ビデオ テープ デジタル 化。 【VHSをDVDにデジタル化】昔のビデオテープや8ミリをデータ化・ダビング保存する方法

USBビデオキャプチャー VHSテープや8mmビデオテープをダビングしてデジタル化 DVDに保存 ビデオキャプチャー

ビデオ テープ デジタル 化

VHSからDVDにダビングする方法はいくつかあります。 この記事では、それぞれのメリットデメリットを解説しながらやり方をご紹介します。 昔撮ったVHSビデオテープって結構かさばりますよね。 8mmビデオなら少しサイズは小さいですが、それでも数があるとやっぱり場所をとります。 ビデオからDVDにダビングしたいと思いつつも、なかなか手をつけられず、ついそのままずるずる……。 いつまでも保存できればいいのですが、収納スペースを圧迫すること以外にも、 磁気テープの劣化というやっかいな問題もあります。 想い出の映像が残っているうちに、DVDやパソコンにダビングしてデジタル化してしまいましょう。 古いビデオテープを捨てるかどうか考えるのは、まずビデオをデータ化してからです。 私が試した、おすすめのビデオダビング方法を4つご紹介します。 1,デッキで再生して録画 データ化 「再生用ビデオデッキ」と「録画用のDVD、ブルーレイレコーダー」があるなら、すぐにできる方法です。 再生用デッキ代わりに、ハンディカムのビデオカメラがあれば、こちらもやり方は同じです。 アナログビデオを再生してDVDにデータ化します。 写真は、かろうじて実家に残っていたビクターのVHSビデオデッキです。 私はこれを 再生用ビデオデッキとして使いました。 用意するもの• 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど• 録画機:DVDレコーダー、BDレコーダーなど• 映像・音声コード(赤白黄のケーブルです)• 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア 上記が用意できたら、再生用デッキと録画用デッキを接続します。 再生用デッキの「出力」に映像・音声コードの片側を挿す• 録画用デッキの「入力」にもう片方をつなぐ• 再生用デッキにテープを入れ、 録画用デッキにDVDを入れる• テープを再生し、同時に「録画」ボタンを押して録画する• 再生が終了したら、 録画用デッキを「停止」する テレビなどのモニタがある場合は、 録画用デッキからモニタに「出力」してください。 映像を確認しながら録画できます。 映像・音声コードはこんなやつです。 赤白黄のコード。 黄色が映像で、赤白が音声です。 デッキで再生する方法のメリット・デメリット 録画用のDVDレコーダーやブルーレイレコーダーは、普通にテレビ番組を録画して観る方ならお持ちだと思います。 問題は 再生用のVHSビデオデッキです。 もう持っていないというご家庭は多いと思います。 もし 再生用デッキが家にあるなら、録画機に線をつないでダビングすればいいですから、わりとカンタンです。 再生用VHSビデオデッキがない場合、レンタルか中古デッキ購入になります。 どちらもそこそこ費用がかかります。 VHSビデオデッキはすでに生産が終了しているため、中古品の価格が上がっています。 倍速ダビングなどはできませんから、お持ちのVHSビデオ本数、時間数と同じだけダビング時間がかかります。 また、ダビングをしている間、録画している方の DVD・BDレコーダーの機能が制限されます。 番組予約が起動しなかったり 機種によります。 テレビ画面で映像を確認しながらダビングするなら、その間はテレビも観られません。 なにげにこれ、不便なんです 経験済み。 2,VHS・DVD一体型レコーダーでダビングする 映像・音声コードの繋ぎ方に自信がない、赤白黄コードなんてもう持ってないよ……。 そんな時は再生と録画が一台でできる、 VHS・DVD一体型レコーダーを利用しましょう。 この方法だとモニタも必要なくなり、再生と録画をセットすれば放っておくだけでデータ化できます。 配線や接続に悩まされないので、デジタル機器の操作に慣れていなくても大丈夫。 また 買ってすぐダビング作業ができるのがメリットです。 今ならこちらのパナソニックの機種が使いやすいですかね。 購入する場合はこちらです。 用意するもの• VHS・DVD一体型レコーダー• 録画用DVD-R、BR-Rなどのメディア 手順• 再生用デッキにテープを入れ、 録画用デッキにDVDを入れる• テープを再生し、「録画」ボタンを押して録画する• 再生が終了したら、「停止」する これだけでとても簡単にダビングできます。 モニタも必要ありません。 ビデオダビングする数が多ければ、VHS・DVD一体型レコーダーを買ってしまうほうがいいですが、数本程度の場合はデッキのレンタルもあります。 ネットでレンタルできるショップ 【DMMいろいろレンタル】 DMMいろいろレンタルでは、デジタル化商品特集としてVHSビデオテープからのダビングのほか、書籍の電子化やカメラフィルムの電子化に使える機器をレンタルしています。 