商社 仕事 内容。 商社営業の仕事内容・平均年収・向いている人|メーカー営業との違い

商社とは何をやっている会社なのか!商社の仕事内容を具体的に解説

商社 仕事 内容

「総合商社のビジネスモデルを理解しずらい!」という人へ 総合商社のビジネスモデルって本当に理解しずらいですよね。。 総合商社で働いて商社のビジネスモデルを理解したので、わかりやすくイラストと例を交えて解説していきます。 総合商社はとんでもなく利益を上げている。 高年収で今でも就職、転職で大人気! 今でも尚就職市場、転職市場で根強い人気を誇る総合商社。 その理由はズバリ、 利益をべらぼーに上げており、高い給料を払う会社だからです。 大手商社7社の2019年3月期連結決算(純利益) そんな超優良業界である総合商社は一体全体どのようにして多額の利益を生み出しているのでしょうか? 大きく分けて総合商社のビジネスモデルは「トレーディング」と「事業投資」の2つ! 総合商社の主な収益源は 「トレーディング」と「事業投資」です。 おそらく、みなさんはこれは聞いたことあるかと思います。 トレーディング(Trading とは、その名の通り輸出入業のことです。 海外と日本、3国間の貿易により収益を上げています。 そして、 事業投資とは、事業または会社に出資(お金を出す)して収益をあげることです。 「そんなこと知ってるわ!」と思っている方。 もう少々お付き合いくださいませ汗 それでは、具体的にそれぞれどのようにビジネスを展開し、収益を上げているのかをイラストを交えて解説していきます。 5分でわかる総合商社のビジネスモデル 【イラスト付き】 商社のビジネスモデルを理解する上でポイントとなるのが、 「商材と地域範囲の広さ」と「機能の広さ」です。 ビジネスのある所には世界中どこでも商売をやっているのが総合商社です。 では、現代における総合商社のビジネスモデルのパターンを見ていきましょう。 私が商社時代に学んだ ビジネスモデルは以下4つです。 ・商社が買いたい人(売りたい)と繋げてくれる ・面倒な輸出入をしなくてもいい ・商社はいっぱい輸出入しているから物流コストが安い ・自国の通貨で商社が買ってくれるから為替リスクを負わなくていい ここでの商社の最大価値は販路を提供してあげることですね。 かなり情報網を張っていないと出来ないことですね。。 流通は先程と変わらず、売りたい人と買いたい人の中間に入っています。 ただ、子会社を通して付加価値を提供して買い手に販売している点がレベルアップ要素です。 売り手と買い手のニーズに合わせて、付加価値を提供できる子会社を興し、 その新しい子会社としても収益を上げるという仕組みです。 その際に総合商社は、自ら人を送り事業経営します。 90年代に入ると取引先メーカーが社内で仲介業者機能を持ち始め、商社を外し、「商社不要論」というものが流行りました。 これは話逸れすぎちゃうのでまたの機会に解説しますね。 ということで、7大総合商社において、この事業投資は 現在の収益の柱となっています。 事業投資はその名の通り、会社や事業に出資(株式を取得)して稼ぐ事業です。 具体的には事業投資のみで以下の方法で収益を上げています。 配当金 投資先が儲かれば分配される株主配当金 キャピタルゲイン 株式の売却益。 (安く株を買って、高く売る。 いわゆる投資家がやっていること) 取込利益 「出資先の利益を一部自分の利益としてカウントしていいよ」という会計ルール。 連結決算に利益が反映される。 出資比率によって決まる。 このような稼ぎ方をしている代表的な事業会社は「ソフトバンク」です。 ありとあらゆる分野、業界に資金を投入し、芽が出たら刈り取るといういわゆる投資事業です。 ただ、総合商社のビジネス領域はこれだけではありません。 これは私が商社時代にメインで従事していたことです。 例えば、原料メーカーに出資し、その条件の一つとして、商流に入れてもらい中間マージンも獲得するという方法です。 このビジネスモデルでの特徴は、 あくまでもトレーディングが主体のため出資額、株式保有率を少ない「マイナー出資」が多いです。 また、 トレーディングでの儲けが目的の場合、既に動いている(動く予定の)事業に対して事業投資が行われます。 これが俗に言う「 川上から川下まで」という総合商社のビジネスそのものです。 上述の3つのビジネスモデルを掛け合わせたモデルです。 このモデルは、1つの商品を作るのに、その製造~販売過程まで全ての事業ごとに投資して一つの 「バリューチェーン」を構築するといったものです。 わかりやすい例を挙げると、伊藤忠商事や三菱商事が出資しているファミマやローソンがこのモデルです。 コンビニで販売されるまでに、グループのメーカーや加工会社、物流会社を活用しています。 これこそが 総合商社が利益の最大化を図る現代の最強のビジネスモデルなのです! バリューチェーン構築モデルが出来るまで.

