ワンピース ナレッジ キング。 Looking back on memories of Tokyo One Piece Tower in 2019! (Part 2)

【『ワンピース』ナレッジキング決定戦】初の世界共通『ワンピース』クイズ!!

ワンピース ナレッジ キング

(ONE PIECE925話 尾田栄一郎/集英社) そこで今回ドル漫では 大看板の一人である「火災のキング」について徹底的に考察してみたいと思います。 果たして、キングは一体どんな悪魔の実を持つのか?何故、背中から炎がメラメラと燃えているのか?そして、最後にキングを倒すのは「アイツ」だった? 火災のキングとは百獣海賊団幹部 まずは「火災のキング」の正体をおさらい。 キングとは百獣海賊団メンバー。 「 大看板(災害)」と呼ばれる3名しかいない幹部。 ワノ国過去編を読む限り、キングは百獣海賊団結成当時から無類の強さを誇っていた模様。 キングはまさにカイドウの直属の部下と表現していいか。 異名は「火災のキング」。 この言葉を象徴するように、キングは何故から背中から常に炎が出ているのが特徴。 キングは炎の熱で火傷しないのか気になるところですが、見た目も全身黒ずくめ。 黒い羽も特徴的。 武器は腰に携えてる大刀。 武装色の覇気で黒色化されてるのか。 しかも、キングは同じく大看板のを子供扱いするなど、どうやら 実力的に百獣海賊団の中では最強クラスの模様。 既にジャックは10億ベリー、クイーンの懸賞金が13億2000万ベリーと判明してることから、キングの懸賞金は最低でもルフィの15億クラスに匹敵するか。 ちなみに【最新版】ワンピース懸賞金ランキングも参照。 百獣海賊団のキャラ名はカードゲームの「トランプの札」に由来してる。 キングの場合は、一番大きい13の数字を意味する。 もちろん最近はナンバーズと呼ばれる巨人族っぽいメンバーも登場しており、キングの強さがNo. 2と評価できるか若干微妙ですが。 そしてクイーン曰く、 キングの性格は「拷問好き」とのこと。 真っ黒の大量のビス付きの服装は、いかにもサディスティックな雰囲気が漂います。 とはいえ今後『ワンピース』内であまりにグロテスクな表現が描かれることはないでしょう。 【リュウリュウの実】キングの悪魔の実は「プテラノドン」 続いては「悪魔の実」を考察。 (ONE PIECE930話 尾田栄一郎/集英社) 結論から書くと、キングの 悪魔の実は「リュウリュウの実」の古代種・プテラノドンでした。 キングは百獣海賊団だけあって、やはりの能力者でした。 背中の羽も悪魔の実の能力と関係してるかは不明ですが、なんとなく予見していた模様。 だから、キングの悪魔の実は「火災」という異名とは直接全く関係ありませんでした。 プテラノドンは龍のように炎を吐かないため、キングの背中の炎は悪魔の実の能力とは別物と考察できそう。 逆に言うと、キングの炎は普段から燃えてる模様。 ただし、動物系ゾオンの「肉食系ほど強くなる」という法則で考えると、プテラノドンは意外と微妙。 最近になって海軍の機密特殊部隊と判明した部下のの方が明らかに強そう。 プテラノドンは魚を食べるものの肉食系度合いは弱いか。 それでものように飛空能力を持つことに加えて、プテラノドンに変身したキングはなかなかにして巨大サイズ。 実際、 を戦艦ごと空中で蹴り落としたほどの強さを見せてる。 とはいえ、 「ドラゴンのカイドウをサポートする役目」の方が強そう。 ちなみに動物ゾオン系古代種の能力者一覧は別記事もご参照ください。 恐竜と翼竜は別種族にも関わらず、同じリュウリュウの実にカテゴライズされてることに重大な意味が隠されていた?そもそもリュウリュウの名前は龍のカイドウにこそ相応しいはずでは? キングの体は何故「炎」が燃えているのか? 続いては「謎の炎の正体」について考察していこうと思います。 ケツロンから書くと、キングの 炎の正体は「SMILE(人造悪魔の実)」の副作用説がネット上では指摘されてます。 リュウリュウの実とは別に「炎関連のSMILE」を食べた結果、炎の能力が問答無用で顕在化されてしまってるという考察。 悪魔の実やSMILEの詳細は別途記事もご参照ください。 個人的にそこそこ面白いと思った考察ですが、やはり複数の悪魔の実を食べるキャラクターは「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)」だけ。 まだ黒ひげの正体もはっきりと判明してない以上、さすがに悪魔の実複数持ちのキャラを乱発してくるとは思えない。 