グリーンヒナタでは、VHSからDVDにダビングできるデッキ(SHARPシャープ DV-ACV52 レコーダー)をレンタルしています。 レンタルカメラショップでは、VHSからDVDに直接ダビングできるデッキをレンタルしています。 これが一番簡単でしょう。 何泊借りるかも選べます。 VHS・DVD一体型の方法のメリット・デメリット 再生用VHSビデオデッキを用意する方法と違い、一体型なので 配線の必要がありません。 モニタ(テレビ)なしでもダビング可能な点もメリットです。 デメリットはやはり 時間がかかることですね。 手の空いた時にのんびりやろう、というのでもいいと思いますが、のんびりしているとビデオテープは劣化します。 カビが生えるとこの方法は使えなくなります。 3,ビデオをデータ化してパソコンに保存 映像はもっぱらパソコンで見るという方も多いのではないでしょうか。 VHSビデオデッキからパソコンにデータを保存し、そこからDVDなどに焼く方法もあります。 ダビング データ化 した後の編集もやりやすいので、きちんとした形で映像を残したい方にはおすすめです。 用意するもの• 再生機:ビデオデッキ、8mmビデオカメラなど• USB接続ビデオキャプチャー• パソコン• DVDドライブ、ブルーレイドライブなど(メディアに保存する場合) 再生デッキを用意する必要がありますが、データ編集のしやすいパソコンに直で取り込めるのが魅力のこの方法。 主役はこのGV-USB2「アナレコ」です。 ビデオコード型の製品ですが、ソフトが付属しており、まずはパソコンにソフトをインストールします。 1クリックなので非常に簡単。 後は指示にしたがってケーブルを接続し、コピーするだけです。 高機能版 HQ には、編集ソフトが付属します。 DVDドライブを接続していれば、そのままダイレクトに焼けたり、付属のソフトで映像編集が簡単にできたり。 テロップやメッセージ、BGM挿入などもできて、iPhone転送してスマホで観ることも可能。 かゆいところに手が届く設計で、使いやすくおすすめです。 対応OSなどはに詳しく載っています。 GV-USB2「アナレコ」を使う方法のメリット・デメリット パソコンに取り込めるのが一番のメリットです。 キャプションを付けたり、複数のテープを1本のDVDにまとめたりと、編集作業が可能になります。 デメリットは、 パソコンにそこそこ詳しくないと厳しいことでしょうか。 詳しい使い方は別ページにまとめてありますが、この通りにやっても環境によってはうまく動かないこともあり得ます。 もっとも、このキャプチャーソフトに限らず、パソコンで何かやる時は同じですが。 あとは、 再生用VHSビデオデッキを用意する必要があります。 こちらのページをご覧ください。 4,ビデオテープを送るだけのダビングサービス 一番ラクなのがダビングサービス業者を利用することです。 ビデオテープを送るだけで全部やってくれるダビング代行サービスです。 費用はかかりますが、自分でやることは申込みと梱包、発送だけです。 自力でのダビングは時間も手間もかかります。 数が多くなってくると、休日に作業するだけでは数ヶ月〜何年もかかることになるでしょう。 それらをまるっと代行してくれるなら、多少の費用はかまわないという方におすすめです。 ネットで申し込んで箱に詰めて送るだけで、すべてデジタル化してくれます。 ネットから申し込めるダビングサービス 複数の映像を1枚のDVDにまとめてくれたり、カビが生えたビデオテープのクリーニング、切れたテープでもOKなど、各社様々なサービスがついています。 (オプション料金が必要です) 一度に大量に申し込んだり、納期にこだわらない申込みであれば、大幅ディスカウントしてくれるところもあります。 DVDなどのメディアを買いそろえたり、デッキをレンタルする手間や料金のことを考えると、一気に代行サービスに送ってしまった方が安上がりとも言えますね。 こちらのページにダビングサービス各社比較をまとめました。 メリット・デメリットも合わせて比較しています。 ビデオテープからDVDへのダビング方法まとめ 私は、ここに上げた方法は全部やりました。 最初は安くあげてやろうと、この記事の方法を上から順に試し、自力で頑張っていましたが、最終的に100本近くのVHSビデオテープをビクターダビングサービスに依頼しました。 対応も不安なところがなく、気持ちのいいものでした。 ビクターおすすめです。 本当に頼んでよかった。 【ビクターダビングサービス公式サイトはこちら】 いつかやるやると思いながら、何年も放置していたので、終わってすっきりしました。 この記事を見ているということは、昔のビデオテープどうしようと思っていますよね? 笑 断言しますが、今やらなきゃまた数年ほったらかしになります!磁気テープが劣化してしまう前に、えいっとやっつけてしまいましょう。 ビクターのレビュー記事も書きましたのでぜひご覧ください。 ダビング完了後の感想と申込みまでの手順を説明した2記事があります。