次の

総合商社の仕事内容を紹介!「商社マン」って何しているの?

商社 仕事 内容

(1)商社ってどんな業界? 総合商社は、幅広い産業分野で、原料や加工品、サービスなどあらゆる商材を扱って、売りたい相手と買いたい相手を結び付け、取引の仲介をする。 また、事業や商材を売り出すために、販売チャネルの開拓や新たな物流ネットワークづくりを行い、金融・保険機能を果たし、国際的なプロジェクトも手がける。 例えば電力や交通などのインフラ事業やそれに関連する取引を手がけるのも総合商社の仕事だ。 総合商社のほかには、医療・医薬、鉄鋼、食品など特定の分野に絞って取引を手がける「専門商社」がある。 (2)商社の仕組み 総合商社の特徴は、情報収集力によるマーケット分析やリスクマネジメント、豊富な資金力によるビジネスサポート、グローバルな物流網や販路の構築などにある。 こうした強みを生かして、総合商社の収益の柱となっているのが「トレーディング」と「事業投資」だ。 トレーディングは、原料や商品、サービスなどの商材を扱って手数料を得る商社の伝統的なビジネス。 小麦の買い付けから航空機の売買やリース・ファイナンスまで、あらゆるジャンルを扱う。 もう1つの柱として伸びているのが事業投資だ。 豊富な情報と資金力、経営ノウハウなどを投入して有望な事業に投資し、配当などの形で利益を得る。 例えば、石油やガス探鉱開発事業もその一つだ。 海外でのコンビニエンスストア事業など、生活産業分野での事業投資に力を入れているところもある。 最近では、再生可能エネルギーの事業においても、総合商社の存在感は増している。 事業投資では、各企業が長い年月をかけて築き上げてきたノウハウや情報網、取引先ネットワーク等を活用して、事業のバリューチェーン(原料の生産・調達から製造、流通、販売までの一連の流れ)を強化することで、より大きな利益を上げようとする取り組みが活発化している。 食品事業を例にとると、「1. 原料となる農産物を生産」、「2. 製粉・搾油などの一次加工」、「3. 加工食品や飲料を製造する二次加工」、「4. 商品の物流」、「5. 小売店や外食店での販売」といった流れが存在している。 総合商社は、各ステップにおいて、実力や実績のある取引先に協力を要請したり、過去の類似事業の経験を活用して効率的に課題解決やコスト削減に取り組んだり出来るので、バリューチェーン全体の強化を効果的に進めることが可能だ。 専門商社は、その名の通り、扱う商材や分野が専門ジャンルに特化している。 主に3つのタイプがあり、大手メーカーと関係の深い企業、総合商社と関係の深い企業、そして特定の企業と深い関係はないが、特定の商材に強い企業がある。 専門商社の多くは、トレーディング事業が中心で、その商取引は国内市場に依存する比率が高い。 しかし近年はメーカーが自社で原料や製品の調達・売買を手がけるなど、商社を経由せずに直接取引が行われるケースもある。 そこで、収益の柱をトレーディング以外の分野で模索している企業もある。 例えば、医薬品を扱う専門商社が調剤薬局の運営に乗り出したり、燃料を扱う専門商社が家庭向けの電力小売事業に参入したりするなど、より消費者に近い分野に進出する動きが目立ってきている。 反対に、メーカーや海外企業と提携するなどして生産工場を保有し、モノづくりに乗り出す動きもある。 総合商社は知名度が高く、学生からの人気も高い。 一方、専門商社の中には、その分野で圧倒的な存在感を発揮しているなど、隠れた優良企業もある。 (3)商社の動き 事業ポートフォリオの組み替え 総合商社は、さまざまな産業の中で時流をとらえ、事業のライフサイクルを見据えて「事業ポートフォリオ」(自社が手がけている事業の一覧)を見直し、有望な分野に軸足を移しながら成長してきた。 ここ数年では、これまで大きな収益を上げていた資源ビジネスが世界的に沈静化してきたことを受け、食品や医薬品ビジネスに力を入れるなど変化に柔軟に対応し、事業ポートフォリオを組み替えようとする動きもある。 専門商社の海外進出 国内市場は人口減少によって今後大きな成長は望みにくい。 そこで、これまで主に国内で収益を上げていた専門商社の中にも、海外進出によって売り上げ拡大を目指すところが増えている。 例えば、医薬品の専門商社が外国で病院の経営管理を支援するなどがある。 (4)どんな職種がある? 営業 他業種の営業職のように自社の製品・サービスを売ることに加えて、企画力や事業を作る力などが求められる。 持ち前の情報網を生かして複数の企業の事業と事業をつなぎ、ネットワークを構築するところから関わることもある。 営業事務・貿易事務 営業担当者を助け、電話応対や書類整理などを担当する。 商社の場合、外国語での対応が求められるケースも多い。 ほかに、原料や製品を輸出入する際、税関を通す業務(通関)に必要な手続きを担当する貿易事務もある。 事業企画 どのような事業を立ち上げ、どの企業に投資をしていくか企画・立案し、事業計画を立てる。 ときには取引先企業の経営方針立案などにも携わるなどして、企業の経営を支援することもある。

