トイレ 掃除 オキシ クリーン。 オキシクリーンで簡単トイレ掃除のまとめ!オキシ漬けで 便器・便座・床・タンクの清掃

トイレのタンク掃除の簡単な仕方。重曹やクエン酸を使った方法も解説

トイレ 掃除 オキシ クリーン

トイレのタンクが汚れる原因とは? そもそも、なぜトイレのタンクを掃除する必要があるのでしょうか? 実はトイレのタンクを掃除する理由は4つあります。 1つ目【タンクの中にカビが生える】 トイレのタンクは常に水が満杯の上、フタで密閉されている多湿空間です。 カビは多湿で汚れた場所を好むので、黒カビが発生してしまってもおかしくはありません。 2つ目【水垢が付着する】 常に水が入っているので水垢がタンク内に着く上に、掃除せずに放置すると上記のような状態になりかねません。 また、放置してしまった時間が長ければ長いほど掃除は大変になってしまいます。 3つ目【臭いが出る】 黒カビはタンク内にこびりつき水垢は固着します。 すると水質が悪くなるので臭いの原因にもなります。 4つ目【健康被害】 加えて心配なのは健康被害です。 黒カビが空気中に混じってそれを吸い込んでしまうと、気管支炎やアレルギー、鼻炎などの原因にもなるのです。 そこで次は、トイレのタンクの掃除方法と手順や洗剤についてお伝えします。 トイレのタンク掃除の準備物は? まず最初にトイレのタンク掃除に必要な準備物からです。 【用意するもの】• ゴム手袋• マスク• 新聞紙• マイナスドライバー• スポンジ• 歯ブラシ 準備するものは以上です。 次に具体的な掃除方法です。 ステップ1・トイレの止水栓を止めてタンク内を空にする。 マイナスドライバー等で 止水栓をしっかりと閉めてください。 これを忘れてしまうと、タンクの掃除中に水が出てしまってトイレ内が水浸しに…なんていうことにもなりかねません。 止水栓を閉めたらタンク内の水を空にしましょう。 レバーを引けばタンク内の水は流れます。 ステップ2・トイレのタンクのフタを外して洗う。 つぎにトイレのタンクのフタを外して洗います。 トイレのタンクのフタは陶器のものが多いので、思っているより重たいです。 落とすと割れることもあるので気を付けてください。 あらかじめ周囲に新聞紙などを重ねて敷いておくと安心です。 フタの裏側には黒カビや水垢が付着していることも。 その際にはお風呂場などに慎重に運び、汚れを落とします。 ステップ3・トイレのタンク内を掃除する 汚れを落としていきます。 タンク内は水を流すための装置がたくさん入っています。 不要に動かしたりしないように丁寧に掃除してください。 細かい部分などは歯ブラシなどを用いると、手の届かない場所の汚れも落とすことが出来ます。 ステップ4・フタを戻し、止水栓を開く。 掃除が終わったら、タンクのフタを戻します。 フタを戻す時も、重たいので落とさないように慎重に行ってください。 そして止水栓を開くのを忘れないでください。 うっかり止水栓を閉めたままにしてしまうと「あれ?水が流れない、故障!?」とあわててしまいます。 以上がおおかまな流れになります。 思ったよりも手順は単純で覚えてしまえば簡単です。 トイレタンクの掃除に使用する洗剤は? つぎはトイレのタンクを掃除する際に使う洗剤について。 まず、酸性洗剤や塩素系漂白剤は使わないでください。 トイレタンク内の装置は樹脂で出来ているものが多く、酸性や塩素系の洗剤はそれらを傷つけてしまう性質があります。 トイレのタンクを掃除する際には、次のような「中性洗剤」を使用してください。 トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り 届きにくい場所にもスプレーで泡を噴射することができます。 タンク内の装置を傷つけない中性タイプです。 消臭効果もありますのでタンクの中の臭い対策にもなります。 「手の付けどころが分からない。 」そんな場合にはこちらを使ってみましょう。 トイレタンク洗浄剤 タンク内に水を張ったまま、フタの口から顆粒タイプの洗剤を入れるだけです。 トイレのタンクに1包入れて2時間以上つけ置きします。 黒カビは落ちやすく、手の届かないところの洗浄にも便利です。 また、その水を排水することで便器にも効果が行き渡るのでまさに一石二鳥です。 ここまでは市販の中性洗剤についてお伝えしました。 でも市販の洗剤を使っているとこんな悩みがでてきませんか?• 洗剤を使って掃除したものの、なかなか汚れが落ちない。 日常のお手入れに適したものはないだろうか。 出来れば短時間で簡単に行える方法がいい。 カビ予防には? そんな疑問や悩みを解決してくれるのが実は【重曹】なんです。 一度は聞いたことのある重曹ですが、トイレのタンク内の掃除にどう活用するのか。 その使い方や効果をお伝えします。 トイレのタンク掃除を重曹で行う方法 重曹は弱アルカリ性の人体に無害な物質です。 食用とは別に、薬局などで掃除用として使用できるものが販売されています。 手が荒れにくいので、肌が敏感で強い洗剤に抵抗がある方でも気軽に使用できます。 また、台所や生ごみ等の脱臭にも活用でき、これ1つで様々な悩みを解決できます。 