クジラ の タレ。 鯨のたれ

【癖になる味】千葉県に出張したら「くじらのたれ」をお土産で購入してみよう

クジラ の タレ

スーパーや市場に行くと新鮮な生の鯨肉が売っていました。 商業捕鯨が始まったとかつてニュースでありましたので、それで捕獲されたものなのでしょうか。 ウネスなどの希少部位も売っていましたが、今回はオーソドックスな赤身をお刺身にしていただこうと思い購入しました。 冒頭の写真の量で1000円程度です。 購入するときは 生食用と鮮度の落ちた加熱用がありますので気を付けて下さい。 鯨の種類はミンククジラのようで、八戸の方で獲れたものらしいですね。 函館は年末にクジラ汁を食べる習慣もありクジラは身近な食材です。 子供の頃は鯨ベーコンをおやつみたいに食べてたなあ・・・。 さあ、鯨の赤身をお手軽に美味しく頂きたいと思います。 タレを準備する 普通の醤油でもいいのですが、馬刺しなど肉系はちょっと甘目のタレの方が美味しいと思いますので、即席でタレを作ります。 タレには醤油・酒・みりん・砂糖を使います。 今回は昆布醤油も使いました。 醤油・昆布醤油・酒・みりん、これら4つの調味料を1:1:1:1で鍋の中に入れていきます。 大さじ2ずつ入れました。 あとは砂糖を大さじ1入れ軽く沸騰させます。 いつもの調味料 軽く煮立たせる 軽く沸騰したら火を止めて冷まします。 もうちょっと昆布出汁を効かせたかったので、冷ました調味液の中に昆布を入れておきました。 これでもっと味わい深くなります。 ちなみにこの分量で「ちょっと甘辛」程度です。 もっと甘目がいいなら、酒やみりんを増やしたり、砂糖をいれたり、砂糖のかわりに別の甘味料を用いるといいでしょう。 ユッケや馬刺しなんかでも活用できますので、自分好みの味を調整して覚えておくといいですね。 根昆布を沈めている 鯨の赤身を切り分ける いよいよ鯨肉を切っていきます。 赤身だとおそらくドリップが出ていますので、キッチンペーパーで水分 血 を丁寧に拭きとります。 ドリップをしっかりとったら、刺身に切り分ける大きさをイメージしながら、柵状にします。 柵状にしたら刺身にしていきましょう。 水分をキッチンペーパーで拭く ここから刺身をイメージして柵状にする 柵状にする 鯨赤身の刺身の完成 あとは切り分けて玉ねぎを敷いた皿に盛り付ければ鯨赤身の刺身の完成です。 大葉を添えて薬味をのせておくと見栄えもいいですね。 先ほど作って置いた即席タレに薬味を入れて頂きます。 ミンククジラの赤身はクセもなく 高たんぱく低脂肪でヘルシーです。 お酒のつまみにいいですね。 新鮮な赤身が売られていたら、是非チャレンジしてみて下さい。

次の

クジラ

クジラ の タレ

鯨のたれ(くじらのたれ)は、(槌鯨)の赤身肉を調味料(これもと呼ぶ)に漬込み、で干したもの。 血抜きをしないツチクジラの肉を使うため、色は黒く味には独特のクセがある。 やとして用いられる。 南部の。 解説 [ ] ツチクジラ(槌鯨)の赤身肉をまたはベースの調味料(タレ)に漬け込んだ後、天日で乾燥する。 近年は基地のあるでの年間捕獲数が6月下旬~8月の間に26頭と制限されていることもあり、やとして珍重されている。 調理法 [ ] 旧来の製法のものは、そのままではかなり硬く、調味料をつけずに軽くあぶってから裂いて食べるのが一般的である。 色が黒いために、焼き加減を確認することが比較的難しい。 と同様に、がつけられることもある。 近年では、半生状態で出荷することでそのまま食べられるように製造したものもあるが、硬いものほど長期にわたって保存できるわけではない。 関連項目 [ ]• (干し肉)• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

干物・鮮魚の通販−クジラコーナー 越紋商店(千葉県南房総)