次の

ミニDV(miniDV)テープのデジタル化をやってみた。

ビデオ テープ デジタル 化

8ミリビデオで撮った家族の映像、そのままになっていないでしょうか。 もしお持ちなら一刻も早く ビデオテープをデジタル化しないと、カビと劣化で見られなくなります。 いきなり脅かすような言い方ですみません。 私はアナログビデオテープのダビング作業を終えたのですが、カビや磁気テープ劣化による切断などが、数本に起こっていました。 クリーニングと補修でなんとかなる範囲だったので良かったですが、ダビングサービス業者の方に聞くと、どうにもならない 重度のカビテープが、年々増えているそうです。 ビデオテープの映像は、デジタルデータ化して、DVDやパソコンにダビングしておけばそれ以上劣化しません。 とにかく早くコピーしてしまうことが大切です。 そこで、8mmビデオからDVDにダビングする方法を4つまとめました。 いずれも私が試して成功したやり方です。 8mmビデオの特徴とダビング方法 8mmビデオは、ビデオテープ幅が8ミリの家庭用ビデオ規格です。 Hi8 ハイエイト や VIDEO8 ビデオエイト などの名前で呼ばれ、VHSよりもテープが小さくて済むので、 ハンディカムと合わせて普及しました。 1985年にソニーが初の8ミリビデオカメラを発売。 以降2000年ごろまで使われていました。 その後はMiniDVが主流となっていきます。 もうほんと懐かしいですね。 そんな8ミリビデオのダビング方法として、まず大きく2つにわけると、自分でやるのか業者に依頼するのかになります。 そして、自分でやる場合、パソコンを使うのかどうかという選択肢があります。 【自力】パソコンなしでダビングする• 【自力】パソコンを使ってダビングする• 【業者】ダビングサービスに依頼する パソコンに関しては、持っていない、または操作が難しいから使わずにダビングしたいという場合と、パソコン上でデータの管理を一本化したいという場合があるので、どちらが良いとは言えません。 8mmダビングのメリット・デメリットを比較 8mmビデオダビングのやり方について、メリットとデメリットを比較すると、このようになります。 メリット デメリット 自分で PCなし ・本数が多くても費用が一定 ・パソコンの知識不要 ・操作が簡単 ・機材費用がかかる 3万〜5万円程度 ・設定に加え、映像分の作業時間がかかる 自分で PCあり ・本数が多くても費用が一定 ・パソコン上でデータを管理できる ・パソコン本体費用 ・機材費用がかかる 3万円程度 ・パソコンの設定や接続に知識が必要 ・設定に加え、映像分の作業時間がかかる 業者に依頼 ・全部おまかせできる ・プロの仕事で高品質 ・カビ取り、テープ補修などあり 別料金 ・料金がかかる ざっくり1本千円 自分でやるのになんで3万円もかかるんだと思いますよね。 中古品のビデオデッキが高いんです。 なので、ビデオテープが1〜2本しかないならダビングサービスに依頼した方がいいです。 機材を揃える方が高い。 でも、あまりにも 本数が多い場合も、自分でやらない方がいいです。 私は10本を超えたあたりでさじを投げました……。 時間かかりすぎてやってられません。 この先たいして見ない映像ですし、ものすごく時間を無駄にしている気持ちになります。 いや、大事な想い出なんですけども。。 さておき、この記事では 自分でダビングする方法3つと、 ダビングサービスへの依頼について1つをご紹介します。 やり方を迷っている方はこのまま順番に読み進めてください。 さほど長い記事ではないですが、決まっている方は下記をタップ、クリックするとページ内の説明箇所に飛びます。 この方法のメリットは、 安くできること、テレビを使わないこと、パソコンでデータが管理しやすいことです。 スマホに持ち出して、子どものころや若かりし日の映像を人に見せたりできます。 デメリットは、そこそこパソコンに慣れていないと、 つまずいた時に対処できなくなることですね。 「マニュアル通りにやったのに、同じように動かない」ということは、パソコンをいじっているとよくあります。 一定の動作をする家電とは違いますから。 8mmダビングを業者に依頼する ぶっちゃけ、アナログビデオテープからのダビング方法を念入りに調べて、ここが分からない、こっちの方がいいかな?とかやってる間に、ダビングサービスに依頼してしまった方が早いです。 依頼にお金はかかりますが、あれこれ調べる時間、機材を揃えるお金、作業時間 ここがデカすぎる 、失敗のリスクを考えると、専門家がやってくれる ダビングサービスの料金は安いです。 私は全部の方法を試したので断言できます。 各ダビング業者の比較はこちらのダビングサービス比較記事をご覧ください。 VHSのダビングサービス比較ですが、各社8ミリビデオも対応しています。