次の

日本一わかりやすい総合商社のビジネスモデル【図解付き】

商社 仕事 内容

商社というと、「世界中と取引をやっていてかっこいい!」とか、「億単位のお金を動かすような大きな仕事でかっこいい!」といった漠然としたイメージしか持てていない人も多いと思います。 しかし実際には商社と一口に言っても、企業ごとに看板としている分野は異なり、主として取引しているしている地域も様々です。 そもそも商社と言っても 総合商社と 専門商社の2つに分けることができるのです。 総合商社は食料品など身近なものから、宇宙開発事業といった日常生活から大きくかけ離れたものなど取り扱い商品は非常に多岐に渡ります。 いわば「広く、浅く」というのが総合商社の特徴です。 一方、専門商社は特定の分野の商材に絞って取引を行うので、総合商社に比べて顧客と近くより専門性の高い商品を取引することができます。 こちらは「狭く、深く」と表現でき、総合商社では扱わないようなマニアックな商品を扱ったりできる点が特徴です。 総合商社に至っては日本に7社しかないんです。 (ちなみに7社の内訳は、 三菱商事、 伊藤忠商事、 三井物産、 丸紅、 住友商事、豊田通商、双日の7社です。 また、豊通と双日を除き太字になっている5社が 5大商社と呼ばれています。 ) 今回は、総合商社の中でも三菱商事に焦点を当てて企業研究を行なっていきます! 三菱商事ってどういう企業?事業内容は? そもそも「三菱」ってどうゆう組織? 歴史の教科書で何度も目にしたことのある「財閥」という文字。 三菱も戦前、戦後に渡って日本の経済的成長を支えてきた財閥の一つです。 特に三菱は、三井、住友と並んで三大財閥と呼ばれました。 三菱の起源は1870年で、創業者の岩崎弥太郎が海運事業を興したことから始まりました。 実際に三菱商事が総合商社として創設されたのは1954年のことで、設立以来単なる商業目的にとどまらない、開発投資型のビジネスを特徴として、世界各地に活躍の場を広げてきました。 グループ全体の純利益は 1兆6800億円、総資産にいたっては 439兆3000億円と圧倒的な数字を誇っており、これら二つの指標では三井・住友の両グループを大きく上回っています。 三菱の活躍の分野は多岐にわたり、特に代表的な三菱商事、三菱重工業、三菱東京UFJ銀行の三社は「 御三家」と呼ばれています。 三菱商事の概要!従業員数や営業利益・売上高など! 三菱商事の有価証券報告書によると、2016年3月現在 従業員数(本社単体) 6,290人 営業利益 6兆9,255億円 売上高 1,439億円 三菱商事の持つグローバルネットワークは広大で、国内外 90カ国において 200以上の拠点を持っています。 また 1200社にものぼる連結対象会社と協働しながら、世界中でビジネスを展開しています。 三菱商事の7つの事業!具体的な事業内容は? 三菱商事の活躍する分野は多岐にわたり、7つの事業グループに分けられています。 また、リチウムイオン電池の開発など限りある資源をより多くの人が最適に使えるような技術の開発・普及を行なっています。 原油や石油製品の仕入れから、ガソリンスタンドなどに提供するまで一貫したサービスを行うのがこの事業です。 また、原油だけでなく、LNG(液化天然ガス)の開発、供給にも寄与しています。 特にLNGの開発事業に関してはこれから積極的に力を入れていく分野の一つとされています。 この分野は、発展途上国の経済成長による建設ラッシュ、とそれに伴う金属需要の高まりを見込み、さらなる事業の拡大が期待されています。 またいすゞ自動車と提携し、タイをはじめとする東南アジア地域でのトラックの販売も担っています。 新興国での中間層の拡大と、それに伴う健康や美味しさへの関心の高まりを考えると、今後の収益拡大に期待が持てる分野だと考えられています。 原料の調達からコンビニエンスストアなどの小売店や飲食店での提供まで一貫して担います。 またここ最近では、ローソンや日本KFCホールディングスを傘下にしたことも記憶に新しいと思います。 総合職と一般職の違いは?採用までの流れ、求められる能力は? 就職活動分かれ道!総合職と一般職の違いは? 総合職の主な仕事は取引先との直接的なやりとりがメインとなります。 