昭島 市 ハザード マップ。 狛江市防災マップ、ハザードマップ、防災マップアプリ

府中市水害ハザードマップ 東京都府中市ホームページ

昭島 市 ハザード マップ

現在公表(本ページに掲載)している広島市洪水ハザードマップは、公表された浸水想定区域のうち、従前の想定と同様の降雨規模で作成された洪水浸水想定区域図をもとに更新したものです。 合わせて公表された想定し得る最大規模の降雨があった場合の想定で作成された浸水想定区域は、次の各河川管理者のHPでご確認ください。 国管理河川:太田川、根谷川、三篠川、天満川、旧太田川、元安川• 県管理河川:安川、三篠川、根谷川、府中大川、鈴張川、猿猴川、京橋川 平成30年5月18日に新たに公表された河川 県管理河川:南原川、水内川 今後公表(見直し)が予定されている河川 県管理河川:瀬野川、八幡川、岡ノ下川 (公表時期等については、各河川管理者にお問い合わせください) 洪水ハザードマップとは 本市では、水防法に基づき、大雨により、対象となる河川が氾濫した場合等に住民の皆さんが迅速に避難できるよう、洪水ハザードマップを作成しています。 対象となる河川は、河川管理者(国・県)において、国民経済上重大な損害を生ずるおそれがあるものまたは相当な損害を生ずるおそれがあるものとして指定された河川です(すべての河川を対象としたものではありません)。 洪水ハザードマップには、各人が水害リスクを確認するために必要な「一定の条件のもと対象となる河川が氾濫した場合に想定される浸水区域や浸水の深さ」を示した図に、各人が危険な区域からの避難を検討するために必要な「防災情報の入手方法」、「避難場所」や「避難時に危険な箇所等」を掲載しています。 本市の洪水ハザードマップは、一定の条件として、「各河川の堤防整備等の前提となる降雨があった場合」の浸水想定区域を基に作成しています。 実際には、一定の条件を上回る降雨も想定されますので、合わせて、想定最大規模の降雨を想定した洪水浸水想定区域図も、ご確認ください。 太田川河川事務所HP <外部リンク> 広島県河川課HP <外部リンク> 各河川の堤防整備等の前提となる降雨があった場合を想定した洪水浸水想定区域の条件等の一覧表 洪水ハザードマップ(平成29年6月) 本市の洪水ハザードマップは、 情報・学習編と 地図面で構成しています。 情報・学習編 情報・学習編は、共通で、マップの目的や避難勧告等の伝達方法等の避難に必要な情報を掲載しています。 地図面 地図面は、各小学校区単位を基本とし、洪水浸水想定区域を有する学区を対象に、次のとおり洪水ハザードマップを作成しています。 小学校区の確認は、こちらからご覧ください。 (学区によっては、土砂災害ハザードマップも作成しています。 確認は) 広島市洪水ハザードマップ(地図面) 行政区 小学校区名(対象河川名) 中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 ) 安芸区 佐伯区 関連情報.

次の

多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

昭島 市 ハザード マップ

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27(2015)年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 これまでの洪水ハザードマップは河川整備において基本となる降雨量を想定した浸水区域や浸水深を明示しておりましたが、水防法改正を受け、想定し得る最大規模の降雨量を想定した浸水区域、浸水深、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)に更新しています。 (これまで) 多摩川 2日間の総雨量457mm(200年に1回程度の確率) 鶴見川 2日間の総雨量405mm(150年に1回程度の確率) (これから) 多摩川 2日間の総雨量588mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 鶴見川 2日間の総雨量792mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 洪水ハザードマップ.

次の

多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

昭島 市 ハザード マップ

洪水(想定河川:荒川、入間川、新河岸川) 浸水想定区域及びその条件は国土交通省荒川上流河川事務所、埼玉県の調査による。 地震(想定地震:関東平野北西縁断層帯地震、東京湾北部地震) 想定地震及びその規模は埼玉県の調査による。 ハザードマップに関しては、ある一定の条件をもとにしたシミュレーション結果に基づいた参考資料です。 そのため実際と異なる場合があります。 本サービスで提供する地図情報は、ふじみ野市ハザードマップに関する情報の全てではありません。 背景地図(GoogleMaps、、都市計画図)は現況と異なる場合があります。 標高表示には、地理院地図の標高APIを使用しています。 本サービスは、以下のブラウザで動作確認を行っています。 Microsoft Internet Explorer11以降、Google Chrome、Firefox、Safari• ふじみ野市は、本サービスのご利用によって直接又は間接の損失・障害が発生した場合、一切の責任を負いません。 本サービスは、内容の一部又は全部を予告なく変更する場合があります。 また、一時的にサービスの一部又は全部を中断する場合があります。 ふじみ野市ハザードマップの防災に関する著作権はふじみ野市に帰属します。 またこのマップの編集・加工・複製、営利目的利用、各種法令に違反した利用、他人の権利等を侵害する目的・手段・方法での利用などを禁止します。 以下のボタンから、各種ハザードマップのページを利用できます。

次の