また人造悪魔の実(SMILE)の種類は「動物系ゾオンのみ」に限られます。 要するに超などのSMILEは存在しない。 も自然系ロギアなどの人造悪魔の実の製造を試みたものの失敗に終わってる。 そのため炎と悪魔の実に関連性はない。 ただし、オリジナルの能力者がSMILEを新たに食べた場合、どう変化するのかは興味深いところ。 例えば、メラメラの実のがキリンのSMILEを食べたら首だけ長く変化するのか?さすがにSMILEの供給源が絶たれてる現状、あまり深掘りする意味はなさそうですが。 疫災のクイーンが「細菌類」の攻撃を得意としていたように、キングも「火器類」の攻撃を得意としていても不自然ではない。 要するに キングの背中には「火炎放射器」のような武器を隠している可能性が考えられそう。 それが結果的にメラメラと炎が燃えてる。 やはり現在のワノ国はに支配された結果、「武器製造と密輸」で暴利を貪るような国家に成り下がってしまった。 日本の時事問題も含めて考えると、キング以外にも他の百獣海賊団たちも「今後兵器を使用してくる可能性」は当然考えられます。 既にサンジはの特殊な武器を使用してと同じ能力を得るなど、早くも兵器同士のガチンコ勝負をワノ国編では匂わせている。 キングの悪魔の実がプテラノドンだったことも、もし火器類で攻撃力を補っていると仮定すればいろいろ合点がいく。 ただし、火災の異名が火器類を意味するとしても、キングが常に炎を出し続けるメリットや意味がない。 仮に キングが兵器類を今後使用してくるとしても背中の炎とは直接関係ないと考えるのが自然か。 キングの種族は「炎人間」だった? 続いては「キングの種族」を考察。 やはり炎の存在を考えると、どうやらキングは普通の人間ではなさそう。 キングが常に炎を出し続けるメリットや意味がない。 おそらく何故か燃えっぱなしの肉体も意味のない演出ではなく、炎もキングの正体を紐解く上で重要な要素と言えそう。 (ONE PIECE951話 尾田栄一郎/集英社) 実際、ワノ国に乗り込んできたビッグマム(シャーロット・リンリン)も「 俺の国にいねぇ種族は3種いる。 お前は生きてる」とキングをリクルートしようと試みてる。 ビッグマムのWCIにいない種族は巨人族、歴史の彼方に消えた種族、残りがキングの種族。 「キングも同様に未だかつてワンピースで登場してない特殊な人種とすれば?」とドル漫では予想してたので遠からず当たったカタチ。 じゃあ、キングの種族は一体何なのか? 結論から書くと、キングの種族は「炎人間」。 さながらドラクエに登場する炎の戦士。 キングは通常時から常に体温が高温で、しかも全身から油のような汗が出続けていると仮定すれば、炎がそれに引火してメラメラと燃え上がっていたとしても不思議ではない。 特徴的な見た目から発想を広げるなら、キングの肉体はさしずめロウソク人間。 全身黒ずくめの服装もキングから自然と沸き上がる炎を抑えるための「耐火性の服(ワノ国特製)」を着用しているのではないか?常に体表面から炎が出続けると、他の人間とまともに接触できないですから。 例えばのマルコの悪魔の実はの「フェニックス(不死鳥)」でしたが、キングはこの人間バージョンがいたとしても不思議ではない。 キングの種族は「空島の住民」か? 一方、キングのもう一つの身体的な特徴は「黒い羽」。 翼と表現した方が適切な気もしますが、これも衣装のデザインではなくキングの背中から直接生えたものだと考察できそう。 そこから種族や正体は読み取れないのか? (ONE PIECE31巻 尾田栄一郎/集英社) そこで次に考えられる説が元「空島の住民説」。 画像はシャンドラの戦士・カルガラですが、空島の住民は何故かことごとく背中に白い羽が生えていた。 現状だと羽が生えてる人間タイプの種族は空島の住民たちぐらいしか思いつかない。 もちろんキングの黒い羽とは色合いが全く違いますが、アルビノの逆バージョンのような特殊体質として生まれて空島で迫害され、地上に逃れ着いた展開なども予想できそう。 さながらブラック・スワン。 そこをカイドウに拾われたのか。 実際、シャンドラの戦士たちが「青海に辿り着いた空島出身者」であることは自明。 そして、400年前にノックアップストリームで空島に再び戻ってヴァースを巡って紛争が続いた。 逆に考えると、空島出身者の大量移住はそれ以降はまず起きてない。 ただのもキングと同様に特殊な種族という扱いになるため微妙ですが、もし既に出た情報やキャラだけで判断すると可能性はめちゃくちゃ低いってほどでもないか。 