLOG

消費税 計算 10パーセント

不動産売買をサポートするサービスに対して支払われる仲介手数料は消費税の課税対象になります。 お客さまにはあまり関係ない話ですけど、ちょっとしたマメ知識としてお話をします。 菅官房長官が、リーマンショックのようなものが起こらなければ増税を実行すると言っていますから、4年遅れで増税されるかもしれませんね。 増税されたらこの記事を書き直します。 新築戸建やリノベーション済みの中古物件を購入する場合をイメージしてください。 不動産会社が売主さまになる場合は、建物に消費税が課税されます。 そこで、成約価格から建物価格を差し引かなければなりません。 1」と変わります。 成約価格 4,000万円・建物消費税100万円として仲介手数料を計算してみましょう。 そうすると…10万円が消費税の二重課税になるわけです。 新築戸建を契約した場合をイメージしてください。 この場合、不動産屋さんは買主さま・売主さまの双方から仲介手数料を受領することができます。 1 上記のような計算式になるのかと思いますよね?ところが、少し計算式が変わるのです!実は、売主の不動産会社からの仲介手数料は「+60,000円」がなくなり、さらに、消費税が内税で含まれていることが多いのです。 皆さまには関係ない話ですけど、不動産業界の仕組みに興味がある方には面白いかもしれませんね。 成約価格4,000万円・建物消費税100万円として仲介手数料を計算してみましょう。 両手仲介をする不動産屋さんが受領する仲介手数料は… 売主さま:1,170,000円(税込) 買主さま:1,353,000円(税込) 合 計:252万3,000円(税込) 売主の不動産会社から仲介会社が受領する仲介手数料のお話ですから、皆さまにはあまり関係がありませんけど、 売主の不動産会社から仲介手数料をもらえる案件であれば、ゆめ部長は買主さまからの仲介手数料は無料にしています。 【重要なお知らせ】しばらくは購入のサポートを注視しています。 そのため、意外とダメージを受ける…ということを知っていただければと思います。 先ほどの例に戻ってください。 しかし、実際に受領できる報酬というのは、この金額から消費税を除いた分になります。 新築戸建やリノベーション済みのマンションを専門に扱っている仲介会社さんは、消費税増税の影響を受けることになりそうです。 特に、高額物件を扱っていたり、取扱件数が多い会社は影響が大きいでしょう。 この手の仲介会社は「住宅ローン代行手数料」・「火災保険の代理店手数料」・「バックマージン」などでガッツリお金を稼いでいます。 消費税増税になったらその補填として他の名目でお金を請求するのか、それとも、「住宅ローン代行手数料」を上げたり、火災保険加入の営業を強めてくるのでしょうか…。 このあたりは要注意だと思います。 ゆめ部長なら「バックマージン」・「住宅ローン代行手数料」は一切かかりませんし、火災保険の代理業務もしないためムダな営業もありませんよ!お客様目線でマイホーム購入をお手伝いしますのでご安心くださいね! 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。 仲介手数料の早見表… 参考記事… お知らせ….

次の

仲介手数料と消費税…消費税10%になると不動産仲介会社の利益が減る!?