仕事量はかなり多く、転勤も国内外問わず命じられることもあるので、かなりハードな仕事である一方、かなり高額の給料が得られます。 ただ、関わる仕事の規模や動くお金が大変大きいため仕事のやりがいや達成感は、なかなか他の業界、業種では味わえないものになると思います。 一方、一般職は会社運営における事務作業といった補助的な業務が中心で、転勤等も原則的にないものとなっています。 また、総合職に比べて女性の割合が一般職ではかなり高くなっているのも特徴であると言えます。 また、総合職と比較すると給料は低いもの相手方のいない仕事が多いためプライベートが圧迫されることは少ないようです。 就活難易度最高峰の三菱商事・採用までの流れは? 三菱商事の採用までの流れは、総合職・一般職共通して、• プレエントリー• テストセンター受験・エントリーシートの提出• WEB適正アセスメントの受験・学業成績の提出• 面接による選考 といった流れになります。 また、例年の採用人数は大卒・院卒を合わせて180人程度で、そのうち総合職が150人前後、一般職は30人程度となっているようです。 総合職合格者の主な出身大学は、東京大学や京都大学一橋大学などといった国立大学、やなどの私立大学に加えて、イギリスなど海外の大学の出身者も一定数採用されていることから、かなりハイレベルの競争が予想されます。 また一般職に関しても競争倍率が高いのは同様であることに加えて、出身大学も慶應義塾大学や早稲田大学、上智大学など有名私立大学の出身者の割合が増えてきていることから、かなり狭き門であることが考えられます。 就活生に求められる能力・人物像・人材は??大学生のうちに何をすべき? 商社ということもあり、海外とのやり取りにも対応できる実践的な 英語力が期待されています。 採用段階では、TOIECなどの得点によって選考が特段有利になったりすることはない、とされていますが一つの適性として評価されることはあるようです。 具体的な目安としては、入社後の研修期間中には少なくとも TOIEC730点以上の英語力をつけられように指導をされるようなので、これを目標に学生のうちから英語を頑張っておくことは長い目で見ても大きくプラスになると思います。 総合職に就くと国内外や業種を問わずあらゆる人と関わって仕事を進めなければなりません。 そのため コミュニケーション能力も大切になります。 加えて、関わるプロジェクトはかなり大規模になることから、チームとして働く 協調性や 倫理観、事業の先を見通す 洞察力や実際に事業構想を練る アイデア力を備えた経営人材が求められています。 三菱商事の年収・勤続年数は?高収入でも激務だと離職は多いのか? 三菱商事の年収は??やっぱり高いの? 三菱商事の平均年収は 1,446万円(平均年齢42. 国税庁の発表した、平成28年9月における日本の労働者の平均年収がおよそ 420万円(平均45. 6歳)であり、年収1000万円以上の人は4. またこの数字は、総合職と一般職を合わせて算出したものなので、総合職だけで平均年収を計算するとさらに高くなります。 「会社四季報業界地図2017年度版」によると、上場企業の平均年収ランキング(40歳推定額)では、三菱商事は第9位にランクインしていることから、三菱商事の平均給料がいかに高いかが分かると思います。 三菱商事の勤続年数はどのくらい?大変そうだしやっぱり短い? ここまで見てきて分かったと思いますが、三菱商事で働くことは本当に大変です。 (笑) 給与額も高めに設定されており、携わることのできる仕事も他業界では経験できないくらいグローバルで大きな事業です。 また受けられる報酬も極めて高水準なため、平均勤続年数は 18. 5年とそれほど短くはありません。 でも一方では海外転勤のタイミングが読めず結婚やマイホームの購入などの人生設計が難しい、といった不安点もやはりあるようです。 まとめ 三菱商事の企業研究はいかがでしたか? 資源ビジネスからコンビニエンスストアまで、あらゆる形で三菱商事は私たちの生活に関わっています。 扱っている事業が幅広いため、具体的に何をやっているかイメージしにくいという人も多いと思います。 まずは、既存の事業について詳しく掘り下げて、どんな分野で活躍したいかイメージしてみると良いと思います!.

次の