つかしん カルチャー。 Wの空間

イオンカルチャー 講師募集のご案内

つかしん カルチャー

求人情報 職種 カルチャーセンターの運営・受付業務・教室準備・清掃 仕事内容 創業40周年を迎えた『株式会社カルチャー』。 あなたには、受講生が明るく楽しく学んでいただけるよう、教室づくりのお手伝いをお願いします。 教室に入って最初に受講生とお会いするのがあなた。 バレエやヨガなどのアクティブな授業も開講している『カルチャー』。 授業にあわせた道具などの準備も私たちの大切なお仕事です。 val04. replaceAll " 別途? 残業代 別途? 配属は面談の上、決定します。 将来的に通勤時間を考慮の上、転勤もございます。 ご承知おきください。 val25. replaceAll " 土 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? 日 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? replaceAll " 週 月? あなたには、受講生が明るく楽しく学んでいただけるよう、教室づくりのお手伝いをお願いします。 教室に入って最初に受講生とお会いするのがあなた。 バレエやヨガなどのアクティブな授業も開講している『カルチャー』。 授業にあわせた道具などの準備も私たちの大切なお仕事です。 配属は面談の上、決定します。 将来的に通勤時間を考慮の上、転勤もございます。 ご承知おきください。 休日・休暇 週休2日(シフト制、年間110日) 応募情報 地図 応募方法 ここまでお読みくださり、誠にありがとうございます。 お気軽に「応募する」ボタンからエントリーください【24時間受付OK】 エントリー後、職種をご記入の上、履歴書(写真貼付)・職務経歴書を6月22日(月)までに下記住所へご郵送ください。 書類選考の上、結果及び面接日時をご連絡いたします。 連絡先住所 株式会社 カルチャー 塚口店採用係 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-1-7 カルチャービル4階 連絡先TEL• 042-746-9212 担当 横江または猿渡.

次の

塚口カルチャーセンターの正社員情報【イーアイデム】尼崎市の受付・秘書求人情報(ID:A00615729051)

つかしん カルチャー

大阪府では、30日昼過ぎまで河川の増水に、30日夜遅くまで強風や高波に、1日明け方まで竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。 大阪府は、低気圧や梅雨前線の影響で雨が降っています。 30日の大阪府は、低気圧や梅雨前線の影響でおおむね雨が降るでしょう。 雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 7月1日の大阪府は、梅雨前線の影響で曇り、未明は雨が降るでしょう。 雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 【近畿地方】 近畿地方は、低気圧や梅雨前線の影響で雨となり、激しく降っている所があります。 30日の近畿地方は、低気圧や梅雨前線の影響で雨が降るでしょう。 雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 7月1日の近畿地方は、梅雨前線の影響で曇り、中部や南部では明け方まで雨や雷雨となり激しく降る所があるでしょう。 午後にも北部を中心に湿った空気の影響で雨が降る見込みです。