消費税 計算 10パーセント

軽減税率のポイント 軽減税率を理解するうえで大切なポイントは以下の通りです。 主に飲食料品に関する制度• 飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうか それぞれのポイントを解説していきましょう。 主に飲食料品に関する制度 軽減税率は主に飲食料品の消費税に関する制度です。 低所得者対策を目的とした制度ですが、飲食物以外に適用されることはありません。 しかし一部例外で、新聞も含まれています。 ただし対象となるのは週2回以上発行されるもので、定期購読されているものだけです。 コンビニで販売されている新聞等は軽減税率の対象外となるので注意しましょう。 飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうか 飲料食品に関する制度とはいえど、すべての飲料食品に軽減税率が適用されるわけではありません。 とりわけ、外食は例外となります。 外食であるかどうかを判断するうえで大切なのが飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうかということです。 以上が、軽減税率に関するポイントです。 深く突っ込めば、複雑なものも出てきますが基本的にはこの2点を抑えておけば問題はありません。 コンビニや駅で販売されているようなバラ売りの新聞は対象外なので注意しましょう。 また上記の条件さえ満たしさえすれば、スポーツ新聞や業界誌も軽減税率の対象となります。 やはり重要なのは「定期購読」「週2回以上発行」の2点です。 なお、電子版の新聞は条件を満たしても軽減税率の対象となりません。 外食であろうとなかろうと、ビールやワインは軽減税率の対象にはなりませんので注意しましょう。 しかし、ノンアルコールビールは酒類ではありません。 ノンアルコールのドリンクは飲食料品に分類されるので、軽減税率の対象となります。 テイクアウトの場合は飲食用のテーブルや椅子を利用しないことから、外食にならないという判断になります。 つまり、店内利用かテイクアウトかによって支払い金額は異なるというのが基本的な考え方です。 しかし、企業によっては店内利用と持ち帰りの金額を統一しているところもあります。 企業によって対応が異なってしまったが故に、より複雑さが増しました。 出前の場合は。 単に飲食料品を指定した場所まで届けるだけだからです。 そばの出前や宅配ピザは軽減税率が適用されるので、安心して利用しましょう。 指定した場所でスタッフによる調理や加熱という作業があるかが焦点となります。 調理や加熱がある場合は、サービスの提供となり軽減税率が適用されません。 また配膳や、取り分け用の食器の入念な準備があると、ケータリングと見なされてしまうので注意が必要です。 しかし有料老人ホームの場合は施設による届出が提出されている必要があります。 なおいずれも、軽減税率が適用される上限金額が定められています。 上限金額は1食640円以下で、1日の累計が1,920円以下です。 身近な医薬部外品では、薬用のど飴の「ヴィックス」や「トローチ」などが挙げられるでしょう。 飲食料品ではないからです。 これはどっち? 基本的なルールを理解した上でも、これってどっち?というものは多いです。 例えば以下のような例があげられます。 おもちゃ付きお菓子• やっぱりテイクアウト• フードコート• 水道水とミネラルウォーター• みりん• 映画館の売店• 栄養ドリンクと清涼飲料水• コンビニのイートイン• サプリメント• インターネット通販 それぞれのパターンについて解説していきましょう。 おもちゃ付きお菓子 おもちゃ付きお菓子に関してポイントは2つです。 1万円以下• 例えば、プロ野球チップスはポテトチップスよりもカード部分の方が高いため軽減税率の対象外です。 やっぱりテイクアウト、やっぱり店内で 店内用に購入したものをお持ち帰りしたい場合も多いでしょう。 その場合は、軽減税率の対象となりません。 軽減税率の適用になるかどうかの判断は、飲食料品の提供の時点で行われるからです。 すなわち、持ち帰りで購入したものを店内で食べる場合も軽減税率は適用されたままとなります。 屋台 屋台での購入が軽減税率の対象となるかどうかは、食事用のテーブルや椅子やカウンターが用意されているかどうかです。 用意されている場合は外食と見なされるので、軽減税率の対象外となります。 なおテーマパークの食べ歩き等は近くにベンチがあっても軽減税率は適用されます。 ショップがベンチを管理しているかどうかがポイントです。 テーマパークのスーベニア、ポップコーンバケット等 テーマパークで販売されているポップコーンバケットのような商品は、おもちゃ付きお菓子のような考え方で良いでしょう。 ディズニーランドで販売されているようなポップコーンバケットはポップコーン本体よりも高いことがほとんどです。 フードコート フードコートでの食事は外食という判断になるので、軽減税率の対象となりません。 その判断基準は食事用のテーブルや椅子を利用するかということです。 フードコートでは椅子やテーブルを使って食事をとるので、外食になります。 しかしフードコートの商品を持ち帰りできる場所もあるでしょう。 そのような場合はファストフードと同じ対応になるか、判断がわかれるところです。 