キングの炎にそもそも意味がない説 他にも色んな可能性を考察しておくと、『NARUTO』のサスケの天照のような攻撃を背中に受けて未だに炎が消えてないパターンも考えられるか。 ジャンプ系漫画でもずっと燃え続ける主人公などもいましたが、どうやっても消えない炎攻撃をキングは昔浴びた? (ONE PIECE87巻 尾田栄一郎/集英社) ただし、既にのルフィがにおいて炎をまとった攻撃をいとも簡単に繰り出してるサンジも摩擦熱で燃え上がるキックを繰り出すなど、 『ワンピース』内では炎を出す現象は散見される。 ワノ国でも燃えてる動物もいましたが、炎が出ることは別に珍しくはない。 そのためキングの背中の炎も「特に意味がない」というあっけないオチで終わる可能性もありそうです。 さすがに「火災のキング」という異名を使ってる以上、何かしら大きな意味はありそうですがあまり過大な期待は禁物かも知れない。 キングとマゼランの関係性は? 続いては「マゼランとの関係性」を考察。 前述のように、キングの見た目はかなり特徴的。 全身トゲトゲの衣装で黒ずくめ。 しかも、何故か背中から謎の炎が出てる。 とりわけキングの背中から羽が生えているのも印象的でした。 キングの正体を炎人間と見ておりますが、他にもキングと「とある人物」と関連付ける考察もあります。 (ONE PIECE56巻 尾田栄一郎/集英社) 結論から書くと、 キングの正体は「との兄弟説」というもの。 実際、マゼランの背中には翼らしきものが生えておりました。 全身黒ずくめの服装もキングとそっくり。 頭の2本の巨大な角も、キングのトゲトゲ頭をなんとなく彷彿とさせます。 またマゼランの年齢は47歳。 カイドウが20年以上前からずっとワノ国を裏で支配してる事実も踏まえると、キングの年齢もそこそこオッサンのはず。 仮にキングと兄弟だったと仮定すると、海賊と海賊を取り締まる監獄署長という全く相反する道に分かれたのも何か運命的。 ただし、結論から書くと「 キングとマゼランは血が繋がった兄弟ではない」とドル漫では考察します。 何故なら、マゼランは子供の頃に羽は生えてないから。 マゼランは成長するに連れて翼が生えた可能性もありますが、それでもキングの翼のように「羽根」は確認できません。 おそらく マゼランの翼は「衣装の一部」の可能性が高そう。 下手したら2本の角も飾りか。 ましてや四皇最強の海賊団の中でもキングは「ナンバー2」。 その血縁者を監獄署長に留め置く人事を海軍もしないでしょう。 もちろんであり、ルフィやの生みの親であるを考えると根拠として完璧ではないですが、キングとの関連性を疑うのは少し無理があるか。 キングを倒すのは誰? じゃあ、このキングを倒すのは一体誰なのか? 結論から書くと、炎を扱うキングと戦う可能性があるキャラクターは「2名」ほど考えられそう。 (ONE PIECE65巻 尾田栄一郎/集英社) まず最初の候補は 麦わらの一味の「ブルック」。 超人系パラミシア悪魔の実の「ヨミヨミの実」の能力者。 ドル漫ではにも選出したことがありますが、ヨミヨミの実はいつの間にか「黄泉の世界の冷気」を使った攻撃が使用できるように進化。 キングが炎系の攻撃を繰り出した場合、このヨミヨミの実の冷気で相殺 or 封じ込めることが可能かも知れない。 そして、ブルックは浮遊霊化できるため、キングの飛空能力にも対応できる。 そういった諸条件を考えると、まさに 「キング vs ソウルキング」の戦いが勃発する展開は十分有り得える。 少なくとも、ブルックはいずれ対黒ひげ戦でも大いに活躍しそう。 これまでの過去の因縁も考えると、やはりが最終的にキングを倒した方が盛り上がるはず。 そこで思い出される最適キャラが「あの侍」です。 (ONE PIECE68巻 尾田栄一郎/集英社) その侍とはのリーダーでもあった 「錦えもん」。 錦えもんはフクフクの実というやはり最弱の悪魔の実の能力者ですが、錦えもんは狐火流という「炎を切り裂く剣術」の使い手。 実際キングがどこまで炎を武器にしてくるか不明ですが、この狐火流で打倒する展開が予想されます。 当初はカイドウの炎を切り裂く展開を予想したんですが、そこまで行くと錦えもんはさすがに活躍しすぎ。 でもキング程度であれば「ちょうどいい敵」ではないか。 もし 錦えもんがキングと対峙する場合、ドラゴン化したの背中に乗って戦う展開などが予想されます。 それならの敵討ちという目的もしっかり果たせるはず。 錦えもんはバトルシーンが未だに少なく実力不足な予感もしますが、伝説の一時間での立ち回りを見る限りは問題なさそう。 その時の「因縁を晴らす」という意味でも「キングvs錦えもんの展開」は考えられそう。