では食用にも使われる重曹が、なぜトイレ掃除に有効なのか?それは、重曹が弱アルカリ性の上に消臭効果があるからです。 また重曹は粒子が細かく研磨剤代わりになるので、水垢などの汚れをこすり落とすのに適しています。 では、重曹を使って簡単にトイレのタンク内を掃除する方法を、いくつかのパターンに分けて簡単に説明します。 【用意するもの】• ゴム手袋• 歯ブラシ 汚れがなかなか取れない場合 重曹は細かい粒子ですので研磨剤の役割をします。 汚れに直接つけてスポンジなどで優しくこすりましょう。 日常のお手入れに適した使い方 トイレのタンク内に重曹を適量入れて、漬け置きします。 そうすることで、タンク内のぬめりやカビの発生を防ぐことが出来ます。 そして、その水を排水することで便器にも同じ効果が期待できます。 重曹を入れるタイミングは就寝前がおススメです。 簡単な使い方で様々な効果を期待できる重曹にはこちらの様な商品があります。 1キロ入って560円ほどととてもリーズナブルです。 計量スプーンつきなので目安にも困りません。 一度に使い切るものではないので、保存に便利なチャックつきのものを選ぶと良いです。 値段も決して高くなく、様々な用途に簡単に使える重曹はとても便利ですよね。 さて、ここまでは重曹を使った簡単なトイレのタンク内の掃除の方法をお伝えしてきました。 ですがトイレタンクのフタを掃除する時は、重曹ととても相性が良く、さらなる効果を発揮できるものがあることをご存知ですか? そこで次は、重曹との相性抜群!クエン酸の使い方をお伝えしていきます。 トイレのタンク掃除を重曹とクエン酸で行う方法 クエン酸は、酸性である柑橘類や梅干しなどに含まれる、自然由来の体に害を及ぼさない安全な物質です。 重曹と同じく、薬局などで購入することが出来ます。 酸っぱいものというと酢を思い浮かびますが、クエン酸には酢のようなツンとした刺激臭がありません。 このクエン酸がトイレタンクのフタの掃除に適しているその理由は、その性質にあります。 実は、クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れ、主に黄ばみや水垢などに有効なのです。 加えて雑菌の繁殖を防ぎ、アルカリ性のアンモニア臭を酸性のクエン酸が消してくれます。 それではクエン酸を使ったトイレタンクのフタの掃除方法をお伝えします。 【用意するもの】• クエン酸• スプレーボトル• マスク• スポンジ ステップ1・クエン酸水を作ります 1度に使い切れる量を作ります。 スプレーボトルに入れて使用します。 ステップ2・トイレタンクのフタや蛇口の水垢にクエン酸水を噴射する そうすることで水垢を落とすことができます。 スポンジで優しくこすってください。 汚れが頑固な場合はクエン酸水を汚れに噴射し、トイレットペーパーでパックをします。 ステップ3・それでも落ちない、そんな時は重曹と一緒に使用する 汚れに重曹を直接ふりかけ、クエン酸水をそこに噴射します。 重曹とクエン酸が反応することで発泡して、泡が汚れを浮かせてくれます。 取扱いにはご注意ください。 強い酸性なので樹脂製のタンク内の装置を傷つける恐れがあります。 クエン酸にはこちらのような商品があります。 【暮らしのクエン酸】 330グラムのこちらのクエン酸は保存に便利なチャック付きです。 さて最後は、頑固な汚れもこれ1つで一掃してくれるオキシクリーンについて。 その特性と掃除方法についてご紹介します。 トイレのタンク掃除をオキシクリーンで行う方法 オキシクリーンとは、アメリカ発の酸素系漂白剤です。 台所やお風呂場など、様々な場所の掃除に活躍するこの万能クリーナーは、トイレのタンクの掃除にも大活躍してくれます。 塩素系の漂白剤のような刺激臭もないので、掃除の際の臭いによる不快感もありません。 【オキシクリーン】 コストコやアマゾンなどで購入できるオキシクリーンは、アメリカ版と日本版があります。 アメリカ版は泡立ちが良いのが特徴で、トイレのタンク掃除にはこちらの使用をおススメします。 オキシクリーンはトイレのタンクだけでなく、トイレ内の様々な場所を掃除する事が可能です。 オキシクリーンを使ったトイレの掃除方法については、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、参考までにご覧ください。 オキシクリーンの使い方 オキシクリーンはしっかり溶かして使用しましょう。 40~60度ほどのお湯で溶かすのが良いです。 そうすることでより効果が期待できます。 たくさん作っておけば・・・と思うものの、オキシクリーンの効力は6時間ほど。 なので作り置きはできません。 そこで、作った溶剤はすぐに使用しましょう。 オキシクリーンを使ったトイレのタンク掃除の方法• タンクの止水栓を閉める。 タンク内の水を排水させる。 オキシクリーン溶剤をタンクの中に流し込み2時間ほど漬け込む。 時間が経ったら汚れをブラシ等でこすり落としましょう。 溶剤を排水させて止水栓を元に戻し、汚れがタンク内からなくなるまで水を流します。 以上です。 とても簡単ですね。 たったこれだけの手間で驚くほど汚れが落ちるので、ぜひ試してみてくださいね。