次の

ビデオテープをパソコンへ取り込みたい ~ ビデオキャプチャ使ってアナログデータをデジタル化する方法

ビデオ テープ デジタル 化

単体でSDカードに動画の取り込みが行える DVビデオカメラで使われていたミニDVテープ。 DV規格はデジタル記録なので、DV端子を持ったキャプチャーユニットやビデオデッキがあればデジタルのまま取り込みが可能だ。 しかし、現行機にはDV端子を持つ製品は存在しない(数年前の一部のBDレコーダーにはDV端子があった)。 そのため、動画の取り込みは、残念ながらアナログ接続で行うことになる。 使用するのは、アイ・オー・データのアナレコ GV-SDREC。 単体でビデオ取り込みが可能なキャプチャー機器だ。 映像表示部が非搭載なので、設定の確認や取り込み操作のために、テレビとHDMIケーブルで接続して使用する。 アイ・オー・データ アナレコ GV-SDREC 実売価格例:9210円 まずは機器の接続だ。 ビデオカメラとキャプチャー機器をAVケーブルで接続し、テレビとはHDMIケーブルで接続する。 キャプチャー機器で「記録モード」を選び、テレビ側は外部入力にして、ビデオカメラの映像が表示されればOKだ。 あとはDVテープを再生して、取り込みたい映像の頭出しを行い、キャプチャー機器側で録画を開始し、テープの再生を行えばいい。 なお、DV/HDV規格のビデオカメラも、再生ができないという場合が少なくない。 その場合は、中古品を探すことになるが、ビデオカメラではなく据え置きのビデオデッキのほうが壊れにくく、中古品の入手がしやすい。 DVデッキにも、VHS一体型タイプがある。 取り込んだ映像は、「再生モード」でそのまま再生することもできる。 今回は、パナソニックの4Kテレビ、TH-43FX650に映してみたが、SD映像なので細部は甘くなるものの、ノイズが少なく、色合いも鮮明。 MPEG-4 AVCで取り込むため、思ったよりもきれいだ。 記録したSDカードを取り出し、パソコンにセットすれば、パソコン上でも再生が可能。 さらに、ファイルをコピーして保存すると、パソコンで映像データを活用できる。 また、スマホ用のメモリーカードリーダーなどを使えば、スマホに映像データをコピーして活用することも可能だ。 パソコンを持っていない人は、こちらのほうが手軽だろう。 ビデオキャプチャー機器を使用する場合も、VHSやベータ、8ミリといったビデオテープの取り込みが可能。 パソコンに直接取り込む場合との差もほとんどない。 パソコンが苦手という人、スマホ中心でパソコンは所有していないという人であれば、この方法をおすすめしたい。

次の