次の

【ONE PIECE 981話】ナレキンメンバーでジャンプ最新話LIVE!【ワンピース】

ワンピース ナレッジ キング

今日のジャンプフェスタのワンピーススーパーステージの余韻を胸に、今年も残りわずかのワーキングデイを乗り切る決意を固めたゾリラバです、こんばんは。 ジャンフェス会場の外に出たら冷たい雨が降っていたことも、これから2時間近くかけて家まで帰らなくてはならないことも、明日朝イチで面倒な会議があることも、とりあえず気にならないくらい、今年も楽しいジャンプフェスタでしたわ。 記憶も新しいうちに、海浜幕張駅のカフェで雨宿りしながら、記事をアップしたいと思います。 今日のワンピーススーパーステージでルフィ役の田中真弓さんが「海馬の萎縮」を話題にしていましたが、ゾリラバも記憶力の減衰が気になるお年頃なので。 そのスーパーステージの内容や尾田っちからのメッセージについても語りたいのですが、まず今夜は、ジャンプフェスタ2020展示場で行われたの上位10名による頂上戦争に関するレポからお届けします。 Contents• 小ステージでの開催 ナレッジキング頂上戦争、期待を裏切らない難易度の高さでした! この頂上決戦、スーパーステージではなく、展示場内にいくつもある小ステージで行われたのですが、30分前に行ったら既に大勢のオーディエンスが集まっていました。 出場者の中には有名なYouTuberの方もいたりしたせいか、小ステージとは思えない観客数と盛り上がりに、次回はもっと大きなステージで実施されるだろうと確信しましたね、ゾリラバは。 スーパーステージとまではいかなくても、着席して観られる中規模のステージもいくつかあったので、そこでやってくれると嬉しいかも。 超難問の数々 出題された問題は、さすがに頂上戦争だけあって、超々難問ぞろい。 第300話や第400話といった切り番のサブタイトルをできるだけ書け、とかロビンがアラバスタでクロコダイルにポーネグリフを読み上げた内容とか、 うっわー、無理。 しかしさすがはナレッジキングを狙う猛者達ですね。 「天歴306年」に「エルマルにタフ大聖堂完成」とか完璧に答えられる人がいることが驚きです。 まだまだ世界の頂点は遠いわー。 ぢゃってまあまあの成績じゃん? とほくそえんだゾリラバですが、次の目標はあくまであのステージ! またナイキンさんは、司会者の「第2回 のナレッジキング決定戦 はありますか?」という質問に「ひみつ。 」と答えていましたが、これは近いうちに第2回が「ある」とみたね、うん。 羨ましすぐる優勝賞品 今回の優勝者には、「黄金のルフィ像」が贈られるほか、尾田っちから「好きなキャラの原画」を書いてもらえるというご褒美があって、ホントにこれは家宝ですねー。

次の

マニア5人でワンピキャラドラフトやったら大熱戦だった…!w第三回ONE PIECE船員ドラフト会議!!ワンピース

ワンピース ナレッジ キング

ワンピースの知識と愛を測る頂上戦争、開幕! が行われました!• 試験日程:10月6日 日 13:00〜• 事前登録:8月2日 金 11:00〜10月5日 土 17:00• 参加費:無料• 試験概要:1問1点で通常問題100問。 試験時間1時間。 この日に向けて 東京ワンピースタワーでは勉強会を開催し、 Cafe Mugiwaraで猛勉強なさった方々もいらっしゃったとか… 出題されたジャンルは次の通り。 キャラクター• ストーリー• 性格:好奇心旺盛でフットワークが軽い• 好きなアニメ:ワンピース• 趣味:テーマパークへの旅行、日帰り温泉巡り、健康に良いこと 最近の投稿• 2020-06-25• 2020-06-23• 2020-06-22• 2020-06-21• 2020-06-20• 2020-06-19• 2020-06-18• 2020-06-17• 2020-06-16• 2020-06-15• 2020-06-14• 2020-06-13• 2020-06-10• 2020-06-08• 2020-06-07• 2020-06-04• 2020-06-03• 2020-06-02• 2020-06-01• 2020-05-31 カレンダー 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 5 6 9 11 12 24 26 27 28 29 30 アーカイブ• 13 カテゴリー• 13 人気記事•

次の