次の

オキシクリーンでお風呂をまるごと掃除!待つだけで汚れがごっそり!

トイレ 掃除 オキシ クリーン

オキシクリーンには、 「油分の分解」「漂白」「除菌」の3つのはたらきがありますが、お風呂で使うと次のような汚れに効果を発揮します。 湯垢の分解 オキシクリーンは弱アルカリ性の性質をもち、反対の 酸性の汚れを分解するのが得意。 酸性汚れの特徴は「油」を含むことで、お風呂だと「湯垢」は皮脂など油分が主成分の汚れなので簡単に分解してくれます。 黒ずみの漂白 オキシクリーンは酸素の泡を発生させ、 黒ずみを漂白して分解する力をもちます。 使い込んで黒ずんできたタイル床などを新品のような輝きに戻してくれますよ。 カビや雑菌の除菌 お風呂の気になる汚れといえば「赤カビ」や「黒カビ」ですね。 オキシクリーンは アルカリパワーと酸素の漂白力の相乗効果で、除菌効果も持っています。 雑菌が繁殖した黒カビやピンク色のヌルヌル汚れならスッキリ除菌し、分解してくれますよ。 オキシクリーンでお風呂の何を掃除できる? オキシクリーンは 「湯垢や雑菌で汚れる場所全般」の掃除に使えるので、次のようにお風呂のなかのものはほぼすべて掃除できます。 とくにほとんど掃除しない風呂釜(追いだきの穴)などは湯垢が蓄積してドロドロに。 オキシクリーンを使えば手間をかけずにキレイにできますよ。 酸素の泡が汚れを浮かしながら漂白し、スルッと流しやすくしてくれます。 混ざりあった汚れも簡単に分解してくれますよ。