次の

つかしんカルチャーセンター (尼崎市|カルチャーセンター

つかしん カルチャー

本名、双葉。 父の転勤で、東京、札幌、金沢、静岡などに暮らし、高校時代以降は宇都宮で過ごす。 1977 年 明治大学文学部に入学、漫画研究会に所属、学生漫画家として本名(山田双葉)でデビュー。 四年の時に一年間休学。 1981 年 大学退学。 赤坂、六本木、銀座でホステス、モデルとして働く。 1985 年「ベッドタイムアイズ」で小説家としてデビュー( 26 歳)。 1990 年、黒人クレイグ・ダグラスと結婚(米軍横田基地勤務の 87 年に知り合う) 2006 年 離婚 2011 年、可能涼介(評論家・劇作家)と再婚。 主な作品(発表年)・受賞歴( : は発表の翌年受賞したことを示す) 小説 1985 年(昭和 60 年) 『ベッドタイムアイズ』(文藝賞) *映画化 1987 年(昭和 62 年) 『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(直木賞) 『蝶々の纏足』 1988 年(昭和 63 年) 『ひざまずいて足をお舐め』 『風葬の教室』(:平林たい子文学賞) 1989 年(平成元年) 『放課後の音符』 1991 年(平成 3 年) 『晩年の子供』 『トラッシュ』(女流文学賞) 1993 年(平成 5 年) 『ぼくは勉強ができない』 *映画化 1996 年(平成 8 年) 『アニマル・ロジック』(泉鏡花文学賞) 2000 年(平成 12 年) 『 A2Z 』(:読売文学賞) 41 歳 2005 年(平成 17 年) 『風味絶佳』(谷崎潤一郎賞) *映画化 2009 年(平成 21 年) 『学問』 2011 年(平成 23 年) 『ジェントルマン』(:野間文芸賞) 2013 年(平成 25 年) 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 *山田詠美の小説には、二つの作品系列がある。 A 大人の性愛を描いた……『ベッドタイムアイズ』『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』『アニマル・ロジック』 B 子どもの世界や思春期の若者を描いた……『蝶々の纏足』『風葬の教室』『放課後の音符』『晩年の子供』『ぼくは勉強ができない』 *B系列の「ひよこの眼」「海の方の子」は教科書にとられたが、「僕は勉強ができない」「晩年の子供」は、検定で問題になり差し替えられた。 エッセイ 『熱血ポンちゃんがいく』は、 1990 年(平成 2 年)から現在まで続いている人気シリーズで現在 13 冊を数える。 対談集 『内面のノンフィクション』、( 1992 )『文学問答』( 2007 、河野多恵子と)、『顰蹙文学カフェ』( 2008 、高橋源一郎と)などがある。 このことを冒頭の一文が示唆している。 《私は、こまっしゃくれていました。 今でこそ、そんなふうに顔を赤らめながら、 小さな頃の自分を表現することが出来るのですが、 その頃の私には、そんなこと は、思いもよらないことでした。 》 また、現在の自分からあの頃の自分への批評も、示されている・ 《私を嫌いになる人なんているわけがない。 私は小さくなって行く哲夫くんの姿を、 いつまでも見詰めながら、少し興奮に頬を染めていました。 それが思い上がりだな どとは、少しも思いませんでした。 ・小さな子供たちの中にいる体の小さな大人、人の上に立っている自分 ・おごることなく、人々を愛そうと決意していた。 ・転校も慣れれば、どうということはない。 転校生である自分に注がれる多くの視線を快感に。 世の中は、悪くない。 私は幸せな毎日の中で、 もう、既に、人生を軽く見ていた。 不幸を背負った人間がいるのが耐えられない。 《彼の、その世を捨ててしまったような態度。 人の思いやりを、わざとはねつけるよう な意固地な雰囲気に、皆、嫌気がさしているのでした。 それを彼らは、 どんなふうに、 説明して良いのか解らずに、 彼の目をガラス玉などと言う他なかったのです。 》 b 哲夫に対する偏見・差別 友達の忠告「ひどい目に合うよ」「片目だから、発作が」……どうして、子供って、こ う残酷なのでしょう。 c 哲夫くんに話しかけるが無視され、ますます意欲を燃やす。 とても手強い相手。 笑顔にもびくともしない。 私は、口惜しさに涙 ぐみそうになりました。 それまで、どんな教室の嫌われ者でも、私に気を許していたの に。 そして、そのことにより、私は、すべての人の尊敬と信頼を得てきたというのに。 》 b《その瞬間、私は日もきけないくらいに驚きました。 なんと、哲夫くんは、そのとんぼ の尻っぽを、ばくりと口に入れたのです。 》 ……驚いて、畏れののいて、呆然として c《私は、なんと言葉を返して良いのか解りませんでした。 この世に、 おとうさんとおか あさんのいない子供がいるとは 想像もしなかったことでした。 