水道水とミネラルウォーター ミネラルウォーターは、飲食料品の取り扱いとなるので軽減税率が適用されます。 一方、水道水に関しては、適用されません。 水道水は、飲用だけでなく風呂や洗濯等の生活用水としても使用されるからです。 水道水をペットボトルに入れて「食品」として販売すれば軽減税率は適用されますが、基本的には対象外となっています。 みりんとみりん風調味料 みりん等の料理酒は飲食料品に該当しないので、軽減税率の適用外です。 料理酒や調味料に関しては、アルコール度数が焦点となります。 映画館の売店 映画館の売店でポップコーンを食べる方も多いでしょう。 そのような売店の食品は軽減税率の対象となります。 たしかに映画を観る際、椅子に座って飲食しますが飲食のための椅子ではありません。 店頭で販売されている飲料食品を持ち込んでいるだけなので、軽減税率が適用されます。 しかし売店のそばにテーブルや椅子を用意し、飲食スペースとして提供している場合はファストフードのテイクアウトと同じ対応が必要です。 栄養ドリンクと清涼飲料水 栄養ドリンクの定義が難しいのですが、指定医薬部外品として販売されている商品は軽減税率が適用されません。 例えば、リポビタンDやユンケルは指定医薬部外品に分類されます。 一方で、オロナミンCやレッドブルは医薬部外品ではなく清涼飲料水です。 したがって飲料食品に該当するので、軽減税率が適用されます。 コンビニのイートイン コンビニのイートインは飲食のためのテーブルや椅子を使用するため軽減税率が適用されます。 しかし持ち帰り前提のコンビニで、全員にイートインの利用を確認するのは現実的ではありません。 したがって、主要コンビニではイートインを利用するかどうかは自己申告制となっています。 なお、一部商品だけイートインを利用するといった場合でも1回のお会計で税率を分けてもらうことが可能です。 サプリメント サプリメントは薬ではありません。 いわゆる健康食品なので、軽減税率が適用されます。 栄養ドリンクと同様に、医薬部外品かどうかが焦点となります。 インターネット通販 インターネット通販も、飲料食品であれば軽減税率が適用されます。 しかし送料に関しては適用外です。 ただし商品のなかに送料が組み込まれている場合は、どちらも軽減税率が適用されます。 配送料を別途請求しているお店で食料品を購入する場合は注意が必要です。 各社の対応 軽減税率に対する、割れてしまった各社の対応をご紹介していきます。 統一派• 別々派 それぞれの派閥ごとに確認していきましょう。 統一派• マクドナルド 一部値上げ• バーガーキング 一部値上げ・一部値下げ• ケンタッキーフライドチキン 据え置き• 松屋 一部値上げ• すき家 据え置き• てんや 一部値上げ• なおテイクアウトの割合が大きい企業は、据え置きしてもダメージが少ないです。 別々派• モスバーガー 据え置き• サブウェイ 一部値上げ• 吉野家 据え置き• スターバックス 据え置き• タリーズコーヒー 据え置き• ドトールコーヒー 据え置き• ミスタードーナツ 据え置き 統一ではないのに値上げしている企業は仕方ない面もありますが、望ましい対応とは言えません。 多くの企業が据え置き対応するなか、サブウェイだけが一部商品を値上げしています。 いずれしても企業によって、対応が変わるので消費者からしたら混乱してしまうでしょう。 軽減税率のメリットとデメリット 軽減税率のメリットとデメリットについて見てきましょう。 軽減税率のメリット• 特に外食が少ない世帯では、恩恵を最大限に受け取ることができるでしょう。 軽減税率のデメリット• 複雑すぎる• 日用品が適用外という謎• 事業主は負担が増える 軽減税率はとにかく複雑すぎます。 にも関わらず日用品が適用外なので、意味がわかりません。 なぜ日用品が適用外なのか、公明党から以下のような回答がありました。 生理用品やトイレットぺーパーは生活必需品です。 その上で、当初は、トイレットペーパーなどの日用品等の生活必需品も対象となりうるとして議論の遡上にありました。 しかし、特定の物品を認めると、その代替品や類似品 例えばティッシュペーパーやウォシュレット等 の扱いに歪みが生じる上、消費者にとって線引きが分かりにくくなります。 一方、 歪みを解消しようとすれば対象が際限なく広がり、社会保障財源の確保という当初の目的を果たせなくなることから飲食料品分野に絞ったところです。 なお、公明党が提案した「プレミアム付き商品券」は、こうした軽減税率の対象とならない生活必需品に係る負担増分も支援が必要な家庭があるとの考えから生まれた制度です。 低所得者 住民税非課税者 や育児にお金のかかる子育て世帯 学齢3歳未満の子を持つ世帯 を対象に、最大5千円分のプレミアムを上乗せした商品券を購入できるようにします。 <参照:> 消費者にとって線引きが難しくなるから日用品は適用外になったということでした。 しかし、すでに消費者からしたら複雑になっています。 線引きが難しくなるというのが理由であるなら、最初から導入してはいけない制度だったでしょう。 また事業主は特に負担が増えます。 オペレーションの変更、顧客に対する説明、軽減税率に対応した機器の導入など負担は様々です。 という制度もありますが、決してプラスになることはありません。 軽減税率はメリットも多少なりともありますが、デメリットの方が多い制度と言えるでしょう。

次の