次の

オキシクリーンでトイレつまりを直す|酸素系漂白剤の正しい使い方

トイレ 掃除 オキシ クリーン

オキシクリーンとは衣類のシミや黄ばみを落とし、漂白や除菌、さらには漂白まで効果のあるアメリカ生まれの酸素系漂白剤です。 最近はテレビなどでも紹介されて大変人気があり、 普段の洗濯ではなかなか落ちにくい汚れにまで効果があると評判の良い漂白剤です。 衣類だけではなく、キッチンやお風呂場、トイレや洗面所でもその効果を発揮します。 また、シンク回りなどでは油汚れやカビなども簡単にきれいにすることができます。 主な成分は、過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 と炭酸ナトリウム 洗浄補助剤 で作られています。 日本で販売されているオキシクリーンとアメリカで販売されているオキシクリーンには成分上の違いがあります。 日本で販売されているものは界面活性剤が入っていないため環境にやさしいのが特徴です。 日本でもアメリカ版のオキシクリーンが手に入りますので、汚れ具合によって使い分けるのが良いでしょう。 オキシクリーンは酸素系漂白剤のため、塩素系の漂白剤などに比べると安全性は高いですが、 素手で触れると場合によっては肌荒れなどの症状を起こす可能性があります。 そのような状態にならないためにも清掃用のゴム手袋などの準備が必要です。 また、タオルをオキシ漬けする場合には洗濯したいタオルが全て収まる程度の入れ物が必要です。 あまりにも量が多い場合はバスタブを使用することをおすすめします。 しかしそれほど量が多くないという場合にはシンクや桶などを使用することが可能です。 しかしその際に注意しなくてはいけないのが オキシクリーンは水に溶けるとアルカリ性になります。 そのため アルカリ性に弱い素材のものは使用しないようにしましょう。 アルミ製品や木製の桶などはオキシクリーン溶液に長く接していると表面のコーティングがはがれてしまったり、木製の場合にはシミなどになって落ちなくなる場合があるため注意が必要です。 オキシクリーンの最適量はお湯4Lに対して約30gとなります。 アメリカ版のオキシクリーンと日本版では付属のスプーンの分量に違いがあるので注意が必要です。 アメリカ版のオキシクリーンの付属スプーンを使用する場合は半分程度の量が約30gとなります。 日本で販売されているオキシクリーンの付属スプーンではちょうど1杯分が約30gとなります。 通常サイズのシンク一杯にお湯を入れた場合は40~50Lになりますので、日本版オキシクリーンの場合10杯から13杯程度が適量となります。 オキシクリーンの分量は汚れの度合いで調節をすることが可能です。 油汚れなどが付着してしまっている場合には少し多めの分量を入れてオキシ漬けをすると良いでしょう。 長年使用し続けたタオルは何度洗濯をしてもイヤな臭いが取れにくいということは誰もに経験があるでしょう。 しかし、その臭いや黄ばみの原因は毎日身体を拭くことで体の皮脂や汚れなどが少しずつタオルに移り、それが長い年月をかけてタオルにしつこく絡みつくことで起こります。 基本的には上述したステップ通りに行えばタオルの黄ばみや臭いもしっかりと取ることが可能です。 しかし、オキシ溶液の濃さやタオルに付着した汚れの度合いによっては上記の5ステップだけでは不十分である場合もあります。 そのような場合には一度 オキシ漬けを行った後、流水で良くすすぎ洗いを行いましょう。 そして タオルを絞ったときに流れ出る水の色が透明になるまで何度もすすぎ洗いを繰り返すと、取れにくい黄ばみや臭いの元をすすぎ落とすことができます。 バスタオルにカビが生えるというのは日常的に起こることではありませんが、条件がそろえば起こる可能性があります。 例えば、タオルを濡れたまま洗濯機に長期間放置してしまったり、湿気が多いお風呂場などに長期間放置したりなどです。 買ったばかりであったりお気に入りのバスタオルである場合には大変困りますよね。 しかしこのような カビもオキシ漬けを十分な時間行うことでしっかりと落とすことができます。 もし カビの量が多い場合にはオキシクリーンの分量を増やすことでより高い効果を期待することができるでしょう。 オキシ漬けだけでは全てのカビを落としきれないという場合には、洗濯機で洗濯する際にさらにオキシクリーンを通常の洗剤などに混ぜて洗濯することで、落としきれなかった分のカビも洗濯機の回転力で落としきることができます。

次の