私は、ただ黙ってうなだ れていました。 》 d 哲夫の洞察力・久美子への批判 《 人を可哀想だって思うのって気持いいだろ。 冗談じゃねぇや。 おれ、そんなら嫌われ ていた方がいいや。 》 e「なんだか芥川龍之介のトロッコみたいな気持ちになって来た」「なんだ、それ」「行きはよいよい帰りはお話こわいっててうだよ」「通りゃんせのことか」というやりとりは、久美子の「インテリ性」が「生活者」哲夫によって軽くコケにされている。 f 「私」が泣いても、気にとめない哲夫 g 「お前の足の下に蛇つぶれてら」/私は悲鳴を上げて飛びのきました。 /「嘘だよ。 今頃の季節に蛇がいるわけないじゃん、馬鹿だな、おまえあ」/私は、口惜しさに唇を噛みしめ、涙をごしごしと拭いました。 というやりとりもまた、「生活者」哲夫から見れば何も知らず馬鹿な久美子という見方になる。 h 「わら」にもたれる/哲夫への思いの変化 《西日で金色に染まっている田んぼが、なんだか夕方の海のような気がして来ました。 》 i《おまえねえ、自分だけ、そういうことを教えてもらえると思ったら大間違いだよ。 お まえみたいなやつこそ、ほんとは、誰からも、秘密を教えてもらえないんだ。 …… 良い 人のふりするのは、一番、悪人なんだよ。 》 j 久美子の哲夫に対する思いは、「感覚的な好ましさ」として表現される。 《歯が、白いんだなあと私は感じていました。 》 《私は、哲夫くんの横顔をこつそり見詰めて、綺麗だなあと思いました。 見えていない 方の瞳は夕陽を浴びて、きらきらと輝いていました。 耳の後ろから、砂がこぽれたよう な気がしました。 海の方の子なんだなあ。 私はつくづく、そう思いました。 l 哲夫くんに送ってもらう 《 哲夫くんは、もう、私にとって可哀想な人ではなくなっていたのです。 ……彼は泣かずに唇を噛みしめて、 私をにらんでいました。 私は、大量の涙をぬぐうこともしなかったので、それは。 だらだらと口の中に流れ込んで行きました。 しょっぱいもんが好きなんだ。 私は、 憮然とした表情の彼の顔を見て、そんな言葉を思い出していました。 つまり、笑いかけても「怒ったような表情をうかべたまま」の哲夫くんに、久美子が「もっと素直にならないと駄目だよ」というと哲夫が「うん」と答える場面である。 子供を描いた小説は、しばしば「子供の変化」の瞬間をとらえる。 それは、その変化を どういうことばでとらえるか、という問題を伴う。 『岳物語』なら「反抗」か「自立」か 「海の方の子」は、まず優等生の自己認識・世界認識を子供自身の意識に即して明らか にしている。 そしてその認識が覆される様を鮮やかに描いている。 哲夫に対する認識は一 変し、ことばも意味を逆転させていく。 」という表現によって「ガラス」という言葉そのものの評価が反転する) 『晩年の子供』あとがきより 《幼ない頃、父の転勤で、いくつかの地方都市に移り住んだ。 私は、そのひとつひとつの 町の様子を鮮明に覚えている。 小さな子供が地方の名産物や観光名所に興味を持つ筈もな く、私の記憶は、常に季節の移り変わる様を手掛りにしている。 自然は、私に、さまざま なことを教えた。 作家になるための下地を作るのに何が役立っていたかと、もし尋ねられ たなら、私は、即座に、 この頃の無自覚な季節との戯れがそうであったと答えるだろう。 特に思い出深いのは、 静岡県の 磐田 いわた 市 に住んでいた数年間である。 私は、ここで出会っ たどんなに瑣末な事柄をも一生忘れることはないだろう。 自然も人間関係も時の流れも、 すべてが、私の前に両手を広げていて、私は幼ない頭で漠然と、この先、世の中はあらゆ る意味ですごいのだろうと感じていた。 時代は好景気を生み、父の会社のまわりは、ばら の垣根で覆われ、夜の噴水には、さまざまな灯りがともっていた。 私は、いわゆる町の子 であった。 けれども、それがかたよった世界であるのを、学校に通いながら、私は学ん だ。 学校までの遠い道のり、私は見たこともないものを沢山見た。 メロンの温室、煙草の 畑、広がるれんげ草の群れ。 香り高い茶畑、墓場に向かう葬列、立ち並らぶ霜柱など。 そ して、そこにつどう人々。 自然の種類も人間の様子も、あまりにも印象的であった。 心を 痛めることも、喜びをわかち合うことも、予期しない時に体験してしまうのを、私は、そ の頃知った。 この短編集は、その時代に、私のつたない心で受け止めた印象が作らせたように思う。 あの時、心ならずも習得してしまった 自分を小さい者として見直すその方法は、原稿用紙 を前にする 私の心の内に息づいている。 ペンと紙を前にして、あらゆる種類の郷愁に身を まかせていると、自分だけの宝物入れの引き出しが、自然といくつも開けられる。 希望、 絶望、後悔などの記憶。 そこには、季節ごとの空気が匂い立ち、私の心をやるせなくさせ る。 その感情の揺れを少しでも、この作品集に漂わせることが出来ていたなら嬉しいのだ が。

次の