クジラ の タレ

【動画】シャチの群れがシロナガスクジラに体当たりする貴重な映像 米カリフォルニア州モントレーで5月18日、シャチの集団が隊列をなしてシロナガスクジラに体当たりを仕掛ける珍しい動画が、ドローンで撮影された。 英語で「キラー・ホエール(殺し屋クジラ)」とも呼ばれる は、イルカやアザラシなど、他の海洋哺乳類を捕食することで知られる。 だが、それほど強力なハンターでも、おとなのシロナガスクジラが相手では分が悪い。 は地球上で最大の動物であり、最大で体長約30メートル、体重200トン近くにもなる。 ホエールウォッチングの船上からこの出来事を撮影した海洋生物学者、ナンシー・ブラック氏は、「このときシロナガスクジラは体をよじり、水の壁のようなしぶきを上げて、シャチをはるかに上回るスピードで逃げていきました」と話す。 (参考記事: ) 集団体当たりの理由は? チームワークの取れたシャチの動きだが、攻撃に出た本当の理由は何だったのだろうか? 「おそらく、単に面白かったからでしょう」とブラック氏。 「ネコが獲物と遊ぶのと同様、シャチはクジラなどの獲物をからかうのです。 とても遊び好きで社会性が高いですから」 ブラック氏は、ホエールウォッチングの会社「モントレーベイ・ホエールウォッチ」の経営者でもある。 シャチなど、湾内にいるクジラ目の動物を25年にわたって観察してきた経験から、シャチが同じ海域の住人たちとどう接触しているか熟知している。 この日は、約15頭のシャチをブラック氏がドローンの映像で発見。 「モントレーベイ・ホエールウォッチ」のチームが船で群れについて行った。 突然、シロナガスクジラが高々と潮を噴き上げ(噴気)、チームが一斉に注目。 次いで、シャチの群れが現れた。 シャチよりはるかに大きな体を持ちながら、このシロナガスクジラは、捕食者の一団がいきなり向かってきたことに驚いているようだった。 「シロナガスクジラは怖がりですから」とブラック氏は言う。 (参考記事: ) シャチはクジラの子を狙う それには、おそらく理由がある。 シャチは通常、おとなのシロナガスクジラやコククジラを苦労して倒したりはしないが、クジラの母と子を追い回すことはある。 母子を引き離し、子クジラが疲れて逃げられなくなったところで楽々と襲うためだ。 4月から5月にかけて、コククジラは出産をするメキシコ近海から、餌場であるアラスカ近海へ移動を始める。 子クジラを従えてモントレー湾を通過する時期には、シャチの数も増えるのが普通だ。 ブラック氏は、湾内で子クジラを狙うシャチは4月には33頭にも上ったと推計している。 (参考記事: ) 2012年には、この海域で興味深い行動が見られた。 今しがた殺したばかりのコククジラの子をシャチの群れが食べようとしていると、ザトウクジラの群れが妨害したのだ。 ザトウクジラの意図について確実なことは言えないものの、同様の出来事は世界中の複数の海域で観察されている。 科学者たちは、クジラは利他的に行動することがあり、他のクジラをシャチの攻撃から守ろうとしたのかもしれないと考えている。 (参考記事: ) シャチがクジラのような大型の獲物を狙う場合、その周囲を集団で円を描きながら泳いで、逃げられないようにする。 シャチが水中で意思疎通する方法は多彩で、複雑に体系化された鳴き声もその1つだ。 互いの音声は数十キロ離れていても聞こえるため、シャチは独特の鳴き声とホイッスルで信号を送り合い、さらにクリック音も使って獲物の位置を特定する。 きわめて統率の取れた攻撃 ところが、狩りの最中にシャチは全く音声を発しないため、どのように攻撃態勢を整えるのかはわかっていない。 今回ドローンで撮影された映像からは、気配のなかったところから複数のシャチが同時に姿を現し、その時点で整然と一列に並んでいるのがわかる。 (参考記事: ) 「きわめて統率が取れています。 信じられません」とブラック氏も感嘆する。 「どうやってこれほど正確に立ち回れるのか、わかっていないのです」 ブラック氏によると、シロナガスクジラに体当たりしたのは、何らかの練習だったかもしれないが、物静かな巨漢にちょっかいを出しただけの可能性の方が高いそうだ。 「シャチは子どものようなところがあります」とブラック氏。 「クジラの反応を見たかっただけでしょう」 文=Sarah Gibbens/訳=高野夏美.

次の